6日間ウィンターホリデー | 氷の洞窟探検付き

6日間ウィンターホリデー | 氷の洞窟探検付き
6日間ウィンターホリデー | 氷の洞窟探検付き
Above a beautiful lake in Iceland, emerald and violet aurora borealis dance across the sky.
Glacier lagoons in the south-east, such as Jökulsárlón and Fjallsárlón, fill with icebergs breaking away from retreating glacial tongues.
The glacier caves underneath Vatnajökull, Europe's largest glacier, open from November or occasionally October, and are filled with spectacular wonders of ice and snow.
Gullfoss waterfall in winter, when surrounding in ice and snow, gains a new kind of beauty, but visitors will want to dress up warm to see it.
Against a wintery sunrise, Strokkur the geyser ejects water to heights that can reach - and very rarely even exceed - forty metres.
4.7
レビュー件数 101

アイスランドの有名な観光名所を巡り、氷の洞窟の探検も参加しませんか?冬休みはアイスランドで6日間のパッケージツアーで決まり!

世界最大露天風呂のブルーラグーン、ゴールデンサークル、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖、そして氷の洞窟と、冬のアイスランド旅行で欠かせないスポットもしっかり押さえ、さらに数々のオプションツアーも用意。自由自在にカスタマイズできるので一層楽しい旅が作り出せるでしょう。

5日目にはゆっくりとレイキャビク市内の散策するか、追加オプションでスナイフェルスネス半島を訪れるかチョイス。お客様のお好みに合わせ、自由にオプショナルツアーを追加することができます。

素晴らしい景色を楽しみながら、オーロラが見られるチャンスもあるかもしれません!予測しにくいオーロラの出現ですが、経験豊富なガイドが皆様をその日最適な場所へ皆様をお連れ致します。

今年の冬は素敵な思い出作りの旅に出よう!予約はお早めに!


ツアー概要

ツアー概要
  • ツアー時期: 10月. - 3月.
  • 所要時間: 6 日間
  • アクティビティ: シュノーケリング, ケイビング, スノーモービル, 乗馬, ホエールウォッチング, 観光, クルージング, オーロラ, 温泉, 氷の洞窟
  • 難易度:
  • 最低年齢: 8 歳
  • ツアーガイド言語: English
  • ハイライト: ブルーラグーン, ゴールデンサークル, 西アイスランド, レイキャヴィーク, ヨークルスアゥルロゥン氷河湖, ヴァトナヨークトル, スナイフェルスヨークトル氷河, スコゥガフォスの滝, セリャラントスフォスの滝, ゲイシール地熱地帯の間欠泉, グトルフォスの滝, エイヤフィヤトラヨークトル氷河, シンクヴェトリル国立公園, カトラ火山, ストロックル間欠泉, スナイフェルスネス半島, レイキャネス半島, ミールダルスヨークトル氷河, スカフタフェットル自然保護区, シルフラの泉, レイニスフィヤラのブラックサンドビーチ, ラングヨークトル氷河, ハットルグリムス教会, ヴィークの町(ヴィーク・イ・ミールダル), キルキュフェットル山, レイニスドランガル, オクスアルアゥルフォスの滝, ホイカダルル, スカフタフェルスヨークトル氷河, デューパロゥンサンドゥル, ブレイザメルクルヨークトル氷河, 南海岸, ダイヤモンドビーチ
ピックアップの場所と時刻
  • ピックアップ開始時刻 : 随時.

空港⇔レイキャビク市内送迎バスはフライト時刻に合わせて手配致します。

✓含まれるもの x含まれないもの
  • 空港⇔レイキャビク市内の送迎バス

  • レイキャビクで4泊 (ホテルグレードの選択可。朝食の有無、施設については宿泊施設詳細をご覧ください)

  • ブルーラグーンのコンフォート入場券(アップグレード可) と送迎バス

  • ゴールデンサークル観光:少人数グループ、追加オプション有

  • 1泊2日南海岸ツアー:少人数グループ、氷の洞窟探検付き

  • 1泊2日南海岸ツアー:ヴァートナヨークトル国立公園周辺で1泊(朝食付き、共有バスルーム可能性あり)

  • オーロラツアーの特典付き

  • 旅程表(PDF送付)

