COVID-19に関する情報&サポート
Mini-cars-and-vans.jpg

アイスランドのバン・キャンピングカー

バン・キャンピングカーで楽しくドライブしよう!バン・キャンピングカーだと宿泊費を抑えることが可能です。大人数や家族での旅行にぴったり!アイスランドの大自然を満喫できる車で憧れのアウトドアライフを手軽にレンタルで実現しよう

出発・返却場所

日時

ピックアップドロップオフ

ドライバーの年齢

30 - 65
30 - 65

居住地

各種サービスを一括比較・検索
最低価格保証
手軽に予約・キャンセル

最も人気のある車

アイスランドの人気レンタカーを比較・予約

4X4 Suzuki  Grand Vitara Automatic + Roof Top Tent 2014
4.8
51 件のレビュー

4X4 Suzuki Grand Vitara Automatic + Roof Top Tent 2014

カテゴリ
軽キャンパー
定員数
4 人
大型荷物収納可能数
4 個
トランスミッション
オートマ車
Nissan NV 200  2018
4.8
8 件のレビュー

Nissan NV 200 2018

カテゴリ
キャンピングカー
定員数
2 人
大型荷物収納可能数
2 個
トランスミッション
マニュアル
VW Transporter 2020
4.8
8 件のレビュー

VW Transporter 2020

カテゴリ
キャンピングカー
定員数
3 人
大型荷物収納可能数
4 個
トランスミッション
マニュアル

旅行者のレビュー

世界各地からの旅行者のレビューを読む

Sugak

Sugak

とても良い
28/02/2020, 14:52
のレビュー Northern Lights Car Rental

・返却時に修理費8万5千円(100000ISK)の請求/支払いがありました。Googleのレビューでも多く書かれていますが、同社は返却時の車体損傷を巡って同様のトラブルが頻発しているようです。旅行の最後に高すぎる勉強代を支払うことになってしまいました。アイスランド観光事業全体の信頼性に関わることだと思いますので、この情報が誰かのお役に立てれば幸いです。同社の利用は絶対にお勧めしません。 ・返却時、つまり帰りのフライトの時間が間近に迫った状況で執拗に車体の傷を責め立てられ書類にサインさせられます。出発時にとった車体写真を見せても「これは影だ」「小さすぎてよくわからない」と言った感じで取り合ってもらえません。 ・最初に言われたのは前面ガラスの飛び石による破損と身に覚えのないボンネットの5cmほどの引っかき傷でした。前面ガラスは出発時の証拠写真を見せても納得せず、飛び石保険に入っていることを伝えるとあっさり引き下がりました。出発時に渡された車体損傷チェックシートには前面ガラスの破損は記載されていなかったので、写真をとっておいて正解でした。このことから事前のチェックシートは(意図的かはわかりませんが)記載漏れがあり機能していないことが推測されます。 ・次にボンネットの引っかき傷に対して集中的に賠償を求められました。残念ながらボンネットの引っかき傷は写真で証明できませんでした。出発時は洗車後の車体で傷が目立たず発見できなかったのかもしれません。凹みでもないこの程度の傷を出発前に全車体チェックしろと言われたら相当な時間が必要になります。事業者側に賠償ありきの姿勢で後出しジャンケン的な手法を取られたら消費者になす術はありません。 今まで幾度も日本/海外でレンタカーを借りてきましたが、出発時/返却時にこの程度の傷を気にしたことも言及されたこともありませんでした。ましてやアイスランドのようなワイルドな土地で4WD車を借りて小さな傷を気にして走行しなければいけないとは思いもよりませんでした笑  ・レイキャビク周辺が中心で険しい道を走るわけではなかったので自分が加入した保険は自車両損害保険/飛び石/スーパー自車両損害保険(自己負担額100,000 ISK)でした。ボンネットの引っかき傷は自損扱いということで対象外とのことでした。これより上位クラスだと最上位のプラチナム保険(自己負担額 0 ISK)などもありますが、こちらも不注意による〜、突風による〜と言った種類の損害には対応していないので責められるポイントはいくらでもあります。 ・(あくまで個人的な推測ですが)保険の加入条件など、ある一定の条件下の顧客に対してこのような損害請求をしているように邪推してしまいます。自分の前に返却をしていた男性も同じ賠償請求をされて揉めている様子でしたが、フライトが迫っているので泣く泣くサインしていました。

おすすめのレンタカー会社

アイスランドのおすすめレンタカー会社をチェック

よくある質問

新型コロナウィルス下でもキャンピングカーやバンを借りられますか?

はい、アイスランドでは新型コロナウィルス下でもキャンピングカーやバンを借りられます。アイスランドの自然を楽しみたい方におすすめの旅行スタイルです。但し、地元当局のガイドラインの変更等により、レンタカー会社のサービス内容が一時的に変わる可能性があります。カレンダーで日付を選択し、空車状況をご確認ください。

新型コロナウィルス下でキャンピングカーやバンを借りて大丈夫ですか?

はい、新型コロナウィルス下でもキャンピングカーやバンを安心してご利用いただけるよう、レンタカー各社は最新の地元保健当局ガイドラインに従って感染予防策を講じています。全ての車両は貸出前・返却後に徹底して消毒されます。よく触れる場所やキャンピングカー付属の備品なども消毒しています。また営業所のスタッフはソーシャルディスタンスを守り、必要に応じてマスクを着用しています。

アイスランドで軽キャンパーを借りるメリットは?

アイスランド旅行で軽キャンパーやキャンピングカーを活用すれば、宿の場所に縛られずにルートを決めることができます。更にテント泊より暖かく快適に過ごせる上、ホテル代の節約になるのも嬉しいポイントです。

アイスランドでバンを借りるメリットは?

5人以上のグループでアイスランドをドライブするなら、バンがおすすめです。車内空間が広く、荷物もたくさん積める上、小さな車を何台も借りるよりガソリン代が安く済む場合がほとんどです。

「キャンピングカー・バン」のカテゴリにはどんな車が含まれますか?

このカテゴリーには一般的なキャンピングカーやバン・ワゴン車の他、モーターホームや小型キャンピングカー、テント付きの車やキャンプ装備がついている車など、車中泊ができる車が含まれます。Volkswagen Caddyのような小型キャンピングカーから、ハイランド走行もできるルーフテント付きのSuzuki JimnyやMitsubishi Pajeroといった車もあります。