冬の周遊バスツアー8日間|アイスランドを一周する旅

冬の周遊バスツアー8日間|アイスランドを一周する旅
冬の周遊バスツアー8日間|アイスランドを一周する旅
氷の洞窟に初めて足を踏み入れるとその不思議な光景に圧倒される
まるで矢じりのような形の山、キルキュフェットルの山
アイスランドの自然風景は原始的で多様性に富み、地球の他の場所では見られないものだ
アイスランドにはたくさんの滝があり冬季でも見学することが出来る
レイキャビク市内の公園の冬の景色
4.9
レビュー件数 129

レイキャビク発のアイスランド一周旅行で冬の絶景を見に行ってみませんか?

経験豊富なガイドがご案内するアイスランド一周8日間のバスツアーです。周遊ツアーなので、一日の終わりにはレイキャビクに戻ることなく、各地のホテルに滞在します。ゴールデンサークル、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖、ミーヴァトン湖、スナイフェルスネス半島といった絶景スポットをめぐりつつ、夜にはホテルからオーロラ観察のチャンスもあり!

アイスランドの壮大な自然を満喫したいけど、雪道での運転は避けたいという人にお勧めのバスツアーです。少人数のグループなので、各地の観光スポットを見学しながら、色々とガイドに質問するチャンスもあります。アイスランドの自然や歴史について深く知りたいという人にもお勧めです。

もちろん、静かにアイスランドの大自然を楽しみたいという方にもぴったりのツアーです。

観光の他にもアクティビティを楽しみたい方は氷河ハイキングやケイビング、そして冬のアイスランド旅行に欠かせない氷の洞窟ツアーもオプションで追加することができます!お好きなツアーと組み合わせ、オリジナルの旅行にカスタマイズしましょう。冬に限りアクセスできる氷の洞窟は非常に人気の高いアクティビティです。

満席になってしまうことがありますのでご予約はお早めに!


ツアー概要

ツアー概要
  • ツアー時期: 9月. - 4月.
  • 所要時間: 8 日間
  • アクティビティ: 氷河ハイキング, ケイビング, 乗馬, ホエールウォッチング, 観光, オーロラ, 温泉, カルチャー, 氷の洞窟
  • 難易度:
  • 最低年齢: 8 歳
  • ツアーガイド言語: English
  • ハイライト: ゴールデンサークル, 東アイスランド, 北アイスランド, 西アイスランド, レイキャヴィーク, アークレイリ, ヨークルスアゥルロゥン氷河湖, ヴァトナヨークトル, ミーヴァトン湖, ディムボルギルの溶岩柱, ゴゥザフォスの滝, スナイフェルスヨークトル氷河, スコゥガフォスの滝, セリャラントスフォスの滝, ゲイシール地熱地帯の間欠泉, グトルフォスの滝, エイヤフィヤトラヨークトル氷河, シンクヴェトリル国立公園, カトラ火山, スナイフェルスネス半島, ソゥルヘイマヨークトル氷河, ミールダルスヨークトル氷河, スカフタフェットル自然保護区, シルフラの泉, ソゥルヘイマサンドゥル, エイヤフィヨルズル, ボルガルフィヨルズル湾, フーサフェットル, ホプン, レイニスフィヤラのブラックサンドビーチ, ヘルナル, レイクホルト, ボルガネス, スケイザルアゥルサンドゥル, アルナルスタピ, ヴィークの町(ヴィーク・イ・ミールダル), エイイルススタジル, ヘトラ, アークレイリ教会, ファウスクルズフィヨルズル(別名:ブージル), キルキュフェットル山, レイニスフィヤットル, スナイフェルスヨークトル国立公園, レイニスドランガル, オクスアルアゥルフォスの滝, ホイカダルル, スカフタフェルスヨークトル氷河, ナゥマスカルズ地熱地帯, ラーガルフリョゥト湖, ヴァッツヘトリル溶岩洞窟, ブレイザヴィーク, ロゥンドランガル, デューパロゥンサンドゥル, ハットルオルムスタザスコゥルの森, ブレイザメルクルヨークトル氷河, 南海岸, ダイヤモンドビーチ, リングロード, キャルトナスコゥルの森
ピックアップの場所と時刻
  • ピックアップ開始時刻 : 08:00.

