ウィンターパッケージ

ウィンターパッケージ

オーロラシーズン中に旅行をしたい方に合わせたアイスランドのウィンターパッケージ。アイスランドの雪に覆われた風景、ダイナミックな手つかずの大自然をお楽しみください。すべての送迎、ツアー、宿泊施設は到着前に手配されますので安心してアイスランドへお越しください!

出発地点

旅行期間を選択

到着日出国日

旅行者の人数を選択してください

2 旅行者
4.7
レビュー平均点
888 レビュー
4.7
888 件のレビュー
各種サービスを一括比較・検索
最低価格を保証
手軽に予約・キャンセル

20 ウィンターパッケージが予約可能

最も人気のあるウィンターパッケージを体験してください

全20件のうち20件を表示しています
アイスランドをもっと楽しむ

厳選されたツアーの中からご希望のツアーをお選びください

旅行者のレビュー

世界各地からの旅行者のレビューを読む

Sakiko Ohtomo

Sakiko Ohtomo

素晴らしい!
03/03/2019, 17:30
のレビュー 冬の冒険5日間|氷の洞窟探検付き

正直かなり高額なので、マイナスのレビューについては不安でしたが、結果、かなり満足です。 ホテルやツアーの手配を全てやってもらえるのは、かなり助かります。 まず、1日目の夜のオーロラツアーは、オーロラは見れませんでした。 アイスランドでの目的はこれではなかったので、気にしていません。 2日目のゴールデンサークルのツアーのガイドさんは、かなり良い方でした。 3日目から4日目の、氷河ツアーへ1泊2日行く際、かなりトラブルがありました。 バスストップで、時間より前に待っていたのですが、しばらくバスが来ませんでした。 そこで、初対面の観光客が、わたしが英語で電話をできない事を知って、心配して電話をかけてくれました。 そこで、初日に頂いたSIMカードが役に立ちました。 通話をできないSIMカードしか持っていなかったので、かなり助かりました。 電話の結果、たくさんピックアップしてるから、ミスではない、もうすぐ着く、という事でした。 しばらくすると、バスが来たのですが、あなたの名前はないから他のバスだと言われました。 かれこれ一時間待ちましたが、全然来ませんでした。 すると、2日目のゴールデンサークルツアーでお世話になったガイドさんが、この日もツアーを持っていて、バスで現れました。 今日もどっかいくの?と話しかけてくれ、一時間待ってるのにバスがこないんだ、と伝えたところ、彼もまた、電話をかけてくれました。 また、すぐに来ると言われました。 そして、やっと来たバスが、最初に、あなたの名前はないと言った彼でした。 名前の確認ミスでピックアップし損ねたようです。 これから参加される方は、バスに乗るときや降りるとき、しつこいくらい行き先と名前を確認した方がいいと思います。 寒い中一時間待って、やっとバスに乗れました。 その後の氷河ツアー自体は、満足です。 しかし、1日目は少し荒れ模様でしたので、風も強く、滝の裏にいこうとした際、すごい水しぶきで、全身ずぶ濡れになり、その後のツアーが寒くて限界でした。次のストップのギフトショップで、ズボンを買いました。 アイスランドは天候の変化が激しいので服装に注意とよく言われますが、天候というより、とにかく滝が命取りとなりました。 風と水しぶきで、危険を感じたので、滝の裏側へ行くのは諦めました、、、 ですが、これから参加される方は、滝の裏側に行かないとしても、確実に濡れてもしみない服装で行くべきだと思います! この氷河ツアーの2日目のとある場所で、また例のガイドさんと遭遇し、無事にツアーに参加できた事も伝えられて、良かったです。 あまり英語が得意ではないので、今どこにいるのか、その都度しっかり理解していなかったのですが、旅程表にあるものだけでなく、色んなところに連れて行ってくれて、帰りもオーロラが観れるところを何度も探してくれました。 残念ながら肉眼ではあまり見えませんでしたが、写真にはバッチリ写りました。 大満足です。 事前に質問にもこまめに答えて頂いて、とても助かりました。 ありがとうございました!

