年末年始休みはアイスランドに行きたい!という方、必見です。12月のアイスランドの天気、クリスマスとお正月の様子、おすすめのアクティビティやモデルコース等。旅行の計画を立てる前に知っておきたい12月のアイスランドにまつわる情報をご紹介します!

12月はアイスランドでもかなり寒く、また一番夜が長い時期でもあります。雪が積もり始め、平均日照時間が一日4~5時間だけになります。

少し寂しく聞こえるかもしれませんが、クリスマスの雰囲気が冬の寒さも暗さもはねのけてくれます。

12月に雪が積もったレイキャヴィークの様子

人気の観光スポットやツアーの多くに参加できますし、氷の洞窟探検やオーロラ観賞はこの時期にピークを迎えます。

雪化粧と氷の造形がこの世のものとは思えない美しさをつくり出し、暖かい格好をしていれば寒さも忘れてしまうことでしょう。それでも、この時期に訪問するなら覚えておくべきことがいくつかあります。

目次
   バス観光

12月のアイスランドでできること  

寒い上に多くの道路も閉鎖されてしまうアイスランドの12月ですが、できることはたくさんあります。レイキャヴィークの町はクリスマス・シーズンになると活気づき、各観光地へ向かうツアーも催行され、様々なアクティビティ体験等もできます。

12月のアイスランドのイベントとお祝い 

年越し花火が盛り上がるレイキャヴィーク

12月のアイスランドといえば、まずはクリスマスでしょう。ルター派の国であるアイスランドでは独特の伝統行事として育まれ、レイキャヴィークをはじめとして他の町もクリスマス一色になります。アイスランドを訪れるなら、クリスマスは夏に次いで良い時期だと言われています。

クリスマスは元々、異教徒のお祭りとして始まりましたが、アイスランドほどそれが顕著に見られる場所は他にないかもしれません。名前からもその歴史がわかります。この祝日は「ヨゥル Jól」と呼ばれ、キリストのミサとは全く関係なく、冬至を境に日が長くなり始めるので、光を祝うものなのです。

詳しい語源については明らかではありませんが、1年のサイクルをまた繰り返す、新年の始まりを表現する「ヒョウル Hjól」という言葉からきたと言う人もいます。

真っ白に染まった12月のレイキャヴィーク

アイスランドがキリスト教を取り入れたのは紀元1000年のことですが、それでも古くからの信仰は社会に根ざしたまま残りました。今日でも、古代ノルド信仰であるアゥサトルーはキリスト教に次ぐ宗教です。 

クリスマス行事(またはアドベント)はルター派と土着信仰が組み合わさったもので、両方の影響をはっきりと見ることができます。クリスマスイブ前の第4日曜がクリスマスの正式な始まりとされ、この日に国中のクリスマスツリーに明かりが灯されます。

首都レイキャヴィークのオイストゥルヴォットルル(Austurvöllur)広場にあるオスロ・クリスマスツリーの点灯式は有名で、特に若い家族に大人気です。このイベントに参加すると、一人目のユールラッズに出会えます。

ユールラッズと呼ばれる13人のアイスランドのサンタ写真: The Icelandic Yule Lads live at Dimmuborgir, photo by Regína Hrönn Ragnarsdóttir

13人の妖精たちは子供たちが怖がらないよう、今日ではサンタの格好をしていますが、これは実は伝統的な衣装ではありません。元々は薄汚くて粗暴な小人たちで、クリスマスの時期になると窓から覗き込んだり、夜通しドアを叩き続けたり、家のスプーンをなめ回したりと、家族を脅かし続ける存在だったのです。

彼らの母親の巨人グリーラ(Grýla)はさらにひどく、毎年クリスマスになると山の洞窟から近くの町へ下りてきては、いたずら好きの子供たちをさらってシチューにして食べてしまいました。

それだけではありません。グリーラはユールキャットという名の大きな黒猫も飼っていて、この猫はクリスマスに服を新調しない子供たちを食べてしまうというものでした。この摩訶不思議な話は、農家が小作人たちに仕事(毛糸を編み上る作業)を年内に終わらせるようにとした話が伝わったものです。

ビョークが歌うユールキャットのクリスマスソングもどうぞご覧ください。

現在これらキャラクターはアドベントフェスティバルを通して、アイスランドならではの面白さと可愛らしさを演出するものとして登場します。12月23日まで続くアドベントフェスティバルの様々なイベントと伝統行事で街全体が盛り上がります。

多くのレストランでは伝統的なアイスランド風クリスマスディナーが振る舞われ、店は飾り付けられて12月15日からアドベントが終わる23日にかけて夜10時まで営業する場所も多いです。また、バーではユールをテーマにしたコンサートやショーもよく開催されています。

12月23日以降の期間はホリデーシーズンの扱いとなり、ツアーが不催行となったり、店、レストランやバーなどが数日間閉まったり、営業時間が短縮されることもあるので注意しましょう。特に12月24~26日、12月31日と1月1日がこれに当てはまります。アイスランドではクリスマスは12月24日の18:00から祝い始めます。

