サマーパッケージ10日間 | アイスランド一周と2日間のレイキャビク観光

サマーパッケージ10日間 | アイスランド一周と2日間のレイキャビク観光
夕暮れのダイヤモンドビーチ、氷河のかけらがまるでダイヤモンドのように光を受け輝く
残照の空の下にヨークルスアゥロゥン氷河湖でプカプカと浮かぶ氷の塊
ダイヤモンドビーチで見た押し寄せる波と氷河のかけら
北アイスランドにあるクヴィートセルクルと白夜
ゴールデンサークルツアーにはストロックルと呼ばれる間欠泉の噴出が見学できる
シンクヴェトリル国立公園のシルフラの泉の様子
5
レビュー件数 1

10日間もアイスランドで滞在するなら、アイスランドの豊かな大自然を周遊する、このお手軽なパッケージツアーに参加しよう!

アイスランドを一周する旅は小型バスで行きますので少人数で快適な空間を楽しめます。10日間に渡り、ゴールデンサークルやブルーラグーンといったアイスランドの定番スポットも訪れるほか、異世界のような景色のヨークルスアゥルロゥン氷河湖、ミーヴァトン湖、デッティフォスの滝も訪れます。もちろん、南海岸のセリャラントスフォスやレイニスフィヤラのブラックサンドビーチも見学します!

アイスランドを一周する旅は到着の翌日、または翌々日にスタート、アイスランドを反対時計回りで周ります。

ゴールデンサークル→南海岸→ヨークルスアゥルロゥン氷河湖・ヴァトナヨークトル氷河で氷河ハイキング→東部フィヨルド→アイスランド北部の代表ミーヴァトン湖→アークレイリ→ボルガルフィヨルズル→スナイフェルスネス半島→レイキャビク。

アイスランド一周の旅は7日間、その間英語ガイドが各地の見どころをご紹介します。ブルラグーンはアイスランドの旅を始める最初のスポットとして1日目に訪れても、旅の締めくくりとして最終日に訪れることもできます。フライトの時間により調整しますのでご相談ください。

ホエールウォッチング、乗馬からヘリコプターツアーまで、幅広いニーズに応えるオプションツアーの中からお選びください。参加者の数には限りがありますのでご予約はお早めに!


ツアー概要

ツアー概要
  • ツアー時期: 4月. - 9月.
  • 所要時間: 10 日間
  • アクティビティ: 氷河ハイキング, ハイキング, スーパージープ, ホエールウォッチング, 観光, クルージング, 温泉, カルチャー, ヘリコプター, 氷の洞窟
  • 難易度:
  • 最低年齢: 10 歳
  • ツアーガイド言語: English
  • ハイライト: ブルーラグーン, ゴールデンサークル, 西アイスランド, ハイランド, レイキャヴィーク, アークレイリ, ヨークルサロン氷河湖, ヴァトナヨークル氷河, ミーヴァトン湖, ディンムボルギルの溶岩柱, デッティフォスの滝, スナイフェルスヨークトル氷河, スコゥガフォスの滝, セリャランズフォスの滝, ゲイシールの間欠泉, グトルフォスの滝, シングヴェトリル国立公園, フロインフォッサルの滝, スナイフェルスネス半島, Reykjanes, Hvalfjörður, ソゥルヘイマヨークトル氷河, Hvannadalshnúkur, スカフタフェットル, ボルガルフィヨルズル湾, Þríhnúkagígur, レイニスフィヤラのブラックサンドビーチ, ヘルナル, Reykholt, ボルガネス, バルナフォスの滝, アルナルスタピ, Vík í Mýrdal, シグルフィヨルズル, キルキュフェルの山, レイニスドランガル, Námaskarð, デューパロンサンドゥル, 南海岸, Diamond Beach, リングロード, Eastfjords
ピックアップの場所と時刻
  • 開始時刻 : 00:00 随時,

✓含まれるもの x含まれないもの
  • レイキャビクで3泊(ホテルグレードの選択可。朝食の有無、お部屋については施設詳細をご覧ください。)

  • ケプラビーク空港⇔レイキャビク市内の送迎バス

  • 7日間アイスランド周遊観光:小型バス、英語ガイド付き

  • アイスランドの田舎のホステルで6泊(朝食付き、共用バスルームのダブル/ツインルーム)

  • 熟練ガイドが引率する氷河ハイキング体験

  • ホエールウォッチングツアー

  • ブルーラグーンのコンフォート入場券(アップグレード可)と送迎バス

  • ビャルナルホプンでのサメ博物館への入場料

  • ミーヴァトン・ネイチャーバスへの入場料

  • ストックスネスおよびベストラホルン地域への入場料

  • クヴァンムスタンギのアザラシ・ミュージアムへの入場料

  • ストズヴァルフィヨルズルでの石博物館入場料

  • 経験豊富なスタッフが対応します

  • 消費税込

  • 昼食、夕食

  • アイスランドまでの海外航空券


必要なもの
  • カメラ

  • 雨風に耐えられる暖かい服(防水の上着とズボン、帽子、手袋)

