憧れの国、アイスランドを旅する時の疑問をお答えします!

初めてのアイスランド旅行はパッケージツアーが便利!と言われてもはるか遠くのアイスランドは本当にわからないことが多くてはじめの一歩が踏み出せない方は必見!パッケージツアーの申し込みの仕方や注意すべき点、滞在中の支払い方法や出費等、パッケージツアーにまつわる様々な不安や疑問についてここでお答えします。

せっかくの休日はストレスを解消したいものですね。行ったことない国で沢山の観光名所やツアー、ホテルなどを検索・比較・予約する手間を省きたい方にはパッケージツアーがお勧めです。

海外航空券は別ですが、パッケージツアーに空港シャトルバスからホテル、そしてオプショナルツアーとブルーラグーンの入場券がセットになります。Guide to Icelandで季節別のパッケージツアーを企画しており、アイスランドで滞在する期間と訪れたい地域に合わせて自分の旅行の目的に合うプランが見つかります。

旅行に出る前に電子旅程表が送付され、すぐにも旅行の流れを確認することができます。変更も必要でしたら、パッケージ開始日の7日前まで受け付けますのでお手軽です。

人気のヨークルスアゥルロゥン氷河湖とダイヤモンドビーチは沢山のパッケージツアーに訪れる観光スポット

一つ注意すべき点なのはアイスランドのパッケージツアーは団体旅行とは違います。まず大きな違いは添乗員の方やお出迎えのGuide to Icelandのスタッフがいません。その代わりに、それぞれの日帰りツアーやマルチデイツアーのガイドが引率します。自分のペースでアイスランドと向き合う自由な旅になること間違いなし。

自分がやりたいこと、行きたい場所を調べ、自分で旅を作り上げる。そのコンセプトは魅力的ではありますが、全てをアレンジするのには事前準備やリサーチも必要で案外大変です。また、色々なオプションが選べるGuide to Icelandのパッケージといっても、決断するにはもっと詳しく知りたいということもあるのではないでしょうか?旅行プランをカスタマイズする方法、ケプラビーク空港に到着してからの流れやツアーのピックアップの仕方、パッケージツアーに申し込みする前に知っておきたい情報をお届けします。


アイスランド旅行のベストシーズン


目次

空き状況の確認・予約の流れ 

お好きなパッケージのページに「日付を選択」ボタンを押すとカレンダーが表示され、選択できる日付でパッケージが開始できます。

ツアーページにある「日付を選択」ボタンを押すとカレンダーが表示される

キャンセルポリシーなどについて詳しく知りたい方は予約ボックスの下にある「ご利用規約」のボタンを押してください。

キャンセルポリシーについてはサービス利用規約ボタンを押してください

日付を選択しましたら、「大人」の隣にあるリストからその日に開始するパッケージツアーに参加できる人数が表示されますので、参加人数を選択してください。

日付を選択しましたら、参加人数を選択する

参加人数を選択しましたら、宿泊先のグレードとその他のオプショナルツアーが選択できます。

オプショナルツアーを選択すると合計のパッケージツアー料金が更新される

それぞれのオプションに関わる差額が表示され、お好きな組み合わせを選択、合計金額も即時更新されます。旅の予算に合わせて色々と可能なシミュレーションができるので便利です。

最後に「カートに追加」ボタンを押すと支払いページに進みます。

支払いページ

アイスランドで連絡できるメールアドレスと電話番号と共にクレジットカードの情報を記入すると即時予約が成立します。支払いが正しく完了すると、画面が変わり「T-」で始まる予約番号が発行されます。また、ご登録いただいたメールアドレスに、予約確認書/バウチャーが送られます。

その次はフライト情報を記入するページに移動します。予約した航空券の通り、往復フライトの情報(ケプラビーク空港に到着する時間と出発する時間)を記入してください。


アイスランドのサマーパッケージウィンターパッケージはここでクリック!