  • 経験豊富なスタッフが対応します

  • 消費税込

  • 夕食

  • 昼食


必要なもの
  • カメラ

  • 水着

  • 雨風に耐えられる暖かい服

  • 雪でも大丈夫なハイキングシューズ

  • 防水の上着とズボン


備考

・アクティビティの予定により、旅程の順番が変わる場合がございますのでご了承ください。

・オーロラは自然現象であり、必ず見られるという保証はありませんが、このツアーでは、好天時にオーロラを観測できる可能性が高い場所にお客様をご案内します。パッケージに含まれているオーロラツアーは特典として無料で提供しているツアーです。ツアー中にオーロラが見れない場合は、別の可能な日に振替えできますが、悪天候などのため滞在期間中にオーロラツアーが催行されない場合の返金や、ツアーが催行され、オーロラが観察できない場合の返金は致しかねます。

・氷の洞窟は氷河が作り出す自然現象です。気温が高かったり荒天となった場合、洞窟に立ち入るのが危険と判断されることがあります。その場合には安全を考慮し氷の洞窟ツアーを中止する可能性もあり、参加できる代替えツアーに振り替えるか、中止したツアー分の返金をさせていただきます。

・冬のアイスランドでは積雪だけでなく、地面が凍結し滑りやすくなることがあります。靴底が滑りにくいように加工されている靴や、脱着式の滑り止め(スパイク)を準備しておくことをお勧めします。簡易スパイクはアイスランドまたは日本でも購入できます。

・分割払いをご希望の方はお問い合わせフォームでお知らせください。

・延泊をご希望の方はお問い合わせください。



スケジュール

Day 1 - 到着日


Northern Lights tours are conducted on land and on sea, and both options provide a great chance of spotting the incredible auroras.


アイスランドへようこそ!

荷物を受け取ったら空港の出口の近くにあるフライバスのカウンターでバウチャーを見せてください。フライトの到着時間に合わせてバスが出発しますので、深夜の到着又はフライトの遅延でバスを逃す心配はありません。到着後の次に出るバスに乗れば大丈夫です。

この日の夜はレイキャビク市内の中心部での宿泊となります。町を散策し、ダウンタウンのバーやレストランでのグルメを楽しんだり、おしゃれなカフェで手作りのケーキやホットココアを注文し、頑張っている自分へちょっとしたご褒美しましょう。

パッケージに含まれるオーロラ観賞のバスツアー、又はボートツアーはこの日の夜にご参加いただけます。ボートツアーに参加したい方はハルパコンサートホールのそばにあるオールドハーバーから乗船します。バスツアーの場合はご宿泊先付近の指定バス停から参加です。別の日にこのオーロラ観賞ツアーをアレンジすることもできますので、お申し出ください。

[ 宿泊場所:レイキャビク ]


Day 2 - ゴールデンサークル、ブルーラグーン


Gullfoss thunders into an ancient canyon, which in winter, becomes cloaked in thick layers of snow and ice.


2日目は有名なゴールデンサークル:シンクヴェトリル国立公園、ゲイシール地熱地帯、とグトルフォスの滝を周遊します。シンクヴェトリル国立公園はユネスコに世界遺産として登録されていることで人気を集めています。アイスランドの最古の議会がここで行われ、全島の偉人がここまで足を運んで法律の論議をしていました。シンクヴェトリル国立公園地域は大西洋中央海嶺の地上露出部分であり、ユーラシアプレートが東に北米プレートが西に広がっています。

次にゲイシール地熱地帯に進みます。1万年前からお湯を噴出し続けていたグレートゲイシールにちなんでこの場所が名づけられましたが、現在活動休止となります。代わりに数メートル離れるとなりのストロックル間欠泉は10分毎に40mほどの高さで熱湯を噴き出すのは見れます。その他、この地域にある30か所の温泉(高温度のため、入れません)、沸いてくる高温の泥や、蒸気噴出口など、地熱活動が色々な形で見学できます。

雄大なグトルフォスの滝に着き、氷河から溶け出してきた水流が2段の滝に流れ落ちるパワーが体感できます。勢いのあるこの川ではラフティングもよく行れます。

この日に追加できるオプショナルツアー:

*絶景スポット→シルフラ泉でのシュノーケリング。シンクヴェトリル国立公園内にあるシルフラの泉は非常に透明度が高い水で有名なシュノーケリング・ダイビングスポットです。水中の視界は100mを誇ります。

*動物好きな方→モフモフでカワイイアイスランド馬と触れ合る乗馬ツアー。フレンドリーな性格とポニーのような小さい体が特徴的です。初心者の方でも気軽に乗るできます。

*スリル満点→スノーモービル体験。スーパージープに乗り換え、ラングヨークトル氷河のベースキャンプまで移動してからスノーモービルの操作の仕方などガイドがイチから説明します。

*リラックスしたい方→ブルーラグーンで入浴します。

夜になったら再びオーロラ観賞のツアーに参加できるチャンスがありますが、その前に美味しいアイスランド料理を食べてみてはいかがでしょうか。

[ 宿泊場所:レイキャビク ]


Day 3 - 南海岸


A path fully surrounds the South Coast waterfall of Seljalandsfoss, which can be taken so long as the conditions are not too treacherous.


