9日間オーロラツアー・氷の洞窟からブルーラグーンまで冬のアイスランドを完全制覇

残りわずか
キャンセル料なし
おすすめの旅行プラン
カスタマイズ可能

説明

まとめ

ツアー開始
ケプラヴィーク国際空港
開始時間
随時
所要時間
9 日間
終了場所
ケプラヴィーク国際空港(KEF)ー235 KEFLAVÍKURFLUGVÖLLUR, Reykjanesbær,
ツアーガイド言語
英語
難易度
催行時期
9月 - 3月
最低年齢
8歳

説明

冬のアイスランドでできることを全部やりたい!という欲張りな方にぴったりの9日間の完全制覇パッケージ。ブルーラグーン温泉やゴールデンサークルといった定番観光地はもちろん、冬しか見られない、ヴァトナヨークトル氷河のスーパーブルーの氷の洞窟も訪れる予定です。

数々のハリウッド映画のロケも行われたヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jokulsarlon)や、アイスランドらしさ満点のスナイフェルスネス半島(Snaefellsnes)も見られます。

レイキャビクの自由行動日もあり、北の都アークレイリ行きの往復国内線航空券も付いているので、北部ミーヴァトン湖エリア(Myvatn)も観光できます。

宿は全て込み。オプションから好きなアクティビティを選んで追加すれば、自分好みのプランが完成します。

追加できるアクティビティは例えば、シルフラ泉でのシュノーケリング体験、氷河の大雪原を疾走するスノーモービル体験など。ふさふさの冬毛に覆われたアイスランド在来馬の乗馬体験もできます。

また、夜はオーロラ探しをしやすいように旅程を組んでいますので、幻想的な光のカーテンを見られる可能性も十分です。

プロがアレンジした至れり尽くせりのパッケージだから、個別手配の面倒は一切不要です。セットにすることでツアーやアクティビティを個別に予約するよりもお得になっています。

現地移動には快適なマイクロバスを利用します。ベテランのドライバーやガイドが皆様を安全に観光地へご案内しますので、のんびりと車窓の景色をお楽しみいただけます。

ご予約確定後、見どころやアクティビティをたっぷりご紹介した詳細な旅程表をお送りします。

更に、旅行代理店の担当者が24時間体制でサポート。わからないこと、気になることがあれば何でもお問い合わせください。

これまでにご参加いただいたお客様からはとても高い評価を頂いています。

ご出発24時間前までのキャンセルは全額返金しますので万が一の時も安心です。

氷の洞窟探検もできる、冬のアイスランドのすべてを楽しむパッケージのご予約は今すぐこちらから!カレンダーで日付を選択すると空き状況をご確認いただけます。

もっと読む

含まれるもの

ケプラヴィーク国際空港⇔レイキャビク市内の送迎バス(到着時・出国時)
レイキャビクの宿・6泊(ホテルグレードの選択可。コンフォート及びクオリティレベルは朝食付き。詳細は下記参照)
ブルーラグーン温泉のコンフォート入場券(アップグレード可)+送迎
マイクロバスで行く少人数制日帰りゴールデンサークル観光ツアー(アクティビティ追加可)
マイクロバスで行く少人数制1泊2日南海岸観光ツアー・氷の洞窟探検付き
南海岸ツアー中の宿・1泊(ヴァトナヨークトル国立公園のホテル。朝食付き・専用バスルーム付き個室 ※但し空室状況による)
マイクロバスで行く少人数制1泊2日スナイフェルスネス半島観光ツアー(溶岩洞窟探検を追加可)
スナイフェルスネス半島ツアー中の宿・1泊(スナイフェルスネス半島のホテル。朝食付き・専用バスルーム付き個室 ※但し空室状況による)
オーロラハンティング・ツアー
少人数制日帰りミーヴァトン湖観光ツアー(アークレイリ行き往復航空券込み)
詳細な旅程表
代理店の担当者によるサポート
消費税込

アクティビティ

シュノーケリング
ケイビング
スノーモービル
乗馬
観光
ボート
オーロラハンティング
温泉
氷の洞窟

旅行の日程

1日目
ブルーラグーン温泉はアイスランド到着後の時差ボケ解消にもぴったり。

1日目 - 到着日

アイスランドへようこそ!空港に降り立つとアイスランドのきりっとした冷たい風がお出迎え。重ね着を用意しておいてください。

早速ピックアップのバスに乗って、レイキャビクに向かいましょう。

途中、世界的に有名な温泉スパ、ブルーラグーンに立ち寄ることができます。ミルキーブルーのお湯は美肌効果もあり、リュクスなスパ・トリートメントも受けられます。周囲には苔むした溶岩が広がり、浮世離れした雰囲気です。時差ぼけ解消にもおすすめ!