旅行プランをカスタマイズする方法 

1.延泊

お申込みしたパッケージツアーよりも実は滞在期間が長い場合は延泊することもできます。お客様ご自身でホテルを手配することもできますが、弊社でホテルを手配することも可能です。延泊が必要な場合の流れは以下の通りです。

①「T-」の予約番号と共に延泊の希望の旨をご連絡ください。

②パートナーのホテルに確認し、担当者が延泊料金を連絡します。

③お客様の了承を頂けましたら、クレジットカード決済のお支払いリンクを送ります。

④お支払いの完了後、ホテルを手配致します。

延泊料金はシーズンにより変動するほか、ご到着日に近づくほど宿泊料金は高くなる傾向にあり、ホテルによっては満室となることもあります。ですので延泊が必要な方はお早めにご連絡ください。

2.オプショナルツアー

リストにない特定のオプショナルツアーにご参加になりたい場合もご相談ください。こちらで条件を確認し、旅行プランに追加できるか否か連絡致します。追加可能の場合は上記と同様にお支払いリンクをお送りします。


人気の日帰りオプショナルツアー


ケプラビーク空港に到着してからの流れ        

ほとんどのパッケージツアーはケプラビーク空港で開始しますが、すでにアイスランドにいる方はレイキャビク市内からパッケージを開始することも可能です。  

ケプラビーク空港にあるフライバスのサービスデスク

写真:Mita

パッケージツアーにはケプラビーク空港からご乗車できる空港シャトルバスのバウチャーが含まれます。ブルーラグーンを経由にレイキャビクに行く場合があり、Flybus(フライバス)というシャトルバスに乗りレイキャビクへと移動する場合もあります。どちらでも同じく以下のようなバスに乗ります。

Reykjavík Excursions社のバス 写真: Reykjavík Excursions

Flybusはフライトの到着時間に合わせて出発しますので、フライトの遅延が発生しても次に出るバスに乗ることができます。深夜に到着する方も、バス乗車時に日付が変わってしまっても、バウチャーはご利用いただけます。

レイキャビクに行く方は一度BSIバスターミナルという場所で小型バスに乗り換える場合があります。車内アナウンスが聞き取れなかった場合はドライバーの方やBSIバスターミナルにいるスタッフにお確かめください。

BSIバスターミナルで乗り換え、レイキャビクへと移動する

ブルーラグーンはケプラビーク空港から車で約30分の場所にあります。入場後、滞在の制限時間はありませんのでお好きな時間にご出発ください。ブルーラグーンからレイキャビクに行くバスの出発時刻表は旅程表に記載しており、ご自由に出発時間を選択できます。

レイキャビクに到着し、BSIバスターミナルでの乗り換えする場合もあります。


ケプラビーク空港について


準備する旅行の出費         

毎年盛り上がるレイキャビクの年越花火

パッケージツアーの料金には昼食と夕食は含まれず、コンフォートやクオリティー宿泊をご利用の方は朝食が付きます。飲食物に関わる出費もそうですが、お土産やナイトライフを楽しみたい時には目安の料金を知っておきたいですね。

物価の高いアイスランドではレストランで食事すると少なくても2000クローナかかります。代わりにスーパーマーケットでサンドイッチを買うと安いBonusのようなスーパーでは約600クローナかかります。レストランやバーでビールを注文するには一杯1000クローナ以上かかることは普通です。

街を散策する時間のある方は公共バスに乗り、市民プール、博物館を訪れることができます。公共バスは片道460クローナ(均一運賃)がかかります。市民プールに入ると1人980クローナ。博物館は1500~2000クローナがかかります。レイキャビクを最大限に楽しみたい方にはレイキャビク・シティ・カードというものが便利でお勧めです。24時間から利用できるこのカードを使うと無料で公共バスに乗り放題、様々な市民プールや博物館の入場料も無料になります。そして数あるレストランやカフェで割引券として使えるのでお得です。

