水の豊かな国、アイスランド。雨だけではなく、雪や氷河といった形でも豊富に水を有しています。その水は、川や滝、地下水となりアイスランドの風景の一部を創り出しているだけでなく、美味しい飲み水としてもアイスランドの人々に愛されています。

そんな「水」ですが、アイスランドの滝は日本のそれとは趣が違い、ぜひとも足を運んでほしい場所です。

アイスランドの特徴は、木や草が少ないこと。そのため、日本では木陰に隠れてしまう小さな滝も、アイスランドでは堂々と姿を現しています。

アイスランド語で滝を「foss」フォス、と言います。グトルフォスの滝、スコゥガフォスの滝など、~フォスという名前が多いのはこのためです。

目次

グトルフォスの滝 Gullfoss  

ゴールデンサークルにあるグトルフォスの滝

多くの人がアイスランドで最も美しい滝だと賞賛する滝です。グトルフォスの滝はアイスランド語で「黄金の滝」という意味があります。そのため、この滝を訪れるツアーにゴールデンサークルツアー(Golden Circle) という名前がつきました。グトルフォスの滝は、レイキャヴィークからおよそ2時間ほどの場所にあります。


場所:ゴールデンサークル

行き方:アクセスは簡単で、ゴールデンサークルのバスツアーや、レンタカーでも訪れることがでます。


ファクシの滝 Faxi  

ゴールデンサークル周辺にあるファクシの滝

ゴールデンサークルを巡る道の途中にありながら、殆ど訪れる人のいない静かな滝、ファクシ(Faxi)。落差もそれほどではありませんが、滝の幅が広く、繊細ながら迫力のある滝です。滝を流れると川は急に流れる方向を変え、また大自然の中へと消えていきます。鮭の遡上の為の木の箱が設置されていたり、夏にはカヌーで下る人もいるようです。ゲイシールの間欠泉からセルフォスの町へ戻る途中にあります。


場所:ゴールデンサークルの近く

行き方:レンタカーであれば2WDでも簡単に訪れることができるのでおススメです。

備考:ゴールデンサークルツアーでは訪れるものと訪れないものがあります。


ディンヤンディの滝 Dynjandi  

ウェストフィヨルドにあるディンヤンディの滝

ディンヤンディの滝はアイスランド北西部に突き出た半島、ウェストフィヨルドを代表する滝です。落差100m、滝口の幅は30mですが滝つぼ付近では60mと、壮大に滝の裾がひろがります。


場所:ウェストフィヨルド

行き方:レンタカーの場合は、イーサフィヨルズルの海岸線を走る60号線沿いにありますので、滝自体へのアクセスは簡単です。ツアーバスを利用する場合、イーサフィヨルズルの町出発のツアーレイキャヴィークから行く1泊2日のウェストフィヨルドのツアーで訪れることが出来ます。

備考:ウェストフィヨルドというロケーションのため、レイキャヴィークからは車でおよそ5時間アークレイリの町からも6時間以上かかります。また、ウェストフィヨルドは砂利道も多いので、予想以上に時間がかかることもあります。


グリームルの滝 Glýmur  

グリームルの滝

グリームルの滝は落差198m、アイスランドで2番目の落差を誇る滝です。レイキャヴィクに近いクヴァールフィヨルズル(Hvalfjörður)にありますが、アクセスはちょっと難しい場所です。片道2時間ほどのハイキングが必要となりますので、興味のある方はグリームルへのハイキングツアーがあるのでぜひ参加してみてはいかがですか。


場所:レイキャヴィーク

行き方:ツアーでは訪れないのででレンタカーが必要。

備考:ハイキングコースは中級程度。しっかりとしたアウトドアウェアとハイキングシューズは必須。レイキャヴィークからハイキングを含め、半日から1日かかります。


ハゥイフォスの滝 Háifoss  

ハゥイフォスの滝

ハゥイフォスは落差122mで、アイスランド第4の高さを誇る滝です。南アイスランドのショゥルザゥルダールル(Þjórsárdalur)渓谷ののフォスアウルダールル(Fossárdalur)の谷にあります。車でレイキャヴィークから国道1号線でおよそ2時間です。


場所:ハイランド地方

行き方:ツアーでは訪れないので、レンタカーが必要です。国道1号線にあるセルフォスの町を通り過ぎ、国道30号線、国道32号線へと進む。未舗装の道路332号線を進み、滝のそばに駐車。

