北の短い夏を満喫!アイスランド7日間+グリーンランド1日プラン

残りわずか
キャンセル料なし
おすすめの旅行プラン
カスタマイズ可能

説明

まとめ

ツアー開始
ケプラヴィーク国際空港
所要時間
8 日間
終了場所
ケプラヴィーク国際空港
ツアーガイド言語
英語
難易度
最低年齢
10歳

説明

北の短い夏を満喫する8日間のプランです。アイスランド7日間にグリーンランドの日帰り観光をプラスしました!美しい滝や氷河、北欧ムード満点の小さな村、そして真正北極圏を見てみませんか。

手つかずの自然が残る極北の国アイスランドとグリーンランド。一度は訪れてみたいけれど日本からあまりに遠く、リサーチも予約手配も大変です。

そんな方のために、地元のプロが渾身のプランを企画しました。

7泊分の宿、空港送迎、アイスランドの現地ツアー、グリーンランド往復航空券、そして嬉しいブルーラグーン温泉の入場券も全て付いたパッケージです。24時間対応のサポートデスクもあるので、わからないことは何でもお問い合わせください。

現地ツアーは地元添乗員が同行。アイスランドの文化や歴史を解説するので旅の楽しみが倍増します。

4日間はスナイフェルスネス半島、ゴールデンサークル、南海岸などアイスランド南部・西部の名所巡りをします。

スナイフェルスネスはアイスランドに三か所ある国立公園の一つがある長さ90㎞の半島で、多彩な自然の景色が見られるため「アイスランドの縮図」とも呼ばれています。ジュール・ヴェルヌの名作小説『地底旅行』に登場するスナイフェルス氷河火山があります。

ゴールデンサークルはアイスランドの定番観光ルートで、UNESCO世界遺産に登録されているシンクヴェトリル国立公園、グトルフォスの滝とゲイシール地熱地帯があります。

南海岸は滝や氷河、断崖絶壁、黒砂海岸などの絶景スポットが目白押しです。「アイスランドの至宝」ヨークルスアゥルロゥン氷河湖も訪れます。

そしてこのパッケージがユニークなのはグリーンランドにも行けることです!東海岸のクルスクを4時間かけてご案内します。人口わずか300人の小さな村の周囲には雄大な山々や流氷が浮かぶ海が広がっています。

昔ながらの街並みや博物館を見学します。太鼓のリズムに合わせて踊るイヌイットの伝統的な舞踊も見られる可能性があります。

更にこのプランにはレイキャビク観光日もあります。終日自由行動なので、グルメやショッピング、ナイトライフを自由にお楽しみください。

キャンセルはご出発24時間前まで無料です。

アイスランドだけでなくグリーンランドにも行ける8日間のパッケージツアーのご予約は今すぐこちらから!カレンダーで日付を選択すると空き状況を確認できます。

もっと読む

含まれるもの

レイキャビクの宿・6泊(アップグレード可。スーパーエコノミー/エコノミーは朝食なし;コンフォート/クオリティは朝食付き。詳細は下記参照)
ケプラビーク国際空港⇔レイキャビク市内の往復送迎
ブルーラグーン温泉のコンフォート入場券(アップグレード可)と温泉往復送迎
マイクロバスで行く1泊2日の南海岸ツアー
南海岸ツアー中の宿1泊(ヴァトナヨークトル国立公園周辺・朝食付き・共用バスルームの可能性あり)
グリーンランド(クルスク)行きの往復航空券
マイクロバスで行く日帰りゴールデンサークルツアー(アクティビティ追加可)
マイクロバスで行く日帰りスナイフェルスネス半島ツアー
アイスランドの自然、歴史、文化を詳説した旅程表
担当者によるサポート
消費税込み

地図

見どころ

アクティビティ

氷河ハイキング
シュノーケリング
ケイビング
スノーモービル
乗馬
ホエールウォッチング
観光
ボート
温泉
カルチャー体験
バードウォッチング
飛行機

旅行の日程

1日目
レイキャビクの有名なパブリックアート、ファクサフロゥイ湾を望むソゥルファリズ。

1日目 - レイキャビク到着日

今日からアイスランドの夏休みが始まります。

飛行機がケプラヴィーク空港に向かって高度を下げて行くと、レイキャネス半島の広大な原野が見えるでしょう。「火と氷の国」へようこそ!

