アイスランド北部の名瀑ゴーザフォスの滝

10月のアイスランド旅行|おすすめの観光名所やアクティビティ

Richard Chapman
作者: Richard Chapman
認証済みのスペシャリスト

秋色に染まったヨークルスアゥルロゥン氷河湖

10月のアイスランドの楽しみ方や見どころをご紹介。10月のアイスランドの天気、移動手段、持ち物、イベント情報もまとめました。10月にアイスランド旅行に必要な情報がすべてわかる、完全ガイドです!

 

 

10月はアイスランド旅行にとってもいい季節です。夏のラッシュががひと段落し、真冬ほど寒くもありません。

10月は実は、一年の中でも最も観光客が少ない月の一つ。特に夏のピーク時と比べるとかなり静かです。

いわゆるオフシーズンなので、アイスランドの絶景を独り占めできるかも?!旅費もぐっと抑えられて一石二鳥です。

夕日をバックに噴出するストロックル間欠泉

また日の入りの時間がそこまで早くないため、昼間のアクティビティを楽しめる一方、夜はしっかり暗くなるのでオーロラを見ることもできます。ウェストフィヨルドのような秘境に通じる道路もまだ通行可能です。



 

このようなわけで10月のアイスランド旅行はとってもおすすめ。

この記事では10月のアイスランド旅行を計画中の方に役立つ、おすすめの観光名所やアクティビティ、持ち物をご紹介します。

でもまずは、天気や気温について知っておきたいですよね。10月のアイスランドの天気って?

 

10月のアイスランドの天気

アイスランドの天気は季節によって、月によって、また日によってかなり違います。もっと言うと、一日の中でも雨が降ったかと思えば日が射して、その数分後には雪や霰が降って…というほど予測不能です。

10月のアイスランドの天気も例にもれず、とても不安定。10月のレイキャビクの気温は寒ければマイナス7.2度、暖かければ15度くらい。10月のアイスランドの天気について確実に言えることがあるとすれば、非常に変わりやすいということくらいでしょうか。

10月のレイキャビクの平均気温は4.8度です。一年の平均気温が5.4度なので、それより少し低めです。レイキャビク以外の地方、特にハイランド地方やウェストフィヨルドのような秘境はもっと寒いです。

10月のアイスランドの天気はとにかく何でもアリ!

9月は(アイスランド的には)比較的暖かい月ですが、10月は冬の始まりとされています。低気圧がどっかり居座り、強い風や雨をもたらします。そこへ寒冷前線が張り出してくるので、天気は非常に不安定です。

傘も差せないほど強い秋風が峠やビルの谷間をびゅうびゅうと吹き抜け、体温を奪います。急なつむじ風でバランスを崩して転んでしまうこともありますので、屋外にいるときは気を付けてください。

10月初旬の平均風速は毎秒5メートル。月の後半になると秒速5.5メートルくらいになります。

全国の平均降水量は77ミリ(年間月平均は73ミリ)です。10月は一年の中で最も雨が多い月なので、レインウェアや防水仕様のアウター、靴をお忘れなく!

一方、10月のアイスランドで大雪が降ることは滅多にありません(特にレイキャビクや南部の地方)。但し、絶対降らないということでもなく、北部やハイランド地方では、雪や氷を目にすることもあるでしょう。

10月のレイキャビクではここまで雪が降ることは稀(だが、あり得ないことでもない)

10月のアイスランドの日照時間

9月・10月のアイスランドでは、日の出から日の入りまでの時間は約12時間です。10月1日の日の出は午前7:37、日の入りは午後6:56で、毎日少しずつ日が短くなります。10月31日の日の出は午前9:08で、日の入りは午後5:13です。

 



 

10月のアイスランド旅行の持ち物

10月のアイスランド旅行では、どんな天気にも対応できるようしっかり対策をしてください。体温調節がしやすい重ね着のできる服装がいいでしょう。

そもそも、どの季節のアイスランド旅行でも防寒着は必須です。何の前触れもなく、あっという間に冷え込むことはよくあります。氷の洞窟探検や氷河ハイキングにチャレンジされる方は、特にしっかり防寒対策をしましょう。