備考:小型の車だと通行できないこともありますので、4輪駆動車でない場合は事前に天気予報を確認しておいて下さい。雪や雨のため332号線を通れなかった場合は、滝まで歩くことになります。


デティフォスの滝 Dettifoss  

北部アイスランドにあるデッティフォスの滝

デティフォスの滝は落差45mしかありませんが幅が100mと広いため水量のが多く、水は激しい勢いで滝つぼに落下していきます。リドリー・スコット監督による2012年のSF映画、プロメテウスの開幕シーンの撮影がここで行われました。デティフォスの滝はアイスランドの北東部にあり、アークレイリ(Akureyri)の町か、ミーヴァトン(Mývatn)の湖から日帰りで訪れることができます。


場所:北アイスランド

行き方:フライトを使いレイキャヴィークからの日帰りツアーで行くか、アークレイリ発のスーパージープツアーに参加や、レンタカーで訪れることができます。

備考:アークレイリの町から片道2時間半。


セリャラントスフォスの滝 Seljalandsfoss  

南海岸にあるセリャランスフォスの滝

セリャランズフォスの滝はアイスランドの南部にあり、簡単に訪れることができます。国道1号線のそばで、滝をの裏側に続く小さな道があります。この滝はアイスランドの最も人気のある裏見の滝です。セリャラントスフォスという名で知られていますが、実際の発音はセリャランスフォスとなります。


場所:南海岸

行き方:南海岸をめぐるバスツアーレンタカーで訪れることができます。

備考:国道1号線沿いにあるので、アクセスは比較的簡単。


スコゥガフォスの滝 Skógafoss  

南海岸にあるスコゥガフォスの滝

スコゥガフォスの滝は、その大きさに圧倒されます。また、フィムヴォルズハウルス(Fimmvörðuháls)ハイキングコースのスタート地点にあり、その長い旅の始めを意味します。このハイキングコースはスコウガル(Skógar)村からソウルスモルク(Thórsmörk)自然保護区へ続いており、およそ23㎞の道のりです。


  • 場所:南海岸

  • 行き方:南海岸のバスツアーに参加するか、レンタカーで訪れることができます。車でレイキャヴィークから約2時間。

  • 備考:セリャラントスフォスの滝からは20分ほどなので、両方ともセットで訪れるのがお勧め。


スヴァルティフォスの滝 Svartifoss  

スカフタフェットルにあるスヴァルティフォスの滝

スヴァルティフォスはヴァトナヨークトル(Vatnajökull)国立公園のスカフタフェットル(Skaftafell) 自然保護区内にあります。柱状玄武岩に囲まれている、ユニークな背景の真ん中を一筋の滝が流れ落ちる様子が見事な滝です。

レイキャヴィークにあるハットルグリムス教会 (Hallgrímskirkja)のデザインは、この滝からインスピレーションを得たものです。

スカフタフェトルにはスヴァルティフォスの滝へと向かうハイキングコースが複数ありますが、しっかりとした靴で楽しみましょう。


場所:南海岸

行き方:スヴァルティフォスの滝までハイキングをする1泊2日の南海岸ツアーの他にも、レンタカーで訪れることができます。

備考:レンタカーで行く場合、レイキャヴィークから東へおよそ6時間です。国道1号線沿いにある、スカフタフェットル自然保護区のビジターセンターからハイキングとなります。このエリアにはヨークルスアゥルロゥン氷河湖などもあるので、周辺の観光とあわせて訪れることをお勧めします。


フロインフォッサルの滝 Hraunfossar  

西部アイスランドにあるフロインフォッサルの滝

フロインフォッサルの滝は西アイスランドにある一風変わった滝です。溶岩の大地に流れる地下水が、突如、地表に現れそのまま滝となっています。そのため滝の上流には川がありません。車がなくても心配いりません。フロインフォッサルを訪れる滝のツアーについてはこちらをご覧ください。


場所:アイスランド西部

行き方:フロインフォッサルの滝を訪れるシルバーサークルツアーを利用するか、レンタカーで訪れることができます。

備考:車でレイキャヴィークから約2時間。国道1号線で北へ、ボルガルネスの町につく前に国道50号線で右折。しばらくしたら国道50号線は518号線になり、やがてフロインフォッサルの滝に到着。


上記の地図のマーカーにクリックするとその滝の情報が表示されます。

アイスランドには、非常に多くの滝があり、そのどれもが個性的。ぜひお気に入りのひとつを見つけてみてくださいね。