アイスランド8日間、お勧めの場所はどこでしょうか。

遠く離れたアイスランド。せっかく来るならあせらずゆっくり8日間過ごしてみてはいかがでしょうか。

ひとつの島国で8日間?長いと思われるかもしれませんが、アイスランドには沢山の魅力があります。8日間でできること、行ける場所。夏冬別けてご紹介します。

8日間というと、真っ先にスタッフがお勧めするのがアイスランド一周でしょう。冬には難しいですが、レンタカーを利用する夏のロードトリップでは、8日間=アイスランド一周というのが一定の目安となります。7日間以下であればアイスランド一周は難しく、9日間以上の滞在であればアイスランド一周に加え、もう何ヵ所か行けることになります。

これはバスツアーを利用の場合も同じで、ほぼ同じ日数が必要となります。

冬にはアイスランド一周はせず、様々な日帰りツアーや2日間のツアーを組み合わせ、レイキャビクを拠点に観光を楽しむことになります。レンタカーの場合も同様に、時間に余裕を持って行動できるルートの計画が必要です。記事後半の冬のモデルコースへをチェック。

アイスランド各地の観光スポットや野生動物

夏のアイスランド旅行 8日間

アイスランド到着日と出発日を含め8日間あるのなら、ぜひお勧めするのがアイスランド一周。せっかくなら車窓からの眺めも楽しみながらアイスランド全土を見てみたいですよね!

レンタカー利用の場合

ゴゥザフォスの滝

1日目 アイスランド到着、レンタカーを借りレイキャビクで宿泊。

2日目 ロードトリップに出発。この日のハイライトはゴールデンサークル。

3日目 南海岸、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖などを見学。

4日目 アイスランド東部のフィヨルドへ。

5日目 ミーヴァトン湖やフーサヴィーク、デッティフォスなどを見学。アークレイリ宿泊。

6日目 アークレイリ観光後、ブロンドゥオゥスの町で宿泊。

7日目 レイキャビクへ戻ります。

8日目 午前中はブルーラグーンを満喫。午後レンタカーを返却し、夕方のフライトでアイスランド出国。

ぐるっとアイスランドを一周するロードトリップ。ワクワクしますよね!この8日間セルフドライブツアーの旅程なんです!Guide to Icelandのチームが各ロケーションのホテルを予約しますので、計画する手間が省けます。

もちろん、このルートでキャンプをすることもできますし、ルーフトップテント付きのキャンパーバンをレンタルして、自由気ままな旅をしてみるのもお勧めです。

ツアーバス利用の場合

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖

1日目 アイスランド到着、空港シャトルバスでレイキャビク市内へ。レイキャビクで宿泊。

2日目 周遊バスツアーへ出発。この日のハイライトはゴールデンサークル。

3日目 南海岸観光。ヨークルスアゥルロゥン氷河湖などを見学。

4日目 アイスランド東部のフィヨルドへ。

5日目 ミーヴァトン湖やアークレイリの町を見学。

6日目 西部アイスランドを見学。

7日目 周遊バスツアー最終日、夜はレイキャビクで宿泊。

8日目 午前中はブルーラグーンを満喫。その後ブルーラグーンから空港へ直接向かい、アイスランド出国。

6日間の周遊バスツアーを利用すれば、各地のホテルも込みなので準備は簡単です。観光バスツアーというと自由が利かないように感じますが、公共交通機関が不便なアイスランドでは、一番時間を有効に使える方法です。上記日程に1泊追加して、スナイフェルスネスツアーにも行く7日間周遊バスツアーも人気です。