大まかな予算になりますが、1日5000クローナで計算すると良いかもしれません。

それにしても、ほぼキャッシュレスな国アイスランドでは大量の現金を持ち歩く必要は全くありません。スーパーマーケットからお土産屋さん、レストランやカフェではクレジットカードで支払いができます。いくつかのお店ではアメリカンエキスプレスのカードは使えませんが、VISAやMasterCardはほとんどスムーズに支払いができます。出国をする前にお手持ちのカードの利用上限額や海外利用についてカード会社に詳細を確認することをお勧めします。


アイスランド物価リスト


ツアーのピックアップ    

レイキャビクのランドマークとなるハットルグリムス教会の近くにもピックアップ場所となるバス停があるパッケージツアーに含まれるツアーはそれぞれのツアーオペレーター会社が催行する単独ツアーになります。実際ツアーガイドと合流するにはどうすればよいでしょうか。

2017年の夏より、レイキャビクのダウンタウンエリアの一部ではホテルへのバスの乗り入れが禁止とされます。この規則が実施されてからピックアップ場所が2つに分けられます。

1.ホテルやゲストハウス

ダウンタウンエリアから少し離れた場所にあるホテルやゲストハウスは宿の外でピックアップすることができます。お部屋やロビーまでの呼び出しはありませんのでバウチャーに記載されたピックアップ開始時間になりましたら、外でバスをお待ちいただく形になります。携帯電話へ呼び出しもなく、ガイドもそれほど長くは待ってくれません。お手洗いやロビーの中に行ったり来たりするとバスを逃してしまう恐れがありますのでピックアップ時間の前に済ませ、バスに乗る準備をしてください。

2.ツアー専用のバス停

ツアー専用のバス停

写真:busstop.is

公共バス用のバス停とは違い、ツアー専用のバス停は独特な青とピンク色が特徴の看板が目印です。特にLaugavegurやAusturstraeti、SkolavordustigurとHlemmur辺りのダウンタウンエリアではこのようなバス停でピックアップ・ドロップオフする可能性が高いです。弊社スタッフがホテルから最寄りのピックアップ場所を見つけ、ツアーのピックアップをアレンジしますので旅程表とバウチャーに記載の情報をご確認ください。

一つ注意すべきなのはGuide to Icelandはツアーオペレーター会社ではありませんので弊社のロゴが乗せたバスはありません。それぞれのツアーのオペレターの会社名はバウチャーに記載しております。ピックアップ場所にいるガイドとツアー内容を確かめるには英文の予約バウチャーを提示してください。指定のピックアップ時間から20分経ってもバスが来ない場合はすぐバウチャー記載の番号にお電話ください。


ツアーバスのピックアップ場所


アイスランドからの出発        

The departure times for the Flybus to the airport 写真:Reykjavik Excursions

復路フライトの搭乗時間の2時間前に空港でチェックインする必要があります。パッケージツアーには復路の空港シャトルバスのバウチャーも含まれています。

パッケージのお申込みの際にご記入したフライトのスケジュールに基づき、弊社スタッフが空港シャトルバスのピックアップがアレンジ致します。夕方の便で出国する方はブルーラグーンを経由にケプラビーク空港に行く場合もあります。どちらの場合でも、到着日と同様に一度BSIバスターミナルで降車します。サービスカウンターでバウチャーをバスチケットに引き換え、行き先別にバスに乗っていただきます。


ブルーラグーンについて


パッケージツアーのQ&A  

1.パッケージの開始はいつ、どこから?

弊社で用意するパッケージはアイスランド到着日を1日目として設定していますが、早めに到着している方もパッケージツアーにご参加いただけます。例えば、アイスランド到着後3日目に、パッケージツアーを開始(パッケージツアー出発)していただいても大丈夫です。尚、パッケージツアーはケプラビーク空港またはレイキャビク市内からの開始となります。その他の場所にいる方はタクシーなどで移動していただく必要がございます。アイスランドへの航空券の手配はできませんので、お客様ご自身でご手配ください。

パッケージ開始日のホテルは14:00又は15:00以降のチェックインとなります。また、深夜到着便でもパッケージツアーのご利用は可能ですが、パッケージ開始日にご注意ください。例:8月3日23:50や、8月4日01:00にアイスランドに到着する場合、パッケージの開始日は8月3日となります。8月4日に開始とした場合、8月4日午後のチェックインとなりますのでご注意ください。

2.ホテル名が確定するのはいつ?

