何もないところが魅力的なアイスランドのロードトリップ

アイスランドでの移動手段とドライブ

アイスランドではレンタカーを借りて旅行する、ロードトリップ、セルフドライブツアーというのも人気です。無理をせず、ご自分にあった計画を立ててドライブに出発しましょう。



アイスランドには鉄道や地下鉄はありません。移動する際は、歩いたり車に乗ったり、バスを利用して移動しますが、 周辺の島々など行き先 によっては、フェリーや飛行機を利用しなければならない場合もあります。アイスランドの北海道より少し大きいくらいの島国ですが、アイスランドの人口は32万人ほど、北海道の人口が500万人を超える事を考えると、その人口密度の少なさもわかりますね。

のどかなアイスランドの田舎をドライブする

そんなアイスランドの魅力は、その圧倒的な大自然です。レイキャビクの市街地を見て回るのは徒歩や自転車でまったく問題ありませんが、町の外に出て自然を楽しむには車を利用するのが一番です。 タクシー 料金は非常に高く、公共バスの料金も長距離移動となるので意外と高額です。  

また、アイスランド国内のバス路線は充実しているとは言えず、夏の間も本数は少なく1日2本程度、短期間の旅行で利用するには不便です。一人旅の場合はバスの方が安くつくかもしれませんが、2 人以上のグループで行動する場合はレンタカーを借りる方が、費用を抑えて自由に楽しく効率よく観光地を観て回ることができます。

無理のない計画を

ロードトリップが決まったら、まずはどこに行きたいのか計画。リングロードを使ってのアイスランド一周も人気ですが、最低でも6日間くらいはかけて旅行するのがお勧めです。小さな島国ではありますが、その大きさは北海道よりも大きく、観光も楽しむとなると十分な日数が必要です。Google mapなどを利用して、1日の走行距離、自分が運転できる距離を考慮して計画することをお勧めします。リングロードの記事に大体の走行距離を示しています。

また、Guide to Icelandのセルフドライブツアーなら、おすすめのルートを効率よく訪れることができるように、あらかじめスケジュールが組まれています。



アイスランドのレンタカー、どんなタイプの車がいい?

島国アイスランドを一周するリングロード 。国道1号線でもあるこの道は舗装されていて、全てのタイプの車が走行できます。当然かと思われるかもしれませんが、交通量の少ないアイスランドの田舎の道では未舗装の道路がまだまだ存在しており、路面状況の悪い場所では、ハイスペックのアウトドア用の車が必要な場所もあります。

リングロードは高速道路ではありません。中央分離帯やガードレールの無い片側一車線の道路が大部分を占め、見た目は田舎道そのもの。ですが交通量も多くはなく交通渋滞はまず発生しません。

オーロラを探すドライブ

アイスランドの山の中、ハイランドに行きたいと考えている方は、4輪駆動車/4WDのレンタルが必要です。ハイランドで「F」で始まる道は、山岳道路で、道の整備はほとんどされていません。大きくあいた穴や、石が転がっていたり、場所によっては川を渡ることもあります。2輪駆動車では走行できません。後述のハイランドでの運転の項もご覧ください。

また、アイスランドでは、壊れやすい自然を保護するために、示された道路を外れて走るオフロードでの運転は法律で禁止されています。違反者には、非常に高額の罰金が科せられる場合があります。

アイスランドには多くのレンタカー会社 があり、その車の種類は豊富です。長距離のロードトリップの場合は、荷物を積むことも考えて大きめの車がお勧めです。広い荷物用スペースがある5人乗りの 4WD SUV やワゴン車なら、連日のドライブも快適です。また、近年ではオートマ車の需要も高まってきているので、マニュアル車、オートマ車のどちらでもレンタル可能になっています。

コンパクトな4~5人乗りのヴィッツは、料金も手頃で市街地や人の多く訪れる観光地を巡るのに人気の高い車種です。ただし車が小さく、荷物を入れるスペースもそれほど大きくありませんので、大荷物で移動するのは大変かもしれません。また、雪の降る冬の時期は、運転が大変になることもあります。