暖かいコートやアウター(できれば防水仕様のもの)、水を通さないズボン、保温性のある肌着は必須です。昼間のおでかけや、ちょっといいレストランに着て行けるようなセーターもあると重宝します。素材は軽くて暖かい、メリノウールのような天然素材がおすすめです。

ニット帽、しっかりした手袋、マフラーもあるといいでしょう。水着(温泉用)とタオル、サングラス(雪焼け防止)もお忘れなく。

そしてジーンズやスラックス、Tシャツ、長袖のシャツなどの普段着。靴は観光地で歩きやすいものがいいでしょう。

アウトドアのアクティビティを予定されている方は、しっかりしたハイキングシューズもお持ちください!

アイスランドの国道1号線、通称リングロードの秋の風景

10月のアイスランドの運転事情

激しい雨、強風、濃霧、雪、氷など、ドライバーには厳しい条件が重なっているため、10月のアイスランドでレンタカーを借りる人は少なめです。

町を離れると街灯がない砂利道もたくさんあります。アイスランドの交通事故の多くは、このような条件下での運転に不慣れな観光客によるものです。

レンタカーをする場合は、四輪駆動車(4WD)を強くおすすめします。また、出発前に必ず天気予報サイト道路情報サイトをチェックして、予想されるコンディションに十分に備え、通行不可("ófærð")の道は避けましょう。

10月は洪水や雪崩が起きることも珍しくありません。簡易なロープを張ってある場合などを含め、通行止めになっている道には絶対に入らないでください。大変危険です。

ハイランド地方の一部は早ければ10月には冬季閉鎖される

10月のアイスランドのリングロード

10月のアイスランドでは、ごくまれに異常気象や洪水、雪崩などでリングロードの一部が通行止めになることもありますが、このような例外を除けば島内ほぼ全域に車でアクセスできます。レンタカーでもツアーでも、ほとんどの観光名所を容易に訪れることができるでしょう。

リングロードは定期的に除雪・除氷されるため、基本的に安全に走行できます。

それでもレンタカーは極力四輪駆動(4WD)を借りましょう。幹線道路でも急にコンディションが変わってヒヤリとすることもあるからです。特に北部アイスランドでは気をつけてください。リングロードだけなら楽勝…というわけではないのです。

厳しいコンディションでの運転に不安がある方は、行き先を南部のみに限定した方がいいかもしれません。南部だけなら運転がそこまで難しい箇所はないでしょう。

 

10月のアイスランドで楽しめるアクティビティ

10月のアイスランドでは、夏と冬両方のアクティビティが楽しめるって知ってました?夏季ツアーは雪で道路が閉鎖される11月、12月くらいまで催行されている一方、冬季ツアーは夜が長くなる9月くらいからスタートするんです。

だから10月のアイスランド旅行はとってもお得。ツアーやアクティビティの選択肢が非常に多く、一度の旅行でアイスランドの夏も冬も楽しめます!

 

10月のアイスランドでオーロラを見る

アイスランドの見事なオーロラ

オーロラは、雲がかかっていない真っ暗な夜にだけ見ることができます。5月から9月のアイスランドでは白夜が続くため、基本的に観測することはできません。

しかし10月には、オーロラが再びアイスランドの夜空を彩るようになります。スナイフェルスネス半島のブージルの教会の上に現れたオーロラ運が良ければレイキャビク市内のホテルの窓から見えることもありますが、わずかな光でも地上からの見え方に影響します。美しいオーロラを見るには、ネオンが多い町中を離れるのが一番です。

レイキャビク市内で鑑賞するなら、グロッタの灯台や、クランブラトゥン公園(Klambratún)、Laugardalur公園などがおすすめ。ホテルの庭から見るよりもずっと鮮やかに見えます。

