アイスランドの大晦日は花火が凄いらしい!? でも本当にすごいのでしょうか。何がほかの国と違うのでしょうか。ちょっと気になるアイスランド人の大晦日とお正月の過ごし方をご紹介します。

ニューイヤーを祝う花火は、決してアイスランドだけではありません。世界中いろいろな国で打ち上げ花火があげられます。でもアイスランドの花火の「打ち上げ方」はちょっと変わっていて、大晦日を狙ってアイスランドに来るのも納得な一大イベントなんです。



大晦日のアイスランド人

アイスランドの大晦日の花火


1日のスケジュール

  • 昼間は「普通の日」ですので、お店はオープンしているところもあります。お休みの人は家でその日の夜の準備をしています。
  • 夜6時か7時くらいからディナー開始。友達や家族が集まりテーブルを囲みます。
  • ディナーの後は焚き火を見に外出。近所の大きな焚き火は夜8時か9時開始です。同時に花火を打ち上げるのもよいですよ。
  • 夜10:30よりアイスランドの人気番組が始まります。「紅白歌合戦」的なもので、この時間に花火を打ち上げる人はおらず、家でテレビを見ます。
  • このテレビ番組が終了する午前0時前、人々は外に出て盛大に花火を打ち上げ始めます。
  • 周りの人と新年のあいさつを交わし、新年を迎えます。
  • その後も花火はしばらく打ち上げられ、パーティーに行ったり、家に帰ったり、それぞれの夜を過ごします。

レイキャビクは人口も多いので、打ち上げられる花火の数も多いですが、上記のスケジュールはアイスランドのどこでも同じでしょう。規模の差はあれ、焚き火、テレビ、花火はアイスランドの大晦日に欠かせません。この記事の一番最後の動画は、ケプラビーク国際空港があるケプラビークの町の様子を撮影したものです。

大晦日の注意

大晦日の夜はレストランはクローズしていたり、予約が必要だったりと注意が必要です。また通常毎日催行している日中のツアーやオーロラツアーが行われていないこともあります。ホテルの予約も一杯になることが多いので、大晦日を挟んでアイスランドに来る場合は早めに計画をしましょう。ブルーラグーンの営業時間も短縮されますが、人気なことには変わりないため早々に売り切れる可能性があります。

レイキャビクでの大晦日

住宅街から上がる花火の数々

Picture by Jonathan Hood

市民の気持ちが詰まった手作りのイベント、打ち上げ花火

アイスランドの大晦日の花火の特徴は、政府や団体主催ではないということ。文字通り、市民の手作りの花火大会です。(花火は作りませんが)毎年、年末になるとアイスランドレスキュー隊が花火の販売を行います。この売り上げがレスキュー隊の活動費となります。

この花火の販売は年末のみなので、お店が始まるとアイスランド人たちは、我先にと買いに行き、かなりの金額を花火につぎ込みます。もちろん小さい花火もありますが、お目当ては大きな打ち上げ花火です。長い柄がついたものから、連発できるものまで形もサイズも値段も様々な花火。お店の中は毎日大混雑です。

この花火は大晦日になる前から打ち上げられますが、大部分はお晦日まで大切に保管されます。

ハットルグリムス教会の周りでも打ち上げ花火があがる

Photo credit Arctic-Images/Getty Images

打ち上げる場所、見学する場所

また驚くべきなのは、花火を打ち上げる場所。打ち上げ花火といってもプロが打ち上げるような巨大なものではなく、誰でも扱えるものです。ジャケットや帽子、マフラーに身を包み、安全用のゴーグルをつけたら、家の近くの広そうな場所へ。住宅街の中から打ち上げ花火があがります。

ですので、花火までの距離はたった10m、数十m。距離が近く数も多いので、日本の花火とは違った迫力や楽しさがあります。

ダウンタウンエリアでは、ハットルグリムス教会の前の広場や、ペルトランが人気です。特にペルトランは丘の上にあるので、周囲で上がる花火を楽しめます。

また、チョルトニン湖の西側の丘の上に立つ荘厳な教会、ランダコツキルキャ(Landakotskirkja)もお勧めです。

海沿いのエリアや、チョルトニン湖からも花火を楽しめます。

チョルトニン湖からの花火の眺め

花火を楽しむ場所にかかわらず、シャンパンと防寒着は忘れないようにしましょう。また、花火を打ち上げる際には、安全ゴーグルと、周囲にも注意。どこで打ち上げてもOKな代わり、安全は自分で判断してくださいね。

大晦日の夜には特別なツアーもありますよ!