Car Rentals in Iceland

アイスランドでレンタカーを予約する際の注意

アイスランドのレンタカー会社は、出発と返却の日時や場所に関しては柔軟に対応してくれるところが多いです。ケプラビーク空港のオフィスでは深夜到着便や早朝出発便に対応して営業しているほか、ケプラビーク空港で借りてレイキャビクで乗り捨てるということもできます。(追加料金がかかります。) ただし、このような点については十分にレンタカー会社スタッフと話し合って確認をしてください。

車の受け取りについて

ケプラビーク空港はそれほど大きな空港ではありませんが、空港に配車される場合と、オフィスまで行って引き渡しのどちらかとなります。

到着ロビーに到着しましたら、レンタカーのバウチャーに記載の会社名を確かめてください。

下記の写真の赤い矢印で印されたサインに会社名が表示されている場合、空港周辺にあるレンタカー会社のオフィスまで無料シャトルバスに乗って移動し、該当のレンタカーオフィスで降車してください。

空港で車を受け取る場合は、下記の写真の緑色の矢印で印されたようにレンタカーの担当者が、お客さまの名前の書かれたサインをもって、待っています。スタッフを見つけられなかった場合は、レンタカーのバウチャーの上部に記載されている電話番号に連絡してください。

ケプラビーク空港に到着しましたら、どこでレンタカーを受け取るか確認しましょう

レンタカーを受け取る際には、契約書を十分に読み、保険の内容、返却時間・方法を必ず確認しましょう。また、借りる際にレンタカーにある既存の傷や、不具合についても確認・報告しましょう。その後も不具合などがあれば随時レンタカー会社に連絡をしてください。

レンタカーを受け取る際の手順
1.レンタカー会社の担当者と一緒にレンタカーの傷の有無などの状況確認。
2.エンジンを掛ける。2〜3分様子を見てエンジンの不具合があるかを確認。
3.車の暖房、又は冷房(付いている場合)の確認。
4.サイドミラーとバックミラーの調節。
5.カーナビ、ウィンカー、ラジオや窓の操作確認。運転しながらの操作確認は危険ですので、運転を始める前に必ず行いましょう。
6.ワイパーの操作の確認。アイスランドの天気は急変します。突然の雨となることもあります。
7.ハイビームとロービームの操作確認。
8.給油口の確認。ガソリンか、ディーゼル燃料か確認しましょう。給油カバーに書いてあることもありがますが、事前に確認しておきましょう。
9.ブレーキやハンドブレーキの確認。
10.1〜9番を確認し、不明な点や不具合、気になることがあればすぐにレンタカー担当者・レンタカー会社へ連絡をしてください。
11.レンタカーの返却場所や日時、返却の方法についてレンタカー会社の担当者と確認しましょう。

レンタカーや契約内容についてわからないことがあれば、すぐに確認することが大切です。

補償額について

アイスランドでは、どんな事故や損害に対しても少なからず自己負担が発生するのが普通です。万が一事故を起こしたり損害を発生させてしまったときにも驚かないよう、いつどんな時に補償されるのか/されないのか、いくらまで自己負担となるのかは、必ず確認してください。

車の返却について

返却方法は下記のような流れが一般的ですが、レンタカー会社と決めた方法で返却してください。

1.ケプラビーク空港の駐車場で車を乗り捨てる

この場合は車のカギをグローブボックスに入れ、車に鍵を掛けずにP3の長期間のパーキングエリアに駐車します。スタッフの立ち合いはありません。
ケプラビーク空港の駐車場

2.レンタカー会社のオフィスで返却

レンタカー会社のオフィスは空港周辺にあります。レンタカーをオフィスで返却する場合は空港まで送迎サービスをする会社が多いです。

3.レイキャビク市内のホテルで返却

決まった場所、決まった時間に車を返却してください。深夜の返却の場合はホテルのフロントに鍵を預けます。この場合レンタカーの担当者は翌日に車を取りにくることがあります。

詳しくはレンタカーを受け取る際に直接お尋ねください。

レンタカーQ&A

・アイスランドで車を借りる際の年齢制限は?