グロッタ灯台はレイキャビクの人気オーロラ観察スポット

ですが一か所に留まっていると雲が少しかかっただけで、光のカーテンが見えなくなってしまうことも。その点、レイキャビク市外に連れて行ってくれるオーロラツアーなら、地元の地形やオーロラの特性を知り尽くしたベテランガイドがその日のベストスポットに案内してくれます。

レイキャビク発のオーロラ・ツアーには行き先によって小型バスで行くものと、スーパージープで行くものがあります。バスツアーは価格も良心的なので手軽に参加できるのが魅力です。一方スーパージープツアーは道なき道を走り、川を越えて、光害の少ない場所まで行けるので、とにかく美しいオーロラを見たい!という方におすすめ。

10月のアイスランドは本格的なオーロラシーズンの始まり

また、ファクサフロゥイ湾(Faxafloi Bay)でオーロラを見るクルーズなら、真っ暗な海上からオーロラを鑑賞できます。北部ではエイヤフィヨルズル(Eyjafjordur)というフィヨルドに出るアークレイリ発のクルーズもあります。

もちろん、レンタカーを借りて自力で雲が少ない場所を探しても!

その場合は雲の予報オーロラ予報をチェックしましょう。雲の予報は低空・中空・上空それぞれの雲の分布を教えてくれます。どの層にも雲がない(或いはほとんどない)場所を探しましょう。その上で、オーロラ予報で更にエリアを絞り込みます。9段階中「3」以上だとオーロラが出現する可能性が高いとされています。

オーロラは自然現象なので、たとえベストシーズンであっても絶対に見られるわけではありません。それでも、10月のアイスランドなら可能性は十分。興味がある方は是非チャレンジしてみては?

 

 

 



 

10月のアイスランドでホエールウォッチング

回遊性のザトウクジラは、夏の終わりにアイスランドを去る

 

夏も終わった10月は、ザトウクジラやパフィンなど、回遊性のクジラ類やパフィンがアイスランドを離れていく時期にあたります。

それでもアイスランドの近海には20種以上のクジラ・イルカ類がおり、10月もそのほとんどを見ることができます。シャチやシロナガスクジラ、アカボウクジラなどを見られるかもしれません。大型のクジラは夏よりも少なめですが、どの年も回遊に出遅れるのんびり屋がいるものです。 

ザトウクジラの大ジャンプ!

ホエールウォッチングはアイスランド各地で楽しめます。レイキャビク発のツアーではファクサフロゥイ湾(Faxafloi)にいるミンククジラやザトウクジラ、イルカが見られます。

北部アイスランドでは、アークレイリ(Akureyri)の港からエイヤフィヨルズル(Eyjafjörður)の海に出るツアーがあります。目撃率が高いのはザトウクジラですが、シロイルカや、ユニコーンのような角を持つイッカククジラが姿を見せることも!通常速のボートに加え、高速船で海に出るツアーもあります。

 



アイスランドではザトウクジラは伝統的に漁の対象ではなかったので船を怖がらない。ミンククジラは警戒心が強い。

 

しかし鯨といえば、なんといっても欧州のホエールウォッチングの首都といわれるフーサヴィーク(Husavik)が有名です。10月でもたくさんのクジラや珍しい海の生き物を見ることができます。スキャルファンディ(Skjálfandi)湾では伝統的な帆船、スクーナー船に乗れるホエールウォッチング・ツアーなど、様々なツアーが催行されています。

10月でもう一か所、ホエールウォッチングにおすすめなのがスナイフェルスネス半島です。半島の北側にあるブレイザフィヨルズルというフィヨルドは鰊が豊富なため、イルカやアザラシ、シャチがたくさん集まってくるのです。

 

 



 

10月のアイスランドで氷河を楽しむ

火山灰の層が見えるアイスランドの氷河画像提供:現地発|スカフタフェットル氷河でのハイキング(初心者大歓迎!)

