シルフラ (Silfra) : ヨーロッパとアメリカの間にある深い、青い秘密

先日、ヨーロッパからアメリカまで泳いだ!アメリカからまたヨーロッパへ…って言うか、ユーラシアプレートと北米プレートの間にある割れ目でスノーケリングをしました。レイキャヴィク (Reykjavík) に近いシングヴェトリル (Þingvellir) 国立公園地域は大西洋中央海嶺の地上露出部分であって、ユーラシアプレートが東に北米プレートが西に広がっています。そのちょうど真ん中にある割れ目にシルフラ (Silfra) と言う名の泉があります。

入るところはこのかんじです:

シルフラ (Silfra) : ヨーロッパとアメリカの間にある深い、青い秘密

シルフラの泉の水はラングユークルト氷河から溶けて来たものです。氷河が泉から50kmも離れているため、水は30年から100年かけて間の溶岩原を漉すと聞きました。確かにこの水はとても純粋でとても冷たい!透明度も高くて水面下 100mほど前に見えます。下に向いたら、永遠まで続く、底のない割れ目の上に浮いてることに気付きます。

友達の Gunnar Freyr Gunnarsson が撮ってくれた写真

水は美しい薄い青色で所々に生えてる水草は華やかな黄緑。静かで清か、何か、自然のカテドラルに泳いでる感じがします。

友達のGunnar Freyr Gunnarssonが撮ってくれた写真

このツアーのオペレーターAdventure Boxは、ウェットスーツとドライスーツ両方とも提供しています。シルフラの泉で両方とも試した。ドライスーツでは安全に流れに浮いていけるし、全然冷たくありません。 冷たい思いや泳ぐのがが苦手の人にお勧めします。ですが、このスーツで動くのは難しいし、ダイヴィングは無理です。 そのためもっと冒険好きな人にウェットスーツをお勧めします。

左はVignir Mar Lydssonの写真、右はGunnar Freyr Gunnarssonの写真

ねえ、ねえ、皆さん忍者ですか?かえるですか?

友達のGunnar Freyr Gunnarssonが撮ってくれた写真

​どちらでもありません。スーパーヒーローっすよ。 みんな、Let's Go!

友達のGunnar Freyr Gunnarssonが撮ってくれた写真

うっわ! 冷たぁい!

ウェットスーツでは水に入ってから3ー4分ぐらいすごく冷たいんだけれどその後はまあまあOKでした。私にとってはこれは一番です。いくら冷たくても、あの青い大聖堂を自由に探検するのは掛け替えのない体験です。

これ、友達のOliver Degenerに撮ってもらったビデオ。ぜひ見てください:

それじゃみんな、またね!

Guide to Icelandのツアーやプロダクツについてブログ等での掲載をご希望の際はご一報ください。  これは シルフラの泉でシュノーケリング|ウェットスーツ着用のプロダクトです。 このプロダクト/ツアーについてはこのスペシャリストにコンタクトをとって詳しい情報を尋ねることができます。

Isabella にコンタクトを取る