アイスランドでレンタカーを借りる際には年齢制限が適用されます。乗用車の場合は 20歳から、4WDとミニバスは23歳から借りることができます。詳しくは各レンタカーの予約サイトに最低年齢が表示されています。また、レンタルの時点で 1 年以上有効に保持している運転免許証を提示する必要があります。

・アイスランドではマニュアル車とオートマ車のどちらをレンタルできますか?​

どちらもレンタルできますが、マニュアル車の方が流通しています。オートマ車の方が多少割高です。どちらも数には限りがありますので必ず予約する際に指定しましょう。

・どのような自動車保険に加入すべきですか?​

多くの場合、自車両損害補償 (CDW) はレンタカー料金に含まれており、自動的に付帯している保険です。それに加えて、個人傷害保険 (PAI)、スーパー自車両損害補償 (SCDW)、砂利による損害の補償 (GP)、盗難補償 (TP)、砂・灰による損害の補償 (SAAP/SADW) 、プレミア保険などのオプションを付けることができます。ミルダルスサンダル (Mýrdalssandar) の砂地地帯を超えてアイスランド南部の海岸をドライブする場合は、砂利による損害の補償を追加することをお勧めします。強風により砂や砂利が車体に傷をつけることがあるためです。 

・アイスランドでの制限速度は?​

アイスランドの標準的な法定速度は市街地で時速 50km、未舗装路で 80km、その他の舗装道路で 90km です。その他に、速度標識が表示されています。路上でパトカーを見かけることは多くないかもしれませんが、速度違反の取り締まりカメラが数多く設置されています。また、天気や路面状況によっては、制限速度以下で走行しなければいけないこともあります。状況をよく判断し、安全に運転してください。

・アイスランドでは車は道路のどちら側を走りますか?

アイスランドでは車は右側通行です。

・アイスランドのガソリンの値段はどれくらいですか?​ 給油時に注意することはありますか?

ガソリンの値段は約 200 ISK/リットルです (2017年3月現在)。アイスランドは町が少ないため、ガソリンスタンドの数も少なくなります。アイスランド一周など田舎へ行く場合には、次のガソリンスタンドの場所を確認しておくといいでしょう。またディーゼル車も流通していますので、レンタル&給油時には確認を。

・アイスランドのレンタカーはいくらかかりますか?

小型車のレンタカー料金は 1 日あたり 5,000クローナ ~ 20,000クローナです。

SUV のレンタカー料金は 1 日あたり 7,500 クローナ ~ 45,000 クローナです。 

100クローナ=100円くらいです。長期間レンタルした場合は割引が適用されますが、夏には料金は約 2 倍になります。観光客の多いシーズンには、アイスランドでレンタカーを見つけるのが難しくなる場合もあるので、早めに予約することをお勧めします。オートマ車の方が若干割高です。

・アイスランドの交通ルールは?

様々な交通ルールがありますが、速度制限や、駐車禁止などについては、絵やサインでの標識が殆どで、危険な状況などをわかりやすく表しています。アイスランド語で書かれた交通標識は殆どありません。標識が見えたら、注意して運転してみましょう。対向車の見えない坂や、1車線になる橋など、サインが無くても、注意する必要があることがわかる道路状況が殆どです。また、日本ではまだ珍しいラウンドアバウトでは、進入時に徐行をして安全を確認します。一時停止をする必要はありませんが、あくまでもラウンドアバウトを走行中の車が優先です。一時停止については「STOP」という標識があります。

アイスランドで運転する際の注意点

アイスランドの交通事故の一般的な原因には、以下のようなものがあります。動画も見て、どんな注意が必要なのか見てみましょう。また、安全運転を心掛け無理な運転をしないこと、無理の無い計画を立てることは何よりも大事です。 

X - パンクしたタイヤや空気を入れすぎたタイヤによる、車輪やタイヤへの損傷。タイヤのパンクは保険ではカバーされません。

X - 道路の凍結や視界の悪化により、路肩へ落ちる。ほとんどの道にガードレールはありません。

X - 路上にいる、または道を横断する家畜に起因する事故。羊や野鳥など、アイスランドの風景に欠かせない動物たちですが、突然飛び出すこともあります。減速して慎重に運転してください。

X - 強風の中でドアを開けたときにドアを傷めること。嵐の中では、平均風速が秒速 50mにもなります。

X - 未舗装の道路でスリップ。これは、アスファルトの道路から砂利道に変わる際に、ドライバーが減速しないことで多く発生しています。舗装部分が終了する地点には「Malbik Endar」というサインがあります。

X - 砂や砂嵐の中を走ったり、川を渡るなど、無理な状況での走行によるトラブル。

高速道路が無かったり、砂利道が多かったりと、日本とは大きく違う道路事情。美しい景色に目を奪われずいつも以上に注意を払って運転しましょう。また、人口密度の低いアイスランドでは、町と町が50㎞以上離れていることも珍しくありません。