国土の1割を占める氷河はアイスランドの大切な自然遺産であり、その美しい世界を一目見たいと国内外から多くの観光客が訪れます。10月も様々な氷河遊びツアーが実施されています。

その代表的なものが氷河ハイキングです。有資格ガイドが案内するツアーなら火山や地質学についても学ぶことができ、装備の貸出もあるので初心者でも安全に楽しめます。頂上からの景色は最高のご褒美です!

 

アイスランドの氷河ハイキングツアーではアイスクライミングに挑戦できるものも!

 

氷河ハイキングで特に人気なのはソゥルヘイマヨークトル(Solheimajokull)という氷河です。レイキャビク発で、スコゥガフォスセリャラントスフォスの滝など南海岸の名所の観光と氷河ハイキングがセットになったツアーもあります。

アイスランド南東部では、欧州最大の氷河ヴァトナヨークトル(Vatnajokull)を登る現地集合の氷河ハイキング・ツアーや、ハイキングの名所として有名なスカフタフェットル自然保護区にあるスヴィナフェットルスヨークトル(Svinafellsjokull)を登るツアーもおすすめです。



ラングヨークトル氷河のスノーモービル・ツアー

写真提供:ゴールデンサークルツアー|スノーモービル体験付き

雪遊び感覚で氷河を楽しむなら、スノーモービルはいかが?ツアーは各地で実施されており、運転者は車の免許証が必要ですが、同乗は6歳からできます。アイスランドの美しい雪原を駆け抜ける爽快なアクティビティです。

南東部ならヴァトナヨークトル氷河の現地集合スノーモービル・ツアーがおすすめ。レイキャビクからなら、送迎付きのラングヨークトル氷河のスノーモービルツアーもあります。

ラングヨークトル氷河のアイストンネルにはたくさんの部屋が掘られている

写真提供: ラングヨークトル氷河のアイストンネル|現地集合

ラングヨークトル氷河では、スノーモービルとアイストンネル見学を組み合わせたツアー も実施されています。アイストンネルとは氷河の内部を体験できるように掘られた人工の洞窟です。アイストンネル見学のみのツアーもあります。

ヴァトナヨークトル氷河の天然の氷の洞窟、アイスケーブに入れるのは通常11月から翌3月までです。しかし、その年の天候条件によっては10月からツアーに参加できる場合もありますので是非チェックしてみてください!

 

 

 



 

10月のアイスランドで乗馬体験

アイスランド東部のヴェストラホルン山を眺めるホーストレッキング体験

アイスランドらしい体験なら、アイスランド在来馬の乗馬もおすすめ。この極北の島国に持ち込まれてから1000年以上も他の種と交わることなく独自の進化を遂げたアイスランディックホースは、アイスランドの固有種です。

乗馬に詳しい方はアイスランド馬独自の歩法、トルト(tolt)をご存じかもしれません。他の馬にはできない独特の歩き方で、一滴もこぼさずに水を飲めるほど安定した乗り心地だと言われています。とても賢く、好奇心旺盛でフレンドリーなアイスランドの人気者です。

夕日にまどろむアイスランドホース

そんなアイスランド在来馬の魅力を味わうのにぴったりのアクティビティが乗馬です。10月なら例えば、入植時代のヴァイキングさながらに溶岩台地を馬で行く乗馬ツアーや、温泉川が流れるレイキャダルルの谷を歩く乗馬体験などはいかがでしょうか(もちろん入浴もできます!)。

北部アークレイリ発の乗馬ツアーなど、各地で乗馬ツアーが開催されています。

 

 



 

10月のアイスランドでシュノーケリング&ダイビング!

