サマーパッケージ8日間 | アイスランド観光のベストスポット

サマーパッケージ8日間 | アイスランド観光のベストスポット
サマーパッケージ8日間 | アイスランド観光のベストスポット
ダイヤモンドビーチでは間近に氷河のかけらを観察でき、人気な撮影スポットになっている
アイスランドの首都、レイキャビクにあるソゥルファリズはヴァイキングの船をイメージするオブジェ
サマーパッケージ8日間 | アイスランド観光のベストスポット
ゲイシール地熱地帯で見た夏の赤い空とストロックル間欠泉
アイスランドの南海岸にあるディルホゥラエイ半島に営巣する野鳥が多く、最高な野鳥観察スポットになっている
4.8
レビュー件数 35

オーダーメイドのアイスランド旅行が楽しめる7泊8日のサマーパッケージ。アイスランドでも定番の観光スポットのゴールデンサークルをはじめ、ブラックサンドで有名なレイニスフィヤラ浜辺、とヨークルスアゥルロゥン氷河湖を訪れます。その他の日には、様々なオプションをご用意。お客様の興味に合わせ、氷河や火山、ハイランドなどアイスランドの表情豊かな自然を探訪できます。

アイスランド旅行で絶対外せないゴールデンサークル観光中にも、シルフラの泉でシュノーケリング体験やスノーモービル体験の追加も可能。5日目にはアイストンネル体験や世界でも珍しい火山のマグマのだまりの体験、インサイド・ザ・ボルケーノを選ぶこともできます。もう少し足を延ばして観光したい方にはスナイフェルス半島のツアーやフライトで行く北部アイスランドの観光ができるオプションも用意しました!

ブルラグーンはアイスランドの旅を始める最初のスポットとして1日目に訪れても、旅の締めくくりとして最終日に訪れることもできます。フライトの時間により調整しますのでご相談ください。

アイスランドの定番もしっかりと押さえつつ、自由に行き先を追加できる夏のパッケージ。アイスランドを心行くまで楽しめる8日間の旅がお勧めです!


ツアー概要

ツアー概要
  • ツアー時期: 4月. - 10月.
  • 所要時間: 8 日間
  • アクティビティ: 氷河ハイキング, シュノーケリング, スノーモービル, スーパージープ, 乗馬, ホエールウォッチング, 観光, クルージング, 温泉, カルチャー, 野鳥観察, 氷の洞窟, フライト付き
  • 難易度:
  • 最低年齢: 5 歳
  • ツアーガイド言語: English
  • ハイライト: ブルーラグーン, ゴールデンサークル, ハイランド, レイキャヴィーク, アークレイリ, ヨークルスアゥルロゥン氷河湖, クヴィータゥ川, ヴァトナヨークトル, ミーヴァトン湖, ディムボルギルの溶岩柱, ランドマンナロイガル, スナイフェルスヨークトル氷河, スコゥガフォスの滝, セリャラントスフォスの滝, ヘクラ火山, ゲイシール地熱地帯の間欠泉, グトルフォスの滝, エイヤフィヤトラヨークトル氷河, シンクヴェトリル国立公園, ホフスヨークトル氷河, ストロックル間欠泉, スナイフェルスネス半島, レイキャネス半島, ソゥルヘイマヨークトル氷河, ミールダルスヨークトル氷河, スカフタフェットル自然保護区, シルフラの泉, ソゥルヘイマサンドゥル, スリーフヌカギグル火山, リョゥティポットルル湖, レイニスフィヤラのブラックサンドビーチ, ラングヨークトル氷河, ヴィークの町(ヴィーク・イ・ミールダル), キルキュフェットル山, レイニスドランガル, ホイカダルル, ナゥマスカルズ地熱地帯, デューパロゥンサンドゥル, 南海岸, ダイヤモンドビーチ
ピックアップの場所と時刻
  • ピックアップ開始時刻 : 随時.