着陸後、各自入国手続きを済ませて到着ロビーにお進みください。

ご到着時間に合わせてレイキャビク行きシャトルバスの乗車券を手配しています。乗り場はロビーのすぐ外です。

レイキャビクに向かう途中にあるのが世界的に有名なブルーラグーン温泉です。基本プランに含まれているコンフォート入場券で入浴をお楽しみください(夜遅いフライトで到着される方は時間の関係上、ブルーラグーンを最終日にアレンジします)。

ミルキーブルーのお湯は美肌効果もあり、リュクスなスパ・トリートメントも受けられます。周囲には苔むした溶岩が広がり、浮世離れした雰囲気です。時差ぼけ解消にもおすすめです。

リフレッシュ後再びバスに乗り、レイキャビクを目指します。

アイスランドの首都はカラフルな街並みが自慢の美しい港町です。アイスランドの人口の大半が住んでおり、とても活気があります。

レイキャビクに着いたら自由行動です。古い通りを散策したり、良質な博物館を見学したり、アイスランド料理を楽しんだり。おしゃれなカフェでほっと一息つくのもいいですね。

白夜現象が見られる夏はとても日が長いので、夜遅くまで世界最北の首都をお楽しみください。

夜はレイキャビク泊です。

もっと読む
2日目
東西90㎞のスナイフェルスネス半島は多彩な自然の景観が楽しめる人気エリア

2日目 - スナイフェルスネス半島

2日目はスナイフェルスネス半島へ。独特の地形や不思議な風景が見られる魅惑のエリアです。

まずはブージル(Burdir)の教会へ。ドラマチックな荒野にぽつんと佇む古い黒壁の教会で、風景写真の撮影スポットとしても人気です。

半島の先端に向かっていくと、やがて半島の主、スナイフェルスヨークトル(Snaefellsjokull)が見えてきます。氷河に覆われた火山で、ジュール・ヴェルヌの名作小説『地底旅行』の重要モチーフにもなりました。

半島各地からその威容をお楽しみください。

次に訪れるのはキルキュフェットル山(Kirkjufell)です。アイスランドで最もフォトジェニックな山と言われています。特徴的な稜線、周囲の風景はおとぎ話の挿絵のようです。

続いてデューパロンサンドゥル(Djupalonssandur)にご案内します。黒い小石浜に転がっている大きな石は「力試しの石」と言い、一人前の男として船に乗せてもらえるかどうかを試すのに使われていたそうです。自由に触れるので、どのくらい力があればアイスランドの船乗りになれたのか、是非持ち上げてみては。

近くにはロゥンドランガル(Londrangar)という海食柱があります。巨大な奇岩はまるで城塞のようです。

アルナルスタピ(Arnarstapi)、ヘトルナル(Hellnar)という村も訪れます。大西洋に面したかわいらしい家々、地元に伝わる魔術や妖精の物語など、北欧ムード満点の集落です。

観光をたっぷり楽しんだ後はレイキャビクに戻り、前日と同じ宿に宿泊します。

もっと読む
3日目
ゴールデンサークルの名所の一つ、グトルフォスの滝。一段目は落差11m、二段目は21mある

3日目 - ゴールデンサークル

3日目はゴールデンサークルを巡ります。ゴールデンサークルはアイスランドの三大名所を結ぶ必訪観光ルートです。

まずはUNESCO世界遺産にも登録されているシンクヴェトリル国立公園(Thingvellir)へ。二つの大きな崖のように見えるのは実は北米大陸プレートとユーラシア大陸プレートの縁です。大陸プレートの境界を地上ではっきり確認できる大変珍しい場所です。