  • アイスランド交通局ホームページで、道路状況をチェック(英語): こちらをクリック

曲がりくねったアイスランドの山道

ハイランドでの運転

アイスランドでは沿岸部に人口が集中しており、その町をつなぐように国道1号線(リングロード)が敷かれています。その内側のほとんどは、気候の厳しい高原地帯で人は住んでいません。この内陸の高原地帯を一般的にハイランド(Highland)と言い、そのエリアの道路のほとんどがFロードとなっています。アイスランドでは高速道路、一般道路の区別は存在しませんが、このFロードと一般道路という区別が存在します。地図にはF26のように、道路番号の前にFが付いています。

有名な場所としては、ランドマンナロイガル(Landmannalaugar)や、ソゥルスモルク(Thorsmork)がこのハイランドのエリアにあたります。どちらも町からそう遠くはなさそうですが、Fロードは険しく、舗装がされていないどころか砂利も敷かれていません。Fロードの通行は4輪駆動車に限り、中には橋の無い川を越えるなど、危険を伴うような場所もあります。4輪駆動車でもFロード区間は保険の対象外となり、2輪駆動車で進入した場合には罰金が課せられます。

道の状態が悪い場所も多いですので、非常にゆっくりとした速度で進むことになります。ハイランドはそもそも人が住んでおらず、Fロードも冬の間は閉鎖されます。6月から7月にかけ、雪解けや道路の状態をみながら、少しづつ開通します。

ゴールデンサークルや、リングロード、南海岸の観光スポットなどにはFロードはありませんが、それ以外のマイナーな観光スポットを訪れる際には、場所と道路状況を事前に確認することをお勧めします。Fロードか否か、というのは、目的地を設定する際の重要な判断基準になります。

アイスランドのパーキング

国内の駐車スペースのほとんどは無料です。レイキャビクの中心部とアイスランド北部の町アクレイリの中心部では有料の場合があります。一般的に、パーキングメーターのある場所は有料です。地方では、道の端にラインが引かれていなければ、道路脇に駐停車してもかまいません。他の車の妨げにならず、すべての角度から見える場所に駐停車するように留意してください。隆起した道路のすぐ下の地点や、死角に駐停車しないでください。

レイキャビクのパーキングゾーン

レイキャビク には4 種類の駐車ゾーンがあります。どのゾーンかを調べるには、市内の街灯の柱に設置された P のマークの付いた標識を見てください。パーキングメーターと券売機にもどのゾーンかが示されています。基本的なルールとしては、メインのショッピング ストリートであるロイガベーグル (Laugavegur) や中心部に近づくほど、料金の高いゾーンになります。ださい)。  パーキング情報 I heart Reykjavíkからの画像

レイキャビクのパーキングエリア

レッド ゾーン: 230 ISK/時間月 ~ 金: 9:00 ~ 18:00。土: 10:00 ~ 16:00。日曜は無料。※料金は変更となることがあるので注意。

ブルー ゾーン: 125 ISK/時間月 ~ 金: 9:00 ~ 18:00。土: 10:00 ~ 16:00。日曜は無料。

グリーン ゾーン: 最初の 2 時間は 85 ISK/時間、その後は 20 ISK/時間。月 ~ 金: 9:00 ~ 18:00。土: 10:00 ~ 16:00。日曜は無料。

オレンジ ゾーン: 125 ISK/時間。月 ~ 金: 8:00 ~ 16:00。土曜と日曜は無料。

アイスランドの住所

基本的にはアメリカや、他ヨーロッパ諸国同様に、番地・ストリート名・郵便番号・市町村名、と続きます。

ですがアイスランドの観光名所やホテルには、きちんとした住所が無いことがあります。特に田舎では番地が無く、地区名で終わってしまう場所も多いです。周囲に何もないため、細かな住所が必要ないということもありますが、ほとんどの場合、Google Mapを利用すれば見つけることができます。入り組んだ小道などもありませんので、大体の場所がわかればたどり着けることが殆どです。

