とってもコンパクトな町、レイキャビク。様々な展示が徒歩圏内にいくつもあり、町の散策のついでにちょっと寄ってみるのもお勧めです。アイスランドの歴史、定住地、文化にについて理解を深める際に役立つレイキャビクの博物館をご紹介します。

レイキャビクの散策、特に博物館や美術館を訪れる際にはシティーカードを使うと便利です。24時間、48時間、72時間の有効期限のカードから選べます。何か所か興味のある施設があるなら、とてもお得なカードです。

サーガ・ミュージアム The Saga Museum

サーガ(サガ)とは、アイスランドの歴史やそのストーリーを表す言葉。サーガ・ミュージアムではアイスランドの歴史を本物そっくりのレプリカを使って展示しています。アイスランドの歴史を書き記したヴァイキングのサーガをもとに、洋服や武器、日常のアイテムなどを当時の作り方で作成しています。英語でのオーディオガイドも利用できます。

サーガミュージアムの様子Photo from The Saga Museum

  • 開館時間:毎日10時から18時
  • 住所:Grandagarður 2, 101 Reykjavík
  • Reykjavik City Card:入場料10%割引

海洋博物館 Reykjavík Maritime Museum

アイスランドの海にまつわる歴史を展示する海岸博物館The Maritime Museum on Seamen Day.

海洋博物館 (Reykjavík Maritime Museum)の展示は、遠い昔からのアイスランドの海にまつわる歴史を物語ります。アイスランドの歴史と生活に極めて重要だった航海術の発達を、手漕ぎボートの時代から最新のトロール船まで一堂にご覧ください。時代を追って貿易船や海運ルートなども展示されています。

レイキャビク港の建設の歴史も解説されています。イギリスとの3回にわたるタラ戦争を戦い抜いた沿岸警備船オーディン (Oðinn) 号も桟橋に係留されており、見学することができます。

  • 開館時間:10:00~17:00
  • 住所:Grandagarður 8、101 Reykjavík
  • Reykjavik City Card:入場料が無料

アウルバイル野外ミュージアム Árbær Open Air museum

アウルバイル野外ミュージアムで見られるアイスランドの伝統的な家と民族衣装Photo from Árbær Open Air Museum.

アウルバイル (Árbær) 野外ミュージアム は、中心部に位置するわけではありませんが、バスを使って簡単に訪れることができます。レンタカーがある人には特にお勧めです。この野外ミュージアムは典型的なアイスランドの村を再構成したもので、20棟を超える建物で町の広場や農場を再現しています。ビンテージ カーや草屋根の家に囲まれながら、アイスランドが工業化する前後のアイスランド人の生活の様子に想いを馳せることができます。スタッフとツアーガイドはアイスランドの伝統的な衣装を身包んでおり、年間を通してガイドツアーが行われています。ツアーは毎日13時にエントランス前から出発します。

  • 開館時間:夏10:00~17:00、冬は13:00~17:00。
  • 住所:Kistuhyl、110 Reykjavík
  • Reykjavik City Card:入場料無料

ホエールズ・オブ・アイスランド  Whales of Iceland 

クジラの博物館、ホエールオブアイスランドPhoto from Whales of Iceland 

海洋博物館から少し離れた場所にある博物館で、実物大のクジラの模型が展示されています。23体もの巨大なクジラの姿を間近に見るのは、模型と言えどもかなりの迫力です。ホエールウォッチングツアーと合わせて訪れてみるのはいかがでしょうか。

  • 開館時間:10:00~17:00
  • 住所:Fiskislóð 23-25, 101 Reykjavík
  • Reykjavik City Card:入場料30%割引

ペニス博物館 Icelandic Phallological Museum

正式な英語ではIcelandic Phallological Museumですが、簡単にペニス/ミュージアムとも呼ばれるこの博物館。世界最大規模のペニスのコレクションを、ここレイキャビクで見ることができます。90種を超える動物の200本のペニスが展示されています。中には、アイスランドの妖精のものとされるペニスもあります。

この博物館は、1997年に設立されました。一時期、フーサヴィク(Húsavik) に移転していましたが、現在は レイキャビクの中心部にあります。

  • 開館時間:10:00~18:00
  • 住所:Laugavegur 116, Reykjavik 101
  • Reykjavik City Card:入場料20%の割引

セトルメント・エキシビション The Settlement Exhibition

レイキャビクに定住していたヴァイキングたちの生活を展示するセトルメント・エキシビションPhoto from The Settlement Exhibition.

セトルメント・エキシビション(The Settlement Exhibition)ではアイスランド人の定住の様子が展示されており、ヴァイキング時代の暮らしに足を踏み入れることができます。2001年の発掘作業により、人が定住していたことを示すアイスランド最古の考古学的証拠を発見しました。この発掘により、871 年 (又はその前後2年の間) にはアイスランドに人が定住していたことが証明されました。この展示館はその発見に基づいて構成されています。住居やさまざまな遺物が展示されており、ヴァイキング時代の日常生活を垣間見ることができます。

マルチメディアを駆使したインタラクティブな展示により、年齢を問わず、楽しみながらアイスランドの定住の歴史について知ることができます。

  • 開館時間:9:00~18:00
  • 住所:Aðalstræti 16、101 Reykjavík
  • Reykjavik City Card:入場料無料

