厳選された旅行商品
24h年中無休のカスタマーサービス
高品質サービス保証
アイスランド旅行のエキスパート

観光情報:ヴァトナヨークトル氷河

4.8
6704 Verified reviews
タイプ
火山, 氷河, 氷河湖, 温泉・熱水泉, 溶岩原, 滝, 山, 谷, 川, 洞窟, 文化, 渓谷, バードウォッチング, 湖, 自然保護区, 地熱地帯, 奇岩, 噴火口
場所
Southeast Region, Iceland
繁忙期
Winter
家族向け
あり
面積
7900 ㎢
厚さ
380 m
レビュー平均点
4.8
ユーザー評価数
6704

ヴァトナヨークトル氷河はアイスランドの国土の8%を占める

ヴァトナヨークトル氷河(Vatnajökull)はヨーロッパ最大の氷河で、アイスランドの国土の8%を占めています。

ヴァトナヨークトル氷河は広大なので、様々なセルフドライブツアーやパッケージツアーや南海岸ツアーの旅程に含まれています。例えばこちらの夏のセルフドライブツアー10日間サマーパッケージ6日間など。もちろんレンタカーで訪れることもできます。

ヴァトナヨークトル氷河を中心とするエリアはヴァトナヨークトル国立公園内に指定されています。この国立公園ではスカフタフェットルの氷河ハイキング、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖のクルーズ、11月から翌3月の冬の間だけ見られる氷の洞窟探検などのアクティビティも人気です。

ヴァトナヨークトル氷河について

ヴァトナヨークトル氷河の面積は約8,100 km² です。気候変動により急速に縮小していますが、今のところラングヨークトル(Langjokull)やミールダルスヨークトル(Myrdalsjokull)ほどは退行していません。

最も厚いところでは氷の厚さが1㎞にもなります。平均の厚さはその半分ほどです。

ヴァトナヨークトルの下にはアイスランドの最高峰クヴァンナダルスフニュークル山が隠れています。他にもグリムスヴォトン山(Grimsvotn)、オーライヴァヨークトル山(Oraefajokull)やバゥルザルブンガ山(Bardarbunga)など数々の活火山が眠っています。

一帯は火山活動が活発で、過去にも多くの噴火が起きています。いつ噴火してもおかしくないと考えられている山も多く、この見方が正しければヴァトナヨークトル・エリアで半世紀以内にいくつもの火山が噴火する可能性があります。

(前出のバゥルザルブンガ山とグリムスヴォトン山は21世紀に入ってから既に噴火しています。)

これらの山が噴火すると、風向きにもよりますがアイスランドだけでなく、2010年のエイヤフィヤトラヨークトル噴火時がそうだったように、世界の航空網、農業、気候に大きな影響があるでしょう。

また、ヴァトナヨークトルには30以上の溢流氷河があります。溢流氷河とは、氷帽の末端部が谷に流れ込んで小さな氷河を形成しているもので、それぞれに名前がついています。

ヴァトナヨークトルの主な溢流氷河は北のディンギュヨークトル氷河(Dyngjujokull)、南のブレイザメルクルヨークトル氷河(Breidamerkurjokull)やスケイザラゥルヨークトル氷河(Skeidararjokull)などです。西にはシーズヨークトル氷河(Sidujokull)、スカフタゥルヨークトル氷河(Skaftarjokull)やトゥングナアゥルヨークトル氷河(Tungnaarjokull)などがあります。

ヴァトナヨークトル氷河を源流とする川も多く、アイスランドの大地を潤しています。大きな川は次の通りです:

  • Tungna(西側)

  • Koldukvisl(西側)

  • Thjorsa(南側)

  • Jokulsa a Fjollum(北側)

  • Skjalfandafljot(北側)

  • Jokulsa a Bru(北東側)

  • Jokulsa i Fljotsdal(北東側)

  • Jokulsa i Loni(南側)

  • Hornafjardarfljot (南側)

  • Jokulsa a Breidamerkursandi(南側)

  • Skeidara(南側)

  • Nupsvotn(南側)

  • Hverfisfljot(南側)

  • Skafa(南側)

ヴァトナヨークトル国立公園

ヴァトナヨークトル国立公園にはたくさんの氷河湖がある

ヴァトナヨークトル国立公園は2008年6月に制定され、その後少しずつ保護区域が広がっています。現在の公園面積は約14,141㎢で、国土の14%に相当します。ヨーロッパで2番目に大きな国立公園であり、アイスランドに三か所あるUNESCO世界遺産の一つです。