✓含まれるもの x含まれないもの
  • レイキャビクで6泊(ホテルグレードの選択可。朝食の有無、施設については宿泊施設詳細をご覧ください)

  • ケプラビーク空港⇔レイキャビク市内の送迎バス

  • ゴールデンサークルツアー:少人数グループ、追加オプション有り

  • 1泊2日南海岸ツアー:少人数グループ、氷河ハイキング付き

  • 1泊2日南海岸ツアー中、ヴァトナヨークトル国立公園周辺で1泊(専用バスルーム付きの個室、朝食付き)

  • 旅程表(PDF送付)

  • 経験豊富なスタッフが対応します

  • 消費税込

  • アイストンネルツアー(インサイド・ザ・ボルケーノにアップグレード可)

  • スナイフェルスネス半島少人数ツアー(ミーヴァトン湖の日帰りツアーにアップグレード可)

  • その他のオプショナルツアー(申込み時に追加可)

  • ブルーラグーンの入場券(申込み時に追加可)

  • 夕食

  • 昼食

  • アイスランドまでの海外航空券


必要なもの
  • 雨風に耐えられる暖かい服

  • 水着

  • カメラ

  • ハイキングブーツ


備考

・アクティビティのスケジュール等により、旅程が変更となったり、またアクティビティの順番が入れ替わることがあります。

・悪天候によりツアーが中止となる可能性もあります。中止となった場合にはそのツアー分の返金となりますのでGuide to Icelandまでご連絡下さい。

・ヨークルスアゥルロゥン氷河湖でのボートツアーは5月から10月までツアーに追加できます。

・5日目に選択できるインサイド・ザ・ヴォルケーノのツアーは5月10日から10月31日の間催行されます。通年火山内の気温は5~6度となっており寒いですので、綿素材やジーンズの上着/パンツをお避けください。マグマだまりの内部に降りる火口までは3km(大体50分間)のハイキングが必要です。必ず防水の上着と丈夫で歩きやすいハイキングシューズでご参加ください。ハイキングの際は英語ガイドが同行します。このツアーでは12歳以上のお子様から参加できます。12歳未満のお子様と旅行される場合にはアイストンネルツアーをお勧め致します。

・7日目に選択できるランドマンナロイガルまでの道は冬季に閉鎖されるため、6月17日からご参加できます。

・分割払いをご希望の方はお問い合わせフォームでお知らせください。

・延泊をご希望の方はお問い合わせください。



スケジュール

Day 1 - 到着、レイキャビクへ


フワフワな苔に覆われたアイスランドの溶岩の大地。一度傷を付けられたら回復に数十年もかかるので大切にしていこう!


ケプラビーク空港に到着後、シャトルバスでレイキャビクに移動します。シャトルバスはフライトの到着スケジュールに合わせて出発しますので、フライトの遅延や深夜の到着の場合でも安心!

早めの時間に到着するフライトをご利用の方はこの日にブルーラグーンを訪れることができます。ブルーラグーンの入場は到着・出発フライトに合わせ、ベストな時間で手配しますので安心してお任せください。

レイキャビクはとてもコンパクトな街であり、お店やレストラン、カフェが並ぶダウンタウンエリアから港までは徒歩20分ほど。オールドハーバーを散策したりホエールウォッチングの船を見学したりすることができます。

[宿泊場所] レイキャビク


Day 2 - ゴールデンサークル


ストロックル間欠泉は5分から10分おきに熱湯を噴出する


2日目はアイスランド観光の定番のゴールデンサークルを訪れます。ゴールデンサークルはシンクヴェトリル国立公園、ゲイシールの間欠泉、黄金の滝と呼ばれるグトルフォスの滝の3か所から構成されています。

シンクヴェトリルでは世界最古の民主議会が開かれた場所です。アイスランドの歴史に深い関りがあるほか、ここは海嶺が地上で見られる場所でもあります。北米大陸プレートとヨーロッパ大陸プレートが少しづつ離れて行っており、その間を歩くことができます。また水中の視界が100m以上となるシルフラの泉では、シュノーケリングツアーにも参加可能です。

予約時にオプションで追加して申込みができます。

その次に見学するのはゲイシール地熱地帯です。ストロックルという間欠泉が約10分毎に40mほど空高くお湯を噴出しています。風の方向に注意して、やけどしないように気を付けましょう。

最後に訪れる観光名所はグトルフォスの滝です。アイスランドの東部にあるラングヨークトルの氷河から溶け出す氷河の水がクヴィータ川を流れ、落差30mの2段のグトルフォスの滝になります。白夜の日差しに照らされ黄金の色となることで黄金の滝と名づけられました。

エキサイティングな体験がしたい人にはスノーモービル体験がお勧めです。グトルフォスの滝からさらに内陸部へ進み、ラングヨークトル氷河を爽快に疾走します。

この日ゴールデンサークルをバス観光のみにする方は、ゴールデンサークル後にブルーラグーンをアレンジすることも可能ですのでご相談ください。

[宿泊場所] レイキャビク


Day 3 - 南海岸


アイスランドのブラックサンドビーチ、レイニスフェイヤラでは波の引きが強いので気を付けて!