レイキャビクを拠点にしたアクティビティ中心の日程の場合

スナイフェルスネス半島のキルキュフェットル

1日目 アイスランド到着、空港シャトルバスでレイキャビク市内へ。レイキャビクで宿泊。

2日目 ゴールデンサークルへ。シルフラの泉でシュノーケリングが人気。

3日目 南海岸1日目。セリャランズフォスの滝など見学。スカフタフェットル周辺で宿泊。

4日目 南海岸2日目。観光後レイキャビクへ。

5日目 スナイフェルスネス観光。

6日目 火口を探検!インサイド・ザ・ボルケーノツアー。

7日目 ハイランド冒険!ランドマンナロイガルへの日帰りツアー。

8日目 午前中はブルーラグーンを満喫。その後ブルーラグーンから空港へ直接向かい、アイスランド出国。

色々なアクティビティを追加したいなら、アイスランド一周はちょっと難しいかもしれません。また8日間でアイスランド一周の場合、レイキャビク北西部の半島、スナイフェルスネス半島の観光はできません。レイキャビクを拠点にすると、アイスランド北部の観光はできませんが、そのほかのエリアをじっくりと楽しむことができます。上記の日程はサマーパッケージ8日間のものですが、もちろんレンタカーでも大丈夫です。行きたい場所だけでなく、やりたいことにも重点を置いています。

冬のアイスランド旅行 8日間

山道で乗馬を楽しむアイスランドの人たち

冬のアイスランドを8日間旅行するなら余裕を持ったスケジュールが必須です。アイスランド一周ではなく、比較的落ち着いたペースでまわれるアイスランド南西部を中心とした観光が人気です。

レンタカー利用の場合

1日目 夜アイスランド到着、レンタカーを借りレイキャビクで宿泊。

2日目 スナイフェルスネス半島へ。観光後、現地泊。

3日目 ゴールデンサークル観光。現地泊。スノーモービルやシュノーケリングができます。

4日目 ヴィークの町へ。セリャランズフォスの滝やスコゥガフォスの滝などを見学。

5日目 スカフタフェットル自然保護区やヨークルスアゥルロゥン湖を通り、ホプンの町へ。

6日目 氷の洞窟を見学後、レイキャビクへ。

7日目 レイキャビク観光。乗馬ツアーやホエールウォッチングも人気です。

8日目 早朝のフライトでアイスランド出国。

冬のアイスランドは雪や吹雪となりますので、特に天候の厳しいアイスランド北東部の通行は難しいことが多いのが現状。そのためアイスランド一周ではなく、アイスランド南西部を中心に観光するのがお勧めです。こちらの8日間セルフドライブツアーは、7日間のスケジュールにレイキャビク観光一日を追加したもの。日本からのフライトで多い、深夜到着、早朝出発のフライトでもレイキャビクを楽しむ時間があります。

冬に人気な場所といえば氷の洞窟

ツアーバス利用の場合

1日目 アイスランド到着、空港シャトルバスでレイキャビク市内へ。レイキャビクで宿泊。

2日目 スナイフェルスネス半島ツアー1日目。スティッキスホルムルの町などで宿泊。

3日目 スナイフェルスネス半島ツアー2日目。観光後レイキャビクに戻ります。

4日目 日帰りゴールデンサークルツアーに参加。シュノーケリングや乗馬もできるタイプも人気です。

5日目 南海岸ツアー1日目。セリャランズフォスの滝などを見学し、ホプン周辺で宿泊。

6日目 南海岸ツアー2日目。氷の洞窟見学後、レイキャビクへ戻ります。

7日目 レイキャビク市内観光、午後ブルーラグーンへ。旅の最後で温泉はいつでもうれしいもの!

8日目 空港シャトルバスで空港へ向かい、朝のフライトでアイスランド出国。

冬のツアーでお勧めなのが、7日間ウィンターパッケージ。上記日程は、この7日間のスケジュールに延泊1泊を足したもの。長距離の移動が多いアイスランドでは、余裕の無い日帰りツアーより、十分に時間が取れる泊りがけのバスツアーがお勧めです。もちろんこのようなバスツアーには田舎でのホテル宿泊というおまけもついています。別途オーロラツアーはありませんが、運がよければホテル敷地内からオーロラが観察できます!

オーロラ観察のチャンスが毎晩あるアイスランド

いかがでしたか?ここでご案内した予定はあくまでも標準的なもの。8日間あればこれ以外にも様々な組み合わせの日程が考えられます。ここでは紹介していない多くのアクティビティもあるので、いろいろと楽しそうだと思うものをピックアップしてみてくださいね。スケジュールに組み込む段階で不明なことがあれば、ぜひお問い合わせください!