透視度100mを越えるシルフラの泉。まさに水中の絶景だ

写真提供: Whale Watching and Snorkelling Excursion

意外かもしれませんが、シュノーケリングとダイビングはアイスランドで通年楽しめるアクティビティです。

圧倒的な人気を誇るのはシンクヴェトリル国立公園(Thingvellir)のシルフラの泉(Silfra)です。シルフラは北米プレートとユーラシアプレートの間の境界にある大地の割れ目で、多孔質の溶岩にろ過された清らかな水が湧き出ています。透明度はなんと100メートル以上、水温は一年を通して2℃前後です。

 



シルフラの泉の正体は大地を走る大きな亀裂

写真提供: シルフラの泉でシュノーケリングツアー|乗馬体験付き

とても冷たそうに聞こえますが、しっかりした装備を貸してもらえるので大丈夫です。ほとんどのツアーでは、水の侵入を許さない作りになっているドライスーツの下に、保温性のあるスーツを着用します。寒くてもへっちゃら!という猛者は水を通すウェットスーツ使用のシュノーケリングツアーをどうぞ。

10月のドライスーツ・シュノーケリングやダイビングツアーは、真冬よりもかなり快適です。外気温が氷点下になることは滅多にないので着替えも楽ですし、凍った装備を扱う必要もありません。退水後の体温回復も早いです。

 



シルフラの泉の美しさを堪能するダイバー

写真提供: シルフラの泉でシュノーケリングツアー|乗馬体験付き

シュノーケリングやダイビングツアーは有資格者の監督の下、安全を確保するために少人数で催行されますが、以下の基本条件を満たしている必要があるのでご注意ください。

ドライスーツ・シュノーケリング

  • 最低年齢:12歳
  • 最高年齢:60歳
  • 最低身長:145センチ
  • 最低体重:45キロ
  • その他:泳げること

ウェットスーツ・シュノーケリング

  • 最低年齢:14歳
  • 最高年齢:60歳
  • 最低身長:150センチ
  • 最低体重:50キロ
  • その他:泳げること

ドライスーツ・ダイビング

  • 最低年齢:17歳
  • 最高年齢:60歳
  • 最低身長:150センチ
  • 最低体重:45キロ
  • その他:ドライスーツ・ダイビングログ10回以上、又はドライスーツ・ダイバー認定

 

 

 

10月のゴールデンサークル観光

ゴールデンサークルはアイスランドで一番人気の観光ルートで、10月ももちろん訪れることができます。

シンクヴェトリル国立公園のオクサルアゥルフォスの滝次の三つの名所を巡る、総距離約300キロの周遊ルートです。

グトルフォスはアイスランドで最も有名な滝の一つで、深さ30メートルの峡谷を二段になって流れ落ちる大瀑布です。

ゲイシール地熱地帯はグトルフォスから10キロほど離れたところにあり、熱泉や間欠泉がたくさん見られるエリアです。目玉は5~10分置きに大噴出するストロックル間欠泉

シンクヴェトリル国立公園はアイスランドに三つある国立公園の一つです。UNESCO世界遺産にも登録されており、滝や山、火山、峡谷など美しい自然が広がります。西暦930年にはここで「アルシンギ」(Althingi)と呼ばれるアイスランド議会が設立されました。現在まで連綿と続く、世界最長寿の現役議会です。

ゴールデンサークル観光をしたい方は、日帰りツアーを利用してもいいですし、レンタカーで自走しても一日で回ることができます。レイキャビクから近いので、とても観光しやすいエリアです。

もちろん、ゆっくり回りたい方や観光客が少ない時間帯に静かに楽しみたい方は、ゴールデンサークル・エリアの宿に泊まっても!



 

温泉、温水プール

アイスランドといえば、温泉やホットポット、温水プール!10月に限らず、一年を通して楽しめる、おすすめのアクティビティです。一日めいっぱい観光した後、温泉にゆっくり浸かれるのは、火山の国の醍醐味ですよね。

アイスランドのシークレットラグーンで温泉を楽しむ人々アイスランド人も温泉や温水プールが大好き。全国に何百というプールがあり、レイキャビクだけでも17か所あります。ちなみにアイスランドで「プール」といえば地熱を利用した温水プールが定番。身体が温まります。プールでまったりもいいけれどやっぱり温泉じゃなくちゃ!という方もご心配なく。アイスランドには天然、露天、野天、温泉川、温泉スパ…などなど、本当にたくさんの温泉があります。

滞在先で温泉を探すだけで湯めぐりができますが、温泉がプランに入ったパッケージツアーもあります。

ちなみにアイスランドの温泉では水着を着るのがマナーですのでご注意を!

