car rental with northern lights.jpg

アイスランドのおすすめレンタカー

アイスランド最大級のレンタカー予約サイトだから、格安レンタカーから高級車まで揃います。
Rent the perfect car

場所を選択

ドライバーの年齢

30 - 65

ドライバーの年齢: 30 - 65

居住地

居住地: アイスランド

受け取りの詳細

日付を選択

受け取り返却

ドライバーの年齢

30 - 65

ドライバーの年齢: 30 - 65

居住地

居住地: アイスランド

時間を選択

出迎えの時刻

降車の時刻

各種サービスを一括比較・検索
最低価格保証
手軽に予約・キャンセル
情報量ならNo.1!観光情報サイト

旅行者のレビュー

世界各地からのユーザーのレビューを読む

Yamamoto Atsushi

Yamamoto Atsushi

大満足!
27/05/2024, 14:31
レビュー: Star Car Rental

Good comunication, accurate time pickup, nice car, thank you!

KAZUYUKI DOI

KAZUYUKI DOI

大満足!
12/05/2024, 15:24
レビュー: MYCAR

TOYOTAのハイブリッド車です。 運転しやすかった。 車も大変きれいです。 大人二人、スーツケース大2個でちょうどよい大きさです。 空港送迎もスムーズでした。 ガソリンの割引なども付いていて、お得だと思いました。 また、アイスランドに行くときには利用したいです。

YU  HAMADA

YU HAMADA

大満足!
10/01/2024, 07:29
レビュー: Valet Car Rental

Guide to Iceland は電話が繋がり対応がよかったです。 レンタカー会社も親切ではありますが 車が古いので 冬に借りたり、山道を利用する際は 高いレンタカー会社もよく検討ください。 スパイクタイヤがすり減って 氷道はスリップして危険でした。 supplierをよくご確認の上検討ください。

Masato Katsuyama 勝山 正人

Masato Katsuyama 勝山 正人

大満足!
06/01/2024, 06:28
レビュー: Blue Car Rental

とても良かったです。営業時間もAM5〜AM2時までと長く深夜早朝でも安心です。車も予約していた車よりいい車になり綺麗で快適でした。そしてWi-Fiも無料で貸して頂き嬉しかったです。またアイスランドに来る時はこのレンタカー会社をお願いしょうとおもいます。

...

アイスランドのレンタカーを予約

アイスランド旅行のレンタカーなら Guide to Iceland のレンタカー予約サイトがお得です。40社以上のレンタカー会社の価格や空車状況を比較できます。検索機能を使ってニーズにぴったりの車をサクッと検索・予約。全てのレンタカーにCDW保険(自車両損害補償制度)が含まれており、出発予定時刻の24時間前までなら無料キャンセル・全額返金ができるので安心です。

アイスランドでレンタカーがおすすめの理由

アイスランドでレンタカーを借りれば、自分のペースで旅を楽しめます。絶景ドライブを楽しみたい方にもおすすめです。アイスランドはレンタカーと宿がセットになったセルフドライブ・ツアーやドライブ旅行パックもたくさんあります。アイスランドでレンタカーを借りるメリットは…

1.柔軟:レンタカーがあれば自分のペースで旅を楽しめて、他の手段では行けない場所も訪れることができます。

2.便利:レンタカーがあれば公共交通手段やツアーバスに頼る必要がありません。時刻表や集合時間を気にしないで済みます。

3.コスト効率:グループで旅行をする場合、レンタカーを1台借りた方が他の移動手段を使うよりもお得な場合があります。田舎や辺鄙な場所をいくつも訪れる場合は特にそうです。

4.自由:レンタカーがあれば、自分で旅程を決められます。途中で気が変わったっていいのです。

5.絶景ドライブ:雄大な自然が広がるアイスランドはドライブに最適。レンタカーなら好きな場所で止まって景色を楽しんだり、写真を撮ったりすることもできます。

6.秘境へのアクセス:レンタカーがあれば他の交通手段では行けない田舎や秘境にも行けます。

7.混雑を避けられる:レンタカーなら混んでいる場所を避けて穴場を狙えます。

このように、アイスランドでレンタカーを借りると旅の自由度がぐっと広がります。以下、アイスランドでレンタカーを借りる場合の注意点をご紹介します。

アイスランドのレンタカーの受取場所

Guide to Icelandの検索機能では、レンタカーの受取場所を指定できます。一番便利なのはケプラヴィーク国際空港か、首都レイキャビクです。ケプラヴィーク国際空港はレイキャビクから車で40分くらいの距離です。

アイスランド到着後すぐに車を使いたい方は、ケプラヴィーク国際空港でレンタカーを受け取るのがいいでしょう。空港では24時間レンタカーをピックアップできるので、深夜・早朝の便で着いても大丈夫です。また、レイキャビクでレンタカーを受け取ることもできます。レイキャビクを拠点に周辺エリアを観光したい場合に便利です。乗り捨て料金がかかる場合もありますが、空港で借りてレイキャビクで返す(またはその逆)もできます。

北部のアークレイリ(Akureyri)やシグルフィヨルズル(Sigulfjordur)、東部のエイイルススタジル(Egilsstadir)やホプン(Hofn)、南部のセルフォス(Selfoss)やヴェストマン諸島(Westman Islands)、スナイフェルスネス半島(Snaefellsnes)などでもレンタカーを借りられます。田舎でも大きな町にはたいていレンタカー会社があります。

但し、空港と首都以外の場所ではレンタカー会社が1社、または2社しかなく、車両の選択肢も限られていることがあるので注意しましょう。乗り捨てはできます(追加料金がかかる場合あり)。

