アイスランドで安全をするためのリンクやポイントを紹介します。アイスランドの運転ガイドも読んで、安全で楽しい旅行にしてください。

アイスランドで運転をする場合、リングロードと呼ばれる国道一号線を運転することが基本となります。それぞれの観光地はリングロードからちょっと道を外れて内陸部方面に少しドライブするだけです。

さらに内陸部に広がる、ハイランドと呼ばれる中央高原地帯を運転したいのなら、ジープが必要です。道は悪路ですのでジープ以外の車でハイランドの奥まで行かないようにしてください。また、レスキュー隊に忘れずに旅程表を提出しましょう。

アイスランドでは速度超過に気をつけてください。危険ですし、監視カメラもいたるところに設置されており、罰金は高額です。 砂利道などは滑りやすく、普段とは違う道路状況では、事故を起こしやすく、また中には危険な運転をする旅行者もおり、事故に巻き込まれることも少なくはありません。自分の納得する保険への加入、砂利道保険の追加なども考慮してレンタカーの契約を行いましょう。

また、適切なウィンタータイヤなしに、アイスランドの田舎へ旅行することは止めましょう。冬には安全な速度で運転し、また暖かい予備の服や軽食を用意することも大切です。

アイスランドの道路は西ヨーロッパで一番、未発達かもしれません。交通量は多くはありませんが、その時々の天候や道路状況などを考慮して適切な運転をしてください。



アイスランドでの運転について

Icelandic road

アイスランドの内陸部に広がるハイランドを通る道路は砂利道で、良いコンディションではありません。また国道の多くの場所は舗装されていますが、一部砂利道の部分もあります。未舗装の道路の多くや、路肩は表面の砂利や土がゆるく敷かれています。対向車が見えたら速度を落とし、安全に運転してください。ガードレールはありません。

ハイランドや山の中の道は狭く、スピードを出せるような整備はされていません。また、木や建物がないので、風に大きく煽られることが多く、ハンドルを取られることも少なくはないでしょう。

田舎にある橋は車1台が通れるだけの小さな橋も多くあり、後から来た車は対向車の通過を待つ必要があります。

このような状況のため、計画した以上に時間がかかるかもしれません。

道路状況を知るには+354-563-1500(24時間ボイスメッセージ)か、+354-800-6316 (6月1日から8月31日)に英語で問い合わせることができます。

一般的な制限速度は市街地で 50 km/h、田舎の未舗装の道で80 km/h、舗装してあれば 90 km/hとなります。

各所に前方注意や急な曲がり角を知らせる標識がありますが、このような注意箇所のための、速度を落とせ、という表示はありません。状況を自分で判断し安全な速度で進んでください。

車のヘッドライトは昼夜関わらず、常に点灯することが義務付けられています。アイスランドではオフロードの運転や、示されたルートを外れての運転は禁止されています。

乗客、運転手は後部座席も含め、シートベルトの着用が義務付けられています。アイスランドでは飲酒運転は禁止されています。

Winter road in Iceland

車の保険: 

グリーンカードや他の第三者からの保険を保持していることの証明が、アイスランドでは義務付けられています。ただし次の国からの証明は除きます: Austria, Belgium, The Czech Republic, Denmark, Faroe Islands, Finland, France, Germany, Gibraltar, Great Britain, Greece, Hungary, Ireland, Isle of Man, Italy, Liechtenstein, Luxembourg, Monaco, Netherlands, Northern Ireland, Norway, Portugal, San Marino, Slovakia, Spain, Sweden, Switzerland, The Vatican.

グリーンカードや同等の保険を保持していない場合、第三者の保険の購入が必要です。レンタカーをレンタルする際には、CDWという基本的な保険が付帯しています。

ガソリンスタンド: 

レイキャビク周辺の首都地域ではガソリンスタンドの営業時間は次の通りです。 月-土 07:30-20:00、日09:00-20:00 (10月- 5月 10:00-20:00)。 23:30まで営業しているところも多くあります。

郊外や田舎のガソリンスタンドは個人で営業しているところもあり、営業時間は異なりますが、多くの場所では 22:00や23:30まで営業しています。ただしガソリンスタンドの数自体が少ないので、次の給油地点を確認することは怠らないようにしましょう。