 


こちらもどうぞ:【完全ガイド】アイスランドの温泉


10月のブルーラグーン温泉

ブルーラグーンの露天風呂は本当に大きい

アイスランドで最も有名な温泉は、なんといってもブルーラグーンでしょう。アイスランドの空の玄関口、ケプラヴィーク国際空港(Keflavik Airport)の近くにあるので、到着後や帰国前に立ち寄る方が多いようです。レイキャビクからも簡単に日帰りできます。

ブルーラグーンは通年営業していますので、10月ももちろん入場可能です。ピークシーズンは満員で入れないこともあるのですが、観光客の少ない10月は予約なしでも入れるかもしれません!

とはいえ、アイスランド一の人気観光地。せっかく行ったのにがっかり…ということにならないように、早目に予約しておくのがおすすめです。

ブルーラグーンのお湯は身も心も癒してくれる見ているだけで癒されそうな美しい乳青色のお湯は様々な効能があると言われています。旅の最終日に予約しておけば、心身ともにリフレッシュして旅を終えられそうです!

日帰りハイキング&スーパージープ

10月でも参加できるハイキングやスーパージープツアーもあるアイスランドのハイランド地方(中央高原地帯)に行くスーパージープツアーや高山でのハイキングは一般に夏季ツアーとされています。ですが10月まで催行されているスーパージープやハイキングツアーもあります!

テント泊には寒すぎるため、泊りがけのハイキング・ツアーは9月下旬で多くが打ち切りになりますが、日帰りならハイランド地方に行けるんです。

例えばソゥルスモルク渓谷(Thorsmork)は10月でも日帰りハイキングが可能です。北欧神話に登場する神 Thorの名を戴く「ソーの谷」は、秋の色が良く似合います。

 



アイスランドのハイランド地方の名所、ランドマンナロイガル。流紋岩の山が美しい

また、ハイランド地方独特の流紋岩の山が広がり、たくさんの温泉が湧いていることで有名なランドマンナロイガル(Landmannalaugar)も、日帰りツアーでアクセス可能です。ヘクラ火山も回れるこんなスーパージープツアーもあります。ランドマンナロイガル~ソゥルスモルクを結ぶ人気ハイキングルート、ロイガヴェーグル・トレイル(Laugavegur trail)は、全行程踏破には数日かかるので夏でないと難しいですが、一部だけなら10月でも歩けます。

美しい山が自慢のアイスランド東部でも、10月にはやや選択肢が限られてきますが、一部の登山やハイキングツアーはまだ催行されています。

Snaefell山の広大な雪原を歩く写真提供:Mt. Snaefell | Hiking Day Tour

例えばアイスランドで最も高い独立峰、Snæfell山に登る日帰りツアーや、凹型の稜線が特徴的な Dyrfjöll山のハイキングツアーなど。知る人ぞ知る名山、ストールウルズ(Stórurð)も10月を通してトレッキングが楽しめます。

 

 

 

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖のクルーズ 

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の水陸両用船

夏を代表する人気アクティビティ、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jokulsarlon)のクルーズも10月末まで催行されています。

ヨークルスアゥルロゥンはとても大きな湖です。水深はアイスランド一で、沿岸の氷舌から崩れ落ちた無数の氷山が浮かんでいます。氷山がゆらゆらと海に向かって流れていく様は本当に美しく、見る者を惹きつけてやみません。

湖にはたくさんのアザラシがいます。アイスランドで一番確実にアザラシを見られる場所の一つなので、野生動物が好きな方にもおすすめです!