フライト時間に合わせてブルーラグーンの入場券を手配しますのでご安心ください。夜遅く到着される方は別日にアレンジします。

宿は観光に便利なロケーションを手配しています。レイキャビクに着いたらチェックインしてください。その後は自由行動です。北欧ムード満点の街に出かけてみては。

かわいらしい家々、個性的なお店、たくさんの博物館、そしてアイスランド・グルメなどなどがあります。

夜は特典オーロラツアーに参加してみましょう。ボートツアーとバスツアーからお好きな方をお選びいただけます。

ボートツアーは旧港(Old Harbour)発です。静かな海上からオーロラを探します。バスツアーはレイキャビクの郊外に出かけ、広大な原野の中でオーロラハンティングに挑戦します。

どちらも甲乙つけがたい美しさです。

夜はレイキャビクの宿でゆっくりとお過ごしください。

もっと読む
2日目
「黄金の滝」グトルフォス。滝しぶきに虹がかかるからとも、水が金色に見えるからとも、地元の言い伝えによるとも言われる

2日目 - ゴールデンサークル

2日目はアイスランド観光の大定番、ゴールデンサークルを訪れます。シンクヴェトリル国立公園(Thingvellir National Park)、ゲイシール地熱地帯(Geysir geothermal area)と、グトルフォスの滝(Gullfoss)という三大名所があります。

この日、乗馬体験のオプションに申し込まれた方は、朝一番に乗馬をしてからゴールデンサークル観光に出発します。

ゴールデンサークル観光で最初に立ち寄るのはシンクヴェトリル国立公園です。大西洋中央海嶺上に位置し、地殻変動により引き裂かれた大地を見ることができます。この亀裂は今でも毎年数センチずつ広がっています。北米大陸プレートとユーラシア大陸プレートの間の深い谷を実際に歩いてみましょう。

小さな亀裂もたくさんあり、アイスランド最大の自然湖、シンクヴァトラヴァトン(Thingvallavatn)のほとりにあるシルフラ(Silfra)という亀裂には湧き水が流れています。ここではシュノーケリング体験ができます(オプション)。

広々とした原っぱでは、西暦930年に世界最長の現役議会が創設されました。アイスランド中のヴァイキングたちがここに集まって情報交換をしたり、話し合いをしたりしていたのです。このことからシンクヴェトリルはUNESCO世界遺産にも登録されています。

二番目の名所は、地球の熱エネルギーのすごさを感じられるスポットです。

ゲイシール地熱地帯は硫黄臭が立ち込め、たくさんの噴気孔や間欠泉が点在しています。岩場を温泉水が流れ、足の裏で地面の熱を感じられるほどです。

中でも最も大きな間欠泉はゲイシール(Geysir)と言います。1万年間ずっと噴出し続けていたのですが、今は休眠中です。ですがその隣にあるストロックル間欠泉は数分置きに噴出しており、20mにもなる豪快な湯の柱を見ることができます。

最後はグトルフォスの滝です。アイスランド語で「黄金の滝」という意味で、霧のような滝しぶきに太陽の光があたると金色に輝いて見えることからこの名が付いたそうです。冬は周りの崖や岩が氷雪で真っ白になり、荘厳な雰囲気です。

グトルフォスの滝の駐車場からは、スノーモービル体験に参加できます(オプション)。

ゴールデンサークル観光をたっぷり楽しんだ後は、ブルーラグーン温泉にお連れします(1日目/9日目に行く方を除く)。広大な露天風呂は開放感満点です。

※追加オプションの乗馬ツアー、スノーモービル、又はシュノーケリングにお申込みいただいた方は時間の都合上、この日にブルーラグーンを訪れることはできません。初日、または最終日にアレンジさせていただきます。

夜はレイキャビク泊です。追加のオーロラ・バスツアーに参加することもできますので、希望者はお申し込みください。

もっと読む
3日目
南海岸の名瀑スコゥガフォス。国道1号に近くアクセスがよいため、観光客に人気のスポットだ

3日目 - 南海岸

3日目からは、1泊2日で南海岸ツアーに出発です。早朝ホテルへピックアップに伺いますので、防寒対策をしっかりしてお待ちください。

最初にご案内するのはセリャランズフォスの滝(Seljalandsfoss)です。背が高くスラリとした滝で、背後に洞窟があります。冬は凍結して足元が滑るので注意が必要ですが、洞窟に回り込んで裏見もできます!