3日目はゴールデンサークルとは違う風景があふれる南海岸への旅へ出発。点々と続く農場の風景を過ぎると、大きな滝が出現します。

最初に見学するセリャラントスフォスの滝は滝の裏側を歩くことができ、世界でも珍しい空をバックにした滝を眺めることができます。そのセリャラントスフォスから30kmほど離れた場所にあるスコーガフォスもまた有名な滝です。映画や写真撮影のロケ地としてよく使われるスコゥガフォスの滝は落差60mの迫力ある滝です。

次は南海岸の2つの名瀑から東へ、ヴィークの町へと進みます。近くにあるソゥルヘイマヨークトル氷河で氷河ハイキングに挑戦したい方はオプションの氷河ハイキング体験を追加してください。ハイキングブーツにアイゼンを装着し氷河の上を歩きます。経験豊富な氷河専門のガイドが引率しますので、未経験でも大丈夫。装備品も全て用意しておりますのでご安心ください。

更に東へと進み、黒い砂の砂漠が広がるソゥルヘイマサンドゥルを通過。レイニスフィヤラのブラックサンドビーチを向かいます。途中2011年の噴火で世界に知られるエイヤフィヤトラヨークトルの氷河も見えます。レイニスフィヤラの黒い砂浜に並ぶ特徴的な柱状節理と、力強く打ち付ける白波はモノクロの風景写真のようです。遠くの海に見えるレイニスドランガルの岩柱群も独特の風景を作り出しています。

[宿泊場所] ヴァトナヨークトル国立公園内


宿泊施設

宿泊施設例は下記ご確認ください。その他、同等グレードのホテルでお部屋を手配させていただく場合もございます。ホテルの指定はできませんのでご了承ください。

ホテル・ホプン(Hótel Höfn)

ホプンの町にあるホテルです。専用バスルーム付きのお部屋。朝食付き。

ホテル・ヴァトナヨークトル(Hótel Vatnajökull)

ホプンの町周辺にあるシンプルなホテルです。専用バスルーム付きのお部屋。朝食付き。


Day 4 - ヨークルスアゥルロゥン氷河湖


ヨークルスアゥロゥン氷河湖から海に流れていく氷河のかけらがダイヤモンドビーチで観察できる


4日目は有名なヨークルスアゥルロゥン氷河湖へ。ヴァトナヨークトル氷河の氷舌から分離してくる氷山が浮かび流れる氷河湖の景色が楽しめます。ここで大きな氷山の間をクルーズしたい方は5月から10月まで水陸両用ボートツアーも追加できます。夏限定のツアーは非常に人気が高いです。また、運が良ければアザラシに出会うチャンスもあります。口笛を吹くと姿を現すことがありますのでやってみてくださいね。

その後ダイヤモンドビーチを見学していきます。白夜の太陽の光を受け、まるで宝石のように砂の上で輝く氷のかけらが不思議で美しい風景を見せてくれます。

最後にレイキャビクへ戻りますが、到着は夜を予定しています。

[宿泊場所] レイキャビク


Day 5 - アイストンネルor火山の内部の探検


アイスランドでしか体験できないインサイド・ザ・ボルケーノツアーでは火山の内部を探検することができる


氷と炎の国と言われるアイスランド。氷河を訪れるツアー、火山を訪れるツアーの2つのオプションを用意しました。

オプション1:アイストンネル

レイキャビクの北東部にあるラングヨークトルの氷河を訪れます。この氷河の下には人工的に作ったトンネルがあります。迷路のように曲がりくねった廊下がつながる小部屋やホール、チャペルがあり、ブルーの氷が楽しめます。アイストンネルに行く前にスノーモービル体験もあり、氷河を上と下、両方から楽しめる一日です。

