アイスランドの自然の特徴でもある氷河。実は眺めるだけでなく、実際に歩いたりすることができるんです!

氷河といっても、実はその姿は多様です。大きな割れ目が続きギザギザとした氷河もあれば、ほとんど平らな雪原のような氷河もあります。また、雪のように白い氷河もあれば、氷の洞窟に見られるように美しい青色であったり、火山灰を含むために黒い氷河もあるんです。

そんな表情豊かな氷河を楽しむ一番のおすすめは、何といっても氷河ハイキング。アイスランドにはいくつもの氷河がありますが、幹線道路からのアクセスが良い南海岸沿いでの氷河ハイキングが人気です。

そもそも氷河とは?

白と青のコントラストが美しい氷河写真: Glacier hiking & ice climbing tour from Reykjavík

氷河とは単純に言えば、一年中解けることのない氷の塊です。ということは、万年雪と何が違うのか、という疑問が湧いてきます。

氷河は万年雪より長いサイクルで成長や後退を繰り返し、尚且つ氷河は自身の重みで少しづつ低いほうへと押し出されているという特徴があります。一年中凍っている、というだけでは氷河にはならないのです。

万年雪など、解けなかった雪が残ると、雪はその重みで圧縮され氷となります。そしてその氷に新たな雪が降り積もり、また重みで圧縮され氷となる…この繰り返しで少しづつ氷河が形成されていきます。

目には見えない動きも氷河のダイナミックな風景を作り出す写真 Heli-glacier hike day tour from Reykjavík

雪が圧縮される過程で、空気などは氷から押し出されていきます。そのため、圧縮され氷河の氷は空気の保有量が少なく、青く透き通った氷となります。逃げ切れずに氷の中に閉じ込められた気泡は氷河が形成された何百年も昔にできたものであり、その時代を今に伝えるタイムカプセルでもあります。そして皆さんもご存知の氷の洞窟。この美しい青い色は、長い時間を経て初めてできるものなのです。

透き通る氷が美しい、アイスケーブ

また、アイスランドでは火山活動も活発なことから氷河の上に降灰することもあります。降灰の後に雪が降り、そのまま氷河となると、灰の層は氷河の中に閉じ込められます。何重にもなった黒い筋は過去に起こった火山活動を物語る貴重な役割を果たしています。

ガイドについて歩く氷河ハイキング写真 2 day tour to Jökulsárlón with glacier hike, boat tour & South Coast waterfalls

氷河にはクレバスといった大きな割れ目や、ムーランという縦穴もあり、決して単一的な景色ではありません。大きな割れ目はのぞき込んでも底が見えないほどですし、ムーランはまさに氷河の迷路への入り口です。

 

何世紀もの歴史がつまった氷河写真 Snaefellsjökull glacier hiking tour

このように、多様な形を作り出す氷河ですが、気温が高い夏には少しづつ解けていきます。近年の気温上昇により、夏に氷河の解ける量が冬の積雪量を超えてしまい、氷河の大きさは小さくなっています。アイスランドの氷河も例外なく後退しており、氷河ハイキングに参加すると、その様子を間近で見ることができます。

アイスランドを始め、氷河の形成や交代を記録したドキュメンタリー映画、「Chasing Ice」では、氷河ハイキングで人気のソゥルヘイマヨークトル氷河が登場します。アイスランドに訪れる前に、ぜひお勧めしたい作品です。

解けた氷河の水は、やがて氷河の端に溜まりラグーンを形成することがあります。この代表的な例がヨークルスアゥルロゥン氷河湖です。ヨークルスアゥルロゥン氷河湖は昔からあったものではなく、解ける水の量が多くなった20世紀にできたものなのです。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖

このように氷河といってもその姿は様々。だからこそ、実際に歩いたり、スノーモービルで訪れてみたりするのがお勧めなんです!

氷河ハイキング

晴天のもとの氷河ハイキング写真: Glacier walk on Vatnajökull - away from the crowd

一番手軽に参加できるのが氷河ハイキング。アイゼンなど初めて目にする装備品の数々ですが、一度装着してしまえばガイドさんの後に続いて歩くだけ。決して難しいアクティビティではありません。

準備万端で氷河へ写真 2 day tour to Jökulsárlón with glacier hike, boat tour & South Coast waterfalls

雪に隠れたクレバスなど危険もある氷河ですが、プロのガイドさんが案内しますので安心です。体力があり健康で歩くことができれば大丈夫。ツアーにもよりますが8歳程度のお子様から参加できます。ただし、決してガイドさんに注意されるような危険な行動はしないように。

体調が優れなかったり、不安があるときはすぐにガイドさんに伝えましょう。

氷河にできた小さなトンネル写真 Skaftafell glacier expedition

氷河ハイキングで必要な装備品はツアーに含まれています。

  • アイゼン/クランポン: ハイキングブーツに装着する、爪のついた道具で氷の上を滑らずに歩くことができます。氷の洞窟へのツアーでは、簡単に装着できる軽アイゼンまた、アイスクライミングの際にも使用します。付け方はコツが要りますのでガイドさんの説明をよく聞きましょう。

  • ピッケル: 英;アイスアックス。急な斜面での歩行で使います。氷河ハイキングでは出番はあまりありませんが、アイスクライミングではこれを2つ使って氷の斜面を登ります。

