ゴゥザンダイイン(※アイスランド語でこんにちは)、ノリコです。今回はヨークルスアゥルロゥン氷河湖について紹介したいと思います。

幻想的なヨークルスアゥルロゥン氷河湖2017年8月撮影

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖には2017年の8月と9月に行ってきました。訪れる時期的にはそんなに変わらないはずなのですが、それぞれの参加日で天気が違って見え方も全く違ったので、参考写真をご紹介したいと思います。水陸両用ボートツアーにも参加した時に撮った写真もあります。

 


・各種ツアーの値段・内容の比較はこちら→ヨークルスアゥルロゥン氷河湖ツアー

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の観光情報

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖 水陸両用ボートツアー

レイキャビク発 ヨークルスアゥルロゥン氷河湖日帰りバスツアー(ボートツアー付き)


 

レイキャビクからヨークルスアゥルロゥン氷河湖までは、車で約6~7時間かかるので、レイキャビクからの日帰りツアーに参加すると朝早く出発して夜遅く帰ることになります。

途中でトイレ休憩があったり、南海岸の観光地にも立ち寄りました。お昼休憩はスカフタフェットル自然保護区の近くでとりました。

そんなこんなでヨークルスアゥルロゥン氷河湖に到着したのは14時くらいでした。また同じ道を帰らないといけないので現地での滞在時間も1時間ほど。その時に撮った写真を紹介しますね。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の手前にかかる橋2017年8月撮影

ダイヤモンドビーチの方からヨークルスアゥルロゥン氷河湖を撮影。この橋に向かって左側がレイキャビク方面になります。

氷河湖には大小様々な氷塊が漂っている2017年8月撮影

この日はアイスランドでは珍しい晴天。ラッキーでした。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の岸辺2017年8月撮影

どこから撮っても絵になるので似たような構図が多くなってしまいますね。

水陸両用ボートの上から撮った写真2017年8月撮影

ここからが水陸両用ボートツアーに参加した時の写真になります。残念ながらボートの写真を撮り忘れてしまったようです。水陸両用なので船着き場が陸地にあります。地面を走ってそのまま水に入っていくのはなかなか面白かったです。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖に浮かぶ青く輝く氷山2017年8月撮影

淡いエメラルドと表現すればいいでしょうか。不思議な色合いに思わず見惚れてしまいます。

形もサイズもそれぞれ個性がありました2017年8月撮影

大きな氷塊は避けながら慎重に進みます。ヨークルスアゥルロゥン氷河湖は水深がとても深く、水面に出ているのはほんの一部分なのだそうです。まさに氷山の一角といったところでしょうか。

ツアー中には氷河の氷を味わうこともできました2017年8月撮影

ボートツアー中には氷河のテイスティング(?)も出来ます。スタッフさんが氷河から氷を切り出してきて、その場で砕いて参加者に配ってくれます。上の写真で透明感が伝わりますでしょうか?口に含んだら、なんだかまろやかな味がしました。

ここからはまた別の日(約1か月後)に参加した時の写真を紹介します。曇り空でしたがアイスランド人に言わせると、これでも良い天気の部類に入るのだそうです。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の隣のダイヤモンドビーチ2017年9月撮影

黒い砂浜に漂着した氷塊。

海の方へとゆっくりと流れていく青い氷塊2017年9月撮影

湖内の氷塊は水の流れに乗ってゆっくりと海へと移動していきます。

ダイヤモンドビーチの氷2017年9月撮影

こちらはダイヤモンドビーチの氷の塊をアップで撮影したもの。繊細なガラス細工のような面白い形をしています。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の風景2017年9月撮影

こちらはヨークルスアゥルロゥン氷河湖の写真です。前回来たときよりも氷の量が多いですね。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の氷塊2017年9月撮影

火山灰の影響なのかよく見ると黒い氷もあります。心なしか氷の形もギザギザしています。

曇りの日のヨークルスアゥルロゥン氷河湖2017年9月撮影

曇りだと水面も暗くなって雰囲気ががらっと変わりますね。

青く輝く氷山2017年9月撮影

周囲が暗いせいなのか、氷の青さが際立って見えます。

曇りの日のヨークルスアゥルロゥン氷河湖2017年9月撮影

奥の方は霞がかかっていて、少し不気味な感じになっていますね。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖にある橋2017年9月撮影

橋の向こう側が海につながっているのですが、橋の下は氷の塊で大渋滞してました。

独特な雰囲気のヨークルスアゥルロゥン氷河湖2017年9月撮影

ガイドさんからは「曇天の方が氷山が綺麗に撮影できる」という話も聞きました。

晴れの日と曇りの日でそれぞれ別の魅力があって私はどちらも好きです。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖 水陸両用ボートツアーは夏の間のみ催行されます。冬は湖内にたくさんの氷山がひしめき合い、ボートが運行出来ないそうです。

この場所にはヨークルスアゥルロゥン氷河湖花火大会の時も含めて合計3回は行っているのですが、機会があればまた行きたいです。行くたびに違った表情を見せてくれるお気に入りの観光地の一つです。

 


 

前の記事:透明度がすごい!シルフラの泉でシュノーケリング!

次の記事:まるで絶叫マシン!?高速RIBボートでホエールウオッチング!

 

Noriko にコンタクトを取る