ピックアップ時間になりましたら、バウチャーに記載されているピックアップ場所でバスをお待ちください。ホテルでピックアップとなる方は建物の外、バスが見える場所でお待ちください。バス停でのピックアップとなる方で場所が不明な場合、busstop.isで確認したり、ホテルのフロントまたはバウチャー記載のオペレーター会社にご連絡ください。ピックアップには30分ほど時間がかかることがございますが、20分過ぎてもバスが来ない場合やバスに乗り遅れてしまった場合には、バウチャーに記載のツアーオペレーター会社の電話番号へご連絡ください。必ず電話をかける・受けられる環境を整えてください。

ホテルのお部屋、ロビー、お客様の携帯電話へのお呼び出しはございませんのでご注意ください。

✓含まれるもの x含まれないもの
  • アイスランドを一周する8日間のバスツアー

  • 周遊中のホテル7泊、専用バスルーム付き、朝食付き

  • オーロラを観察するチャンスあり

  • 消費税込

  • 国際線フライトは含まれません

  • アクティビティは予約時にオプションで追加できます

  • 朝食を除き、食事は含まれません


必要なもの
  • 雨風に耐えられる暖かい服

  • カメラ

  • 冒険心

  • 雪でも大丈夫なハイキングシューズ

  • 水着とタオル


備考

・ツアーのピックアップおよびドロップオフ場所はレイキャビク市内の指定された場所のみ選択できます。日付と参加人数を選択しましたら、お申し込みフォームの最下部にあるリストをご確認ください。それ以外の場所やケプラビーク空港からの送迎は行っておりません。フライトの遅延等で間に合わない恐れがありますので、アイスランド到着日を出発日にすることは避けてください。

・オーロラは自然現象であり、必ず出現する、観察できるという保証はありません。このツアーではオーロラツアーは含まれておりませんが、宿泊場所付近ではオーロラを観察できる可能性があります。

・悪天候などにより旅程が変更となることもありますのでご了承ください。ツアーやアクティビティが中止となった場合、代替えのツアーをアレンジ、差額は返金をさせていただきます。

・冬のアイスランドでは積雪だけでなく、地面が凍結し滑りやすくなることがあります。靴底が滑りにくいように加工されている靴や、脱着式の滑り止め(スパイク)を準備しておくことをお勧めします。簡易スパイクはアイスランドまたは日本でも購入できます。

・宿泊施設のお部屋について:1名様で参加の場合はシングルルーム、2名様の場合はダブルルームを手配します。また3名様の場合はトリプルルームになります。(例:8名で参加の場合、トリプルルームが2つ&ダブルルームが1つ)お部屋の手配についてご希望がある方はその旨をご連絡ください。

・ツアー出発日または最終日にフライトを始め、他のアクティビティを予定しないようにお願い致します。飛行機が遅延したためツアーのピックアップに間に合わなくなった場合は返金対象外となります。また、天候・道路交通状況によってレイキャビクへの到着時間が遅くなり、帰りのフライトや他のアクティビティを逃してしまった場合一切責任を負いませんのでご了承ください。

・分割払いをご希望の方はお問い合わせフォームでお知らせください。



スケジュール

Day 1 - ゴールデンサークル


ストロックル間欠泉と日の出


1日目はゴールデンサークルを巡ります。

ゴールデンサークルはレイキャビクの東に点在する3ヵ所の名所を巡る観光ルートです。その3つの観光名所はシンクヴェトリル国立公園、ゲイシール地熱地帯とグトルフォスの滝です。