また、ひとつの市・町の範囲が広範囲となりますので、同じ市内でも数十キロ離れていたりということがあります。やはり事前に地図で確認するのが一番安心です。

アイスランドの天気

アイスランドの天気は変りやすく厳しい天気となることも少なくはありません。天気予報は必ず確認しましょう。たとえ夏であっても、場所によっては晴れていた天気が猛吹雪に変わる可能性があります。夏のリング ロードでは猛吹雪の心配はあまりありませんが、ハイランドと呼ばれる山岳地帯に行くとその可能性は高くなります。



夏のアイスランド

夏のヴィークの町の様子

冬のアイスランド

冬のヴィークの町の様子

夏、6月から8月は、夜も明るく、気温は約10~ 20℃ となります。最高で25 ~ 27℃となることもありますが、急な雨や冷たい風に備えておきましょう。 寒い時にはセーターやジャケットが必要です。特に、35℃を超える日本から来た場合、その気温差は相当なものです。

春と秋 (4月、5月、9月、10月) は雨が多く、風も強くなります。気温はそれほど低くない場合も、北極から吹く冷たい風により、体感温度は低くなります。

11月から 5月までの冬の期間は、路面の凍結、降雪、深い霧、強風などの厳しい天気となる日が多くなります。アイスランドは豪雪地帯ではありませんが、吹雪によりレンタカーの窓が割れたり、人里離れた場所で立ち往生してしまった事例も報告されています。多少の吹雪でも視界が遮られれば運転することは非常に難しくなります。 毎日吹雪、ということはありませんが、万が一の事も考えて余裕を持ったプランを計画してください。

雪道の運転に慣れていない、初めて運転する、という方には、冬の時期の運転はお勧めしません。前述の通り、雪や寒さで道路状況は大きく変わります。また、人が少ないこともあり、雪が降った際も除雪までに時間がかかることがあり、雪にはまって動けなくなったりすることもあります。4WDはそんな雪道にオススメですが、4WDに乗っているから全ての問題が解決するわけではありません。急発進、急停止、急なハンドル操作はしないなど、運転する人の経験やスキルが一番大事です。心配ならバスツアーに参加するのがお勧めです。

Guide to Icelandでは夏と冬の極端に違う天候を考慮し、夏用のセルフドライブツアーと冬用のセルフドライブツアーを分けて用意しています。特にアイスランド一周をするルートは冬の間は行っていません。セルフドライブツアーはレンタカー、ホテルや旅程表が含まれた、事前の準備の手間が省けるお得なプランですので、ぜひ色々なプランを比較してみてください。



車なしでアイスランドを旅行できますか?

冒頭で紹介した通り、北海道よりも大きいアイスランド。端から端に移動するには徒歩では無理、バスでも難しいでしょう。

そのかわり、レイキャビク近郊のブルーラグーンゴールデン サークル などの人気の高い観光地には、ツアーバスが毎日運行しており、一日のうちで複数のツアーが予定されています。ですので、ご希望の時間帯にあわせてツアーに参加することができます。

その他の観光地、南海岸方面などにもバス ツアーが用意されています。出発時間が決まった日帰りツアーで、柔軟性はあまりありませんが、ホテルへの送迎付きですので便利です。



そして、アイスランドの大自然の中にある絶景、氷河氷の洞窟にも多くの人が訪れます。こうした場所は危険も多く専門のガイドが必要です。レンタカーを利用している人でも現地まで行き、ガイド付きツアーに参加します。送迎付きのツアーもありますので、バスツアーはとても便利です。

氷河や氷の洞窟などは大自然の中にあり、公共のバスで行ける場所ではありません。ヒッチハイクは危険ではありませんが、交通量の少ないアイスランドでは確実ではない上に、グループの場合や荷物が多い場合は難しいでしょう。 自由が利かなそうと思われがちなバスツアーですが、移動手段が無いアイスランドではツアーへ参加してしまったほうが便利です。

アイスランド旅行を計画する際には、まずレンタカーを借りるのか、バスツアーに参加するのか、そこから考えてみましょう。

自分のペースでの旅行をプランしているのであれば、自分で車を運転して国内を回るのがベストな手段でしょう。交通量の少ない静かな道を運転し、隠れた魅力を発見するすることは、アイスランドのロードトリップの醍醐味ではないでしょうか。


レンタカーでの旅について疑問や不安がありましたら、まずはご相談ください。経験豊富なスタッフが無理のない、楽しい旅をご提案いたします。