スナイフェルスネス半島日帰りツアー|小型バス

スナイフェルスネス半島日帰りツアー|小型バス
スナイフェルスネス半島にあるブージルの村の独特な教会
スナイフェルスネス半島日帰りツアー|小型バス
スナイフェルスネス半島に行く途中、バスの車窓からアイスランドの馬も見られるかもしれません
スナイフェルスネス半島にある絶景スポットの一つ、デューパロゥンサンドゥルの海岸
夕暮れ時のキルキュフェットルの山の風景
スナイフェルスネス半島にあるキルキュフェットルの山の風景
4.8
レビュー件数 258

写真好きの方に是非参加してほしい、絶景スポットだらけのスナイフェルスネス半島ツアーです!

レイキャビクの北西部に位置するスナイフェルスネス半島。この半島はちょっと不思議でロマンチックな雰囲気が広がる場所です。海に面した切り立った断崖には多くの野鳥が住み、荒涼とした溶岩の大地の先には、氷河を冠したスナイフェル火山がそびえています。海沿いには小さな港町、そして平地にはのどかな酪農地帯と、小さな半島ながらも、美しく移り変わる景色に目を奪われることでしょう。スナイフェル火山周辺は、国立公園にも指定されており、またジュール・ヴェルヌの書いた小説、「地底探検」の舞台ともなりました。この多彩な風景が広がるスナイフェルスネス半島は「アイスランドの縮小風景」と言われることもあります。

訪れる場所:

イートゥリ・トゥンガ(Ytri Tunga)→アザラシを観察できる浜辺です。波で遊ぶ姿や、日向ぼっこをする姿が見られます。

アルナルスタビ(Arnarstapi)とヘルナル(Hellnar)→崖に面した小さなコミュニティで、潮風を感じながら溶岩と苔におおわれた海岸線を散歩をするのにぴったり。

ロゥンドランガル(Lóndrangar)→切り立った断崖から海を見渡す景色は迫力があります。また崖の上にそびえ立つ岩は巨塔のよう。

デューパロンサンドゥル(Djúpalónssandur)→黒い小石で敷き詰められた穏やかな浜辺で、両側にそびえる崖では多くの野鳥を見ることができます。浜辺にある4つの石は力比べの石で、昔この地で暮らしていた漁師たちが力強さを競い合いました。一番軽い石は23㎏で「役立たず」、一番重い石は154㎏で「強者の石」と呼ばれています。3つ目に重い54㎏の石を持ち上げられなければ船乗りになることができませんでした。あなたはどれを持ち上げることができるでしょうか?

キルキュフェットルの山(Kirkjufell)→グルンダフィヨルズルにある、とんがった頂上の山。写真スポットです。

空、海、大地の織り成すコントラストが美しいスナイフェルスネス半島をぜひ訪れてみませんか?最大15名の小さなグループで、美しいスナイフェルスネス半島の1日をお楽しみください!ご予約はお早めに!


ツアー概要

ツアー概要
  • ツアー時期: 通年
  • 所要時間: 11 時間
  • アクティビティ: ハイキング, 観光, 野鳥観察
  • 難易度:
  • 最低年齢: 5 歳
  • ツアーガイド言語: English
  • ハイライト: スナイフェルスヨークトル氷河, スナイフェルスネス半島, ヘルナル, アルナルスタピ, キルキュフェルの山, Lóndrangar, デューパロンサンドゥル
ピックアップの場所と時刻
  • 開始時刻 : 08:30.

ピックアップは08:30に開始します。

ピックアップ時間になりましたら、バウチャーに記載されているピックアップ場所でバスをお待ちください。ホテルでピックアップとなる方は建物の外、バスが見える場所でお待ちください。バス停でのピックアップとなる方で場所が不明な場合、busstop.isで確認したり、ホテルのフロントまたはバウチャー記載のオペレーター会社にご連絡ください。ピックアップには30分ほど時間がかかることがございますが、20分過ぎてもバスが来ない場合やバスに乗り遅れてしまった場合には、バウチャーに記載のツアーオペレーター会社の電話番号へご連絡ください。必ず電話をかける・受けられる環境を整えてください。

ホテルのお部屋、ロビー、お客様の携帯電話へのお呼び出しはございませんのでご注意ください。

✓含まれるもの x含まれないもの
  • レイキャビク市内からの往復送迎付き

  • 英語ガイド

  • 移動中車内のWi-Fi

  • 食事


必要なもの
  • 雨風に耐えられる暖かい服

  • ハイキングブーツ

  • 水筒

  • 軽食・お菓子

  • カメラ


備考

このツアーは11時間の日帰りツアーです。食事はツアーに含まれておりませんが、休憩時間に食事、軽食の購入ができます。



カレンダーと料金を読み込み中
キャンセル料なし
送迎無料
クレジットカード支払い
手数料なし
スナイフェルスネス半島日帰りツアー|小型バス
 
Real Time Analytics