シンクヴェトリル国立公園は世界最古の近代議会の発祥の地であり、アイスランドの建国や政治に深く関係のある場所です。今でもアイスランド人の心の拠り所となっています。ユネスコの世界遺産に登録されているこの国立公園では「ギャウ」と呼ばれる大陸プレートの裂け目が見られます。北米大陸プレートとユーラシア大陸プレートの間を歩くことができる地学的に珍しい場所でもあります。

ゲイシール地熱地帯にはかつて70mの高さまで噴出をしていた巨大なゲイシール間欠泉があり、地域の名前の由来となりました。現在は活動を休止していますが、隣のストロックル間欠泉は活発に活動しており、約10分ごとに20mの高さまで噴き上げます。

最後のスポットはグトルフォスの滝です。アイスランド語で「黄金の滝」と意味を持つグトルフォスの滝はアイスランドで最も有名な滝と言っても過言ではないでしょう。落差32mを誇り、まさに迫力満点のパワースポットです。

【追加オプション】

ポニーのように小さくてかわいいアイスランドホースに触れる乗馬体験はいかがでしょうか。馬に乗ってアイスランドののどかな田舎を探検して自然を満喫することができます。

[宿泊場所] ゴールデンサークル周辺、ヘトラ(Hella)の町


宿泊施設

フォスホテル・ヘクラ Fosshótel Hekla

ゴールデンサークルのエリアにあるシンプルなホテルです。レストラン、バー、ラウンジ、ジャグジーがあります。バスルーム付きのお部屋です。WiFi無料、朝食付き。

ストラクタ・ホテル・ヘトラ Stracta Hotel Hella

ゴールデンサークルの南、ヘトラの村にあるシンプルなホテル。バー、テラス、ジャグジーがあります。バスルーム付きのお部屋です。WiFi無料、朝食付き。


Day 2 - 南海岸と氷河ハイキング


冬のブラックサンドビーチ、別名レイニスファラの風景


2日目はアイスランドの南海岸を観光します。アイスランドの南海岸は酪農が盛んで、移動中の車窓からのどかな田舎の風景が楽しめます。

2日目のハイライトとなるのはアイスランドの名瀑、セリャラントスフォスとスコゥガフォスの滝です。セリャラントスフォスはその裏側を歩くことができる一風変わった滝です。冬季には滑りやすくなりますのでご注意ください。スコゥガフォスの滝も美しさで引けを取りません。ハリウッド映画のロケ地として登場することもあるこの滝は落差60mを誇る壮大な滝です。

2つの滝を見学した後はソゥルヘイマヨークトル氷河で氷河ハイキングに挑戦することができます。オプショナルツアーとして氷河ハイキングを追加した方は氷河ハイキング専門のガイドと合流しましょう。アイゼンの付け方や氷河の上での歩き方などは、ガイドが丁寧に説明をしますので初心者の方でも気軽に参加できるアクティビティです。

バス観光を選択した方は、氷河ハイキングの代わりに周辺のエリアの見学や博物館にご案内します。

最後にレイニスフェイヤラのブラックサンドビーチを訪れます。広々とした黒い砂浜にそびえたつ柱状節理と、荒々しい海の姿がドラマチックな景色を生み出しています。海にそびえたつ奇岩柱、レイニスドランガルもお見逃しなく!

[宿泊場所] ヴィークの町


宿泊施設

パフィン・ホテル・ヴィーク Puffin Hótel Vík

ヴィークの町にある小さな宿、パフィン・ホテル。専用バスルームのついたお部屋。無料WiFi、朝食付き。外にはジャグジーがあります。周辺にはレストランやプールなどもあり。

ホテル・カトラ Hotel Katla

ヴィークの町の東、約5㎞の地点にあるシンプルなホテル。バスルーム付きのお部屋で、ホテルにはサウナやジャグジーもあります。無料WiFi、朝食付き。


Day 3 - ヨークルスアゥルロゥン氷河湖と氷の洞窟


アイスランドの氷の洞窟内部には青い世界が広がっている


3日目は、アイスランド一の絶景といわれるヨークルスアゥルロゥン氷河湖を目指し、南海岸沿いに国道1号線を進みます。

ヴィークの町を出発をし、黒い砂漠スケウザラゥルサンドゥル(Skeiðarársandur)をの中を進み、スカフタフェットル自然保護区を通過します。氷河や、砂漠、森など表情豊かなアイスランドの大自然の様子を観察することができます。

