言語

English, Japanese

今までに旅した国

Bhutan, Canada, Switzerland, Germany, Denmark, France, United Kingdom, India, Italy, Japan, Mexico, Netherlands, United States

Isabella Price

 •  30.07.15

アイスランドでアイスクリーム?!

アイスランドってこの土地にある巨大な氷河と長い冬にちなんで命名されたというわれていますが、 実は、 アイスランドの「アイス」はこのアイス:   って言うのはウソだけどそれにしてもアイスランド人、アイスが大好物ですね。   冬で気温がマイナス10度でもアイス屋さんはこの感じ: それはなぜだとは私にもまだ分かりません。ここの牛乳が美味しいためかな.  確かにここのアイスって日本のソフトクリームみたいにあますぎなくてフワフワしている。アイスランドで甘い国民食と言えばこれ!   ところでアイスランドで一番有名なアイスクリーム屋さん、5選: キヨルイス(Kjörís) Austurmörk 15, 810 Hveragerði アイスランドの最大アイスクリームメーカー。おそらく、店はありませんが、ここのコンビニや食料品店はみんな Kjörísを売っている。それに毎年8月にHveragerðiの村で Kjörísよりのアイスクリーム祭りが行なう。   イスブッド-ヴェストバヤイス(Ísbúð Vesturbæjar -Vesturbæjarís) Maler, 107 Reykjavík 毎日12:00から23:30時まで ここにしょっちゅうアイスクリーム食べに行く。サイズはよほど大きいので小さいサイズはオススメ。   ブリンニャ(Brynja) Aðalstræti 3, Akureyri 毎日09:00から23:30時まで アークレイリの唯一のアイスクリーム屋さんです。Reykjavikから遠いですがこの店を訪ねる価値があります。   ヴァルディス(Valdís)  Grandagarður, Reykjavík 毎日11:00から23:30時まで Reykjavikの港で最近開いた店。ジェラートやソルベー、イタリア風なアイスですがノベルティなのか、なぜか大人気です。   パラディス(Paradís) Njálsgata 23, 101 Reykjavík 毎日12:00から23:30時まで これも最近あいた、イタリア風なアイスクリーム。オーナーのアレクサンドラさんはボロンニャのジェラート大学から卒業したと言うわれている。     Note:アイスランド語では日本語と同じく、「Ís」(いす)とはアイスクリームと氷、両方の意味を示します。 .

続きを読む

シルフラ (Silfra) : ヨーロッパとアメリカの間にある深い、青い秘密

先日、ヨーロッパからアメリカまで泳いだ!アメリカからまたヨーロッパへ…って言うか、ユーラシアプレートと北米プレートの間にある割れ目でスノーケリングをしました。レイキャヴィク (Reykjavík) に近いシングヴェトリル (Þingvellir) 国立公園地域は大西洋中央海嶺の地上露出部分であって、ユーラシアプレートが東に北米プレートが西に広がっています。そのちょうど真ん中にある割れ目にシルフラ (Silfra) と言う名の泉があります。 入るところはこのかんじです: シルフラの泉の水はラングユークルト氷河から溶けて来たものです。氷河が泉から50kmも離れているため、水は30年から100年かけて間の溶岩原を漉すと聞きました。確かにこの水はとても純粋でとても冷たい!透明度も高くて水面下 100mほど前に見えます。下に向いたら、永遠まで続く、底のない割れ目の上に浮いてることに気付きます。 水は美しい薄い青色で所々に生えてる水草は華やかな黄緑。静かで清か、何か、自然のカテドラルに泳いでる感じがします。 このツアーのオペレーターAdventure Boxは、ウェットスーツとドライスーツ両方とも提供しています。シルフラの泉で両方とも試した。ドライスーツでは安全に流れに浮いていけるし、全然冷たくありません。 冷たい思いや泳ぐのがが苦手の人にお勧めします。ですが、このスーツで動くのは難しいし、ダイヴィングは無理です。 そのためもっと冒険好きな人にウェットスーツをお勧めします。 ねえ、ねえ、皆さん忍者ですか?かえるですか? ​どちらでもありません。スーパーヒーローっすよ。 みんな、Let's Go. うっわ.

続きを読む

どうしてアイスランド?なぜこんなところに?

  そうね。 世界にはいろんな美しい景色とユニークな雰囲気をもつ場所があります。しかも、自分でさえ、なぜか知らないけどほっとする所、始めて来たのに帰って来たような感じがする所は稀にしかありません。 アイスランドは私にとってそんな場所です。夢かおとぎ話のようにうっとりさせる、 不思議 、しかも妙に見覚えがある国。ガラスの靴みたいにぴったり自分に合う、居心地のいい所。このサイトを見つけたあなたも、そういう風に思うのではないでしょうか。 このブログでは自分でおかしく思ったこと、おもしろく思ったことや知っておきたきこと、またいろいろとアイスランドに興味を持つ人の役に立つことについて書きます。一緒にこのほかにもない美し国を楽しみませんか? .

続きを読む

もともと観光者としてアイスランドに来ましたが、この国と恋に落ち、レイキャヴィクに住むことになりました。自分の経験とアイスランドへのパッションが皆の役に立てばと思い、今Guide to Icelandで日本人向けの観光サービスを担当しています。何か質問があったらメール下さい。皆さん、よろしく!

Isabellaさんにメッセージを送る
Real Time Analytics