8日間写真撮影ツアー|夏のアイスランドを満喫

8日間写真撮影ツアー|夏のアイスランドを満喫
太陽の光が突き通る氷山のかけらがダイヤモンドビーチで見られる
夕方で見た南海岸のセリャラントスフォスの滝
緑に囲まれた真夏のスコゥガフォスの滝
レイニスフィヤラのブラックサンドビーチから遠望できるドラマチックなレイニスドランガル奇岩
紅色の空とヴェストラホルン山
真夏に咲いたルピナスの花とヴェストラホルン山

白夜の光が照らす、夏だけの琥珀色の世界をカメラで捉えてみませんか?夏のアイスランドを旅しながら風景写真の腕を磨く8日間のカメラ・ワークショップはアマチュアからプロの方まで幅広くご参加いただけます。

真夜中も太陽が沈まない白夜はマジックアワーが数時間も続く、写真好きにとっては夢のような環境です。入賞歴も持つ写真家2名が丁寧に指導しますので、楽しみながら上達を実感して頂けるはずです。カメラ漬けの快適な旅をお楽しみください。

アイスランドの魅力はなんといってもその大自然。本ツアーではヴァトナヨークトル国立公園まで続く南海岸からゴールデンサークルまで、アイスランドならでは外せない絶景スポットをじっくりと回ります。ヨークルスアゥルロゥン氷河湖やダイヤモンド・ビーチ、息をのむほど美しい滝、黒い砂の砂漠、躍動する間欠泉などなど、「撮りたい!」と思わずにいられない名所を選び抜きました。

白夜の太陽が照らす夏のアイスランド・撮影ツアーのご予約は今すぐこちらから!日にちを選択すると空き状況を確認できます。


ツアー概要

ツアー概要
  • ツアー時期: 6月. - 8月.
  • 所要時間: 8 日間
  • アクティビティ: ハイキング, 観光, 野鳥観察
  • 難易度:
  • 最低年齢: 18 歳
  • ツアーガイド言語: English
  • ハイライト: ゴールデンサークル, レイキャヴィーク, ヨークルスアゥルロゥン氷河湖, ヴァトナヨークトル, スコゥガフォスの滝, セリャラントスフォスの滝, ゲイシール地熱地帯の間欠泉, グトルフォスの滝, シンクヴェトリル国立公園, ストロックル間欠泉, スカフタフェットル自然保護区, シンクヴァトラヴァトン湖, レイニスフィヤラのブラックサンドビーチ, ヴィークの町(ヴィーク・イ・ミールダル), ストックスネス, 南海岸, ダイヤモンドビーチ
ピックアップの場所と時刻
  • ピックアップ開始時刻 : 随時.

✓含まれるもの x含まれないもの
  • プロの写真家兼ガイド(英語)

  • コンフォートバスでの移動

  • ホテル又はゲストハウスでの7泊分の宿。専用バスルーム付きの個室。

  • 全日の朝食、1日目と7日目の夕食(グループ・ディナー)

  • 往復の空港シャトルバス

  • お酒、軽食、飲み物

  • 上記以外の食事

  • アイスランドまでの海外航空券


必要なもの
  • 写真機材

  • アウトドア用の防寒着

  • 防水のジャケット・ズボン

  • 軽食や飲み物

  • 水着とタオル


備考

アイスランドの天候は変わりやすいため、安全のために直前にツアー内容が変更になる可能性があります。

このツアーは、以下の著名な写真家がガイドを務めます:

2019年6月12日~19日まで Raymond Hofmann と Kaspars Dzenis

2019年6月21日~28日まで Raymond Hofmann と Kaspars Dzenis

2019年6月29日~7月2日まで Alban と Brynjar Ágústsson

2019年6月29日~7月6日まで Raymond Hofmann と Kaspars Dzenis

2019年7月5日~12日まで 未定

2019年7月11日~18日まで 未定

2019年7月20日~27日まで Raymond Hofmann と Kaspars Dzenis

2019年7月28日~8月4日まで Raymond Hofmann と Kaspars Dzenis

2019年8月5日~12日まで Raymond Hofmann と Kaspars Dzenis

2019年8月14日~21日まで Raymond Hofmann と Kaspars Dzenis

2019年8月23日~30日まで Raymond Hofmann と Kaspars Dzenis



スケジュール

Day 1 - アイスランド到着日


レイキャビクのシンボルとなる美術作品、ソゥルファリズは英語でサン・ボイジャーとも呼ばれる


アイスランドへようこそ!

ケプラヴィーク国際空港からバスを使いレイキャビク都心部のホテルに移動します。

チェックインから夕食のピックアップ時までは自由行動です。夕食はレイキャビク市内のおすすめレストランにご案内します。自己紹介を兼ねてガイドや他の参加者と食事をお楽しみください。


Day 2 - 南海岸(サウスコースト)


真夜中の太陽、白夜に照らされたアイスランドのセリャラントスフォスの滝


二日目はいよいよワークショップの開始です。最初の撮影スポットはセリャラントスフォス(Seljalandsfoss)です。この滝の背後は広い洞窟になっているため、輝く水流を360度あらゆるアングルから捉えることができるのが魅力です。

次いでアイスランド有数の大滝、スコゥガフォス(Skógafoss)へ。セリャラントスフォスと同じ落差は60メートルありますが、大量の水しぶきを上げる豪快な滝で、この靄に太陽の光があたると虹がかかります。また、ダブルレインボーになることも見られるかもしれません。運が良ければ虹の撮影にチャレンジできるおすすめスポットです。