次に、スコゥガフォス(Skogafoss)へ。セリャランズフォスより更に大きく、南海岸中部を流れる一連の滝の最後のものです。

これらの滝はエイヤフィヤトラヨークトル(Eyjafjallajokull)という氷河を被った火山から流れてきます。2010年の大噴火により欧州の飛行機がみんな止まってしまった時に一躍有名になった火山です。

その後は漆黒の砂浜と奇岩で有名なレイニスフィヤラ(Reynisfjara)を散策します。豪快に砕ける波が印象的ですが、引きが非常に強い上、突然巨大な波が発生することもあるので絶対に水際に近づかないようにしてください。

昼食休憩を挟み、更に東に向かいます。黒い砂漠のような荒涼とした地帯は、たった一度の噴火によってできたものです。世界有数の偽クレーターの名所でもあります。すぐ傍にはヴァトナヨークトル氷河(Vatnajokull)も見えるはずです。

やがてヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jokulsarlon)に着きます。夕日を浴びてオレンジ色に輝く流氷を見られるでしょう。氷河から崩れ落ちたばかりの氷塊ははっとするほど鮮やかなブルーです。

夜は曇っていなければオーロラハンティングに出かけます。

宿はアイスランド南東部のカントリーホテルです。

もっと読む
4日目
11月から翌3月の冬の間だけ見られる、ヴァトナヨークトルのスーパーブルーの氷の洞窟

4日目 - ブルーアイスケーブ見学

4日目は、アイスランドで最もレアで感動的な体験の一つをご用意しています。雪の女王のお城のような、ブルーアイスケーブ(氷の洞窟)の見学です!

雪原をガンガン走れる改造トラックに乗って道なき道を進むだけで気分が盛り上がります。向かうのはアイスランド最大の氷河、ヴァトナヨークトル(Vatnajokull)です。

駐車場から氷の洞窟までは少し歩きますので、足首まで覆うハイキングブーツをご用意ください。靴に雪が入らないようにするためと、アイゼン(貸し出します)をしっかり装着できるようにするためです。

氷の洞窟は暖かくなると溶けてなくなってしまうので、アイスランドでは毎年冬になると専門家チームがヴァトナヨークトル氷河を歩いて安全に見学できる洞窟を探します。

氷の洞窟は冬の間も溶けたり凍結したりを繰り返しているので、常に変化しています。氷に閉じ込められた美しい空間は二度と再現されることはありません。

見学時間はたっぷり45分とってあるので、写真もたくさん撮れるはずです。途中で寒くならないよう、しっかり防寒対策をしましょう。ヘルメットを着用していただくので、ニット帽はその下に収まる薄手のものにしてください。また、この不思議な自然現象についてわからないことがあれば何でもガイドに聞いてみてください。

アイスケーブ探検後はレイキャビクへの帰路につきます。途中でまたヨークルスアゥルロゥン氷河湖を通りますので、最後にもう一度その絶景をお楽しみください。運が良ければ、氷の上で日向ぼっこしているアザラシの姿も見られるかもしれません。

日没後はバスの車窓からオーロラが見られるかもしれないので、時々空を見てみてくださいね!

もっと読む
5日目
アイスランドの縮図とも言われるスナイフェルスネス半島。このツアーでは2日かけて様々なスポットをご紹介します

5日目 - スナイフェルスネス半島

5日目からは、この度は1泊2日でスナイフェルスネス半島観光(Snaefellsnes)に出かけます。アイスランドの良いところをたくさん集めたような半島なので、ミニ・アイスランドとも呼ばれています。

宿までピックアップに伺います。最初に訪れるのはイートリ・トゥンガ(Ytri tunga)と呼ばれる浜辺です。アザラシのコロニーがいることで有名ですが、冬はとても静かで、最果て感が漂う美しい場所です。

次にロイザフェルズギャウ(Rauðafeldsgjá)を目指します。ボトンスフィヤットル山(Botnsfjall)の東側の崖にできた割れ目で、清流が流れているため緑が豊かです。

夏は崖が苔に覆われて青々と輝いていますが、冬は氷と雪で真っ白になり、とても幻想的です。

その後は二つの古い漁村を通ります。そのうちの一つ、ヘトルナル(Hellnar)では1時間ほど散策します。断崖絶壁が美しく、ワイルドな景色が楽しめます。

そしてスナイフェルスヨークトル国立公園(Snaefellsjokull National Park)へ。希望者は7000年以上前の噴火でできた溶岩洞窟、ヴァッツヘットリル(Vatnshellir)を探検することができます(オプション)。