  • 水着とタオル

  • ハイキングシューズ


備考

アイスランドは天候が変わりやすいです。天気に合わせて脱ぎ着できる服装をお勧め致します。アクティビティの予定により、旅程の順番が変わる場合がございますのでご了承ください。



スケジュール

Day 1 - アイスランド到着


レイキャビクのハットルグリムス教会と白夜の空


アイスランドに到着したらシャトルバスでレイキャビク市内のホテルへと向かいます。シャトルバスはフライト到着時間に合わせて出発しますのでフライトの遅延や深夜の到着の方も安心!

早めの時間に到着するフライトをご利用の方はこの日にブルーラグーンを訪れることができます。ブルーラグーンの入場は到着・出発フライトに合わせ、ベストな時間で手配しますので安心してお任せください。

世界最北の首都、レイキャビクへと進み、ホテルまでお送りします。チェックイン後はダウンタウンを散策して数あるレストランやカフェでアイスランドでのグルメをお楽しみください。

[宿泊場所] レイキャビク


Day 2 - ゴールデンサークルと南海岸の名瀑


ギャウから流れ落ちるオクサルアゥフォスの滝はシンクヴェトリル国立公園にある


レイキャビクを出発し、アイスランドに来たら欠かせないゴールデンサークルへ向かいます。

シンクヴェトリル国立公園、ゲイシール地熱地帯、グトルフォスの滝で構成されるゴールデンサークルは、アイスランド観光の定番ともいえます。シンクヴェトリル国立公園はアイスランドの歴史に重要な役割を果たしてきましたが、それだけでなく地質学的にも重要な場所です。アイスランドは火山活動が活発な場所に位置し、その国土はアメリカプレートとヨーロッパプレートの2つの大陸プレートにまたがっています。珍しいことにシンクヴェトリル国立公園では、その大陸プレートの割れ目を地表で見ることができ、その間を歩くこともできます。

ゲイシールの間欠泉は地熱活動が活発なゲイシール地熱地帯にあります。グレート・ゲイシール間欠泉は現在は休止中ですが、その名前はそのまま英語で間欠泉を表す言葉となりました。現在では隣のストロックル間欠泉が5~10分ごとに20m~30mの高さまで吹き上がります。

グトルフォスの滝はアイスランド語で「黄金の滝」という意味の壮大な滝です。アイスランドには数多くの滝がありますが、その中でも特に迫力があり、滝から離れていても水しぶきを感じることができます。

ゴールデンサークルの観光後は南海岸へと進み、有名なセリャラントスフォスとスコゥガフォスの滝を見学します。

[宿泊場所] セリャラントスフォスの滝の近く


Day 3 - ヨークルスアゥルロゥン氷河湖


ヨークルスアゥロゥン氷河湖に反射する紅色の太陽の光


この日からはアイスランド南海岸じっくりと見学します。セリャラントスフォスの滝を後にし、まずはイーラフォスとクヴェルヌフォスという神秘的な2つの滝を見学し、レイニスフィヤラのブラックサンドビーチに進みます。海岸からレイニスドランガルという奇岩が海に切り立ち、ドラマチックな風景を見せてくれます。

次はソゥルヘイマヨークトル氷河を目指し、氷河ハイキングを体験します。その前に、経験豊富なガイドがヘルメットやアイゼン、ピッケルの装着の仕方や使い方まで説明します。これらの安全装備はツアーに含まれていますので、初心者の方でも安心して気軽にご参加いただけます。

夕方には氷河のかけらが浮かぶヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jökulsárlón)を訪れます。ここはアイスランドの中でも特に美しい場所と言われています。また、その近くにあるダイヤモンドビーチへも見学が予定されます。ベルベットのような黒い砂浜に点々と氷のかけらが転んで、行く価値のある有名な撮影スポットです。

[宿泊場所] アイスランド南東部


Day 4 - 東部フィヨルド


静かでのどかな雰囲気がアイスランド東部に実感


南海岸を出発し、氷河期にできた氷河により削られたアイスランド東部のフィヨルドを目指します。途中にヴェストラホルンというアイコニックな山を見学し、ストックネスの近くにあるヴァイキング・ビレッジを訪れます。

次はイーストフィヨルドエリアへとバスを走らせます。狭く深いフィヨルドの両側には険しい山々がそびえ、その奥には豊かな酪農地が広がります。豊かな入り江には小さな漁村があり、周囲の自然とともに美しい風景を創り出しています。幾重にも続く海と山、そして小さな家々の織りなす景色がどこまでも続くかのようです。

東部フィヨルドではアイスランドの豊は自然をご覧ください。フィヨルドの眺めと、豊かな海、数多く生息する野鳥であふれています。運が良ければトナカイや北極キツネに出会えるチャンスもあります!

