ホプンのホテル・宿

ホプンのおすすめホテル・宿

欧州最大の氷河を戴く漁師の町、ホプンのホテル・宿を検索・予約。
アイスランド南東部の宿はホプンが便利です!

目的地を選択

日付を選択

チェックインチェックアウト

人数

人数

部屋を選択

1名1部屋
各種サービスを一括比較・検索
最低価格保証
手軽に予約・キャンセル
情報量ならNo.1!観光情報サイト

アイスランド人気都市のホテル・宿

ホプンで人気の宿のタイプ

Guide to Icelandならアイスランドの様々なタイプの宿が予約可能

ホプン滞在がおすすめの理由

アイスランド南東部の町、ホプン(Hofn)には様々なタイプのホテルや宿泊施設があります。周囲には景観は息を飲むほど美しく、欧州最大の氷河ヴァトナヨークトル(Vatnajokull)にも近いので、周辺の観光にうってつけの町です。

ホプンなら周囲の山々や氷河を一望できる高級ホテルもアットホームなゲストハウスもあります。スタイリッシュでモダンな内装の宿が多く、一日たくさん観光をした後は宿でゆったりと過ごせます。

アイスランドらしい体験を追求する方には、コテージや貸別荘もおすすめです。大自然に囲まれて静かな夜を過ごすことができます。ホットタブ付きのコテージなら、星空を眺めながらプライベートジャグジーに浸かる贅沢を楽しめます!

ホプンのホテルや宿泊施設にはおいしい地元料理をふるまうレストランがあるところも。また地元のアクティビティや穴場を紹介してくれる親切なスタッフがいます。

有名なロブスター料理を味わいにホプンを訪れるもよし、氷河を探検するもよし、絶景をのんびりと楽しむもよし。この美しい町ならきっと理想の宿が見つかります。皆様のアイスランド旅行が素敵なものになりますように!

よくある質問

ホプンに泊まるならどのエリアがおすすめですか?

ホプンに泊まるなら港の周りがおすすめです(ホプンとはアイスランド語で「港」という意味です)。レストランやカフェ、スーパー、ガソリンスタンドなども港エリアに集中しています。港から少し歩くと、半島の先端まで行けるOslandというネイチャートレイルがあり、海で命を落とした漁師たちを祈念する碑があります。

ホプンで一番おすすめのホテルは?

ホプンで一番おすすめのホテルは Hali Country Hotel です。5件以上のレビューで5点満点中4.5点を獲得しています。ヴァトナヨークトル氷河(Vatnajokull)の南側にあり、農場の中にある家族経営のカントリーホテルです。一方は氷河、反対側からは海の眺望が見えます。朝食とディナーを頂けるレストランも併設。 Thorbergur Cultural Heritage Centerでアイスランド有数の小説家と20世紀初頭の歴史について学ぶこともできます。

ホプンで一番おすすめのゲストハウスは?

ホプンで一番おすすめのゲストハウスは Guesthouse Skalafell です。200件以上のレビューで5点満点中4.6点という高評価を得ています。アイスランド南東部の田舎の農場で、美しい自然に囲まれてアイスランドらしい体験をしたい方にぴったりです。お部屋はツイン、またはダブルベッドで、バスルームは共用です。無料WiFi、テラス、朝食を提供するレストランがあります。

ホプンで一番おすすめのコテージは?

ホプンで一番おすすめのコテージは Gerdi Cottages です。490件以上のレビューで5点満点中3.9を獲得しています。コテージの定員は大人2名。ヴァトナヨークトルやヨークルスアゥルロゥン氷河湖にも近く、アイスランド南東部の観光に最適です。

ホプンで家族連れにおすすめの宿は?

ホプンにはファミリールームや追加ベッド、ベビーベッドを利用できる、家族連れに優しい宿がたくさんあります。例えば Arnanes Country Hotel など。スタンダード・トリプルルームがあり、芝生の庭があるので安心して子供を遊ばせられます。

ホプンには安いホテルはありますか?