この日から1泊2日の南海岸を巡るツアーが始まります!

まずは最も有名なセリャランズの滝とスコゥガフォスの滝の見学です。セリャラントスフォスでは滝の裏側まで歩くことができ、キラキラと輝くつららに飾られた滝を裏から眺めながることができます。滝の向こうに見える広大なアイスランドの風景は世界的にも珍しい光景ではないでしょうか。真冬には地面が氷大変危険です。無理に氷の上を歩き滑らないように足元に気を付けてください。次はスコゥガフォスの滝を訪れます。このスコゥガフォスの滝壺には宝箱が隠れていると伝説があります。

その後はブラック・サンド・ビーチ、レイニスフィヤラを訪れます。離岸流が強いので海から30mほどを離れ安全な場所から見学しましょう。

そしてスカフタフェットル国立公園に進みます。アイスランド最大の氷河、ヴァトナヨークトル氷河がこの国立公園に位置します。ハイキングコースからはアイスランドの最高峰となるクヴァンナダルスフニュークル(Hvannadalshnúkur)、2110mが見えます。

この日の最後のスポットは、息をのむほど美しい風景が広がるヨークルスアゥルロゥン氷河湖です。ブレイザメルクルヨークトル(Breiðamerkurjökull)氷河から分離した氷山が湖に浮かび流れてくる景色は異世界のよう。紫外線により氷の表面は白く漂白されますが、実は元々ブルーでした。氷山の底部分は、その鮮やかなブルーの色を保っているので、たまにひっくり返る氷山にその色を見ることができます。ヨークルスアゥルロゥン氷河湖を満喫したら、近くにあるダイヤモンドビーチの散策時間もあります。砂の上に打ち上がった氷のかけらがダイヤモンドのように輝く絶景をお楽しみください。

[宿泊場所:スカフタフェットル自然保護区やホプンの町]


Day 4 - 氷の洞窟


Helmets and crampons are required for ice caving, so wear thin hats and decent hiking shoes.


4日目は改造したジープに乗り、ヴァトナヨークトル氷河の下にあるナチュラル・ブルーな氷の洞窟を向かいます。短い距離をハイキングしないと届かない場所であり、足首が隠れる歩きやすいハイキングブーツが必須となります。

氷の洞窟は毎年の秋の終わりにプロの専門ガイドが見つけ、安全と判断された上きれいな景色が見える洞窟を選び、お客様をお連れします。透明感のあるアイスブルーの洞窟を訪れて、氷の異世界を体感しましょう。毎日の天候に影響され、日差しの暖かさで溶けたり、夜の寒さでまた凍ってしまったりするため、この日見た氷の洞窟は次の日別の姿となるかもしれません。そのため二度と再現できず、とてもレアな氷の洞窟の体験になります。この氷の洞窟の中では45分間程過ごしますので、必ず暖かい服装で参加してください。安全のためヘルメットも着用しますのであまりかさばらない帽子をお勧めします。

この貴重な体験を精一杯楽しんでから、レイキャビクへの帰路につきます。再びヨークルスアゥルロゥン氷河湖に立ち寄り、日の光を浴びる氷河湖をご覧ください。運が良ければ、氷の上に日向ぼっこをしているアザラシも見えるかもしれません!

レイキャビクの帰り道にオーロラが見えればバスを止めて、オーロラ鑑賞の時間をとります。

[宿泊場所:レイキャビク]


Day 5 - レイキャビク、あるいはスナイフェルスネス半島


The Snæfellsnes Peninsula, or 'Iceland in Miniature' as it is otherwise known, is beautiful throughout the year, but somewhat more mystical in midwinter.


5日目は2つの過ごし方をご用意しています。予約時にご希望のオプションを選択してください。

1 - レイキャビク市内の散策

レイキャビクの観光では港の近くにあるソゥルファリズ(Sólfarið)というヴァイキングの船のオブジェの見学や、ダウンタウンの中心に設置される国会議事堂のアルシンギ(Althingi)の見学等をどうぞ。もちろんメインのショッピングストリートとなっているロイガヴェグール(Laugavegur)を散策をしながら、コーヒー専門店の週替わりのブレンドを飲んだり、お土産を買ったりすることもできます。レイキャビクはとてもコンパクトな街なので、徒歩でも十分にお楽しみいただけます。