橋を渡るとアイスブルーのヨークルスアゥルロゥン氷河湖の姿が見えてきます。

巨大なブレイザメルクルヨークトル(Breiðamerkurjökull)氷河の末端から切り離された氷山は、この氷河湖に浮かびつつ海へと流れていきます。プカプカと水面に浮かび、ゆっくりと流れる氷山の間からはアザラシの姿も見れるかもしれません。幻想的な風景が広がるヨークルスアゥルロゥン氷河湖。アイスランドで最も美しい場所といわれることにも納得です。

この日に氷の洞窟探検のオプショナルツアーに参加することができます。訪問場所は時期によって異なりますのでご注意ください。9月-10月:ミルダルスヨークトル氷河の黒い氷の洞窟、11月-3月:ヴァトナヨークトル氷河の氷の洞窟。

[宿泊場所] ヨークルスアゥルロゥン氷河湖、ホプンの町周辺


宿泊施設

フォスホテル・ヴァトナヨークトル Fosshótel Vatnajökull

アイスランド東部、ホプンの町のそばにあるフォスホテル・ヴァトナヨークトル。バスルーム付きのお部屋。無料WiFi、朝食付き。

ホテル・ホプン Hótel Höfn

ホプンの町の中心部にある小さなホテル。バスルーム付きのお部屋です。無料WiFi、朝食付き。


Day 4 - 東フィヨルドへ


東アイスランドにあるベストラホルンの山は非常に印象的な山


4日目はフィヨルドが入り組むアイスランド東部を北上します。

このエリアは小さな村々が点在し、野生動物を多く見られる場所です。トナカイが生息しているので運が良ければトナカイの群れに遭遇するかもしれません。アイスランドの他のエリアに比べて人口も少ない為、手つかずの自然が多く残されています。アイスランドで一番大きい森林面積を誇る国立公園、ハットルオルムススターザスコゥガル(Hallormsstaðaskógur)やラーガルフリョゥト(Lagarfljót)の湖は必見です。

この日はダイナミックな自然の風景と、アイスランドの素朴な暮らしを垣間見ることができます。何気ない風景にもたくさんの魅力が詰まっている場所です。カメラをお忘れなく!

[宿泊場所] 東部フィヨルド周辺


宿泊施設

フォスホテル・オイストフィルジル Fosshótel Austfirðir

フォスホテル・オイストフィルジルはアイスランド東部のフィヨルドにあるホテルです。専用バスルーム付きの個室。Wi-Fi無料、朝食付き。

レイク・ホテル・エイイルススタジル Lake Hótel Egilsstaðir

アイスランド東部の町、エイイルススタジルのそばにある湖畔のホテルです。専用バスルーム付きの個室。Wi-Fi無料、朝食付き。


Day 5 - ミーヴァトン湖


ミーヴァトン湖周辺地域はほとんどが地熱地帯になります。


5日目はアイスランド北部を代表する観光スポット、ミーヴァトン湖、ディンムボルギル、ナゥマスカルズ地熱地帯を見学します。

アイスランド語で「蚊の湖」という意味があるミーヴァトン湖。夏には蚊が多く発生するためこのような名前がつきました。冬には蚊の心配はなく美しい湖の姿を堪能できます。自然保護区にも指定されているミーヴァトン湖は2300年前に発生した巨大な火山噴火によってできました。噴火の跡、クレーターが湖になったもので、現在でも溶岩でできた岩石や石柱群を見ることができます。

その火山活動の跡を見ることができるのがディンムボルギルです。アイスランド語で「闇の町」という意味のディンムボルギルでは、大きな奇岩がそびえたち、迷路のようにくねくねと進む遊歩道を歩くことができます。