またシンクヴェトリルは世界最長寿の現役民主議会が創設の地として、歴史的に重要な場所でもあります。現在のアイスランド国会につながる集まりです。

二番目の名所はたくさんの間欠泉や噴気孔が見られるハウカダルールの谷(Haukadalur)です。最も人気なのはストロックル間欠泉(Strokkur)でしょう。5~10分置きに20mも熱水を噴き上げています。

その隣にはゲイシール(Geysir)という大間欠泉があります。英語で間欠泉を意味する一般名詞 geysir の語源となったほど有名な間欠泉です。もう何年も噴出していませんが、運が良ければこちらも噴出する様子を見られるかもしれません。

最後にゴールデンサークル三番目の名所、グトルフォスの滝(Gullfoss)を訪れます。轟音をたてて大きな谷を流れる、アイスランドらしいスケールの大きな滝です。

この日は観光がメインになりますが、希望者はアクティビティを追加することもできます。例えばシンクヴェトリル国立公園のシルフラの泉ではシュノーケリング体験ができます。二つの大陸の間を流れるクリスタルのように美しい泉です(シュノーケリングは水中で落ち着いていられること、自力で泳げることが基本条件となります)。

グトルフォスの滝発のラングヨークトル氷河スノーモービル体験、かわいくて好奇心旺盛なアイスランド在来馬に乗って田舎を歩く乗馬ツアーもあります。

夜はレイキャビク泊です。

もっと読む
4日目
グリーンランド東部の雄大なフィヨルド。夏でも流氷が見られる

4日目 - グリーンランドのクルスクへ

4日目はお待ちかね、グリーンランド日帰り観光日です。最果ての地、グリーンランドの大自然や文化をどうぞお楽しみに。

早朝レイキャビク国内線空港(Reykjavik Domestic Airport)からクルスク行きのフライトに乗ります。約2時間の空の旅ですが、晴れていればアイスランド、グリーンランドの風景や真っ青な北極海が見えるでしょう。

クルスクは雄大な山々に囲まれた岩がちな島です。人家はまばらで、とても小さく見えます。

それもそのはず、クルスクは人口約300人のとても小さな集落です。現地のガイドと合流して村の散策をお楽しみください。人々はとても温かく、厳しい自然と共存してきた豊かな伝統文化について色々と教えてくれます。

カラフルな家々には極寒の地を生き抜くための知恵が受け継がれています。

博物館には伝統的な衣服や生活品を始め、島の歴史や文化を今に伝える様々な展示があります。

訪問日によっては、イヌイットの踊りも鑑賞できます。太鼓のリズムに合わせて物語を語る伝統芸能で、グリーンランドの豊かな文化を感じることができるでしょう。

貴重なグリーンランド体験の後は再び飛行機に乗ってレイキャビクに戻ります。夜はレイキャビク泊です。

もっと読む
5日目
背後に洞窟を隠すセリャランズフォスの滝と白夜の太陽

5日目 - 南海岸1日目

5日目は再びアイスランドを観光します。絶景が多い人気の南海岸の名所を巡ります。

最初に訪れるのはセリャランズフォスの滝(Seljalandsfoss)です。高さ60メートルの滝の背後には洞窟があり、裏見ができます。

次にスコゥガフォスの滝(Skogafoss)を見学します。高さはやはり60mですが、幅が25mもあり、迫力満点です。崖の階段を上ると展望台があります。日が差すと滝しぶきによく虹がかかります。

バスの車窓から左を見ると、エイヤフィヤトラヨークトル氷河(Eyjafjallajokull)、ミールダルスヨークトル氷河(Myrdalsjokull)が見えるでしょう。右には大西洋が広がっています。晴れた日にはウェストマン諸島が見えます。

ミールダルスヨークトルから伸びる氷舌の一つ、ソゥルヘイマヨークトル(Solheimajokull)では氷河ハイキングができます。ワイルドな氷河の世界を体験してみたい方はパッケージお申込み時にオプションを追加してください。

その後レイニスフィヤラのブラックサンドビーチを訪れます。波が荒いため遊泳は禁止ですが、火山性の黒い砂、玄武岩の柱状節理、大きな海食柱が妖艶な雰囲気を醸し出しています。