ダウンタウンから徒歩15分ほどにある港のオールドハーバー周辺では、レストランでランチをしたり、ホエールウォッチングツアーに参加することもできます。

2 - スナイフェルスネス半島日帰りツアー

アイスランドの大自然をもっと見てみたいという人は、絶好の写真撮影スポットのスナイフェルスネス半島がおすすめ。アイスランドでよく見かける自然の特徴、氷河や溶岩の大地はこの場所にコンパクトにまとまっているため、ミニアイスランドと呼ばれることもあります。

半島の北海岸沿いに進み、象徴的な姿のキルキュフェットル(Kirkjufell)の山を通過し、小さな漁村のオゥラフスヴィーク(Ólafsvík)やリーフ(Rif)、そしてヘトリサンドゥール(Hellisandur)ののどかな雰囲気が楽しみください。

ジュール・ヴェルヌ作の冒険小説「地底旅行」では、この半島の西端にあるスナイフェルスヨークトル氷河が、地球の中心への入り口として書かれています。スナイフェルスヨークトル氷河として知られていますが、実は氷河の下には成層火山があり、小説ではその火口を下って地下世界へと進んでいきます。この日帰りツアーでは地底探検は行いませんが、氷河の周辺を散策し美しい自然をお楽しみください。

スナイフェルスネス半島半島では、2つの黒い砂浜、デューパロゥンサンドゥル(Djúpalónssandur)とドリートヴィーク(Dritvík)が見学できます。この2つの海岸は大昔のアイスランドの漁業で重要な役割を果たしてきました。続いて、また別の漁村のへルナル(Hellnar)に進み、海鳥の豊富な崖や海を見渡せるスポットまでハイキングに行きます。ここから見えるスナイフェルスヨークトル氷河はまた別の雰囲気があり、写真撮影のスポットとしても人気があります。

スナイフェルスネス半島の南海岸の観光の後は、レイキャビクへの帰路につきます。オーロラが見えた場合にはバスを止めることもあります。レイキャビクへの帰着時間は21時、遅くても深夜の1時に予定されています。

[宿泊場所:レイキャビク]


Day 6 - 出国


Across the solidly frozen lake of Tjörnin, visitors can admire the snowy skyline of Reykjavík city.


アイスランドでの最終日です!

夕方のフライトの方は街中のカフェやデリカテッセンを訪ね美味しいブランチを楽しんだり、ショッピングしたり、美術館に行ったりしましょう。レイキャビクのランドマークとなっているハトルグリムス教会(Hallgrimskirkja)への散策をし、その前に立つ探検者のレイフ・エイリクソンの像と一緒に記念写真を撮るのも人気です。まだブルーラグーンを訪れていない方は空港に行く途中に寄り道することもできます。フライト時間に合わせて、空港行きのシャトルバスをアレンジしますので、最終日も効率的に楽しむことができます。

長い旅、お疲れさまでした!またアイスランドにお越しください。


レイキャビクの宿泊施設

宿泊施設のグレードの詳細は、下記をご確認ください。宿泊施設例はそれぞれのスケジュールをご覧ください。
スーパーエコノミーを除き、1名様のご利用の場合はシングルルーム、2名様以上の場合はダブル/ツインルームや、トリプルルームとなります。クオリティグレードの場合で奇数人数でご参加の場合、ツインルームまたはダブルルームのほかに、シングルルームを手配致します。グループの中で1名様以上の人数がシングルルームをご希望の場合は、別々にご予約ください。特別なリクエストがある場合できる限りのアレンジは致しますが、追加料金が発生する可能性があります。パッケージに含まれるマルチデイツアーは郊外のホテルでは宿泊グレードは指定できません。
宿泊施設やホテルの指定はできませんが、旅行時期、旅程に最適な宿泊施設をご案内いたします。尚、宿泊地域によりホテルのグレードに差がある場合がございます。アイスランドはホテル数があまり多くありませんので、早めにお申し込みいただければ、より良いお部屋をご案内できる可能性が高くなります。

スーパーエコノミー

ゲストハウスやホステルの相部屋、ドミトリーのベッドとなります。HI Hostelなどレイキャビク周辺のホステルが代表例です。共用バスルーム。朝食無し。

エコノミー

Capital Innのようなゲストハウスの個室となります。共用バスルーム。朝食は付きません。

コンフォート

レイキャビクのダウンタウン又はその周辺にあるホテル・クレットゥル(Hótel Klettur)などのシンプルなホテルやゲストハウス。バスルーム付きの個室をご用意。朝食付き。

クオリティ

レイキャビクのダウンタウン、メインストリートにあるホテル・アルダ(Hotel Alda)などのハイクオリティのホテル。居心地のいいホテルのお部屋をご用意。朝食付き。