レンタカーの車両タイプ

アイスランドで車を借りるときは、予算や目的に応じた車両タイプを選びましょう。最も需要が高いタイプは次の通りです。

1.エコノミー:最も小さく、安いタイプの車です。街乗りや短時間のドライブ向け。

2.4WD・SUV:砂利道や雪道でも安定して走行できる四輪駆動の車です。車内も広々として快適です。

3.キャンピングカー:ベッド、キッチン設備、収納スペースなどがある大きな車で、各地に寝泊まりしながら旅を楽しめます。

4.高級車:パフォーマンスが高く、快適でスタイリッシュな車です。特別な旅行やワンランク上の大人旅におすすめ。

アイスランドでレンタカーの車両タイプを決める際には、旅行人数、旅行日数、ドライブする予定の道、季節・天気などを考慮して選びましょう。

アイスランドの運転事情

アイスランドのドライブはとっても素敵な体験です。一方でアイスランドならではの危険もあります。道が狭くカーブが多かったり、急坂があったり、悪天候にあったりということもあるので、十分に準備をして、いつでも安全を最優先することが大切です。アイスランドで運転をする際の注意事項をご紹介します。

まず、制限速度をきちんと守って走行すること。アイスランドの制限速度は安全のため、他の欧米諸国に比べてゆっくりめに設定されています。道路標識や信号、その他GPSなどのナビシステムに表示される注意事項も守りましょう。

天気にも注意が必要です。アイスランドの天気は非常に変わりやすく、突然気温が下がったり、視界不良になったり、大雨が降ったりします。運転をする際はどんなに晴れていても雪、氷、大雨などに備え、タイヤチェーンやシャベル、防寒着などを積んでおくことが鉄則です。

もう一つ注意したいのがアイスランドの道路です。舗装路もありますが、未舗装、部分舗装の道がたくさんあります。砂利道や道路の穴、尖った石などに気を付けなければいけません。

こうした点に配慮し、念入りに計画を立てて出発すれば、アイスランドの雄大な自然の中で絶景ドライブを楽しめるでしょう。輝く氷河、美しい滝、湯けむりが立ち昇る地熱地帯など、めくるめく光景が次々と展開します。日本とは全く違った美しさに息を飲むこと間違いなしです。

アイスランドの道路網

アイスランドで最も有名な道路は国道1号線、通称「リングロード」でしょう。島の外周を巡る環状道路で、手っ取り早く安全に移動したい時はこの道が一番です。一番重要な幹線道路なのできれいに整備されており、冬でも通行できます。但し、ひどい悪天候の場合(特に冬)は一時的・部分的に閉鎖されることもあります。

リングロードは二車線です。田舎ではほとんど渋滞は起きません。但し、各地に一車線の橋があります。この場合は、橋に近い方のドライバーが優先されます。対向車がいないように見えても橋の手前では必ず徐行し、譲り合う気持ちで運転しましょう。

リングロード以外では、ゴールデンサークルやブルーラグーン温泉などに人気観光地に至る道は舗装されています。ですが田舎では砂利道が多いです。狭く、でこぼこしているのでスピードを落として慎重に走らなければいけませんが、通行できる車両タイプには規制はありません。

一方、Fロードと呼ばれる道路はジープ、または四輪駆動車(4WD)でなければ通行できません。渡河があったり、狭い峠道があったりするので、運転に自信がある方向けです。

アイスランドならではのリスクもありますが、冷静・慎重に運転し、無理をしなければアイスランドの道路は基本的に安全です。

アイスランドの道路交通法・交通ルール

アイスランドの基本的な交通ルールをご紹介します。日本とは違う点もあるので、よくお読みください。

まず、レンタカーを借りるためには取得から一年以上たっている有効な運転免許証が必要です。マイクロバスや4WDは23歳以上でなければ借りられません。免許証が日本語など、アルファベット以外の文字で記載されている場合は、国際免許証を併せて携帯する必要があります。

アイスランドの制限速度は安全のため、他の欧州諸国よりゆっくりです。田舎では舗装路なら時速90km、砂利道なら時速80kmです。街中ではたいてい時速50kmです。

制限速度がわからない場合や、制限速度標識が見当たらない場合は時速50kmで走りましょう。減速を促す標識があることもありますが、減速標識がなくても危なそうな場合は迷わず速度を落としましょう。ドライバーが周囲の状況を見て常識的に判断することが期待されています。急カーブや強風注意の標識もたくさんあります。

またアイスランドでは、常時ヘッドライトを点灯して運転することが法律で義務付けられています。日が沈まない夏の白夜も例外ではありません。見通しの悪いカーブが多く、特に冬は真昼でもうっすらとしか日が射さないので、安全のため必ず守ってください。

シートベルトは全ての座席で着用義務があります。飲酒運転やスマホを操作しながらの運転は違法です。そしてスピード違反の罰金は高額です(スピードカメラもたくさんあります)。

Fロードを走行できるのはジープ、または四輪駆動車(4WD)のみです。それも、正式に開通している時期でなければ違法になります。通行止めになっている道を走るのは違法な上、非常に愚かな行為ですので絶対にやめてください。

アイスランドではオフロード走行も違法です。高額の罰金と、4年までの懲役を科せられます。アイスランドの溶岩台地は何百万年もかけて形成されたもので、その生態系は非常に繊細です。苔の再生には何百年もかかります。心ある運転をお願いします。

事故に遭った場合や救助が必要な場合の緊急通報ダイヤルは「112番」です。

アイスランドの田舎道の運転

アイスランド内陸部の道路は狭い砂利道が多く、雪や雨の影響を受けにくいよう路面が高くなっています。道そのものは危険ではありませんが、気を付けて運転してください。舗装路を離れて砂利道に入ったところで事故を起こす観光客は多いです。スピードを十分に落としていないため、車を制御しきれなくなってしまうのです。砂利道に入る場合は必ず徐行し、運転に集中しましょう。車が砂利でスリップし始めたら、アクセルから足を離し、車が向かおうとしている方向に優しくハンドルを切るのが基本です。

対向車が見えたら減速し、危なくない程度に右側に寄せます(アイスランドは右側通行です)。路肩は小石を跳ね上げやすいので、広い道でも注意しましょう。また、道路脇の羊にも気を付けてください(アイスランドでは夏は羊は放牧されており、自由に野山を歩き回っています)。羊が道路を渡っている時は、完全停止して渡り終わるまで待ちます。

ジープではアイスランドの奥地にもアクセスできます。夏がベストシーズンです(6月までは雪やぬかるみのためほとんどの山道は通行不可能なため)。夏でもかなり難易度が高いので、安全のため、できれば2台以上で連れだって行くとよいでしょう。Safetravel.isでは旅行計画を提出できる機能があるので、こちらも是非ご利用ください。

