アイスランドでおすすめの温泉は?日本にはない特別な温泉とは?アイスランドはなぜ温泉がこんなに豊富なの?一年中入れる?観光客に人気の温泉は?アイスランドのおすすめ温泉の全てをお伝えします!

目次

アイスランドの温泉について  

アイスランドは、氷、火、そして水、水、水!の国です。地球上でも地熱活動が活発ないわゆる「ホットスポット」に位置しながら、アイスランドの名の通り、国中に氷河が存在します。地熱活動+氷+火=温泉、湯の滝、間欠泉、というわけです。春夏秋冬いつ訪れても、降っても晴れても、入れる温泉が必ずどこかにあります!

アイスランドの「温泉」には、熱い湯気を吐き出す噴気孔もあれば、グツグツと泥が煮えたぎる沼や、熱湯を噴く間欠泉もあります。そして、旅の疲れを癒すのにぴったりな温泉もたくさんあります。湯が湧く場所があまりに多いので、人の手を少し加えればすぐ快適な温泉ができてしまうのです。

そもそも、アイスランドの温水は基本的に全て熱い湧き水です。地下から熱湯を汲み上げて家庭にひいています。冷たい水道水を給湯器で沸かすのではなく、熱いお湯を冷まして使える温度にしてから使うのです。このため、アイスランド中に温水プールがあり、人口13万人弱のレイキャヴィークエリアだけで17カ所もあります。

アイスランドの東フィヨルドにあるロイガフェットル地域の天然温泉で心も体もリラックスしてみませんか?写真:Eastern Landscapes | Super Jeep and Hot Spring Tour

地面から天然の温泉が湧いていてもお湯が溜まる窪みがないため、人の手で浴槽やプールを作ってあるところもあります。源泉が熱すぎるため水と混ぜてちょうどよい温度にしているところもあります。

とにかく、アイスランドには浴槽まで100%天然のものから、自然とアイスランド人がコラボレーションによるものまで、様々な大きさや形の温泉があります。ひとくちに「温泉」とくくれないほどです。実際アイスランドでは何を「温泉」とするか意見が分かれることもあり、ある人は「温水プール」、ある人は「風呂」、またある人は「スパ」「地熱湖」「プール」「間欠泉」といった具合で、いかに豊かな温泉文化があるかがおわかりいただけると思います。

呼び方はともかく、せっかくアイスランドを訪れたら是非お湯に浸かってリラックスしていってください。本当にいろいろなお湯があるので、スケジュール、アクセス、ロケーション、設備、景色、湯加減など、あなたにぴったりの温泉が必ず見つかるはずです。ちなみに、アイスランドの温泉に行くには(特に秘湯のような天然の温泉に行くなら)レンタカーが一番ですので、車の手配もお忘れなく。

アイスランドの温泉・スパ施設ベスト5  

独特の色が魅力のブルーラグーン

写真:Blue Lagoon

アイスランドには、温泉水から浴槽まで100%天然の温泉もたくさんありますが、こうした「野生」の湯は無料で入り放題な分、更衣室(「脱衣所」ではありません!水着を持参しましょう)やシャワー、トイレなどの設備が一切ありません。

逆に、入場料はかかっても設備が充実していてアイスランドでも人気の「温泉」もあります。地中から湧くお湯を使っているので文字通り温泉なのですが、施設としては「スパ」をイメージしていただけるとわかりやすいと思います。

ここでは、アイスランドで最も人気の「スパ」風温泉をそれぞれの特長とともにご紹介します。

1.ブルーラグーン (Blue Lagoon)

ブルーラグーンはアイスランドで知名度も人気もダントツでナンバー1の温泉です。水色のミルクのような水は本当に美しく、湯加減も最高(38~39度)で、まさに至福の湯。ナショナルジオグラフィックの「世界の絶景25」にも選ばれたのも納得です。

このお湯は100%天然で、シリカや温泉藻類などミネラルが豊富に含まれているのですが、潟は自然にできたものではありません。1976年に近くで行われていた建設作業が引き金となって偶然潟ができ、温泉水が溜まり始めたのです。5年後に初めて入浴を試みる人が表れ、以降その癒しや効能を求めて訪れる人が絶えることはありません。

今やブルーラグーンは世界的に有名な観光名所となり、アイスランドで最も大規模なスパリゾートに発展しました。複数のレストラン、カフェ、水中バー、ホテル、ギフトショップだけでなく、個室シャワー、リラックスエリアやマッサージサロンもあります。ラグーンは日々拡大している上、入場も制限されているため、入場券が完売していても芋煮状態になることはありません。ただ、チケットは前もって予約するのがおすすめです。また、入場料はアイスランドの温泉の中でも最も高いのでご承知おきを。

ブルーラグーンはケプラヴィーク国際空港からおよそ20分、レイキャビクからも45分ほどの距離にあり、滞在期間が短い方や長距離フライトの前後にリフレッシュしたい方にもおすすめです。ゴールデンサークルと一緒になったツアーなどもあり、訪れ方はさまざま。自分のスケジュールにあったものを探してみましょう。