すぐ近くにヴィーク村(Vik)で休憩をします。かわいらしいカフェやお店があり、お土産のショッピングにぴったりです。

休憩後再びバスに乗って東に向かいます。欧州最大の氷河ヴァトナヨークトル(Vatnajokull)を見ながらヨークルスアゥルロゥン氷河湖の近くまで行きます。

夜はアイスランド南東部の宿に宿泊します。

もっと読む
6日目
アイスランド南部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖。グリーンランドの風景にもどこか似ている

6日目 - 南海岸海岸2日目

6日目も引き続きアイスランド南海岸の名所をご覧いただきます。この日はヴァトナヨークトル国立公園(Vatnajokull National Park)をご案内。ヴァトナヨークトルはアイスランドの国土の10%以上を覆う巨大な氷河です。

氷河が創り出した風景の一つがヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jokulsarlon)です。氷河から崩落した氷山が湖面を静かに漂っています。水と氷が織り成す絶景です。

氷山を間近に観察したい方は水陸両用ボート・オプションにお申し込みください。間近で見る氷山は想像以上に大きく、刻々と姿を変えるブルーと白のグラデーションは万華鏡のようです。

ボートツアーのガイドが氷河の歴史や湖の繊細な生態系について解説します。ボートからは更に迫力のある写真が撮れるでしょう。

次いで隣接するダイヤモンドビーチを散策します。氷河湖は大西洋につながっており、海に流れ出た氷山のかけらが打ち寄せられる砂浜があるのです。黒い砂、透き通った氷、轟く波の音、彼方の氷河は世界の果ての景色のようです。

この後はバスに乗ってレイキャビクに戻ります。夜はレイキャビク泊です。

もっと読む
7日目
レイキャビクの劇場、ハルパ・コンサートホール。黄昏の空を映すガラスの現代建築が美しい

7日目 - レイキャビク自由行動日

アイスランド旅行も残すところあと2日。この日はレイキャビク自由行動日です。

レイキャビクにはアイスランドの歴史を扱った国立博物館や現代アートが充実したレイキャビク美術館など、優れた博物館や美術館があります。

レストランやバーもたくさんあります。ラム肉のシチューやシーフードのようなアイスランド料理はもちろん、世界各国のグルメを味わってみては。

B級グルメではアイスランド風ホットドッグがおすすめです。一番有名なのはBaeajarins Beztu Pylsurという屋台です。普通のホットドッグと違うのはソーセージがラム、牛、豚の合い挽きでできていること。ちょっとスモーキーでアイスランドらしい味わいです。

明日のフライトに備えてゆっくり過ごしたい方は、のんびり散策を楽しんでも。アイスランドのカフェはペストリ―も美味しいので是非ご賞味あれ。

アクティブに過ごしたい方はオプションをどうぞ。ホエールウォッチングツアーやアイスランド在来馬の乗馬体験をご用意しています。

最後の夜もレイキャビク泊です。

もっと読む
8日目
レイキャビクの夜景。白夜の季節が終わるとレイキャビクに再び夜が戻る

8日目 - 出国日

アイスランド旅行最終日です。フライトの時間までご自由にお過ごしください。

レイキャビクのダウンタウンにはSNS映えする名所がたくさんあります。

例えばハットルグリムス教会(Hallgrimskirkja)。独自の様式はアイスランドの自然を表しています。柱状節理の崖を流れるスヴァルティフォスの滝(Svartifoss)に着想を得たそうです。

教会堂の中は天井が高く、無駄をそぎ落とした直線的なデザインが印象的。塔は74.5mあり、展望台からは市街地と郊外の自然を一望できます。

近くにはハルパ・コンサートホール(Harpa)があります。で、700枚以上のガラスパネルを使用したファサードが周りの風景を映し出す見事な建築です。

他にも国立博物館や旧港(オールドハーバー)、ロイガヴェーグル通り(Laugavegur)などの見どころがあります。

フライトの時間に合わせて空港行きのシャトルバスを手配していますので、時間に遅れないようにバスに乗ってください。

アイスランド・グリーンランドの旅はいかがでしたか?

