夏と言えば夏祭り、花火大会を思い浮かびますね!

アイスランドの一番美しい場所と言われるヨークルスアゥルロゥン氷河湖で花火大会が開催されること、皆さんご存知ですか?1年に1回、夏に楽しめます。

2017年8月12日、そのユニークな花火大会を見にヨークルスアゥルロゥン氷河湖に行ってきました。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖まではレイキャビクから車で約5~6時間。

レイキャビク市内から49号線を走り、リングロードと呼ばれる国道1号線にずっとアイスランド東部まで進みます。休憩時間はセルフォス、ヴィーク、キルキュバイヤルクロイストゥルの町で取れます。

この日に氷河湖から車で約30分の場所にあるコテージを予約しました。14時にレイキャビクを出発して一度はコテージで荷物を降ろして休憩してから氷河湖に向かう予定でしたが・・・

セルフォス辺で交通事故があったので大渋滞Σ(゚д゚)!

最終的に直接ヨークルスアゥルロゥン氷河湖に行くことにして21:30頃に到着しました(泣)

 

まず駐車場に到着する前は反射ベストを羽織ったレスキュー隊が歓迎します。

氷河湖の駐車場に入る時の様子。

レスキュー隊の方はPOS決済端末を持っていますので、クレジットカードを使い入場券を買うことができます。さすがアイスランドです。2017年は一人1000 ISKとなりますが、3人以上の子供を連れる家族は最大5000 ISKを支払えばOKです。

花火大会の入場券

花火大会は23:00に始まりますので大分早めに着いてしまいましたが到着した時はすでに多くのキャンピングカーに賑わっていました。

車が並ぶヨークルスアゥルロゥン氷河湖の駐車場

早く到着してしまったのでまだ氷河湖を向かうところで車を停車できたのでラッキー☆彡 あとで話しを聞くと、ギリギリで到着した人たちは氷河湖に行く橋の手前で駐車しなければならなかったらしいです。

打ち上げるまでは1時間半もあり、隣にあるカフェの中へ。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖のカフェ

昔ながらのアイスランドの建築スタイルはやっぱりカワイイと思います(・∀・)♡

カフェのドアに貼ってあるお知らせ

↑ドアにはこのようなお知らせがあります。この花火大会はホプンの町のレスキュー隊が催行し、チケットの売上はレスキュー隊の支援に全額寄付されます。アイスランドのレスキュー隊は全員ボランティアですので、このようなイベントのチケットや年越花火の販売で募金活動をしています。双方に有利な募金の集め方が賢い!

このカフェで前売りチケットを販売しているように書かれていますが、さすがに気軽に行ける場所ではないわ(笑) 

カフェの中にはコーヒー、ケーキ、サンドイッチなどの軽食を買うことができます。ラム酒が入ったホットココアもあり、冬にはきっと人気のメニューですね。

カフェの中の様子

小さなお土産コーナーにカワイイマグカップもあります。

カフェの中の様子

22:00過ぎになりましたら、どんどんカフェの中に入る人も多くなりましたので外へ出ていきました。

そこで広がる風景は・・・

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の夕焼け

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の夕焼け

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖

夕焼けだ!オォ、空が真っ赤!キレイ!

感動の連続です(笑)

到着した時はまだ明るくてブルーに染まった風景が美しいですが、夕焼けのヨークルスアゥルロゥン氷河湖は本当にロマンチック♪ この日にも運が良くてアザラシも観察できてうれしかったです。

いっぱい写真を撮りましたら、あっという間に花火大会もスタート。プロの方々は三脚でスタンバイして準備万端。落下傘付信号が3本発射され、30分間ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の空に花火が舞い上がります。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖に舞い上がる花火
ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の空に舞い上がる花火

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の空に舞い上がる花火

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の空に舞い上がる花火

最後に3本の落下傘付信号を発射し、終了?と思ったら、氷河湖に行く橋が赤く光ります。なんと橋で発炎筒が設置されたそうです。あまりにも準備ができていなかったので、写真が撮れませんでした(´;ω;`)

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖での花火大会は日本でよく開催される花火大会とは違い、正直いつ終了するかフィナーレがないので不明でした(笑)しばらく打ち上げられていないと終わり?と思われて拍手がわき起こる時は3~4回もありました(笑)

とはいえ、氷河のかけらや氷河湖の水面に映った花火はアイスランドでしか見られない絶景です。

この花火大会は毎年8月に開催されますが、細かい日程は6月に公開されることが多いので、要チェックです!レンタカーを使っていけない方はツアーもあります。ツアーで行くなら、ガイドと一緒に南海岸を観光しつつ、花火大会に行きますのでおすすめです。レンタカーで行く方は2WDのコンパクトカーでも大丈夫です。私はFord Fiestaで行きました。

さて、今度の夏は日本の夏の暑さから逃げて、アイスランドで花火大会を見に行きませんか?

Contact Mita