最後にペトラの石博物館を見学し、ホステルへと進みます。

[宿泊場所] アイスランド東部


Day 5 - デティフォスの滝とミーヴァトン湖


ミーヴァトン湖周辺は地熱エネルギーで有名です


5日目からはアイスランド北部を2日にかけてじっくりと見学します。

ミーヴァトン湖はアイスランド北部を代表するエリアで、シンクヴェトリルのように2つの大陸が付け合わせる場所でもありますが、見せてくれる景色はまたシンクヴェトリルとは違います。熱湯のお湯の湧き出る沼や、入浴できないほどの高温の温泉で満たされた洞窟、碧く色づいた湖、溶岩でできた奇怪な岩々が立ち並ぶディンムボルギルなどがあります。また自然も豊かで多くの野鳥とユニークな植物の楽園ともなっています。ミーヴァトン湖から北へ進むとパワフルなデティフォスの滝も見学します。この辺り一帯は、ダイヤモンドサークルとも呼ばれています。

最後に、ミーヴァトン・ネイチャー・バスを訪れ一日の観光の疲れを癒します。

[宿泊場所] ミーヴァトン湖周辺


Day 6 - アークレイリと北部アイスランド


ホエールウオッチングツアーはアイスランドで人気のアクティビティの一つ


6日目はアイスランド北部の大きな町、アークレイリ(Akureyri)の町へ向かいます。

最初の目的地はフーサヴィークの町です。ここではホエールウオッチングツアーに参加していただきます。この周辺には、ミンククジラをはじめ様々な種類の鯨が生息しています。ツアーの後は、アークレイリへ向かいます。アイスランドの北の首都とも呼ばれる町です。神の滝とも呼ばれる、ゴーザフォスの滝を訪れます。アークレイリでは市内観光もお楽しみいただけます。博物館、レストラン、カフェ、お土産物屋が揃っています。

[宿泊場所] アークレイリ近郊


Day 7 - 西部アイスランドへ


10日間のツアーでアイスランドの様々な魅力を体感できる


7日目はアイスランドの国道一号線リングロードを西に向かって走ります。この日の最初の目的地はクヴィートゥセルクルの岩です。海の中に聳え立つ岩は、まるでドラゴンが海の水を飲んでいる姿のように見えます。どこから撮っても絵になる、人気の写真スポットです。次は、アザラシの生息地としても知られている、クヴァンムスタンギ(Hvammstangi)の町に向かいます。こちらでは、アザラシ・ミュージアムも訪れます。ボルガルフィヨルズルに目指して進んでいくと、ハットルムンダルフロイン(Hallmundarhraun)という名前の溶岩台地が見えてきます。フロインフォッサルの滝とバルナフォスの滝を見学します。フロインフォッサルの滝は上流の川が見えないとても珍しい滝で、訪れてみてお確かめ下さい。この日の最後の見所は、ヨーロッパで最大の湧出量を誇る温泉、デイルダルトゥングクヴェルです。

[宿泊場所] ボルガルフョルズル周辺


Day 8 - スナイフェルスネス半島


キルキュフェットルはアイスランドの有名な撮影スポット


8日目はミニチュア・アイスランドとも言われる、風土的な特徴がぎっしり詰まったスナイフェルスネス半島へ。

氷河を冠した成層火山であるスナイフェルスヨークトル氷河は、ジュール・ヴェルヌのSF小説『地底旅行』の舞台になった場所でもあります。お話の中では、地底世界への入り口がここにあるとされていました。最初の目的地は、イートゥリ・トゥンガのビーチです。この浜辺では、よくアザラシが休憩している姿が目撃されています。海岸線沿いをさらに進んで、アルナルスタピ とヘルナルを訪れます。ロウンドランガルの崖は、切り立った断崖の海岸線が続いている所で、アイスランドの特徴的な地形が観察できる場所として知られています。その次の目的地は、デューパロンスサンドゥル(Djúpalónssandur)と呼ばれる黒い砂浜です。この浜辺には力試し用の岩が置かれています。その昔、漁師たちがこの岩を持ち上げて、海の男としての力量が十分にあることを証明したそうです。休憩を挟んだ後に、サメ博物館があるビャルナルホプン(Bjarnarhöfn)に向かいます。同博物館を訪れ、匂いがキツイことで知られるアイスランドのサメの燻製、ハウカットル(hákarl)とアイスランド産の蒸留酒をご賞味いただきます。この日の最後の目的地は、アイスランドで一番写真に撮られていると言っても過言ではない、キルキュフェットルの山を訪れます。観光が終わりましたら、レイキャビクに向かいます。