最後に、出発前は必ず道路状況を確認してください。アイスランド道路沿岸管理局のウェブサイトでチェックできます。

アイスランドの天気

アイスランドの天気は本当に気まぐれです。冬の間は吹雪や強風、濃霧、凍結、そして暗闇といった条件が重なると、リングロードでさえ悪路と化すことがあります。どんな天気になってもいいように十分に準備して出かけてください。

出発前には必ず、アイスランド気象庁のサイトで天気予報を確認すること。警報には特に注意し、そのコンディションでの運転に慣れていない場合は特に用心してください。夏の西部・南部は比較的天気が穏やかですが、それでも天気予報は見ておきましょう。

色々と注意事項を述べましたが、天気と道路状況に十分気を付けて、自分の力を過信することなく安全運転を心がければ、アイスランドできっと素敵なドライブ旅行が楽しめるはずです!

更に詳細な情報は【完全ガイド】アイスランドでのレンタカーと運転についてをご覧ください。

よくある質問

アイスランドではどんな車を借りるのがいいですか?

アイスランドで借りるレンタカーのタイプは、ご旅行人数、荷物の量、そして行き先を考慮して選びましょう。車内で寝泊りする予定ならキャンピングカーを借りるのがおすすめです。町中や舗装路を走るだけならコンパクトカーや格安レンタカーでも大丈夫でしょう。大自然の中でハイキングに出かけたい方や、冬のアイスランド旅行を計画されている方は4WDやSUVが安心です。

アイスランドにはオートマ(AT)のレンタカーはありますか?

はい、アイスランドにはオートマ(AT)のレンタカーはたくさんあります。当サイトで「高級車」「4WD・SUV」カテゴリに掲載されているレンタカーは基本的にATです。AT/MTの別は車両情報ページに記載されています。AT限定免許の方など、絶対オートマ車を借りたいという方は、ご予約の際によくご確認ください。

アイスランドのレンタカーは高いですか?

最低価格をうまく探せば、アイスランドのレンタカーは高くはありません。Guide to Icelandのレンタカー予約サイトではアイスランドの主要レンタカー会社の車を一括検索して価格を比較できます。一番安い車を確実に探したい方に最適です。基本的にアイスランドのレンタカー料金は車種と旅行時期によって決まります。例えば舗装路専用のコンパクトカーは渡河もできる4WD車よりも安いです。アイスランドで一番安いレンタカーは1日21ドルくらい~です。SUVや高級車は車種によって1日102ドル以上するものもあります。

アイスランドで一番安いレンタカーはどれですか?

アイスランドで一番安いレンタカーの車種はトヨタのArgoです。オフシーズン(10月~翌3月)なら1日21ドルくらいで借りられます。契約期間が長いほど割安になります。一方、ピークシーズン(夏)は1日102ドルくらいが相場です。

ケプラヴィーク国際空港でレンタカーを受け取ることはできますか?

はい、多くのレンタカー会社はケプラヴィーク国際空港に営業所を設けています。公共交通機関を使わずに空港からレイキャビクに移動できますし、ブルーラグーン温泉に寄り道してフライトの疲れをとることもできるので大変便利です。 帰国の際もケプラヴィーク国際空港でレンタカーを返却すればスムーズです。

ケプラヴィーク国際空港でレンタカーを借りてブルーラグーン温泉に行けますか?

はい、ケプラヴィーク国際空港にはたくさんのレンタカー会社があるので、空港で車を借りればすぐにブルーラグーン温泉に行けます。ケプラヴィーク国際空港からブルーラグーンまでは21km、30分かからないくらいの道のりです。ブルーラグーンには荷物を預けられるロッカーもあるので、安心して入浴を楽しめます。

アイスランドのレンタカーは4WDやSUVでないとだめですか?

いいえ、レイキャビク市内やアイスランドのリングロードを走るだけなら二輪駆動のレンタカーで十分です。ですが田舎の砂利道などをドライブする予定なら、SUVか4WDのジープなどを借りる方がよいでしょう。 旅行時期も重要です。レイキャビク首都圏やリングロードは舗装されているので、夏なら4WDのレンタカーは不要です。ですが冬は雪や氷で滑りやすくなります。冬のアイスランドでは4WDが安心です。 また、夏でも、アイスランドのハイランド地方のFロード(夏季のみ開通の山道)を走る予定の方は必ず4WDかSUV車を借りましょう。

アイスランドのリングロード・ドライブってどうなの?

リングロードのドライブ旅行はとってもおすすめです!レイキャビク周辺の観光も楽しいですが、アイスランドは地方にも見どころや絶景がたくさんあります。各地に宿をとって車で回れば、大自然を満喫できるでしょう。アイスランド島を一周するリングロードはきれいに舗装されているので、運転も簡単です。

アイスランド一周ドライブは何日かかりますか?

アイスランドをぐるりと一周する環状線(リングロード)は、ノンストップなら一日で走破できます。ですが観光目的のドライブなら最低でも4~5日はレンタカーを借りた方がよいでしょう。この7日間でアイスランド一周ドライブ旅行プランのように、周遊ドライブでは7~14日くらい滞在する方が多いようです。

アイスランドでレンタカーをしてオーロラを見に行けますか?

はい、アイスランドでレンタカーを借りれば、自分で光害のない田舎に出てオーロラを探すことができます。オーロラを探す7泊8日セルフドライブ・ツアーのように、アイスランドの名所を訪ねながら毎晩オーロラハンティングが楽しめるドライブ旅行プランもあります!レンタカーを借りない場合はオーロラ鑑賞ツアーなどに参加するとよいでしょう。

レンタカーでゴールデンサークルを回れますか?

はい、アイスランド旅行で、レンタカーを借りてゴールデンサークルを回る方はとても多いです。ゴールデンサークルを回る道路は全てきれいに舗装されているので、「コンパクトカー・格安レンタカー」カテゴリにある一番安いレンタカーでも安全に観光できます。

アイスランドで一日だけレンタカーを借りることはできますか?