家よりも大きな氷山が浮かぶヨークルスアゥルロゥン氷河湖。スケールの大きさに圧倒される

氷河湖に出る船は二種類あります。料金が安いのは水陸両用ボートで、乗り込んだらそのまま湖に出て神秘的な氷の彫刻を間近で見ることができます。

ゾディアックボート・ツアーは少し高めですが、船外エンジン付きのゴムボートなので臨場感満点!

10月は秋の光が湖全体に満ちていて、とても美しい季節です。

 

 



 

ウェストフィヨルド観光

10月にウェストフィヨルド地方(the Westfjords)に行けるかどうかは、その年の天候次第です。

ウェストフィヨルドはアイスランド北西部の秘境。あまり有名ではないので訪れる観光客は多くはありませんが、手つかずの雄大な自然が残っています。

例えばホルンストランディル自然保護区(Hornstrandir Nature Reserve)。アイスランドで最も人口の少ないエリアの一つです。580平方キロメートルほどの保護区のほとんどがツンドラ、草原、そして(言うまでもありませんが)氷に覆われており、海辺は目もくらむような断崖絶壁です。

また、ラゥトラビャルグの崖(Latrabjarg bird cliffs)では、長さ14キロの崖に何百万羽という野鳥が巣を作っており、名実ともに欧州一のバードクリフです。アイスランド有数のパフィンの名所でもあります。

ラゥトラビャルグの崖はパフィンウォッチングの名所ウェストフィヨルドではディンヤンディの滝(Dynjandi)も見逃せません。アイスランドで最も壮麗な滝の一つです。

ウェストフィヨルドは基本的にとてもアクセスしづらいエリア。この地方に通じる舗装路はないので、真夏でも4WDがないと行けません。冬は雪が深いため、基本的にアクセス不可能です。

でも10月(特に10月初旬)なら、道路のコンディションさえよければ行ける可能性があります!

10月のウェストフィヨルドではシーカヤック体験や、ホルンストランディルでホッキョクギツネを探す二泊三日の旅などのツアーも催行されています。

 

レイキャビク観光

活気あふれるアイスランドの首都は、10月も賑やかです。

たくさんの観光スポットに、様々な美術館博物館ナイトライフも充実していて何をしようか迷ってしまうほどです。レイキャビクを満喫したい方は、数日間ステイされることをおすすめします。

夜のハルパ・コンサートホールレイキャビクはとってもフレンドリーで旅人にも優しい街。ダウンタウンはコンパクトで、徒歩でも歩いて回れます。ロイガヴェーグル(Laugavegur)やBankastraeti、Austurstraetiなどの目抜き通りでショッピングをするのもいいですし、バーホッピングも人気です。

名建築と名高いハルパ・コンサートホールサン・ボヤジャーの彫像など、モダンアートも個性的。アイスランド最大の教会、ハットルグリスムス教会(Hallgrimskirkja)も必見です。

レイキャビクのハットルグリムス教会

その他のおすすめ観光地

道路のコンディションがよければ、10月は北部アイスランドをドライブすることもできます。クヴィートセルクール(Hvitserkur)の奇岩やヴァッツネス半島(Vatsnes)などは比較的容易にアクセスできますし、レイキャフリーズ(Reykjahlid)やフーサヴィーク(Husavik)などの町では10月も多くのお店が観光客向けに営業しています。

ミーヴァトン湖(Lake Myvatn)エリアは多様な自然の景観が素晴らしく、雪が積もっていれば人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』さながらの世界が見られます(「壁の向こう」のシーンの多くはここでロケが行われました)。

また、スナイフェルスネス半島(Snaefellsnes)も全域アクセス可能です。よほどの悪天候に見舞われなければ、海沿いの道や峠道をドライブして「ミニ・アイスランド」の風景を楽しめます。

スナイフェルスネス半島のキルキュフェットル山

10月は滑り込みでハイランド地方を訪れることもできるかもしれません。中央高原地帯を通る道、キョルル・ハイランド・ロード(Kjolur)とスプレンギサンドゥル(Sprengisandur)はいずれも平年並みならまだ通行可能です。

氷河や火山、広大な溶岩原や黒い砂漠、湯気が立ち上る温泉や壮麗な山脈など、どちらの道を通っても絶景ドライブが楽しめます!