続いて、デューパロゥンサンドゥル(Djupalonssandur)とドリートヴィーク(Dritvik)をご案内します。海と空と岩、吹き抜ける風の他は何もないようなところですが、荒涼とした美しさがあります。

最後はロゥンドランガル(Londrangar,)という70mの高さのある岩をご紹介します。車を降りて少し歩くと、ドラマチックな風景が待ち受けています。

夜はアイスランド西部の居心地のよいカントリーホテルに宿泊します。

もっと読む
6日目
スナイフェルスネス半島の人気スポット、キルキュフェットル山。山麓の滝キルキュフェットルスフォスも美しい

6日目 - キルキュフェットル山と溶岩の滝

この日もスナイフェルスネス半島を観光します。

たくさんの美しい場所を回るので、カメラをしっかり充電しておきましょう。

まずは矢じりのような不思議な形をした山、キルキュフェットル(Kirkjufell)。人気テレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』にも登場しましたが、ドラマのファンでなくても見る者を虜にする魅力があります。

次に、ゲルズベルグ(Gerduberg)の崖へ。自然にできたとは思えないほど精緻な六角柱がずらりと並ぶ様は壮観です。

その後はボルガルフィヨルズル(Borgarfjordur)というエリアに向かいますフロインフォッサル(Hraunfossar)とバルナフォス(Barnafoss)という二つの滝を見学します。バルナフォスは「子どもたちの滝」という意味で、20世紀初頭にここで溺れてしまった二人の子どもを弔ってこのように呼ばれています。

最後に、欧州最大の湧出量を誇る温泉、ディルダルトゥングクヴェル(Deildartunguhver)を見学します(熱すぎるので入浴はできません)。アイスランドの地熱のすごさがよくわかる場所です。

レイキャビクに帰る途中、ボルガルネス(Borgarnes)という古い町にも寄り道をする予定です。

夜はオーロラハンティング・ツアーに参加することができます(オプション)。

夜はレイキャビクの宿でゆっくりとお休みください。

もっと読む
7日目
アークレイリとミーヴァトンの中間にある馬蹄型の滝ゴーザフォス

7日目 - アイスランド北部

今日は北アイスランド観光日です。北部の中心地であるアークレイリ(Akureyri)まで飛行機で移動し、日帰りツアーに参加します。

朝、レイキャビク市内にある国内線専用空港に集合してください。北アイスランドツアーのガイドはアークレイリ空港でお待ちしています。

まっすぐミーヴァトン湖(Myvatn)エリアにお連れします。湖は凍結し、湖畔に並ぶ火口跡も雪化粧をしているでしょう。旅情を誘う光景です。

そしてスクートゥスタザギガル(Skutustadagigar)の偽クレーターを見学し、ディムボルギル(Dimmborgir)も訪れます。溶岩が珍しい形に冷え固まり、不気味な城塞のように見えるので「闇の街」と呼ばれるようになった場所です。トロールや妖精が棲んでいると言われているのもうなずけます。

次はグリョタギャウ(Grjotagja)の洞窟温泉へ。しんと冷えた洞窟に立ち昇る湯気が幻想的です。

その後、クヴェリル地熱地帯(Hverir)を見学します。冬の寒さと沸騰するほど熱い温泉や噴気孔のコントラストをお楽しみください。力強く美しいアイスランドの光景です。

最後にミーヴァトン・ネイチャーバス温泉(Myvatn Nature Baths)の露天風呂で身体をほぐしてから、再びアークレイリ空港から飛行機に乗ってレイキャビクに戻ります。

夜はレイキャビク泊です。

もっと読む
8日目
レイキャビクは冬がよく似合う。主な観光スポットは冬ももちろん営業している

8日目 - レイキャビク自由行動日

この日は終日自由行動です。レイキャビクの街を探索してみましょう。裏通りにもかわいいお店やユニークなお店があり、探検のしがいがあります。

例えば手作りチーズや焼き立てパン、ウールのニットや毛織物、溶岩をつかったジュエリーなどなど。メインストリートにはLitla Jolabudinというクリスマスショップもあり、人気です。

