郷に入っては郷に従え。

外国にいる時はその国のマナーや習慣に従わないと。

でも、そもそもその国の言葉をある程度理解しない限り、現地で情報を得ることも極めて難しいことになります。そこで私はアイスランドの公立大学、アイスランド大学でアイスランド語を勉強することにしました。

物価が高い国として知られているアイスランドでは、ビックリするほど、公立大学での学費が安いです!

アイスランド大学の学費

アイスランド大学のHPから

なんと、授業料が無料で、1年に1回75,000 ISKの学生登録費を支払います。

これは進学をするモチベーションにもなりますね(笑)

 

レイキャビクにはアイスランド大学の他にも、私立のレイキャビク大学もありますが、こちらの大学ではアイスランド語学科がありません。

しかも、私立大学ですので、授業料が有料で、年間安くても45万クローナがかかります。まぁ、日本の大学の学費と比べると決して高くないですが、アイスランド大学よりも6倍高いので、アイスランド大学で頑張ってみたいと思います( ˘•ω•˘ )

 

アイスランドの新学期は8月に始まります。大学では2学期制を採用し、8月~12月の「秋学期」と1月~5月の「春学期」の区分けが一般的です。私は2016年の秋学期から大学に通っていますので、今はちょうど2年生になるところです。

アイスランド語のクラスは初日からアイスランド語で授業が行われます。が、最初の一か月は正直60%アスランド語、20%ボディランゲージ兼パントマイム、20%の残りの内容が全く意味が通じなかったのです(笑)

本当にほぼ毎日こんな顔→ ( ゚Д゚)ハァ?

家に帰って、宿題する時も同情。

そのアイスランド語の語学学習には下記の教科書が聖書の如く読まさせられています。

教科書と練習問題集

左の本は文法の教科書で、右の本は教科書を元に作られた練習問題集です。常に一緒に使っています。内容はもちろん100%アイスランド語で、今1年を経ってもいまだに読みづらい本だなぁと思いますが、情報が満載なテキストです。

日本語の教科書もあります

ちなみにアイスランド大学の図書館に日本語で書いてあるこのテキストも置いてありますよ!

1981年に初めて出版されたようです。

このテキストの内容は日常会話に使われるアイスランド語ではなく、昔のアイスランドのサガ(北欧神話の物語等)で使われた古いアイスランド語の文法を中心に述べたテキストです。大学の授業では使う機会があまりないですが、アイスランド語と英語だらけの図書館の中にこの本を見つけた時は嬉しかったです。

アイスランド語の文法の授業の他にはアイスランド語の発音・会話の授業と、アイスランド語の文字・語彙の授業があります。これらの授業はほとんどテキストが無く、学校のイントラネットから先生が用意してくれたPDFファイルを自分でダウンロードして印刷します。

特にアイスランド語は文法だけでなく、発音が難しいです。どの辺が難しいかと聞かれると、全部が難しいです(笑) 呼吸しながら発音する音があったり、今まで使ったことない舌の筋肉を使ったり、日常会話に発音しない音もあったりと。どういう風に真似すればいいか首をかしげるばかりです。

その後出会ったアイスランドのヒップホップが助けになりました。

GKRのデビュー曲、Morgunmatur。

なんか・・・聞いたことあるような・・・

あれ?

キングダムハーツのBGMだ!Σ(・ω・ノ)ノ!

アイスランドのヒップホップ曲にサンプリングされたのは意外ー(笑)

けど、はまっちゃいますね。

繰り返しされたセリフが多く、話すような歌い方をするので、やっぱりヒップホップは語学勉強にいいと思います!世界で一番難しい言語と言われるアイスランド語も楽しみながら覚えていきたいです。日本でアイスランド語を勉強している方、いないかもしれませんが(笑)私が今Spotifyで最もプレイしているアイスランド語の曲を是非参考にしてみてくださいね♪

PVもかっこよくて、セリフもかっこいい!そして覚えやすい☆彡

癒されるチルな曲、アイスランドの独特な発音もキレイに聞き取れます!

これはヒップホップではなく、ポップソングです。最近保険会社のCMソングに使われ、耳にする回数が多くなってなぜか頭から離れません #洗脳された

Contact Mita