冬のアイスランド旅行について

冬のアイスランドは深い雪に覆われ、天気予報が役に立たないくらいコロコロ天気が変わります。強い風に吹雪に、輝くオーロラ… アイスランドの空は気まぐれです。

真冬の日照時間は数時間しかないので、明るい時間でないとできないアクティビティはよく考えた上で計画を立てる必要がありますが、氷の洞窟など、多くの観光地は太陽に関係なく楽しめるようになっています。

また、シルフラの泉では冬の>シュノーケリングも人気ですし(寒い冬の方が、氷河の水が温かく感じるという人が多いくらいです)、犬ぞり、ホエールウォッチングや温泉巡りなど、たくさんの遊び方があります。

パッケージツアーなら、アイスランド入国前に宿や車、ツアーも全てスタッフがしっかり押さえておくので安心です。土地勘がない国でスケジュールを組んだり、ホテルやらレンタカーやら複数のエージェントとやりとりしたりするのは手間も時間もかかるもの。余計な心配をせず、アイスランドの手つかずの自然を心ゆくまでお楽しみいただけます

当然のことながら、冬のアイスランドはとても寒いので、防寒対策はしっかりしましょう。防水仕様のジャケットやパンツ、ニット帽、マフラー、手袋、厚手の靴下、足首までサポートするハイキングブーツなどをお忘れなく。

よくある質問

ツアー料金には海外航空券は含まれていますか?

Guide to Icelandでご覧いただく全てのツアーはアイスランド現地出発のツアーです。いずれのツアーにも海外航空券が含まれておりません。詳しくは各ツアーページに記載の「含まれているもの」をご確認ください。

オーロラを見たいのですが、見られるでしょうか?

オーロラは自然現象のため、いつどこで発生するかは事前に予測することが難しいです。アイスランドに長く滞在するほど見られるチャンスは高くなります。ウィンターパッケージでは無料でオーロラツアー1回分を提供していますが、見られなかったり中止となった場合には振替ができます。オーロラの詳細についてはこちらの記事もご覧ください。

クリスマスや年末年始に旅行しようと思いますが、ウィンターパッケージに参加できますか?

クリスマスや年末年始でも参加できます。ただし、この時期は人気がありホテルが満室となったり、ブルーラグーンのチケットが早く売り切れてしまうこともあります。ご希望通りの旅行をしていただくためには、お早めにお申し込みいただくことをお勧めいたします。

どのような服装で参加すればいいでしょうか?

雪や吹雪となることがあります。防水防風のアウター、ニット帽、手袋、マフラーが必要です。またフリースのセーターなど暖かく脱ぎ気しやすいインナーもご準備ください。雪が積もっていることもありますので、足首までカバーするスノーシューズやブーツが便利です。また、氷の洞窟や氷河ハイキングにはしっかりとしたハイキングブーツが必要です。無い場合にはレンタルもできます。詳しくはアイスランド旅行での服装についてをご覧ください。

防寒具や靴は借りられますか?

貸し出しをしているツアーもありますので、お問合せください。ただし、防寒具やブーツの貸し出しは該当ツアー期間中のみとなります。それ以外の時間(ゴールデンサークルやレイキャビク観光時等)にもレンタルが必要な場合はレンタル専用の会社よりレンタルしてください。

泊2日、2泊3日のツアーにはスーツケースを持っていくことはできますか?

バスのサイズが小さいため、大きな荷物を持っていくことはできません。スーツケースなどの大きな荷物はレイキャビクのホテルに保管するか、コインロッカーなどを利用して保管します。バス内では、頭上の棚に荷物を収納します。ツアーに持っていくことができるのは機内持ち込み可能なサイズまでとなります。長さ56 cm、横45 cm、幅25 cm以内のサイズのバッグに、必要な荷物のみ分けてご準備ください。

日本語ガイドが付くツアーはありますか?英語力に不安があります。

日本語ガイドが付くツアーはありませんが、経験豊富なガイドは英語を母国語としないお客様と日々接していますのでご安心ください。集合時間を聞き取れるくらいの簡単な会話ができれば大丈夫です。

それぞれの日の詳細なスケジュールはわかりますか?

ツアーや観光スポット、追加のアクティビティなどにより1日のスケジュールは変わります。天候やグループの様子も考慮しガイドがご案内します。訪れる場所についてはツアーページに明記されている通りとなります。

ツアーの人数はどれくらいですか?

グループのサイズは12人から16人程度で、小さな小型バスを利用したツアーを優先的に手配いたします。

ケプラビーク空港には出迎えの担当者がいるのでしょうか。

Guide to Icelandのパッケージには添乗員やアシスタントといった同行者は付きません。ケプラビーク空港からのシャトルバスを含め、各ツアーバスにはお客様ご自身でご乗車いただきます。空港やホテルでお出迎えするスタッフはおりませんが、ピックアップの時間や場所、そのほかの詳細は事前にご連絡いたします。