はい、一日だけレンタカーを借りることはできます。借りたい日を指定して車両を検索してみてください。

アイスランドのセルフドライブ・ツアーに最もおすすめの車両タイプは?

夏季セルフドライブ・ツアーなら、「コンパクトカー・格安レンタカー」カテゴリの車両で十分でしょう。セルフドライブ・ツアーは舗装路中心のルートですし、夏のアイスランドの気候ならコンパクトカーでも安全です。 一方、冬季セルフドライブ・ツアーなど夏以外の時期は雪道も安定して走行できる4WDかSUVを借りるのがおすすめです。アイスランドでおすすめのレンタカーのサイズを解説した記事もあります。

ハイランド地方をドライブしたいのですが、どんな車を借りればいいですか?

当サイトでは、アイスランドの中央高原地帯(ハイランド地方)を走行できる車は、その旨を明記しています。一般的に、「高級車」「4WDジープ・SUV」「バン・キャンピングカー」のカテゴリの車両が該当します。ハイランドドライブ可と明記されていない車でハイランドを走行した場合、保険が全て無効になります。シャシーやサスペンションなどの修理費用も全額契約者様の負担となりますのでご注意ください。

アイスランドでマニュアル(MT)車を借りたいのですが。

はい、アイスランドにはマニュアル(MT)のレンタカーもあります。当サイトでは「コンパクトカー&格安レンタカー」カテゴリのものが多いです。一部バンやジープにもMT車があります。マニュアル車をお探しの方は、詳細検索の車の特徴で「マニュアル車」を指定して検索してみてください。

アイスランドでキャンピングカーを借りることはできますか?

はい、アイスランドにはキャンピングカーのレンタカーもあります。自由にロードトリップを楽しみたい方におすすめです。アイスランドのキャンプ場はキャンピングカーOKのところが多いです。Guide to Icelandでは様々なタイプのキャンピングカーを取り揃えています。お得にキャンピングカーを借りたい方は、是非検索してみてください。

アイスランドのレンタカーでいう「高級車」とはどんな車ですか?

アイスランドの「高級車」のレンタカーとは7人+荷物を載せられる大きさの車で、年式が新しく、快適さを追求した車両です。ほとんどが4WD(四輪駆動)で、車高が高いので雪道や砂利道の運転にも適しています。但し、スポーツカー、高級ハッチバックなど一部2WDの車種もこのカテゴリーに含まれます。

アイスランドにはEV(電気自動車)のレンタカーはありますか?

はい、当サイトの「高級車」カテゴリには、EV(電気自動車)やハイブリッド車もあります。テスラやトヨタなどの車両があります。

アイスランドにはEV(電気自動車)の充電スタンドはたくさんあるのですか?

はい、アイスランドには地豊富な地熱を利用したEV充電スタンドが島内各地のガソリンスタンドや駐車場にあります。観光している間に効率的に充電できるよう、先に充電スタンドの場所を確認しておくのがおすすめです。

アイスランドで一番安いレンタカーを借りる方法は?

アイスランドで一番安いレンタカーを探すなら、Guide to Icelandでレンタカーを検索してみてください。Guide to Icelandはアイスランド最大の旅行サイトで、掲載レンタカー会社・車両数ともに業界最多です。日にちを指定して一括検索し、検索結果を価格順(安い順)に並べ替えれば旅行日の最安レンタカーが見つかります。ちなみに、アイスランドで一番安いレンタカーは(契約日数や旅行時期にもよりますが)1日21ドルくらいです。年間平均は1日77ドルくらいです。

アイスランドではマニュアル車とオートマ車、どちらのレンタカーが安いですか?

例外もありますがMT車の方が安いです。オートマ(AT)車は「高級車」「4WD/SUV」カテゴリに多く、マニュアル(MT)車は「コンパクトカー・格安レンタカー」カテゴリに多いです。AT/MTの別は各車両の詳細ページをご参照ください。

アイスランドのレンタカーを比較するのに一番おすすめのサイトは?

Guide to Icelandではアイスランドのレンタカー会社40社以上の利用可能なレンタカーを一括検索できます。価格や内容の比較も簡単です。レンタカー検索画面で条件を指定するだけで、アイスランドの人気レンタカー会社ですぐに借りられるお得なレンタカーが見つかります。

アイスランドで一番おすすめのレンタカー会社はどこですか?

アイスランドのレンタカー会社の評判については、Guide to Icelandで各レンタカー会社のユーザーレビューを読んでみてください。口コミで高評価のレンタカー会社には、Ring Car や Go Car Rental、Blue Car Rental、My Car などがあります。Guide to Iceland ではこの4社を含め数十社のレンタカーを一括検索・比較できるので、お得なレンタカーが見つかるはずです。

アイスランドのレンタカーの受取場所は?

アイスランドのレンタカーは様々な場所で受け取り可能です。ケプラヴィーク国際空港はもちろん、レイキャビクアークレイリなどでも受け取れます。レンタカー検索画面のメニューからご希望の受取場所を選んでください。

レイキャビク国内線空港でレンタカーの受け取り・返却はできますか?

はい、国内線専用のレイキャビク国内線空港に営業所を設けているレンタカー会社もあります。レイキャビク市の中心部に近いのでアクセスもよく、国内線で移動する場合の返却も楽です。

レイキャビク市内のホテルや指定場所でレンタカーを受け取ることはできますか?

はい、アイスランドの一部レンタカー会社は、ホテルなどレイキャビク市内の指定場所までレンタカーを持ってきてくれます。ご予約前に詳細を確認してみてください。一方、ケプラヴィーク国際空港でレンタカーを受け取れば公共交通機関を使って市内まで移動する必要がないのでとても便利です。

アイスランドのレンタカー会社は24時間営業ですか?

アイスランドには一部、24時間年無休のレンタカー営業所もあります。特にケプラヴィーク国際空港には、深夜・早朝の便を利用する観光客がレンタカーを借りたり返却したりできるように、24時間開いている営業所が多いです。

アイスランドでレンタカーを借りるために必要なものは?