オプション2:インサイド・ザ・ボルケーノ

レイキャビクの郊外にあるスリーフヌーカギグル火山。世界に多くある火山の中でも、これほど見事な火口に入れるのはこの火山だけ。とてもレアな経験ができます。駐車場からは約3kmのハイキングで火口へ。ゴンドラに乗り洞窟の底まで198m下降します。サッカーのフィールド程の広さのある洞窟は、大きさだけでなく壁面の美しさでも有名です。カラフルな壁の色は地中深くにあるとは思えないような景色を作り出しています。

[宿泊場所] レイキャビク


Day 6 - スナイフェルスネス半島orアークレイリ


アイスランドの火山噴火によるつくられたミーヴァトン湖で見た美しい風景が堪能できる


6日目にも2つのオプションでをご用意。お好きなオプションを選択できます。

オプション1:アークレイリの町へのフライトで移動、ミーヴァトン湖の観光

レイキャビク国内線空港に集合し、飛行機でおよそ45分間、アークレイリの町へ到着します。アークレイリの空港からはバスでミーヴァトン湖に向けて出発。アイスランド南部では見られない景色がアイスランドの自然の豊かさを物語る場所です。闇の町の意味を持つディンムボルギル(Dimmuborgir)では溶岩でできた岩石群が奇怪な風景を生み出しています。特に高さのある岩はは「教会」や「城」と呼ばれ、妖精たちが住んでいるという民話もあります。ナウマスクスカルズ(Námaskarð)地熱地帯では、活発な地熱活動の様子も楽しめます。風景だけでなく、硫黄の匂いが満ちたエリアはまるで他の惑星のよう。アイスランド北部の名所を巡る一日です。

オプション2:スナイフェルスネス半島の観光

ジュール・ヴェルヌ作のSF小説「地底旅行」で地球の中心への入り口として取り上げられたスナイフェルスヨークトル。火山でもあり氷河でもあるこの山は、スナイフェルスネス半島にそびえる美しい山として慕われています。その周辺には多くの美しくも面白い場所があり、黒い小石で敷き詰められたデュパロゥンサンドゥルの浜辺やキルキュフェルの山も見学します。

アルナルスタピやヘルナルでは、海風の吹く小さな村を散策できます。

[宿泊場所] レイキャビク


Day 7 - レイキャビク散策orランドマンナロイガル


ハイキングコースが有名なアイスランドのランドマンナロイガルエリア


7日目にも2つのオプションをご用意。お買い物を楽しんでも良いですし、行くのが難しいハイランドの山の中への冒険も楽しい1日となるでしょう。

オプション1:レイキャビク散策

最後の一日は町の散策もおすすめです。美術館やギャラリー、レストランやアイスクリーム専門店、ヴァイキング博物館、ホエールウォーチングツアーなど、レイキャビクで楽しめることは沢山あります。ツアーではなくても、コンパクトなレイキャビクの町は徒歩で十分に楽しめます。

オプション2:ハイランド/ランドマンナロイガル日帰りツアー

アイスランドの手つかずの大自然をもっと楽しみたいに方はランドマンナロイガルがお勧め。地熱活動が活発で周囲の山肌は虹のように鮮やかな彩りを添えています。煙立ち上る溶岩の一角や、カラフルな山、そして湧き出た温泉では入浴もできます。普通の車では行くことのできないハイランド、アイスランドの最後の思い出にいかがでしょうか。

[宿泊場所] レイキャビク


Day 8 - 出国


カラフルな建物が並ぶアイスランドの首都、レイキャビク


夕方に出国の場合はブルーラグーンを訪れたり、ホエールウォッチングツアーに参加したりして過ごすこともできます。ゆったりとしたい方はレイキャビクの街を散策しながら、お土産などのショッピングもできます。フライト搭乗時間に合わせて空港シャトルバスをアレンジしますので、早朝便でも夜の便でも問題ありません。

またアイスランドでお会いできることを楽しみにしています!


レイキャビクの宿泊施設

宿泊施設のグレードの詳細は、下記をご確認ください。宿泊施設例はそれぞれのスケジュールをご覧ください。
スーパーエコノミーを除き、1名様のご利用の場合はシングルルーム、2名様以上の場合はダブル/ツインルームや、トリプルルームとなります。クオリティグレードの場合で奇数人数でご参加の場合、ツインルームまたはダブルルームのほかに、シングルルームを手配致します。グループの中で1名様以上の人数がシングルルームをご希望の場合は、別々にご予約ください。特別なリクエストがある場合できる限りのアレンジは致しますが、追加料金が発生する可能性があります。パッケージに含まれるマルチデイツアーは郊外のホテルでは宿泊グレードは指定できません。
宿泊施設やホテルの指定はできませんが、旅行時期、旅程に最適な宿泊施設をご案内いたします。尚、宿泊地域によりホテルのグレードに差がある場合がございます。アイスランドはホテル数があまり多くありませんので、早めにお申し込みいただければ、より良いお部屋をご案内できる可能性が高くなります。