アイスランド国立博物館 National Museum of Iceland

アイスランド国立博物館(National Museum of Iceland)はアイスランド大学のキャンパスの隣にあります。3 階建ての大きな建物で、居心地の良いカフェが併設されており、2階の展示コーナーは随時入れ替えられています。

ヴァイキング時代に使われていた剣 Photo from The National Museum

設立されたのは 1863年ですが、現在の場所に移動したのは、アイスランドが共和国として独立した 1944 年のことです。ヴァイキング時代の遺物として、最も重要で価値が高く、そして最も謎の多い工芸品のひとつは入り口そばに展示されている小さな像です。北欧神話に登場するトール(Thor)であるかキリスト像であると言われていますが、実際に誰を意図していたのかはまだ解明されていません。

アイスランド国立博物館は、数多くの美術品、工芸品、道具、家具、宗教的な資料、考古学的な遺物を所蔵しています。20 世紀半ばまでの資料が、時系列で展示されています。

  • 開館時間:10:00~17:00 月曜休館
  • 住所:Suðurgata 41, 101 Reykjavík
  • Reykjavik City Card:入場料無料

カルチャー ハウス The Culture House

大昔のアイスランドの手稿Photo from Safnahúsið

中心部のクベルフィスガタ (Hverfisgata) 通りにある美しい白亜の大邸宅が、 国立文化遺産センター(National Center of Cultural Heritage)  として利用されています。簡単にカルチャーハウス(The Culture House)とも呼ばれています。この建物は、以前はアイスランド国立博物館でした。

カルチャーハウスからの眺めは素晴らしく、港や、コンサート/コンファレンス ホールのハルパ (Harpa) を見下ろすことができます。館内にはギフト ショップやコーヒーショップもあり、半日かけて見て回っても飽きることはありません。開館は1909 年で、建物はデンマーク人建築家のヨハネス ニールセン (Johanes Nielsen) がネオクラシック様式で設計したものです。

  • 開館時間:10:00~17:00
  • 住所:Hverfisgata 15、101 Reykjavík
  • Reykjavik City Card:入場料無料

アイスランド・パンク・ミュージアム The Icelandic Punk Museum

変わった場所にあるパンク・ミュージアム

Photo from The Punk Museum

メインストリート、ロイガベーグルの坂を下り、ライキャトルグ広場への信号の手前にある謎の階段。ここはアイスランド・パンク・ミュージアムです。2016年、セックスピストルズのメンバー、ジョン・リンドンがオープンしたもので、1980年代のアイスランドの音楽シーンを体現しています。ビヨークやシガーロスにも影響を与えたアイスランドのミュージックシーンを垣間見ることができます。

  • 開館時間:平日10:00~22:00、休日12:00~22:00
  • 住所:Bankastræti 2, 101 Reykjavík

ペルトラン・氷河と氷の洞窟の展示 Perlan・Glaciers and Ice Cave

新しくオープンしたペルトランの氷河の展示

こちらは2017年に新しくオープンしたペルトランでの展示。今までは360°の展望が望める展望デッキで有名でしたが、氷河の洞窟を模したマイナス10℃の部屋や、氷河とその影響を示すインタラクティブな展示が人気です。展望デッキは490クローナの入場料がかかりますが、氷河の展示チケットがあれば追加料金はかかりません。ダウンタウンからのシャトルバスもあります。

  • 開館時間:毎日9:00~19:00
  • 住所:Öskjuhlíð, 105 Reykjavík

ペニス博物館 The Phallological Museum

レイキャビクの最も「変わった」博物館として注目を集めるのがフレンムルのバスターミナル近くにあるペニス博物館です。驚きの名前の通り、この博物館には200を超える動物のペニスのコレクションがあります。アイスランドに生息する動物のほとんどのペニスがあり、16種類のクジラ、7種類のアザラシやオットセイ、そしてシロクマのペニスも!お土産コーナーには、ペニスをかたどった様々なアイテムが並んでいます。フーサヴィークの町で1997年に設立されたこの博物館はレイキャビクに移転、今では「あの博物館行った?」と話題になる変わり種スポットになりました。

  • 開館時間:毎日10:00~18:00
  • 住所:Laugavegur 116, 105 Reykjavík

そのほかの美術館や博物館

レイキャビク・シティ・カードで楽しめる美術館・博物館:

The Reykjavik Art Museum – Hafnarhus  午前10時~午後5時まで、木曜は22時まで開館

The Reykjavik Art Museum – Kjarvalsstadir 午前10時~午後5時まで

The Reykjavik Art Museum – Asmundarsafn [5月~9月]午前10時~午後5時まで、 [10月~4月]午後1時~午後5時まで

National Gallery of Iceland [5月15日~9月15日]毎日 午前10時~午後5時まで、 [9月16日~5月14日]月曜休館、午前11時~午後5時まで

Reykjavík City Museum – Museum of Photography 月~木:午前12時~午後7時まで、金:正午~午後6時まで、土日:午後1時~午後5時まで

Reykjavík Zoo and Family Park [6月1日~8月14日]毎日 午前10時~午後6時まで、[8月15日~5月31日]毎日 午前10時~午後5時まで

下記の博物館ではレイキャビク・シティ・カードはご利用いただけません。

The Living Art Museum 火~金:午前12時~午後5時まで、土日:午後1時~午後5時まで、月曜日は定休日

Einar Jónsson Sculpture Museum 火~日:午前10時~午後5時まで、月曜休館

詳しくは各リンクをご確認ください。