アイスランドでレンタカーを借りるには有効な身分証明書、(海外でも通用する)クレジットカード、そして取得後1年以上経過している有効な運転免許証が必要です。免許証が日本語などアルファベット以外の文字で書かれている場合は国際免許証も必要です。また、ほとんどの車には20歳以上という年齢条件がついています。

アイスランドではレンタカーの早期返却はできますか?

はい、アイスランドではレンタカーの早期返却もできます。但し、差額の返金を受けられるのは出発前に申告した場合のみです。ケフラヴィーク国際空港やレイキャビク国内線空港などでも早期返却が可能です。

アイスランドでは、レンタカー営業所の営業時間外でも車を返却できますか?

アイスランドの一部レンタカー会社は営業時間外のピックアップ(貸出)、及びドロップオフ(返却)にも対応しています。但し、時間外手数料がかかる場合もありますのでご注意ください。詳しくはレンタカー会社に直接お問い合わせください。

アイスランド行きの飛行機が遅延した場合、レンタカーの予約はどうなりますか?

飛行機が遅延した場合は、レンタカー会社に直接ご連絡ください。電話番号はバウチャーに記載されています。ご予約時に便名を登録しておくと、レンタカー会社側で遅延を把握できる場合もあります。ご予約情報に便名を追加するには、Eバウチャーにあるオレンジ色の”Edit booking”ボタンをご利用ください。

アイスランドでレンタカーを借りるときのデポジット(保証金)はいくらですか?

アイスランドのレンタカーのデポジット(保証金、一時預かり金)は通常、レンタカー予約ページ記載のCDW(Collision Damage Waiver;自車両損害補償制度)自己負担額と同額です。金額にしておよそ1000~2000ドル程度です。プレミアム保険やプラチナ保険などのオプションに加入した場合はデポジットは不要です。 詳細はレンタカー予約ページの車両情報をご確認ください。ご不明な点はお気軽に info@guidetoiceland.is お気軽にお問い合わせください。

アイスランドのレンタカーは出発後の延長はできますか?

はい、他の予約が入っていなければ出発後でも利用期間を延長できます。ご予約内容の変更については、info@guidetoiceland.isまで直接ご連絡ください。

アイスランドのレンタカーの予約を変更したいのですが。

ご予約確定(Confirmation)後の変更につきましては、info@guidetoiceland.isまで直接ご連絡ください。 延長は他のお客様の予約状況により対応させていただきます。また延長期間は追加料金が発生します。

アイスランドでレンタカーを借りるには国際免許証が必要ですか?

アイスランドでは、英語などアルファベット表記の免許証があればそれ一枚でレンタカーを借りられます。日本の運転免許証の場合は、併せて国際免許証を提示する必要があります。免許証は原本が必要です(コピー不可)。

アイスランドでレンタカーを借りる時はクレジットカードがいるのですか?

はい、アイスランドでレンタカーを借りるためには主な運転者名義のクレジットカードを提示しなければいけません。主な運転者がクレジットカードを持っていない場合、有効な運転免許証とクレジットカードを持っている別の運転者を登録しなければいけません。どなたもクレジットカードをお持ちでない場合は、デポジット(保証金)の支払いを求められます。デポジットの金額はレンタカー会社によって異なります。

予約時とは違うクレジットカードでレンタカーのデポジット(保証金)を払うことはできますか?

はい、アイスランドのレンタカーのデポジット(保証金)の支払いは、予約時とは違うクレジットカードでも可能です。主な運転者名義のものであればどのクレジットカードでも構いません。

アイスランドではデポジット(保証金)なしでもレンタカーを借りられますか?

アイスランドのほとんどのレンタカー会社ではデポジット(保証金)は必須ではありませんが、有効なクレジットカードを提示する必要があります。詳しくは当サイト掲載の各レンタカー会社の情報をご確認ください。

レンタカー代金には何が含まれますか?

レンタカー代金に含まれるものはレンタカー会社や借りる車両によって異なります。ご予約前に必ず詳細を読み、「含まれるもの」の欄をご確認ください。乗り放題(走行距離無制限)と、CDW(自車両損害補償制度)は全てのレンタカー契約に含まれています。CDWは「免責補償制度」と呼ばれることもあり、お客様が起こした事故による損害と、事故による負傷者の補償が全てカバーされます。キャンピングカーのレンタカーにはキャンプ道具が付属している場合もありますが、内容は車両によって違いますので各車両の説明ページをご確認ください。

アイスランドでは何歳からレンタカーを借りられますか?

アイスランドでレンタカーを借りられるのは、有効な運転免許証を12ヶ月以上保持している18歳以上の運転者です。但し、運転者の年齢制限を20歳以上とするレンタカー会社や、20歳未満の運転者には少額の追加料金を日額で課す会社もあります。マイクロバスや4WD車のレンタカーを借りられるのは23歳からです。

アイスランドのレンタカーにはドラレコはついていますか?

いいえ、アイスランドのレンタカーには通常ドライブ・レコーダー(ダッシュボードカメラ)はついていません。ちなみに、GPSは多くのレンタカーに付属しており、旅行中は自由に使えます。

アイスランドのレンタカーには冬用のタイヤやチェーンはついていますか?

アイスランドでは11月1日から翌4月14日までの冬季は全てのレンタカーに冬用タイヤが装着されています。チェーンは基本的に不要な上、舗装路を傷めるので禁止されています。

アイスランドのレンタカーにはGPSはついていますか?

アイスランドのレンタカーにはGPSが搭載されているものもあります。土地勘がない旅行者にとってはとても便利です。ですが、すべてのレンタカーにGPSが付いているわけではなく、GPSが別料金になる場合もあります。スマホのナビアプリを使い慣れている方なら、GPSがなくても不便は感じないかもしれませんが、アイスランドの田舎では電波が入らないこともあるので注意しましょう。

アイスランドのレンタカー料金にはどんな保険・補償が含まれていますか?

アイスランドのレンタカー料金には、CDW/Collision Damage Waiverという自車両損害補償制度(免責補償制度とも)が必ず含まれています。更に、ほとんどのレンタカー会社では追加オプションとしてSCDW(Super Collision Damage Waiver;スーパーCDW)、TP(Theft Protection;盗難保険)、GP(Gravel Protection;飛び石保険)、SADW(Sand & Ash Damage Waiver;砂・灰による損害の免責補償制度)などを用意しています。 更に、自己負担額が基本的にゼロになるプレミアム保険やプラチナ保険などのオプションもあります。安心してドライブ旅行を楽しみたい方、特に冬のアイスランドで運転される方にはこのようなプラスアルファの保険がおすすめです。

アイスランドでレンタカーを借りる際は飛び石保険に加入した方がいいですか?