カフェやレストランもたくさんあります。アイスランドはシーフードやラム肉の料理が有名です。各店がこだわって焙煎しているコーヒー豆もおすすめ。

現代建築が美しいハルパ・コンサートホール(Harpa)を見て、隣接する旧港からホエールウォッチング・ツアーに参加するのもいいでしょう。ハットルグリムス教会(Hallgrímskirkja)の塔に上ると、レイキャビクを一望できます。レイキャビク市庁舎にはアイスランドの3Dマップがあります。コンサートやライブに興味がある方は観光情報センターで聞いてみましょう。

アイスランド文化の中心地、レイキャビクには劇場や美術館、博物館も多いです。歴史、アート、自然科学など、きっと興味のある分野の展示が見つかります。

夜はオーロラのバスツアーを追加することもできます。この旅の最後のオーロラを探しに行ってみては。

もっと読む
9日目
レイキャビクのパブリックアート、ソゥルファリズの彫刻

9日目 - 出国

アイスランド最終日です。フライトの時間まで、グルメ、カフェ、お土産のショッピングなどを自由にお楽しみください。

フライトの時間が遅い方はこの日にブルーラグーンに行くこともできます。旅の疲れを癒しつつ、火と氷の国の旅の思い出を振り返るのにぴったりです。

フライトの時間になったら、バスで空港に向かいましょう。

どうぞお気をつけてお帰りください。またアイスランドでお会いできることを楽しみにしています!

もっと読む

必要なもの

カメラ
水着
雨風に耐えられる暖かい服
雪でも大丈夫なハイキングシューズ
防水の上着とズボン

備考

・オーロラは自然現象のため必ず見られる保証はありませんが、できるだけ見られるようにスケジュールを工夫しています。

・ご到着日時に合わせて旅程を調整させていただく場合がありますので予めご了承ください。

・一部追加オプションには、運転免許や関連情報の事前送付が必要なアクテビティがあります。シュノーケリングやダイビングには医師の診断書の提示を求められることもありますのでご留意ください。

・悪天候の場合、予定していたアクティビティが中止になることがあります。その際はリスケジュールや別のアクティビティの手配をお手伝いし、差額は返金いたします。

・冬のアイスランドでは道路・歩道も滑りやすくなっています。滑りにくい靴や着脱式スパイクをお持ちください。着脱式スパイクはスーパーやガソリンスタンドで購入できます。

もっと読む

レイキャビクの宿泊施設

宿泊施設のグレード及び提携宿泊先です。宿泊施設例は各日の旅程表をご覧ください。

スーパーエコノミーでは、ホステルのドミトリー(相部屋)のベッドを手配します。エコノミー及びコンフォートでは、1名様はシングルルーム、2名様以上はダブル/ツインルーム又はトリプルルームを手配します。グループの中でシングルルームを希望される方が一人以上いらっしゃる場合は、恐れ入りますが別々にご予約ください。お子様は保護者の方と同室になります。別室にする場合は追加料金がかかります。

パッケージに含まれる泊りがけツアーは下記ホテルグレード適用外です(アップグレードもできません)。Guide to Icelandが提携宿泊先の中から最良のお部屋をご用意します。提携宿泊先が満室の場合は、同等グレードのお部屋を探します。

特別なご要望にもできる限り対応いたしますので、お気軽にご相談ください(別途料金が発生する場合もあります)。カレンダーで日付を選択すると空き状況をご確認いただけます。

スーパーエコノミー

首都圏にあるゲストハウスやホステルの相部屋、ドミトリーのベッド(バスルームは共用)を手配します。例:HI Hostelなど。共用バスルーム。朝食は付きません。

エコノミー

首都圏にあるゲストハウスやホステルの個室(バスルームは共用)を手配します。例: Capital Innなど。朝食は付きません。

コンフォート

レイキャビクのダウンタウン又はその周辺にある三ツ星ホテルの専用バスルーム付き個室を手配します。例:Hótel Kletturなど。朝食付き。

クオリティ

ダウンタウンの一等地にある四つ星デザイナーホテルの専用バスルーム付き個室を手配します。例:Hotel Aldaなど。朝食付き。

体験者の声

類似のツアー

Link to appstore phone
アイスランド最大の旅行アプリをインストール

アイスランド最大の旅行アプリをスマートフォンにダウンロード。旅のすべてを1か所で管理できます。

アイスランド最大の旅行マーケットプレイスをポケットに。スマートフォンのカメラでQRコードを読み取り、表示されるリンクをクリックしてください。電話番号またはメールアドレスを入力すれば、SMSやEメールでもダウンロードリンクを受け取ることができます。