 

10月のアイスランドの行事

アイスランド人はお祭りやイベントが大好き。AirwavesSecret Solsticeなどのフェスは年を追うごとに参加者も増えており、世界的なイベントに成長しつつあります。

10月はこうした大型イベントこそありませんが、各地で様々な催しが開催されています。

 

アイスランドのハロウィン

 
 

ハロウィーンはアイスランドでは比較的新しい行事ですが、10月下旬のレイキャビクでは仮装してクラブに向かう人たちの姿が見られます。是非仮装してジョインしてみては?

その他にもハロウィンをテーマとするイベントもたくさん行われるので、是非チェックしてみてください。

 

レイキャビク国際映画祭

 
 

毎年9月末から10月の第1週まで開催されるレイキャビク国際映画祭(Reykjavík International Film Festival、RIFF)はアイスランド最大の映画祭です。

期間中は世界40か国以上から出品された様々なジャンルの映画が上映されます。注目の新人や、大手スタジオが関与していない独立系の映画が多いのが特徴です。

市内ではコンサートや会議、展示会などが行われ、大事なネットワーキングの場にもなっています。

10月のアイスランド旅行では、話題の映画を見てみるのもいいですね。

 


こちらもどうぞ:アイスランド映画の話


 

イマジン・ピース・タワー

10月にライトアップが始まるイマジン・ピース・タワーの光写真提供: Imagine Peace Tower Tour

イマジン・ピース・タワー(The Imagine Peace Tower)はオノ・ヨーコが故ジョン・レノンに捧げたモニュメントです。台座には "Imagine peace" が24か国語で刻まれており、その光には連帯、平和、癒し、喜びへの二人の願いが込められています。ヴィーズエイ(Videy)という小さな島にあり、レイキャビクのオールドハーバーからフェリーで訪れることができます。

タワーは毎年ジョン・レノンの誕生日である10月9日から命日である12月9日までライトアップされ、上空4000メートルまで届く光の柱が出現します。

 



 

10月のおすすめ旅行プラン

未知の世界への旅のシンボル、ソゥルファリズの彫像

このように、夏と冬のいいとこどりができる10月のアイスランド旅行では、できることがたくさんあります。あれもやりたい、これも捨てがたいという方のために、最後に10月のアイスランド旅行におすすめのプランをご紹介します。

レンタカーでのドライブ旅行なら、レンタカー&ホテル&アクティビティが全てセットになったセルフドライブ・ツアーがおすすめです。最短日数でリングロードを回る6泊7日のプランや、夏の名所を中心に回る充実の10泊11日プランなどがあります。10月下旬の旅行なら、オーロラにフォーカスした冬季11泊12日セルフドライブツアーはいかがでしょうか。

10月のヴェストラホルン山。アイスランド東南部にある

また、アイスランドの南部・西部なら数日あれば観光できるので、南海岸を巡る5日間のセルフドライブ・ツアーや西部を中心に温泉を巡る2泊3日プランを検討してみては。

 

アイスランド北部の名瀑ゴーザフォスの滝

運転はしたくないけれどアイスランドをくまなく回りたいという方は、リングロードをぐるりと一周する6泊7日のバスツアーや、たっぷり10日間のガイド付きツアーがおすすめです。滞在期間が短めの方には、南部や西部を中心に回る3泊4日ツアーや、4泊5日のパッケージツアーもあります!

 

いかがでしたか。10月のアイスランドに行ったことがある方は、是非下記コメント欄に感想やレビューをお寄せください!

人気記事

関連記事