  • ヘルメット: 安全のためにヘルメットを装着します。そのため、ニット帽はポンポンなど飾りがついていないものが必要です。

  • ハーネス: 装着にちょっとコツが要りますので、ガイドさんの説明をよく聞きましょう。アイスクライミングの際には安全のため、カラビナとロープをつけます。また、視界が悪くなるほどの悪天候の際には、グループの安全確保のために、ロープをつけることもあります。

氷河ではアイゼンが必須写真: Pixabay, photo by Csharker

上記のもの以外で必要なものは持参します。

  • ハイキングブーツ、無い場合は必ずレンタルをしましょう。

  • ニット帽(飾りのないもの)

  • セーターやフリースのインナー

  • 防水のアウター

  • 防水のパンツ

  • 手袋(濡れてしまう可能性があるので、寒い時期には2つあると便利)

  • サングラス(雪が眩しいので)

  • 飲み物

  • カメラ(一眼レフでも大丈夫ですが、手にはピッケルを持っての移動となります。)

氷河の上は風が強く、急に寒くなることもあります。一枚余分にセーターを準備したりと寒くないようにしましょう。また、夏の天気の良いときには、体を動かしたことで汗ばむことも。天気に気をつけながら服装や持ち物を準備してください。

アイスクライミング

アイスクライミングの様子 Glacier hiking & ice climbing tour from Reykjavík

アイスクライミングは、氷壁をピッケルを使って登るというアクティビティです。氷河の上を歩いて、ガイドさんが安全だと確認したクレバスや氷壁まで来たら、ロープを装着。ガイドさんの説明に従って氷の壁を登って行きます。

アイスクライミングも経験は必要ありません。誰でも参加できますし、もし氷河を歩いている間に疲れてしまったら見学している、という選択肢もあります。氷壁を登るのは決して簡単ではなく、コツも要りますので全員が登り切れないこともあります。あくまでも、チャレンジ精神を大事にして参加してみるのがいいですよ!

アクティビティなことが好きな人には、アイスクライミングがお勧めです。

どこでする?氷河ハイキング・アイスクライミング

ソゥルヘイマヨークトル氷河での氷河ハイキングPhoto Credit: Sólheimajökull Glacier Expedition

ソゥルヘイマヨークトル氷河 Sólheimajökull

最もポピュラーなのは、ソゥルヘイマヨークトル氷河です。その理由はレイキャビクからアクセスが良く、たくさんの日帰りツアーがあるためでしょう。また、周辺にはセリャランズフォスの滝やスコゥガフォスの滝もあり、南海岸観光でのオプションとして人気があります。ツアーバスを利用するのはもちろんですが、レンタカーでも氷河の麓まで行けるので、とても便利な氷河です。

人気があるために、ツアー回数も多く、都合の良い時間に氷河ハイキングに参加することができます。

また、アイスクライミングも行われています。

雪、氷、灰の作り出す、マーブル模様が面白いソゥルヘイマヨークトル氷河写真: Sólheimajökull glacier expedition

スカフタフェットル Skaftafell

こちらもアイスランドの南部ですが、レイキャビクからは300㎞以上離れた、アイスランドの南東部にあります。そのためレイキャビクからの日帰りツアーはほとんどなく、主にレンタカーや周遊ツアーを利用している人に人気があります。

このエリアはヴァトナヨークトル氷河があり、スケールの大きな景観を楽しむことができます。夏にはスカフタフェットルでのハイキングやキャンプも人気があります。

ソゥルヘイマヨークトル氷河よりも人の数が少なく、静かに楽しめるのも魅力のひとつです。

近くにはヨークルスアゥルロゥン氷河湖があります。

アイスランド南東部のスカフタフェットルから見る、ヴァトナヨークトル氷河写真t: Skaftafell glacier expedition

氷河ハイキング以外のアクティビティ

氷の洞窟

冬の氷の洞窟

ヴァトナヨークトル氷河にある氷の洞窟は冬の間だけ見られる、貴重な氷河の姿です。何世紀もかけて作られた氷河の様子を内部から見ることのできる珍しい光景。その透き通った氷の色は、私たちに自然の力強さと脆さを語りかけているようです。


氷の洞窟、アイスケーブへのツアーをチェック


スノーモービル

スノーモービルは爽快な走りが楽しめる写真: Snowmobile tour from Reykjavík in a small group

スノーモービルはアイスランドでは人気のあるスポーツです。氷河があるために、冬に限らず一年中楽しめます。一番人気があるのは、ラングヨークトル氷河でのスノーモービル。グトルフォスの滝から出発するので、レイキャビクからの日帰りツアーや、ゴールデンサークルとセットになったツアーもあります。

もちろん、レンタカーでグトルフォスの滝まで行き、ガイドさんと会うこともできます。

そのほかに、アイスランド南部のミルダルスヨークル氷河でもスノーモービルを体験できます。


スノーモービルツアーをチェック


氷河トンネルツアー

氷河に作られた人口のトンネルも人気だ

こちらもラングヨークトル氷河でのアクティビティですが、なんと氷河に人口のトンネルを作ったものです。

地表部分は真っ白な雪ですが、トンネルの中に入ればそこは不思議な氷の世界。長年月を経て作られた氷河の姿を見ることができます。難しいツアーではなく、一年中訪れることができるのも魅力です。

アイスランドには多くの観光スポットがあり、なかなか時間も足りないところ。ひとつアクティビティを足すなら?そう聞かれたら一番にお勧めするのが氷河でのアクティビティです。ちょっとした冒険を楽しみに氷河へ出かけてみませんか?