レイキャビクの焚き火

花火のほかにもうひとつ、大きな焚き火を炊く習慣があります。焚き火といってもそのサイズは巨大!クレーンを使ていくつものパレットを積み上げた焚き火は20:00くらいから点火されます。アイスランド全体で90、レイキャビクで15から17もあるという焚き火は壮観です。

ダウンタウンエリア以外の焚き火は、レンタカーがある人向けですが、それぞれサイズも違い雰囲気も違うので、いくつかまわっても楽しいですよ。

激しく燃え盛る焚き火は煙も相当なもの。風向きに注意しながら楽しんでください。

アイスランド人も大好きな大晦日の焚き火

Picture by Egill Aðalsteinsson

変な帽子をかぶったり、着飾ったりして楽しく過ごす夜ですが、寒いですのでジャケットやコートを着てでかけます。

写真の中のReginaのブログ、New Year's Eve in Reykjavík - Icelandでも大晦日の様子が綴られています。

見なければその年が終わらないコメディー、アゥラモゥタスコイプ Áramótaskaup

22:30、焚き火から帰ってきたアイスランド人はテレビの前に集まります。その年に起こった出来事を面白可笑しく振り返るコメディー番組の始まりです。アゥラモゥタスコイプと呼ばれるこの番組、見なければ元旦からの周囲の会話についていけなくなるほどのマストな番組です。1966年に開始されてから、毎年アイスランドのお茶の間だけでなく世間も賑わせています。

50分のプログラムは、いくつもの短いコメディーに分かれており、その年話題になった政治家、芸術家、そして大統領などがコメディーで紹介されます。もちろん、「増えすぎた観光客」など一般の人もテーマに取り上げられますが、このような立場にある人たちは、間違いなくアゥラモゥタスコイプで取り上げられることでしょう。

2016年の番組では、ユーロカップでのサッカーチームの雄たけび、ポケモンGo、パナマ文書、宿泊客にボトルに入った水を買わせたホテルなどが登場しました。

その他のイベント

大晦日ではありませんが、今年は12月30日にシガーロスのコンサートが開かれるなど、大晦日前からアイスランドにいたいイベントがあります。シガーロスの主催するノルズル・オグ・ニーズル( Norður & Niður )は27日から30日の4日間にわたって開かれるアートイベントです。

また、お正月にはアイスランド交響楽団によるコンサートがダウンタウンにあるハルパコンサートホールで開かれます。

元旦以降のアイスランド

アイスランドのお正月はとってもさっぱりしています。新年の夜を楽しんだら、1月1日はゆっくりと。親戚回りほどのかしこまったものではありませんが、大晦日を一緒に過ごさなかった友人や親戚に会ったりして過ごします。

短い日照時間の利点、遅い初日の出

アイスランドで元旦を過ごすなら、ぜひ初日の出を見に行っていましょう。初日の出を見ること自体はアイスランドの伝統ではありませんが、アイスランドの日の出は遅いので頑張らなくても初日の出を見られます。日の出は11:20頃なので朝食後に出かけてみましょう。

あっという間に過ぎ去るお正月

1月2日からは普通の日。新年の浮かれた感じはすぐに抜け仕事へ出かけていきます。もちろんレストランやお店も通常営業です。

この後の大きなホリデーは、3月から4月にあるイースター(復活祭)です。イースターにも多少の営業時間変更などはありますが、期間は毎年変わります。