アイスランドで飛び石保険(Gravel Protection)に加入するかどうかはドライブ・ルートによって決めるとよいでしょう。レイキャビクに滞在し、ゴールデンサークルやリングロードなどきれいに舗装されている道路しか走らないのであれば、飛び石保険は不要です。 ですがアイスランドの田舎には砂利道もあります。田舎をドライブする予定の方は念のため飛び石保険に加入することをおすすめします。

アイスランドでレンタカーを借りる際は盗難保険に加入した方がいいですか?

アイスランドは犯罪が少なく、とても治安がよい国ですが、貴重品がある場合は盗難保険に加入した方がよいでしょう。

アイスランドでレンタカーを借りる際はタイヤ保険に加入した方がいいですか?

アイスランドで砂利道や未舗装路を走る予定がある場合は、タイヤ保険に加入した方がよいでしょう。万が一タイヤに何かあっても心配する必要がなく、ドライブをゆっくり楽しめます。

CDW(Collision Damage Waiver;自車両損害補償制度)に加入したくないのですが。

アイスランドでレンタカーを借りる際、CDW(自車両損害補償制度)への加入を拒否することもできますが、Guide to Iceland ではおすすめしていません。万が一の時に車両、乗員、その他の被害者が負った全ての損害に対して、個人で責任を負わなければいけないからです。

アイスランドでレンタカーの保険適用外となるのはどのような場合ですか?

アイスランドでレンタカーの保険が適用されないケースはいくつかあります。河川に侵入した場合など、過失による損害がその代表例です。アイスランドではオフロード走行は違法なため、オフロード走行時の損害も対象外です。強風でドアが吹き飛ばされた場合もカバーされません(アイスランドは風がとても強いので、ドアを開けるときは注意しましょう)。また、当たり前ですが酒気帯び運転や麻薬等運転も適用外になります。 保険の内容や条件はレンタカー会社によって異なりますので、レンタカーを受け取る際の契約書をよくご確認ください。

アイスランドには、免責ゼロ特約をつけられるレンタカー会社はありますか?

はい、万が一の場合にも自己負担額がゼロになる免責ゼロ保険に加入できるレンタカー会社はたくさんあります。車両予約ページにある保険オプションの一覧をご確認ください。

オフロード走行はアイスランドのレンタカー保険でカバーされますか?

いいえ、アイスランドではオフロード走行は違法です。このため、全ての保険が無効となります。車両に損害がない場合でも、車を返却する際に高額の罰金を科せられる可能性があります。

アイスランドで運転するのは難しいですか?

ある程度運転経験のある方であれば、基本的な交通ルールを守ってアイスランドで運転するのは難しいことではありません。アイスランドの運転マナーにもすぐに慣れるでしょう。アイスランド人ドライバーは礼儀正しく、歩行者に道を譲ってくれるような人がほとんどです。 但し、冬のアイスランドでは積雪や凍結により、運転が難しくなることがあります。冬季のドライブ旅行では4WDを借りるようにしましょう。アイスランドのレンタカーは、冬季(11月1日~翌4月14日)はすべてスタッドレスタイヤを装着しています。また、夏でもアイスランドの天気はとても変わりやすいので、交通ルールは必ず守ってください。 また、アイスランドの田舎には砂利道しかない場所もあります。砂利道ではスピードを落としてゆっくり走るようにしてください。車高が低いコンパクトカーで走ると車が傷つく可能性があるので、SUVや4WDがよいでしょう。

アイスランドの制限速度は何キロですか?

アイスランドの制限速度は、 高速道路が時速90キロ、砂利道が時速80キロ、住宅街が時速30キロです。 それ以外の場所では、黄色い道路標識に制限速度が明記されています。アイスランドの道路標識をよく見て、安全運転を心がけてください。監視カメラもたくさんありますのでご注意を。

アイスランドの「Fロード」って何ですか?

アイスランドの道路には「Fロード」(F-road)という区分があります。F はアイスランド語で「山」を意味する "fjall" の頭文字です。Fロードとは走行しにくい山道で、アイスランドの中央高原地帯であるハイランド地方に多いです。冬季はほとんどが通行止めになります。 アイスランドのFロードを走るためには 4WD(四輪駆動)やAWD(全輪駆動)の車が必要です。また、出発前に必ずアイスランドの道路交通情報サイトで道路状況を確認するようにしてください。

アイスランドの道路交通情報や天気予報はどこでチェックできますか?

アイスランドの道路交通情報は road.is で確認するのが一番です。アイスランドの道路交通局とアイスランド気象庁が共同で運営しているサイトです。出発前にvedur.is で天気予報も チェックしましょう。

アイスランドの道路標識は英語ですか?

いいえ、アイスランドの道路標識はほとんどアイスランド語のみで書かれています。距離は数字で書かれています(単位はマイルではなくkmです)。重要な道路標識の形を覚え、あとはナビを活用した方がよいでしょう。アイスランドの道路標識はこちらで解説しています。

アイスランドは右側通行ですか?

アイスランドは右側通行です。

アイスランドの田舎にもガソリンスタンドはありますか?

はい、アイスランドの田舎でも、町・村に最低一軒はガソリンスタンドがあります。リングロード沿いには集落から離れたところにもガソリンスタンドがあり、ドライブ旅行に便利です。ガソリンスタンドには簡単なお店や食堂が併設されているので、アイスランド流のホットドッグも試してみてください!

アイスランドでは車中泊はできますか?

はい、アイスランドでは一部キャンプ場では車中泊ができます。アクティブにドライブ旅行を楽しみたい方は、ミニ・キャンピングカーやバンなどのレンタカーを検討されてはいかがでしょうか。

アイスランドでは昼間もヘッドライトをつけていないといけないのですか?