ナゥマスカルズ地熱地帯では活発な地熱活動を様々な形で観察することができます。ボコボコと湧き出る沼の周りからは高温の蒸気が噴出しています。まるで火星にいるような不思議な風景を見せてくれます。

見学後に宿泊先のあるミーヴァトン湖周辺に戻ります。オプションでミーヴァトン・ネイチャー・バスにつかり、旅の疲れを癒すことができます。

[宿泊場所] ミーヴァトン湖周辺


宿泊施設

フォスホテル・ミーヴァトン Fosshótel Mývatn

アイスランド北部の湖、ミーヴァトン湖。その湖畔にあるホテルです。専用バスルーム付きのお部屋です。Wi-Fi無料、朝食付き。

ヴォーガフィヨゥス・ファーム・リゾート Vogafjós Farm Resort

ミーヴァトン湖の北側にあるゲストハウスで、専用バスルーム付きのお部屋です。Wi-Fi無料、朝食付き。


Day 6 - アイスランド北部


旅行中は注意して夜空を見上げて欲しい、もしかしたらオーロラが上空で踊っているかもしれない


6日目はアイスランドの北の首都アークレイリを目指します。ミーヴァトン湖を離れアークレイリに向かう途中でゴーザフォスの滝を訪れます。この滝は美しいだけでなく、様々な逸話の残る場所でもあります。アークレイリに続く橋を渡る際に、エイヤフィヨルズルの景色を堪能していただけます。アークレイリは小さな町ですが、博物館やスーベニアショップやカフェなどが並んでいます。またこの町を代表する教会を訪れるのもいいでしょう。教会のすぐ近くには温水プールもあります。ウォータースライダーが二つあり、ジャグジーやホットポットもあります。

【オプショナルツアー】

アークレイリから出発するホエールウォッチングツアーもいかがでしょうか。6日間バスに乗って観光を楽しんだ後はちょっと変わった体験も味わってみてください。

この日はアークレイリの町で宿泊となります。

[宿泊場所] アークレイリの町


宿泊施設

ホテル・キャルナルンドゥル Hótel Kjarnalundur

アクレイリの町の近くにあるシンプルなホテル。バーとテラスがあり、美しい山並みが眺められます。専用バスルーム付きのお部屋です。Wi-Fi無料、朝食付き。

ホテル・アクレイリ Hótel Akureyri

アークレイリの中心部にあるホテルで、専用バスルーム付きのお部屋です。Wi-Fi無料、朝食付き。


Day 7 - アイスランド西部


雪に覆われたアイスランドの風景も幻想的で美しい


7日目の朝はアークレイリの町を出発し、ボルガルフィヨルズルにあるレイクホルトの村へ向かいます。道中スカガフィヨルズル(Skagafjörður)を通過する時は窓の外を注意して見てみてください。この地域はアイスランドで唯一、馬の数が人口よりも多い場所です。

レイクホルトはアイスランドの有名な物語「エギルのサガ」の著者として知られるスノッリ・ストゥルルソンの研究所があり、アイスランドの歴史研究においては大変重要な場所となっています。そして、ヨーロッパ最大の温泉湧出量を誇るデイルダルトゥングクヴェル(Deildartunguhver)を訪れます。ここから出るお湯はアイスランド西部、ボルガルネスとアクラネス一帯に供給されています。

この日はレイクホルト周辺での宿泊になります。

[宿泊場所] レイクホルト周辺


宿泊施設

フォスホテル・レイクホルト Fosshótel Reykholt

フォスホテル・レイクホルトはアイスランド西部にあるホテルで、アイスランドの伝統料理を提供するレストランがあります。専用バスルーム付きの個室。Wi-Fi無料、朝食付き。