三番目にご案内するのは、レイニスフィヤラ(Reynisfjara)のブラックサンドビーチです。大西洋が果てるこの海岸では見事な海食柱や玄武岩の柱状節理が見られます。波が荒くさらわれることもあるので、波打ち際に近づきすぎないよう気をつけ、必ずガイドの指示に従ってください。

夜はヴィーク泊です。


Day 3 - ヴァトナヨークトル国立公園(1)


息を呑むほど美しい風景が広がるアイスランドのヨークルスアゥルロゥン氷河湖


三日目からはヴァトナヨークトル国立公園で撮影をします。アイスランド随一の面積を誇る広大な公園内には欧州最大の氷河をはじめ、溶岩原や滝、黒い砂漠など多彩な風景が広がり、撮影意欲をかきたてられます。

この日のハイライトは午後のヨークルスアゥルロゥン氷河湖です。湖に浮かぶ氷山は一つとして同じものはなく、刻々と表情を変えていきます。別世界のような風景に囲まれ、シャッターを切っているうちに時間がたつのも忘れることでしょう。晴れていればアザラシがひょっこり顔を出すことも。この美しい光景をどう切り取るか、思いのままの雰囲気をどう表現すればいいか、プロが知恵と技をお貸しします。

日が傾いてきたら、有名なダイヤモンド・ビーチに向かいます。ここには氷河湖から流れ着いた氷山が黒い砂浜に点々と散らばっています。太陽の光が氷にあたる瞬間がシャッターを切るチャンスです。


Day 4 - ヴァトナヨークトル国立公園(2)


ヨークルスアゥルロゥン氷河湖からそう遠くない場所にあるのはダイヤモンドビーチ。ここでは氷のかけらに飾られた真っ黒な砂浜が見渡せる


四日目は早起きをして再びヨークルスアゥルロゥン湖に向かい、早朝撮影を行います。朝の光はいつでも特別なものですが、アイスランドの美しい大自然をまた違ったライティングでお楽しみください。

その後はダイヤモンド・ビーチやその他ガイドとっておきの撮影スポットを回りながら、氷の撮影テクニックをマスターしていきます。


Day 5 - ヴァトナヨークトル国立公園(3)


アイスランドのドラマチックなヴェストラホルン山を訪れる写真撮影ツアー


再び早起きしてダイヤモンド・ビーチに向かい、神秘的な氷山の早朝撮影に挑みます。氷が解ける前が勝負です。

その後は東に向かい、ホプン(Höfn)という小さな町を通り過ぎてストックスネス半島の名山ヴェストラホルン(Vestrahorn)にご案内します。

ヴェストラホルンは標高454メートル、尖った峰がドラマチックな山です。山麓の景色も変化に富み、大西洋の波、黒い砂丘など工夫次第で様々な背景や構図で写真を撮ることができます。

好きなアングルを試しながら風景をしっかりと頭に入れたら、いよいよマジック・アワーです。少しずつ影が山を捉えていきます。ヴェストラホルンをモチーフに、ベストショットを狙ってみてください。


Day 6 - スカフタフェットル自然保護区


雄大な玄武岩とドラマチックな黒砂海岸の風景はレイニスフィヤラのブラックサンドビーチで見られる景色


六日目はスカフタフェットル自然保護区に向かいます。森林や清流、瀑布、氷河など バラエティ豊かな景色が広がるこのエリアはランドスケープ写真の練習にうってつけです。

マジック・アワーは、これまでの5日間で得た知識やテクニックを活かして再びレイニスフィヤラのブラックサンドビーチや柱状節理の撮影に挑みます。

夜はヴィーク泊です。


Day 7 - ゴールデン・サークル


ゲイシール地熱地帯で撮影できるダイナミックなストロックル間欠泉


ワークショップの集大成はアイスランドきっての人気観光ルート、ゴールデン・サークルを訪ねます。

まずはUNESCO世界遺産に登録されているシンクヴェトリル(Þingvellir)にご案内します。二つのプレートが引き合う地球の割け目はもちろん、崖の上から臨む壮大なパノラマも見どころです。シンクヴェトリルでは、1000年以上前にアイスランド議会が収集された歴史的な場所です。アイスランド最大の自然湖、シンクヴァトラヴァトン湖(Þingvallavatn)もここにあります。

次いで巨大な間欠泉ゲイシール(Geysir)がある地熱地帯に向かいます。ゲイシールは今は休眠中ですが、5分に一度ほどの頻度で熱湯を噴き上げているストロックル(Strokkur)間欠泉は健在です。シャッターを切るタイミングの練習をしながら、ダイナミックな自然現象を写真で表現してみましょう。

最後は黄金の滝とも言われるグトルフォス(Gullfoss)です。どのアングル、高さもからとっても様になる、フォトジェニックな滝です。日が射すと水しぶきに虹がかかることも。

夜はレイキャビクに戻り、市中泊です。


Day 8 - アイスランド出発日


夕焼けの空とレイキャビク


これで夏のアイスランドのカメラ・ワークショップは解散になります。北の大地の短い夏を撮影したこの8日間で自然・風景写真の腕が上がり、ポートフォリオがぐっと充実したのではないでしょうか。

バスでケプラヴィーク国際空港まで送迎し、アイスランドと白夜の太陽といよいよお別れです。


カレンダーと料金を読み込み中
送迎無料
クレジットカード支払い
手数料なし