是非また遊びに来てくださいね!

もっと読む

必要なもの

ハイキングシューズ
雨風に耐えられる暖かい服
水着とタオル
カメラ

備考

アイスランドは夏でも天候が非常に変わりやすいため、適切な衣服をお持ちください。

ケプラヴィーク国際空港到着時間に合わせて旅程を一部変更させていただく場合がございます。

シュノーケリング体験は水中で落ち着いていられること、自力で泳げることが基本条件です。健康状態を証明する追加書類の提出をお願いする場合もございます。

アイスランド入国にビザが必要な方は、グリーンランド入国にも別途ビザが必要な可能性があります。

グリーンランドのクルスク・ツアーに参加される際は、お荷物を機内持ち込みサイズ程度にまとめてください。また村にはレストランやカフェなど食べ物を購入できるお店はないので、昼食を持参していただきます。グリーンランドはアイスランドよりもかなり寒いので、防寒着としっかりとした靴をご準備ください。

本ツアーのオプション・アクティビティは通常申し込みよりもお得な料金でご提供しています。

もっと読む

レイキャビクの宿泊施設について

宿泊施設のグレードの詳細については下記をご確認ください。宿泊施設例はスケジュール(上記)に記載されています。

スーパーエコノミーは、ドミトリータイプの相部屋で人数分のベッドを手配します。エコノミー及びコンフォートは、1名様の場合はシングルルーム、2名様以上の場合はツイン/ダブルルーム又はトリプルルームを手配します。クオリティは、奇数名様でご予約の場合必ずシングルルームが1室入ります。グループでシングルルームを2室以上希望される場合は、お手数ですが別々にご予約ください。お子様は保護者の方と同室になります。別室を希望される場合は追加料金がかかります。

南海岸ツアー中の宿はグレード指定対象外です。

宿は基本的に Guide to Iceland の提携宿泊施設をご案内しますが、ご旅行日に提携宿泊先が満室の場合には、できるだけ近いグレードのお部屋を手配いたします。

特別なご要望にもできる限り対応させていただきます。内容によっては追加料金が発生する場合もございますが、まずはお気軽にご相談ください。

画面右上のカレンダーで日付を選択すると空き状況をご確認いただけます。

スーパーエコノミー

ゲストハウスやホステルのドミトリー(相部屋)のベッドを手配します。バスルームは共用です。首都エリアのロケーション。例:HI Hostelなど。朝食は付きません。

エコノミー

ゲストハウスやホステルの個室を手配します。バスルームは共用です。首都エリアのロケーション。例:Capital Innなど。朝食は付きません。

コンフォート

三つ星ホテルや上位グレードのゲストハウスの専用バスルーム付き個室を手配します。ダウンタウン、またはダウンタウンに近いロケーション。例:Hótel Kletturなど。朝食付き。

クオリティ

四つ星デザイナーホテルの専用バスルーム付き個室を手配します。ダウンタウンの一等地のロケーション。例:Hotel Aldaなど。朝食付き。

ディナー

毎晩、各地域のおすすめレストランでディナーをお楽しみいただけるオプションです。面倒なリサーチは一切不要!旅程に合わせて当社が人気レストランをセレクトし、バウチャーをご用意します。

各レストランでお肉、お魚、またはお野菜のコース(2~3品)から当日お好きなものをお選びください。アラカルトをご希望の場合は、バウチャーをお食事券としてお使いいただけます(差額はレストランに直接お支払いください)。アレルギーやお食事制限については、当日ウェイターにお知らせください。バウチャーは返金不可です。

体験者の声

類似のツアー

Link to appstore phone
アイスランド最大の旅行アプリをインストール

アイスランド最大の旅行アプリをスマートフォンにダウンロード。旅のすべてを1か所で管理できます。

アイスランド最大の旅行マーケットプレイスをポケットに。スマートフォンのカメラでQRコードを読み取り、表示されるリンクをクリックしてください。電話番号またはメールアドレスを入力すれば、SMSやEメールでもダウンロードリンクを受け取ることができます。