ホテル・フーサフェットル Hótel Húsafell

豊かな植生に囲まれたフーサフェットルにあるホテルです。専用バスルーム付きの個室。Wi-Fi無料、朝食付き。


Day 8 - スナイフェルスネス半島からレイキャビクへ


キルキュフェットルの山はアイスランドで最も写真を撮られた山


8日目はスナイフェルスネス半島へと向かいます。

ジュール・ヴェルヌによるSF小説「地底旅行」では、この半島の先端にあるスナイフェルスヨークトル氷河が地底世界への入り口という設定で書かれています。この日にはスナイフェルスヨークトル国立公園の他にもキルキュフェットルの山、デューパロゥンサンドゥル海岸、その周辺エリアにある小さな漁村も見学をします。キルキュフェットル山はゲーム・オブ・スローンズに登場したことで有名です。

また、溶岩洞窟 ヴァッツヘトリルでのケイビングもお勧めです。小さなお子様でも参加できる簡単なアクティビティですが、洞窟の中は驚きで満ちています。追加オプションでアイスランドの地下世界の探検へとでかけましょう。

キルキュフェットルの山は特徴的な形をした写真撮影スポットとして人気がある山です。アイスランドで最も美しい山と呼ばれることもあります。

スナイフェルスネス半島の観光が終わりましたら、レイキャビクへの帰路につき、ツアーが終了・解散となります。この日の宿泊はツアーには含まれませんのでご注意ください。


キャンセル保険

万が一パッケージのキャンセルが必要となった時に、ツアー代金から保険料5000クローナx参加人数を引いた差額を返金します。この保険を適用するには、出発日時の48時間前までにご連絡いただく必要があります。キャンセルを希望する場合にはCancellation Requestと明記の上、ご予約番号、お名前とともに info@guidetoiceland.is まで、ご連絡ください。このキャンセル保険は、パッケージの全てをキャンセルする場合にのみ適用されます。パッケージ内の各種アクティビティーや個々のサービスのみのキャンセルを希望する場合には適用となりません。保険料の返金や、他のパッケージへの移譲は致しかねます。