パッケージツアーのご予約を承ってから約2週間後にホテルが確定されることが一般的ですが、早めにホテル名が必要な方はお気軽にご連絡ください。また、ホテルの指定はお受けしておりませんのでご了承ください。

3.ブルーラグーンのエントランスの違いは?

*コンフォート入場は無償のタオルの貸し出しとワンドリンクサービス

*プレミアム入場は入場の他、無償のタオル、スリッパーとバスローブの貸出、ワンドリンクサービス、algae(藻類)マスク、LAVAレストランでのテーブル予約とスパークリングワイン一杯が含まれています。

4.遅い便で到着するとブルーラグーンに行く機会がなくなる?

ブルーラグーンへの入場券は空き状況とフライトの到着・出発スケジュールに合わせてベストな時間に手配致します。ですので、到着日に行く時間がない場合でも別の日にアレンジできますので、お任せください。パッケージツアーのお申込みの際、旅行期間中にブルーラグーンのチケットが完売となり、手配できない場合はブルーラグーンのチケット料金を返金致します。

5.ツアー中の昼食や夕食はどうすればいい?

日帰りツアーは夕食時間の前にレイキャビクに戻ることが多いですが、帰り時間が遅くなる場合は食事が購入できる場所で夕食休憩を取ります。昼食も同様です。

ほとんどのマルチデイツアーはレストランがある、あるいはレストランが近くにある宿泊先に泊まります。食事制限のある方は弊社担当者へご相談ください。

6.実は○○のホテルに泊まりたいけど、手配はできる?

ご希望のホテルがあれば、リクエストとしてお受けしておりますが確約は出来かねます。リクエストによりますが、追加料金がかかる場合がございます。追加料金が発生する場合、お客様の了承をいただきましたら、クレジットカード決済のお支払いリンクを送ります。お支払いの完了後、手配致します。

7.バスタブがあるホテルを手配できますか?

アイスランドのホテルではシャワーがほとんどで、バスタブが付くバスルームがめったにありません。予めご了承ください。

8.連絡手段は?

アイスランドでは公衆電話はありません。アイスランドに滞在中、観光客用のプリペイドSIMカードを利用し電話をかけることができます。プリペイドSIMカードをご利用の場合、事前にSIMロック解除の手続きをする必要がございます。早めに携帯電話事業者にお申し出ください。

9.海外旅行保険は必要?

フライトの遅延やキャンセルが発生した場合、そのほかアイスランドでの病気や事故に備えるため、海外旅行保険に加入することをお勧めします。尚、カード会社により海外旅行傷害保険が付帯していることもありますので、気になる方はカード会社にご確認ください。弊社パッケージツアーには保険は含まれておりません。

10.天気が悪くてツアーが中止されたらどうすればいい?

悪天候のためツアーが中止となってしまった場合、一部のアクティビティが中止となってしまった場合、弊社までご連絡ください。中止となったツアー分の料金を返金致します。

11.現金はどのくらい持っていけばいいですか?

アイスランドは博物館の入場券からスーパーまで、お土産屋さんなどでもカードの決済ができるほどほぼキャッシュレス化された国です。クレジットカードさえ持っていけば特に現金は必要ありませんが、日本とは違いサインではなく暗証番号(PINコード)が必要です

現金でももちろん支払うことができますが、空港以外での両替所は平日09:00~16:00までという短い営業時間となります。

朝食付きのホテルに泊まる場合、1日の食費は4000クローナぐらい予算するといいです。レストランでの食事はドリンク無しで1500~2500 ISK、スーパーでサンドイッチを買うと700 ISK程度です。


その他にもアイスランドのパッケージツアーについてご不明な点ございましたら、お気軽にお問い合わせください!