ディナー

スタッフ一押しのレストランでご夕食をご希望の場合はこちらのオプションをご予約のツアーに追加してください。
ディナーのオプションをご利用の方のために、日程を考慮して最適な時間にレストランでのテーブルをご用意致します。お肉、お魚やベジタリアンのセットメニューから現地でお好きなものをお選びください。また、アラカルトメニューをご希望の場合はバウチャーに含まれる金額との差額をお支払いいただければセットメニュー以外のものでもご賞味いただけます。万が一アレルギーやお食事制限がおありでしたら、レストランに到着後、スタッフに直接お知らせいただければ幸いです。
各種予約バウチャーと共にレストランのバウチャーをご用意致します。お食事オプションをキャンセルしても返金いたしかねますので予めご了承ください。


プライベート送迎

プライベート送迎をご利用の場合は乗り換えがないため、ケプラヴィーク空港からレイキャビクにある降車スポットまで約45分かかります。

当日はケプラヴィーク空港の到着ロビーで担当者がお出迎えします。お客様と合流しましたらすぐ出発しますので空港で待つ時間はありません。

到着日にブルーラグーンが予定された方はブルーラグーンにお送りします。ケプラヴィーク空港を出発してから約30分後に到着します。ブルーラグーンで2時間入浴を楽しんでいただき、レイキャビクのホテルへとご案内します。ブルーラグーンからレイキャビクまでは約40分かかります。

出国日はホテルの外までお迎えに上がり、ケプラヴィーク空港へとお送りします。レイキャビクにあるホテルからケプラヴィーク空港までプライベート送迎では約50分かかります。

尚、ツアー初日または最終日以外の日にブルーラグーンが予定されている方はプライベート送迎ではなくシャトルバスをご利用いただきます。


キャンセル保険

このキャンセル保険は、パッケージの全てをキャンセルする場合にのみ適用されます。万が一パッケージのキャンセルが必要となった時に、ツアー代金から保険料 5,000クローナ x 参加人数 を引いた差額を返金致します。この保険を適用するには、バウチャー記載の出発日時の48時間前までにご連絡いただく必要があります。
キャンセルを希望する場合にはCancellation Requestと明記の上、ご予約番号、お名前とともに info@guidetoiceland.is まで、ご連絡ください。パッケージ内の各種アクティビティーや個々のサービスのみのキャンセルを希望する場合には適用となりません。パッケージをキャンセルの際はそれに含まれる全てのサービスを取り消し、ツアー代金を一括で返金致します。保険料の返金や、他のパッケージへの移譲は致しかねますので予めご了承ください。


地図


体験者の声

評価の平均値4.7101 件のレビュー
日本語
全ての評価
口コミを編集
口コミを編集
口コミを編集
口コミを編集
口コミを編集
2018年11-12月に参加しました。ツアーの6日に追加して2日間追加して滞在しました。当初英語でメールを送ったものの日本語で返信が来たのでびっくりしましたが、日本人のスタッフが対応してくださり、プランのアレンジもしてくれたので助かりました。氷の洞窟探検ツアーは天候のため入れなかったのが本当に残念です。晴れていましたが強風のためということですが、あれだとかなり入れない場合が多いのではないかと思います。10,000ISK返金されましたが。予備日で再度チャレンジしたかったのですが生憎1日ツアーは埋まってしまっていて行けませんでした。自然のことなのでやむを得ないですがかなり残念でした。バス移動が多く各スポットの滞在時間が短かったのですが、冬は強風、雪、路面凍結などとても自分で運転できる状況ではなかったのでやむを得ないかと思います。ドライバーも観光客の運転は危険だと言っていました。オーロラは3回見に行って2回見れました。これも何回かトライすることをお勧めします。
口コミを編集
天気が良ければ、全体的にもっとよかったなと思いました。 シルフラ泉でのシュノーケリングは写真通りの青の世界が広がってよかったです。 洞窟探検は天気が良くなければ、きれいな青色には見えないと思いました。 スナイフェルネス半島のツアーは嵐のような天候でもツアーに参加したため、あまり良い景色が見れなかったのは残念でした。 天気が悪かったこと、クリスマス時期ということもあったと思いますが、特典のオーロラツアーの日程変更の連絡を入れた以降,返信が返る直前まで返ってこなかったことにはがっかりしました。特典だからツアー会社の対応が良くない気がします。また特典だから返金もないといわれましたが、そもそも特典ツアーがあっても利益が出るようになっているはずなので、ツアーにに行けなかったことで余計なお金がとられた気がして不快だけが残りました。
カレンダーと料金を読み込み中
送迎無料
クレジットカード支払い
手数料なし