ホプンで安いホテルを押さえるには、旅行時期や予約のタイミングが肝心です。ホテルの料金は旅行時期や予約のタイミングによって違います。5月~9月は高め、10月~翌4月は安めです。安いホテルをお探しの方は、 Hotel Jokullはいかがでしょうか、ヴァトナヨークトル氷河に近く、眺望が美しいリーズナブルな宿です。

ホプンでおすすめのアクティビティは?

ホプンではまず、美しい港や海に浮かぶカラフルな船を見に行きましょう。港の南側には野鳥保護区があり、散策路が整備されています。ホフンの歴史と文化を感じるには、 Gamlabud “Old Shop"がおすすめです。町で最も古い家の一つで、1850年代から1950年代までのアイスランドの農村の暮らしを伝える品々を展示する民俗博物館になっています。この北の島の自然の中で生きることがいかに大変だったかがよくわかります。 もう一つおすすめなのがホフナルフィヨルズル美術館(Hornafjordur Art Museum)です。地元の現代アーティストの作品など、様々な展覧会を催している小さなギャラリーです。町のアートコレクションも展示されています。地質学が好きな方は是非 Huldusteinn Stone Museumへ。個人が収集したアイスランドの様々な石や岩を見ることができます。

ホプン周辺の見どころは?

ホプンの近くには氷河探検やハイキング、氷の洞窟が楽しめるヴァトナヨークトル国立公園(Vatnajokull)があります。ヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jokulsarlon)、ストックスネス半島(Stokksnes)、ダイヤモンドビーチデューピヴォーグルという漁村も必見です。穴場としては、Hvalnes 自然保護区や美しい黄色い灯台があります。この辺りからはエイストラホルン山(Eystrahorn)とその麓に続く黒砂のビーチも見えます。また、ホプンから25kmほど行ったところには Hoffellsjokull という氷舌があります。

ホプンへの行き方は?

アイスランドの東に行くにはレンタカーが一番楽です。ケプラヴィーク国際空港で借りると、到着直後から車がつかえて便利です。ホプンへは休まず運転して6時間くらいかかりますが、途中たくさんの名所があるので寄り道をしながらドライブするのがおすすめです。

ホプンのお祭りとは?

ラングスティーヌ(スキャンピ、手長海老とも)で有名なホプンの町では、毎年6月にロブスター・フェスティバルが開かれます。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖に行きたいのですが、ホプンのホテルはおすすめですか?

はい、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jokulsarlon)やダイヤモンドビーチに行く方は、ホプン(Hofn)やスカフタフェットル(Skaftafell)に宿をとる方が多いです。ホプンからヨークルスアゥルロゥンは80kmくらいなので、朝一で氷河湖に行きたい場合にもおすすめです。

ホプンのホテルに安く泊まるには、いつ予約するのがいいですか?

ホテルが一番安いのは一般的に10月~翌4月の冬の間です。お得に泊まるなら、数か月前に予約するとよいでしょう。6月~9月の夏の間は料金が高めで、空室も限られている場合があります。

ホプンにはオーロラが見える宿はありますか?

ホプンはアイスランド南部にあるので、オーロラ鑑賞におすすめです。夜空を見られる窓がある部屋や共用スペースを設けている宿もあるので、冬に滞在される方は是非オーロラハンティングに挑戦してみてください。

ホプンにはレストランはありますか?

はい、ホプンにはたくさんのレストランがあります。特に人気なのはホプン名物のロブスター料理を振舞うお店です。他にもカフェやベーカリー、アイスランド料理屋さんや他の国の料理を提供するレストランがあります。ファストフードなら Nailed It Fish and Chips、シーフードや北欧料理は Pakkhus Restaurant がおすすめです。
Link to appstore phone
アイスランド最大の旅行アプリをインストール

アイスランド最大の旅行アプリをスマートフォンにダウンロード。旅のすべてを1か所で管理できます。

アイスランド最大の旅行マーケットプレイスをポケットに。スマートフォンのカメラでQRコードを読み取り、表示されるリンクをクリックしてください。電話番号またはメールアドレスを入力すれば、SMSやEメールでもダウンロードリンクを受け取ることができます。