スーパーエコノミー

ゲストハウスやホステルの相部屋、ドミトリーのベッドとなります。HI Hostelなどレイキャビク周辺のホステルが代表例です。共用バスルーム。朝食無し。

エコノミー

Capital Innのようなゲストハウスの個室となります。共用バスルーム。朝食は付きません。

コンフォート

レイキャビクのダウンタウン又はその周辺にあるホテル・クレットゥル(Hótel Klettur)などのシンプルなホテルやゲストハウス。バスルーム付きの個室をご用意。朝食付き。

クオリティ

レイキャビクのダウンタウン、メインストリートにあるホテル・アルダ(Hotel Alda)などのハイクオリティのホテル。居心地のいいホテルのお部屋をご用意。朝食付き。


ディナー

スタッフ一押しのレストランでご夕食をご希望の場合はこちらのオプションをご予約のツアーに追加してください。
ディナーのオプションをご利用の方のために、日程を考慮して最適な時間にレストランでのテーブルをご用意致します。お肉、お魚やベジタリアンのセットメニューから現地でお好きなものをお選びください。また、アラカルトメニューをご希望の場合はバウチャーに含まれる金額との差額をお支払いいただければセットメニュー以外のものでもご賞味いただけます。万が一アレルギーやお食事制限がおありでしたら、レストランに到着後、スタッフに直接お知らせいただければ幸いです。
各種予約バウチャーと共にレストランのバウチャーをご用意致します。お食事オプションをキャンセルしても返金いたしかねますので予めご了承ください。


プライベート送迎

プライベート送迎をご利用の場合は乗り換えがないため、ケプラヴィーク空港からレイキャビクにある降車スポットまで約45分かかります。

当日はケプラヴィーク空港の到着ロビーで担当者がお出迎えします。お客様と合流しましたらすぐ出発しますので空港で待つ時間はありません。

到着日にブルーラグーンが予定された方はブルーラグーンにお送りします。ケプラヴィーク空港を出発してから約30分後に到着します。ブルーラグーンで2時間入浴を楽しんでいただき、レイキャビクのホテルへとご案内します。ブルーラグーンからレイキャビクまでは約40分かかります。

出国日はホテルの外までお迎えに上がり、ケプラヴィーク空港へとお送りします。レイキャビクにあるホテルからケプラヴィーク空港までプライベート送迎では約50分かかります。

尚、ツアー初日または最終日以外の日にブルーラグーンが予定されている方はプライベート送迎ではなくシャトルバスをご利用いただきます。


キャンセル保険

このキャンセル保険は、パッケージの全てをキャンセルする場合にのみ適用されます。万が一パッケージのキャンセルが必要となった時に、ツアー代金から保険料 5,000クローナ x 参加人数 を引いた差額を返金致します。この保険を適用するには、バウチャー記載の出発日時の48時間前までにご連絡いただく必要があります。
キャンセルを希望する場合にはCancellation Requestと明記の上、ご予約番号、お名前とともに info@guidetoiceland.is まで、ご連絡ください。パッケージ内の各種アクティビティーや個々のサービスのみのキャンセルを希望する場合には適用となりません。パッケージをキャンセルの際はそれに含まれる全てのサービスを取り消し、ツアー代金を一括で返金致します。保険料の返金や、他のパッケージへの移譲は致しかねますので予めご了承ください。