地図


動画


体験者の声

評価の平均値4.9129 件のレビュー
日本語
全ての評価
口コミを編集
★利点 運転が怖くてできないこと、冬のアイスランド一周(氷河、アイスケーブ、オーロラに加えミーヴァトン湖、アークレイリも訪問できる)がとても魅力的だったこと、全部の宿泊がシングルホテル(実際は7泊中6泊ダブルかツインで、全宿泊先が予約サイト等でも高評価のホテルでした。)だったことを総合してこちらのツアーに参加しました。一人旅の参加者は私だけで英語もあまりできないので若干孤独感はありましたが、今思い返すと安全を確保したうえでの贅沢で自由な時間を満喫できたなぁと思います。小型バス(MAX20人くらい)で全部で15人の参加者でした。運転手さんがガイドを兼ねておられ、日の出てる時間が短いので11時~13時にメインの場所に着くように計画を立てておられた印象です。8時半~9時出発の17時~18時ホテル着という感じで、適度に疲れつつ詰め込みすぎずの工程でした。 ★バス 乗り心地ですが北から西側、レイキャビクへ戻る際道が悪く揺れる(むしろ跳ねる)こともありましたが概ね舗装された道路でした。wifiはだいたい通じました。また頭上に手元灯とUSBコネクタが2個口ありました。リクライニングもOKですが普通の高速バスくらいのイメージです。暖房もついていますが一番後ろは朝一など寒かったです(これは場所によりけりかと思います) ★アクテビティ・ツアーについて 7泊中2泊でオーロラ観測ができました。(ホテル周辺で十分見れました、うち一泊はホテルと湖が近く草原だったので、漫画みたいに寝転がって天体観測しました(笑))氷河ハイキングが思っていたよりアクティブでしたが、冬の世界の入口というような感じがしてとてもよかったです。アイスケーブは綺麗なんですけど、写真のような洞窟感はなく(自然の創作物なので致し方ありませんが)思っていたより…でした(と、言いつつ写真を見返すとものすごく綺麗ですので高いですが参加をおすすめします。)。ダイヤモンドビーチもとても綺麗で写真映えするところでしたが人も多かったです。東~北に向かうにつれツーリストが減り、大地とmossと薄暗い雲、ところどころ雪というIcelandicな世界が広がっていました。馬や牛などの放牧が見れることもありました。ミーヴァトンのbathは(17時~19時くらいに訪れたので冬場はほぼ夜です)めちゃめちゃ強風で寒すぎたので、10分くらいが限界でした。ただ地熱サウナがあるので、そこでじっくり温まるのもオツだと思います。あとここのhot chocolate 350ISKはお得だと思います(他が高すぎるのかもしれないけど)。アークレイリの散策は2時間だったので美術館に行くとか行きたい場所がある場合は急いだほうがいいかもしれません(オプションでホェールウォッチングをつけると散策はありません)道中、滝を見に行きましたが時間が早かったり夕方にかかったりして、冬場は薄暗い中での観測になるかもしれません。 ★物品について すべて防水のものを前提に「上下アウター、手袋、靴」です。アークレイリの街中以外はスキー用のパンツを普段着の上からはいていました。上着(防水)にフードもついている方がいいと思います。雪山、洞窟系は両手を開けておかないといけないこと、風が強い事もあるので傘はさせないです。(これは個人的な体感ですが小雨に強風(気温0度程度)はフィンランド-10度と同レベルで寒いです)要らなかったかなと思うものは暖冬ということもあって軽アイゼンを用意したが使いませんでした。氷河ハイキング、アイスケーブは組み込まれていて貸してくれます。お守りとして持っておいてもいいかもしれませんが、サービスエリア等で売っています。アイスランド大手メーカーのアウターや帽子等のニット製品も道中のサービスエリアやお土産屋さんで買えます。 ★食事 朝は全泊ビュッフェ付きですのでしっかり食べれます。昼夜の食事ですが、基本的に外食になり高いです。FISH&CHIPSで2000ISKとか…夜のメインで4000ISKとか…毎日しっかり食べたい!というのでなければ、カップスープやカップ麺などを持ってくる事をお勧めします(ホテルにポットはあるので)。昼休憩と観光・散策が兼ねていることもあるので、周辺の観光を優先する場合お昼はパンを買っておくとかしてバスで食べるようにした方がいいかもしれません。 ★まとめ 当たり前ですが英語ガイドです。最初に一言言っておけばよかったのですが、一番最初に訪れたシングヴェトリル国立公園のみ到着場所から歩いた先が次の集合場所になるという説明を勘違いして戻ってしまい集合場所に誰もいない…というパニックに陥ったので(笑)集合場所は貪欲に確認していいと思います。日本のバスツアーの様に時間や場所を書いたフリップがあるわけでもなく口頭説明なので、心配な方は書いてもらうとか聞きなおすとか対策を考えておかれた方が良いかもしれません。最初にやらかしたので、その後はこちらもバスを降りる際確認するようになり、ガイドさんも戻ってきたら目を合わせて笑顔で確認してくださるようになりました(笑) 無料のHot tabやサウナ等のついているホテルもあり、ホテル到着後も十分満喫して楽しめますし、ゆっくりとした時間を贅沢にすごせました。どこへ行っても岩の大地とmossだろうと思っていたら車窓からの眺めは変化に富んでいて、とても楽しかったです。アイスランドには10年前に訪れていて、今度はオーロラを見る!という思いを叶えられたこと、アイスケーブや氷河等行きたかったところに行けたことも良かったです。 写真やバーチャルではなく、実際の場所を見て、音を聞いて、空気を吸って、風を受けて、においをかいで、触って…その経験こそが大事なのではと思います。あとは行ける時は何度も来ないと思うのでチャンスを逃さないように…!
カレンダーと料金を読み込み中
送迎無料
クレジットカード支払い
手数料なし
冬の周遊バスツアー8日間|アイスランドを一周する旅