はい、アイスランドでは法律で無灯火運転が禁止されています。昼・夜を問わず、常にヘッドライトをつけて運転してください。

アイスランドでは赤信号時の右折はできますか?

いいえ、アイスランドの交通法では赤信号時の右折は認められていません(アイスランドは右側通行です)。アイスランドで運転する際は、信号が青になるまで待ってから右折してください。

アイスランドでレンタカーを借りる時の持ち物は?

アイスランドでレンタカーを借りる時は有効な運転免許証と契約者名義のクレジットカードが必要です(日本の免許の場合は国際免許証も)。念のためパスポートも持参しましょう。20歳以上という年齢制限(レンタカー会社によってはもっと高い場合も)もあるので注意しましょう。

アイスランドでレンタカーを借りる際はオプションの保険・補償も付けた方がいですか?

アイスランドでレンタカーを借りる場合、特に冬に運転する予定の場合は追加保険に加入することを強くお勧めします。最も一般的なのは、SCDW(Super Collision Damage Waiver;スーパー自車両損害補償制度)とGP(Gravel Protection;飛び石保険)です。尚、これらの保険に加入した場合でも、飲酒運転や麻薬等運転など、ドライバーの過失による損害は補償されません。

アイスランドのレンタカーに自分の自動車保険を適用できますか?

加入されている保険の内容やクレジットカードの種類によります。アイスランドのレンタカーがカバーされるかどうかは、契約されている保険会社にお問い合わせください。尚、ご自分の自動車保険を適用できる場合でもレンタカー会社が求める最低限の保険には加入しなければいけません。

アイスランドでは海外の免許で運転できますか?

はい、有効な運転免許証であれば、海外の免許でもアイスランドで運転できます。但し、日本語などアルファベット以外の文字で記載されている免許については、国際免許証が必要です。

アイスランドでは20歳未満でもレンタカーを借りられますか?

アイスランドのほとんどのレンタカー会社はドライバー年齢を20歳以上としています。それよりも高い年齢制限を設けている会社もある一方、追加料金を払えば20歳未満でもレンタカーを借りられる会社もあります。事前にレンタカー会社のページで最低年齢を確認し、20歳未満のドライバーもOKかどうか見てみてください。

アイスランドではデビットカードでレンタカーを借りられますか?

レンタカー会社によります。一部レンタカー会社はデビットカードでも車を借りられますが、クレジットカードでなければ借りられない会社もあります。デビットカードで予約した場合、全ての保険に加入しなければいけなかったり、デポジット(保証金)を預けなければいけない場合もあるので、各レンタカー会社のページをよく確認してからご予約ください。

アイスランドで運転中に携帯しなければいけない書類は?

アイスランドで運転をする場合は必ず運転免許証、パスポート、そしてレンタカー会社の書類を携帯しましょう。

アイスランドでは冬でもレンタカーを借りられますか?

はい、アイスランドでは冬でもレンタカーを借りられます。冬のアイスランド旅行では四輪駆動車(4WD)をおすすめします。また、出発前に必ず天気道路状況を確認し、気を付けてドライブをお楽しみください。

アイスランドではレンタカーの乗り捨て(ワンウェイ・レンタル)はできますか?

はい、アイスランドではレンタカーの乗り捨ても可能です。但し、追加料金がかかる場合もあります。

アイスランドではレンタカーで走ってはいけない道があるのですか?

レンタカー会社によって、一部F道路(F-road)や、アイスランドのハイランド地方の道の走行が制限されている場合があります。ハイランド地方をドライブしたい場合は、借りる車両がハイランド地方走行可能かどうかを確認してからご予約ください。

アイスランドのレンタカー会社はチャイルドシートやGPS持参OKですか?

はい、アイスランドのレンタカーにご自分のチャイルドシートやGPS機器を持参してもOKです。もちろん、レンタカー会社でも借りられます(有料)。

アイスランドのレンタカーは満タン返却ですか?

アイスランドのほとんどのレンタカー会社は満タン返却です。満タンでない場合は給油料を請求されることがあります。

アイスランドではレンタカーを借りた場所と違うところで返すことはできますか?

はい、アイスランドではレンタカーを借りた営業所と違うところで返すこと(乗り捨て)ができます。例えば「レイキャビク出発・ケプラヴィーク国際空港返却」など。但し、乗り捨てには追加料金がかかる場合があるのでご注意ください。

アイスランドのレンタカーを借りる際に別途手数料や税金はかかりますか?

いいえ、当サイトでご予約いただいた場合、予約時に表示されている価格が全てです。この価格には税金も含まれています。但し、出発時にクレジットカードで一旦デポジット(保証金)を預かるレンタカー会社が多いです。車をきちんと返却した場合、デポジットは引き落とされません。

アイスランドでは運転中に携帯電話を使用できますか?

いいえ、アイスランドでは走行中に携帯電話を使用するのは違法です。但し、ハンズフリーの機器を使用する場合はこの限りではありません。それ以外の場合は、必ず安全な場所に駐停車してから携帯電話を操作しましょう。

アイスランドの道路ではどんなことに注意をすればいいですか?

アイスランドで運転をする際は、砂利道、穴ぼこ、急カーブ、狭い橋などに注意してください。また、田舎では、羊やトナカイなどの動物に遭遇することもあります。

レンタカーが故障したり、事故にあった場合はどうすればいいですか?

万が一レンタカーが故障したり、事故にあったりした場合は、できるだけ早くレンタカー会社に連絡してください。その上で、レンタカー会社の指示に従いましょう。必要な場合は代車を手配してもらえます。

アイスランドで運転中に故障や事故に遭ってしまった場合はどうすればいいですか?