地図


体験者の声

評価の平均値4.835 件のレビュー
日本語
全ての評価
口コミを編集
★このツアーの一番良かった点はなんですか? セルフドライブに不安があった事で参加を決めました。今回のようなパッケージツアーは初めてで、少し迷いもあったのですが、結果は非常に満足と言えるものでした。 8日間毎日プログラムが決まっており、朝は必然的にしっかり早起きし、現地へのドライブ、時にはそのドライバーさんがガイドまで。自分で調べたり手配するべき所を全て整えて頂けて、最後はホテルまで送り届けて頂けるという、長年バックパッカーだった私には至れり尽せりの非常に有難いツアーでした。また一昔前の日本のツアーのような(ガイドさんが旗を振って皆でぞろぞろ移動していくようなスタイル)ではなく、非常に少人数、かつ集合時間までの自由見学・自由行動というのは、心配していた煩わしさもなく、それでも自然に隣の人との会話が生まれたり、全体にとても心地良いツアーでした。 8日間それぞれ、別のツアー会社の運営するツアーに参加する形でしたので、会社によって雰囲気も色々で、一括りに説明する事は難しいですが、ドライバーさん、ガイドさん、現地の方々、アイスランドの人々は皆気さくで、心遣いのある優しい方々ばかりでした。「(アイスランドに来てくれて有難う。アイスランドを好きになってくれて有難う。)」誰からもそんな気持ちが感じられるようでした。 ★バスの乗り心地、ガイドの案内、休憩時間、ツアー所要時間などはいかがでしたか? バスやガイドさんはツアーによって様々でしたが、高校で科学の先生をされていた方はお話が非常に面白く情熱的、アイスランド・サガに登場するトロルの伝説を話してくれる方、ただ静かにラジオを流している方など、人によって様々。おそらく全てのツアーが何度も繰り返されて練り上げられたツアーですので、所要時間、休憩時間などは全てちょうど良い具合に計画されていました。時にバスの雨漏りやエアコンの故障などもありましたが、それは何処に行っても起こり得ることですので、とにかく自己防衛・自己管理の心づもりが肝心です。 ★持って行って便利だったアイテム、準備せず後悔したアイテムなどはありますか? 日々大自然と共にあるアイスランド、毎日天候が変わりやすく、雨は大雨、強風、ずぶ濡れ。晴れはTシャツ一枚になりたいほどで気持ちいいぐらいの汗。これが移動や時間と共に1日の中で何度も変化します。 私の場合、滞在中は連日かなりの悪天候でした。準備万端を無駄と思わず、晴れならラッキー、これさえあれば大丈夫という意味でご参考頂ければと思います。 聞き慣れたアドバイスで新鮮味がないかもしれませんが、重ね着、脱ぎ着のし易いジッパー・パーカーのようなもの、雨や汗で濡れても体温で直ぐに乾くもの、つまりアウトドアスタイルが最適でした。(ファッション性ではなく素材の問題) 一番活躍したのが富士登山の際に揃えた一式。登山用ブーツ、小さめのリュック(&レインカバー)、ウールのTシャツ、ウールのソックス、ナイロンのパンツ、そしてレインウエア上下(ちゃんとパンツも!) 可愛くて色々集めたものの低山ハイクではあまり活躍してこなかった山ガールグッズが、今回オールスター大活躍でした。但し、帽子はウール、手袋もウールが正解です。ゴアテックスのツバ付きの帽子、防水手袋は、縫い目から染みてダメでした。毛糸の帽子、毛糸のミトンが最高でした。(アイスランドのウール産業の意味とその価値を、実に身を持って体感しました。) 注意点として、「ジーンズなどのコットン素材(綿素材)はお勧めしません。」と、旅のガイドにも注意書きがされていましたが、これは本当にその通りでした。特に下着にご注意下さい。つい下着までは大丈夫だろうと思ってしまいがちなのですが、私はここで大失敗してしまいました。外側はしっかりアウトドア・ウエアでしたが、防寒の為に履いていたタイツがコットンだったのです。その日は軽い雨、レインウエアはきっと上だけで大丈夫とタカを括っていた所、そのあと大雨になり、タイツまですっかり濡れてしまいました。バスに戻った後、体温を回復するのがとても大変でした。次のトイレ休憩で急いでタイツを脱ぎました。化繊のパンツだけでしたら濡れていても体温で直ぐに乾きました。雨の日は出来れば初めからレインウエアを。タイツや下着、インナーなども素材には注意が必要です。風が非常に強く、傘やポンチョ、ビニールカッパはあまり役に立ちません。むしろ危険かもしれません。(ご自身よりも他の方に。)