[宿泊場所] レイキャビク


Day 9 - レイキャビク散策orブルーラグーン


ブルーラグーンはアイスランドでも大人気の観光地


この日はレイキャビクのダウンタウンを散策。

ガイドは付きませんが、とってもコンパクトなダウンタウンは徒歩でも十分に見て回ることができます。レイキャビクの小さな町には数々のギャラリーや美術館、博物館、レストランやカフェ、アイスランドデザインのお店が軒を連ねています。ハットルグリムス教会や、ハルパコンサートホールも訪れてみましょう。

この日は1日時間がありますので、レイキャビク出発の日帰りツアーに参加するのもオススメです。広大で火山活動の跡が残るアイスランドは、ヘリコプターに乗り込み空から見ることで、よりはっきりと自然の力強さを感じることができるかもしれません。また、ホエールウォッチングやバスで行く市内観光のオプションツアーも選んでいただけます。

他にも、ラングヨークトル氷河のアイストンネルや、休火山のマグマだまりに降りるインサイド・ザ・ボルケーノツアーも、アイスランドならではの体験です。インサイド・ザ・ボルケーノツアーではスリーフヌカギグル火山の火口からマグマだまりに降り、サッカーコートほどの大きさもある内部をご覧いただけます。その他にも様々なツアーがありますので、アクティビティを追加してみたい方はお気軽にご相談ください。

[宿泊場所] レイキャビク


Day 10 - 出国


チョルトニン湖から見たレイキャビクの夜景


いよいよ最終日です!

夕方に出国の場合はブルーラグーンを訪れたり、ホエールウォッチングツアーに参加したりして過ごすこともできます。ゆったりとしたい方はレイキャビクの街を散策しながら、お土産などのショッピングもできます。レイキャビクの港を散歩したり、チョルトニン湖を訪れるのもいいでしょう。フライト搭乗時間に合わせて空港シャトルバスをアレンジしますので、早朝便でも夜の便でも問題ありません。安心してバスに乗り込みケプラビーク国際空港へ向かっていただけます。


レイキャビクの宿泊施設 タイプ

宿泊施設のグレードの詳細は、下記をご確認ください。宿泊施設例はそれぞれのスケジュールをご覧ください。 スーパーエコノミーを除き、1名様のご利用の場合はシングルルーム、2名様以上の場合はダブル/ツインルームや、トリプルルームとなります。クオリティグレードの場合で奇数人数でご参加の場合、ツインルームまたはダブルルームのほかに、シングルルームを手配致します。グループの中で1名様以上の人数がシングルルームをご希望の場合は、別々にご予約ください。特別なリクエストがある場合できる限りのアレンジは致しますが、追加料金が発生する可能性があります。パッケージに含まれるマルチデイツアーは郊外のホテルでは宿泊グレードは指定できません。 宿泊施設やホテルの指定はできませんが、旅行時期、旅程に最適な宿泊施設をご案内いたします。尚、宿泊地域によりホテルのグレードに差がある場合がございます。アイスランドはホテル数があまり多くありませんので、早めにお申し込みいただければ、より良いお部屋をご案内できる可能性が高くなります。

スーパーエコノミー

ゲストハウスやホステルの相部屋、ドミトリーのベッドとなります。HI Hostelなどレイキャビク周辺のホステルが代表例です。共用バスルーム。朝食無し。

エコノミー

Capital Innのようなゲストハウスの個室となります。共用バスルーム。朝食は付きません。

コンフォート

レイキャビクのダウンタウン又はその周辺にあるホテル・クレットゥル(Hótel Klettur)などのシンプルなホテルやゲストハウス。バスルーム付きの個室をご用意。朝食付き。

クオリティ

レイキャビクのダウンタウン、メインストリートにあるホテル・アルダ(Hotel Alda)などのハイクオリティのホテル。居心地のいいホテルのお部屋をご用意。朝食付き。


キャンセル保険

万が一パッケージのキャンセルが必要となった時に、ツアー代金から保険料5000クローナx参加人数を引いた差額を返金します。この保険を適用するには、出発日時の48時間前までにご連絡いただく必要があります。キャンセルを希望する場合にはCancellation Requestと明記の上、ご予約番号、お名前とともに info@guidetoiceland.is まで、ご連絡ください。このキャンセル保険は、パッケージの全てをキャンセルする場合にのみ適用されます。パッケージ内の各種アクティビティーや個々のサービスのみのキャンセルを希望する場合には適用となりません。保険料の返金や、他のパッケージへの移譲は致しかねます。


地図


カレンダーと料金を読み込み中
送迎無料
クレジットカード支払い
手数料なし
ツアーオペレータ会社 Guide to Iceland
サマーパッケージ10日間 | アイスランド一周と2日間のレイキャビク観光
 
このツアーについてのお問い合わせ
Real Time Analytics