スカフタフェットル自然保護区(もともとは独立した国立公園でした)や、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jokulsarlon)などもヴァトナヨークトル国立公園に含まれています。

公園の北部にある高原は川が流れ、ヘルズブレイズ火山(Herdubreid)やアスキャ山(Askja)、スナイフェル山(Snaefell)、クベルクヒョークトル山(Kverkfjoll)などの火山が聳えています。

また何百年も前に氷河が大きく崩壊した際におきた洪水によって削り出された谷があり、これをヨークルスアゥルグリューフル(Jokulsargljufur)と言います。この谷にあるのが欧州一の落水量を誇るデッティフォスの滝(Dettifoss)です。

デッティフォスの上流・下流にはセルフォス(Selfoss)とハフラギルスフォス(Hafragilsfoss)という滝もあります。

さらに北に行くと、大きな馬蹄型の渓谷アゥスビルギ(Asbyrgi)です。天を駆ける北欧神話の八本足の馬が地上に足をついた拍子にできたと言い伝えられています。

スネフェルの東側には湿地帯や山脈があり、野生のトナカイや野鳥の生息地となっています。一方、ヴァトナヨークトルの南側には険しい山々が連なり、溢流氷河が手足のように低地に伸びています。スケイザルアゥルサンドゥル(Skeidararsandur)という黒い砂地があり、この荒野の中をスケイザラゥ川(Skeidara)が流れています。

ヴァトナヨークトル国立公園で最も人気のある観光名所はヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jokulsarlon)でしょう。ブレイザメルクルヨークトル氷河の麓にあります。氷河の先端が次々と湖に崩れ落ち、氷山となって湖を漂っています。氷山はやがて海に出て大西洋を流れて行くか、小さな氷のかけらとなってダイヤモンドビーチに打ち寄せられます。

ダイヤモンドビーチはアザラシ観察スポットとしても有名です。

ヴァトナヨークトル氷河の未来

ヴァトナヨークトル氷河の氷の洞窟を見学できるのは11月から3月の冬の間だけ。

ヴァトナヨークトル氷河の大きさは1930年頃にピークに達し、その後は着実に縮小しています。世界的な気温の上昇により、ヴァトナヨークトル氷河の厚さはこの15年で毎年1mも薄くなっているそうです。

今後も気温が上昇を続けると、来世紀末には氷河はほどんどなくなってしまい、山の山頂に小さな氷が残るだけになるかもしれません。

森林が寒冷化に効果的であることが実証されているため、ヴァトナヨークトル周辺ではいくつもの緑地化プロジェクトが進められています。これで氷河の後退を食い止められるかどうかは、まだわかりません。

ヴァトナヨークトルとヨークルスアゥルロゥンが登場する映画、テレビドラマ

ヴァトナヨークトル国立公園を訪れるのは観光客だけではありません。美しい景色に惹かれて、撮影クルーもやってきます。

ヴァトナヨークトルでロケが行われた作品はジェームズ・ボンドでおなじみの007シリーズ4作目『美しき獲物たち』(1985年)を皮切りに、『バットマン・ビギンズ』『トゥームレイダー』『LIFE!/ライフ』、そして007の『ダイ・アナザーデイ』など、枚挙いとまがありません。『プロメテウス』にもデッティフォスの滝が登場します。

近年最も話題になったのはアメリカの人気ドラマの『ゲーム・オブ・スローンズ』でしょう。ヴァトナヨークトルの様々な場所が登場します。「壁の北側」のシーンの多くはヴァトナヨークトルで撮影されています。「壁」自体は実際の氷河の撮影画像とCGを合成してつくられています。

ヴァトナヨークトル氷河への行き方

ヴァトナヨークトル氷河はレンタカーで簡単にアクセスできます。レイキャビクからリングロードをまっすぐ走るだけです。氷河ハイキングが楽しめる溢流氷河がいくつもあるスカフタフェットル保護区はレイキャビクから321㎞ほど行ったところにあります。氷舌を見るだけなら、リングロードからも見えます。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖、デッティフォスの滝、アゥスビルギ渓谷などヴァトナヨークトル国立公園内の名所は、リングロードから一本入ったところにあります。

近くにある見どころ

人気のカテゴリー

Link to appstore phone
アイスランド最大の旅行アプリをインストール

アイスランド最大の旅行アプリをスマートフォンにダウンロード。旅のすべてを1か所で管理できます。

アイスランド最大の旅行マーケットプレイスをポケットに。スマートフォンのカメラでQRコードを読み取り、表示されるリンクをクリックしてください。電話番号またはメールアドレスを入力すれば、SMSやEメールでもダウンロードリンクを受け取ることができます。