防寒にスカーフやホッカイロもあると安心です。 街歩き用に、お洒落なお洋服はほとんど必要ありませんでした。メインストリートもみんなアウトドアファッションで歩いています。(登山用ブーツの代わりが一足有るといいかも) アウトドア・ウエアは、ホテルでお洗濯しても直ぐに乾くことも改めて発見。今後の旅もお洋服はこの方向性で行ってみようかと思っているほどです。 それから日本の紳士淑女の皆さま、ぜひ、いつも少しの笑顔とご挨拶を♪ ドライバーさんには「ハロー!マイネイムイズ…」と「サンキュー」だけでも充分。 旅の恥は掻き捨て。照れずに笑顔で「ハロー!」「サンキュー!」 旅を楽しむマジックは、本当にそれだけです。 ★他の方へこのツアーをお勧めしますか? これまで数十ヵ国旅をしてきた中で、最も過酷で最も感動的な旅の一つとなりました。 この地球に、まだ手付かずの大自然、人々がしっかりと大切に守ってきた原始の大自然がありました。アイスランドは今、観光客が急激に増加しているとのことです。 納得です。こんなに美しい世界を見たことがないと思えるほど。本当はあまり沢山の人に行って欲しくない、教えたくない…でもそれはエゴですね… この旅で私も少し変わりました。出来るだけ少ない買い物でいい。本当に必要な時、必要なものだけでいい。プラスチックゴミの少ない方を買おう。バッグ持ってるのでビニール袋はいりません。今あるものを大切に。今ある物で充分かもしれない。 風や雨や草や木や… 苔、岩、溶岩の大地… 羊、馬、山、虹… 海、氷の海、黒い浜辺、氷河… カモメ、アザラシ、イルカ、鯨… 生きている。みんな生きている。大切に。大切に。東京に戻ってからも、なにか物の見方、暮らし方が少しずつ変わってきているような気がしています。 ドライバーさん、ガイドさん、アイスランドの人々、旅の仲間、出会った一人一人の笑顔に感謝。 最後に、ツアーをサポート下さったご担当のミタさん、有難うございました。結果、初めに頂いていたご提案のタイムスケジュールが正解でした。行き届いたサポートとプロフェッショナリティ、お心遣いに心から感謝申し上げます。 皆さまにも素敵な旅が訪れますように。 アイスランド、心からおすすめしたい国です。
口コミを編集
★このツアーの一番良かった点はなんですか? 比較的少人数で回れるので時間の無駄がなかった。主要な観光スポットを効率良く回れた。ホテルが清潔だった。ツアー手配の段階でのレスポンスが非常に良かった。 ★バスの乗り心地、ガイドの案内、休憩時間、ツアー所要時間などはいかがでしたか? ガイドさんはどの人も親切だった。 ★持って行って便利だったアイテム 使い捨てのレインコートは便利。 特に滝の裏側を回るとき。レトルト食品は便利。帰りが夜9時近くにになるツアーは、ホテルに戻った後に外に出るのも疲れるので、1、2個レトルトを持っておくと便利でした。 ★他の方へこのツアーをお勧めしますか? 英語対応でも問題無い人には勧めると思います。 ★その他の気づいた点 ツアーで立ち寄るレストランは、持ち込み禁止が多いので、持参したものは、基本屋外での飲食となる点に注意。 現地通貨は、トイレ用チップ程度の両替をしておいたほうがよい(1回200Kr程度のところが多い)。
口コミを編集
今年8月に、70代の夫婦で8日間ツアーに参加しました。 基本コースに火山ツアーを選択・追加して、最終日はフリーにしました。 内容はどれもすばらしく、特に氷河の上を歩けたのは なかなか無い機会なので、とても面白かったです。 どの場所も感動しました。 私たちは、年齢の割には足腰が丈夫な方ですし、 海外旅行も慣れている方なのですが、 今回のツアーでは、歩く速度は相当速いと感じました。 ガイドさんに、もう少しゆっくりしてくれないかと頼みましたが、 他の参加者は若い方々だったので、配慮はしてくれたものの なかなかペースは落としてもらえず、必死についていくことに。 ツアーが終わってから思い返すと、ある程度の速度を保たないと、 結局、見所の全てを回ることは無理だったと思うので、 がんばって速いペースについていったのは正解でした。 高齢者の方で、このツアーに参加しようと思う人は、 速いペースで、長時間歩く練習をしておく必要があるかと思いますし、 そもそも体力に自信がない人は、Guide to Icelandに事前に相談し、 アドバイスをもらった方が良いと思います。
カレンダーと料金を読み込み中
送迎無料
クレジットカード支払い
手数料なし