エリア:アイスランド南部、レイキャネス半島
行き方:ケプラビーク国際空港から車で20分、レイキャヴィーク市内から車で45分。レンタカーの他シャトルバスもあり。
備考:事前予約が必須。夏の7月と8月、そして冬のクリスマス~大晦日までの間は特に予約が殺到しているので少なくても1ヵ月前から予約する必要が有。



2.ミーヴァトン・ネイチャー・バス(Myvatn Nature Baths)

ブルーラグーンと色も泉質も似ているのがミーヴァトン・ネイチャー・バス。南のブルーラグーンに負けず劣らず美しい温泉です。

ブルーラグーンは高いし最近ちょっと人が多すぎるけど、でもあのミルキーな湯が堪らない、という方は是非ミーヴァトンへ。唯一の難点はアクセスです。レイキャヴィークから車で片道6時間かかるので、時間に余裕のある人、またはアイスランド北部を観光している人でないと難しいかもしれません。

ここもシャワー・更衣室完備で、サウナとカフェもあります。そして、四季を通して楽しめる周りの雄大な景色も、間違いなくこの温泉の魅力でしょう。

エリア:アイスランド北部
行き方:レイキャヴィーク市内から車で約6時間。アークレイリの町から東へ100㎞、リング ロード上にあるレイキャフリズ (Reykjahlíð) の村から数キロ東に走り、ミーヴァトン・ネイチャー・バスへ。レンタカーの他にもツアーで行くことも可能。
備考:レイキャヴィーク発、冬の6~8日間ツアーではオプションとして追加可能。



3.シークレットラグーン(Secret Lagoon)

ゴールデンサークルの近くにあるシークレットラグーン

フルージル(Flúðir)の町の近くにあるシークレットラグーンは、100年以上の歴史を持つアイスランド最古のスイミングプールです。1891年にひらかれ、長い間忘れられていましたが2014年に改装され、きれいなシャワーや更衣室を備えた施設として再びオープンしました。

すぐ隣にはぶくぶくと泡立つ源泉や、数分に一回熱湯を噴き上げる小さな間欠泉もあり、入浴をしながらのんびりと見物することができます。プール自体は38~40度に保たれているので大きなお風呂のような感じです。

観光客に人気のゴールデンサークル・ルートにも近いため、無理なく旅程に組み込めるおすすめスポットです。

エリア:ゴールデンサークル付近(フルージルの郊外)
行き方:レイキャヴィークから車で約1時間半。レンタカーのほか、ゴールデンサークルとセットになったツアーも有。
備考:レイキャヴィーク発のシャトルバス+シークレットラグーン入場券付きのセットも予約可能。

4.クロイマ・スパ (Krauma Spa)

2017年にオープンしたアイスランド西部のクロイマ・スパ

写真:Krauma.is

クロイマ・バス・リゾートは、ここでご紹介するベスト5の中で最も新しく、2017年後半にオープンしたモダンなスパです。源泉はヨーロッパで一番パワフルなディルダルトゥングクヴェルの温泉です。

5つのお風呂はそれぞれ温度が異なり、黒い大理石の浴槽からはディルダルトゥングクヴェルの湯けむりが見えます。血流を促進する水風呂(5~8度)とサウナもあります。

シャワーや更衣室もきれいで、モダンなレストランもあります。オープンしたばかりのためまだ訪れる人が少ないのも、おすすめのポイントです。

エリア:アイスランド西部
行き方:レイキャヴィークから車で約1時間半。レンタカーの他、シルバーサークルツアーで行くことも可能。
備考:レイキャヴィーク発のオーロラバスツアー+クロイマの入場券付きのセットも予約可能。

5.フォンタナ・ジーオサーマル・バス(Fontana Geothermal Baths)

ゴールデンサークルを巡る時におすすめの寄り道スポット、フォンタナ・スパ写真:ゴールデンサークルツアー|フォンタナスパで入浴付き

フォンタナ・ジオサーマル・バスは、フォンタナ・スパとも呼ばれるシンプルなスパ施設です。ロイガルヴァトン湖のすぐ隣、ゴールデンサークル上にあります。

湯気がたつ温泉の真上にサウナがあり、中が熱くなり過ぎたらドアを開けて調節します。機械の力に頼らない、自然のままの素敵なサウナです。

ロイガルヴァトン湖は地熱活動が活発で、湖を散策しながら火照った体を冷ましたり、晴れた日は陽だまりを見つけて日光浴をすることもできます。そしてもう一つ特筆すべきは、アイスランドの伝統的なライ麦パンです。湖岸に熱いお湯が湧いているので、砂の中でパンが焼けるのです!地熱を活かして焼き上げたほかほかのライ麦パンは、フォンタナ・スパの入り口のカフェで味わえます。

エリア:ゴールデンサークル周辺
行き方:レイキャヴィークから車で1時間半。レンタカーの他にも
備考:地熱パン体験はフォンタナ・スパのHPより直接予約できます。毎日催行され、1日に11:30と14:30、2回行われます。大人 1,500 ISK、12歳以下の子供は無料です。


アイスランドの地熱温水プール トップ5の記事に進む>>