レイキャビクの多くのガソリンスタンドでは、営業時間終了後も、セルフサービスでガソリンを入れることができます。1000クローナ紙幣かクレジットカードで支払いができます。全てのガソリンスタンドでクレジットカードでの支払いができます。このようなサービスはレイキャビク以外でも行われています。

オクタン値はレギュラーが92、ハイオクが98と95です。

ハイランドの山岳道路の開通時期: 

The Icelandic Ringroad

ハイランドのFロードは2WD車で行くことは禁止されており、必ず4WD車で行く必要があります。

多くの山岳道路は7月の始めまで閉鎖されており、雨が降ったり道路の状況が悪ければ、開通の時期が遅くなることもあります。

開通してからも、4WDの車で通行する必要があります。また万が一のときのため、2台以上の車で移動することが大事です。

また、内陸部の山岳道路へ向う前に、道路状況について、交通局や、インフォメーションセンターで情報を手に入れてください。アイスランド道路交通局にも問い合わせましょう:Icelandic Road Administration (ICERA) Tel: +522 1000 or 1777 - http://www.vegagerdin.is/english/

Mountain Roadsというパンフレットもインフォメーションセンターや海外のアイスランド観光局で手に入れることができますが、ハイランドに行く場合は詳細な地図は必ず準備しましょう。

国内の移動の仕方

Road in Iceland

アイスランド国内の移動は夏は簡単ですが、冬には難しくなります。

国内線の飛行機は、雪や凍結した道により車での移動が難しいときには、便利な移動手段です。

夏の間、レイキャビクと各地方を結ぶフライトは毎日運行しています。

アイスランドは鉄道がなく、高速道路に関してもヨーロッパで最も発達していないとも言える状況です。

BSÍバスターミナルからは長距離バスがでており、利とは言えませんが、アイスランドをほぼカバーするネットワークがあります。但し、都市間を結ぶ路線であり、必ずしも観光地へ行くものではないので注意してください。

また、各地の港をつなぐフェリーも多数あります。レンタカー会社は主要な都市の多くにあります。

それぞれの地域では、そのエリアのみでのバスがあり、タクシーを観光の手段として利用することもできます。

人里離れた場所での運転

Tracks near Snæfellsjökull glacier

以下、 アイスランド環境局からのお知らせになります。

"決められたルートから外れてオフロードを走行することは自然を傷つけることになります。アイスランドの豊かな自然は、この国を訪れる人々の一番の目的です。多くの場所では、自然は大変脆く、マナーの無いドライバーによって、深い傷をつけられています。これらの傷はもとに戻るのに何年も、時には何十年もの歳月がかかります。アイスランドを旅行する際は、この繊細な自然に敬意を払って旅行してください。

アイスランドの土壌は火山噴火による堆積物で出来ており、崩れやすく脆いです。結果として、車を始めとする様々な移動のための車両が、植物に覆われているかどうかに関わらず、地面に深い轍を残します。

オフロード走行によって被った被害の傷跡を消すことは簡単なことではありません。アイスランドは北極圏の南端にあり、植物が成長できる期間は非常に限られています。そのため、植物への傷は、回復には何十年もの歳月がかかってしまうのです。植物が育たない砂地や砂漠でも同じことが言えます。植物が地面を保護していないため、地面が回復するのには一層長い年月がかかります。

タイヤの轍は、その土地に目に見える不快な傷跡を残し、また水が流れる水路となります。それはさらに周囲の土壌を削り取り、周辺の植生への破壊へとつながります。また、タイヤの跡は他の旅行者に、オフロード走行を誘発することにもなります。

道路であることを示す目印がありますので、必ずその内側を走行してください。そして道路の部分を走行することが出来ない状態であれば、歩いたり、引き返したりしてください。"

ドライブを予定しているルートの情報を事前に手に入れましょう。地図を見ながら事前に旅を計画してください。季節によって制限があるエリアではそのルールを守ってください。ハイランドでは、道路状況についてのお知らせを常に気にして旅行しましょう。

道路状況は 1777へ電話をするか、道路交通局のサイトを参考にしてください。

レンタカーとホテルがセットになったセルフドライブツアーはこちらでチェックできます。