アイスランドで運転中に故障や事故などの緊急事態に遭遇した場合、まずは自分の車をできるだけ安全な場所に停めましょう。そして次のことを行ってください。 緊急通報する:アイスランドの緊急通報先は112番です。この番号から警察、救急、消防につながります。まずは状況を説明し、現在地を伝えてください。 ハザードランプを点灯する: 車のハザードランプを点灯し、他のドライバーに緊急事態であることを知らせましょう。 安全な居場所で待機する:暴風雨時や交通量の多い場所など、車外に出るのが危険な場合は車内にとどまりましょう。車外に出る必要がある場合は、必ず反射性の衣服を着て、車通りがない安全な場所で待機しましょう。 状況を記録する: 車両の損傷やケガなどは写真や動画に撮っておきます。関係者と連絡先や保険情報を交換してください。 レンタカー会社に連絡する: レンタカーを運転している場合はレンタカー会社に連絡して状況を伝え、その指示に従ってください。 安全を最優先し、落ち着いて対応しましょう。

アイスランドのガソリン代(燃料代)はどれくらいですか?

アイスランドのガソリン代は税金や輸入コストの関係上他の国と比べて高めです。2023年12月現在の一般的な燃料価格は以下の通りです: ガソリン:場所によっても違いますが、だいたい1リットルあたり290~320アイスランド・クローナ(ISK)くらいです(2023年12月現在の為替レートでは約2.5~2.8米ドル)。 ディーゼル:ディーゼルはガソリンより若干安く、1リットルあたり270~300ISK(約2.2~2.5米ドル)です。 但し、これは世界の原油価格や税金、為替レートにより変動しますので、ご旅行前にご自身でご確認ください。

アイスランドのレンタカーに走行距離制限はありますか?

いいえ、アイスランドのレンタカーには通常、走行距離制限はありません。ですが例外もあるのでご予約時にレンタカーの契約・規約をご確認ください。

アイスランドの有料道路やトンネルの料金はどうやって払うのですか?

アイスランドのほとんどの道路やトンネルは無料です。例外としては、北部アイスランドのVadlaheidargongトンネルです。オンラインで決済するか、レンタカー会社を通じて支払うことができます(カメラが車のナンバーを読み取り、レンタカー会社に請求する仕組みです)。

アイスランドのドライブ旅行ではどんな環境への配慮が必要ですか?

アイスランドの自然環境は繊細で、サステナブルなエコツーリズムの動きも広がっています。アイスランドでレンタカーを借りる方は次のようなことにご注意ください。 車の大きさ:ニーズに合った大きさの車を借りましょう。大きな車ほどたくさんの燃料を必要とします。小さな車で十分なら、燃費のよい小型車を検討しましょう。 道路を走ること:自然環境を損なうため、アイスランドではオフロード走行は違法です。美しい自然を後世に残すため、必ず道路を走るようにしてください。 カーシェア:グループで旅行される方は、カーシェアを検討しましょう。車を複数台借りるよりもエミッションを削減できます。 ごみはごみ箱へ:ごみはレンタカーに置きっぱなしにせず、必ずごみ箱に捨ててください。自然の中へのポイ捨てはもってのほかです。

アイスランドのレンタカーは事前予約した方がいいですか?それとも着いてからで大丈夫ですか?

アイスランドのレンタカーは事前予約がおすすめです。特にピークシーズン(夏と12月後半)は混み合うため、着いてからではニーズに合う車を借りられない可能性があります。

アイスランドでレンタカーを運転中に駐車違反や交通違反をしてしまった場合はどうすればいいですか?

駐車違反の紙を貼られた場合は、すぐに近くの銀行に持って行って罰金を払いましょう。罰金が払われないとレンタカー会社に請求が行き、車の返却時に精算することになりますが、一定期間を過ぎると罰金が増額されるので、旅行日数によっては損をしてしまいます。すぐに精算した方がいいでしょう。駐車できる場所・できない場所についてはレイキャビクの駐車事情をご覧ください。

アイスランドのレンタカーには緊急時のロードサービスやサポートはついていますか?

一部レンタカー会社では緊急時のサポートを提供しています。ご予約時にレンタカーの契約をご確認ください。アイスランドでロードサービスを呼びたい場合は Guide to Icelandまでご連絡いただくか、 +354 519 79 99に電話をしてください。

アイスランドでは若年/シニアドライバーの追加料金はありますか?

一部レンタカー会社では、25歳以下だと若年ドライバー料金がかかります。70歳以上のシニアドライバー料金を導入しているレンタカー会社もあります。

アイスランドのレンタカー会社で使えるクーポンや割引はありますか?

Guide to Icelandのレンタカーは全て、割引等を既に適用した最低価格で掲載しています。

レンタカーの鍵をなくしてしまった場合はどうすればいいですか?

アイスランドでレンタカーの鍵を紛失した場合は、車の返却時に追加料金の支払いを求められることが多いです。鍵の紛失などに備えるための保険を用意しているレンタカー会社もありますので心配な方は検討しましょう。

アイスランドにはEV充電スタンドはたくさんありますか?

アイスランドのEV充電スタンドは年々増えています。レイキャビクではダウンタウン・エリアの駐車場やガソリンスタンドにもあります。ですが首都以外ではまだ数は少なめです。

アイスランドのレンタカー会社ではチャイルドシートやブースターシートは借りられますか?

はい、アイスランドのレンタカーご予約時にチャイルドシートやブースターシートを追加してください。

アイスランドのレンタカーで国境を越えられますか?

いいえ、アイスランドのレンタカーで国境を超えることはできません。アイスランドは島国なので車で越境する方法はフェリーしかありませんが、アイスランドのレンタカーで海外に行くことはできません(国内フェリーは利用できます)。

アイスランドのレンタカー会社はガイド付きツアーやアクティビティを行っていますか?

アイスランドのドライブ旅行にツアーやアクティビティをプラスしたい方は是非現地集合のアクティビティをチェックしてみてください。

アイスランドでドライブ旅行をしたいのですが、季節によって制限・規制されるルートなどはありますか?

はい、冬はハイランド地方と西フィヨルド地方に至る道路はほとんどが通行止めになります。通称Fロードと呼ばれる山道も冬季は通行止めになります。
Link to appstore phone
アイスランド最大の旅行アプリをインストール

アイスランド最大の旅行アプリをスマートフォンにダウンロード。旅のすべてを1か所で管理できます。

アイスランド最大の旅行マーケットプレイスをポケットに。スマートフォンのカメラでQRコードを読み取り、表示されるリンクをクリックしてください。電話番号またはメールアドレスを入力すれば、SMSやEメールでもダウンロードリンクを受け取ることができます。