レイキャヴィークにある店舗、レストラン、博物館、美術館、薬局、プールなどのクリスマス期間中の営業時間は、Visit Reykjavíkのウェブサイトに11月から掲載されます。

クリスマス気分に存分に浸るなら、レイキャヴィーク近郊のハフナルフィヨルズゥル(Hafnarfjörður)まで足を伸ばしてみても良いでしょう。この町は民俗文化や伝統とのつながりが強いので、住民はお祭りを思いっきり盛り上げます。期間中は町の中心部がまるでおとぎ話の中のクリスマスのようになります。

アイスランドの独特な建築物、ターフハウスがアゥルバエヤルサプン野外博物館に見学できる写真: Regína Hrönn Ragnarsdóttir

また、昔のアイスランド人の生活を再現するアゥルバイル(Árbæjarsafn)野外民族博物館もおすすめです!通常は夏の間だけ開館するこの博物館ですが、12月の週末は13:00~17:00まで見学できます。

ここでは伝統的な建築法で建てられたアイスランドのターフハウス(草屋根の家)や教会が展示されています。そして、様々な階級の人たちがどうやってクリスマスを祝っていたのかを見ることが出来ます。

クリスマスの小物やお菓子を売るギフトショップでは、お土産に最適なキャンドルの作り方を見ることができます。また、ハゥンギキョート(hangikjöt)と呼ばれる子羊の燻製やロイファブロイズ(laufabrauð)という名の薄いパンといった、クリスマスならではの料理を伝統家屋で味わうこともできます。

飴が盛り沢山!アイスランドのアゥルバイヤルサプン博物館のクリスマスショップ写真:Regína Hrönn Ragnarsdóttir

ガイド付き博物館ツアーが13:00に、「ターフハウスの教会」でのクリスマス・ミサが14:00にあります。14:00~16:00の間にはユールラッズが現れて盛り上げてくれて、15:00には広場でお祝いの踊りが披露されます。

博物館の入場券は現地で買うこともできますが、レイキャヴィークの博物館やギャラリーで共通して使えるレイキャヴィーク・シティ・カードを購入する、という手もあります。

首都レイキャヴィークから離れた場所で過ごしたい方はオゥビグダセートゥル・イスランズ(Óbyggðasetur   Íslands)の荒野センターを訪ねてみてはいかが?昔ながらのファームハウスのインテリアがそのまま残っているゲストハウスでもあり、博物館の役割も果たしているユニークな建物です。12月中はここで「クリスマスのノスタルジア」ツアーがあり、天然温泉や素晴らしい景色が広がるハイランドでアイスランドのクリスマスの歴史が学べ、手作りのアイスランド流クリスマス料理も存分に味わうことができます。



ファクサフロゥイ湾から見たハルパ・コンサート・ホールと年越し花火

アイスランドのニューイヤーでさらに盛り上がりましょう!レイキャヴィークの大晦日の夜は一年で一番活気づきます。

新年を迎える時間が近づいてくると、壮大な花火のショーを見るために、道路は何千人もの人で埋め尽くされます。現地の人はどっさり花火を買い込んでそれぞれ自由に打ち上げるので、夜空は何時間にもわたって輝き続けます。

一番眺めが良いのは町を見渡す丘にそびえるハットルグリムス教会(Hallgrímskirkja)からでしょう。とはいえ、街全体で打ち上げられる花火はレイキャヴィーク市内ならどこにいても楽しめます。そこら中で打たれる花火は危険も伴うので、ゴーグルがあると便利です。大晦日は町中で買うことができます。

年越しの花火は一年に一度レイキャヴィーク住民が羽目を外す光景は見ものです。参加してみてはどうですか?



ヴィーズエイ島のイマジン・ピース・タワーとオーロラ写真:Imagine Peace Tower Tour

クリスマスと新年以外には、二つのイベントがあります。毎年冬至の日(12月21日)になるとヴィーズエイ(Viðey)島にあるイマジン・ピース・タワー(Imagine Peace Tower)が点灯され、これが12月31日まで続きます。フェリーで島へ渡ってセレモニーを見ることもできますが、それ以降はオーロラを探しにヴィーズエイ島に行き、イマジン・ピース・タワーを見学するツアーもあります。

このセレモニーには、ジョン・レノンを偲んでこのアイデアを考えついたオノ・ヨーコが出席することもあります。タワーの根本には「平和」が24ヶ国語で書かれていて、天上に向かい照らされたライトは晴れた夜には4キロ上空まで届きます。

大晦日にはまた、レイキャヴィークで10キロマラソンが開催されます。住民には大人気のイベントで、参加者の多くは仮装をして、優勝者も選ばれます。マラソンはハルパ・コンサート・ホール(Harpa)がスタート兼ゴール地点となり、レイキャヴィークの美しい街並みと自然の中を走り抜けます。

12月の氷の洞窟探検  

氷の洞窟は、一定の条件の下にしか現れない壮観な大自然の造形

クリスマスや年末行事のほかにも、12月のアイスランドではたくさんアクティビティが楽しめます。有名な氷の洞窟探検もその一つです。

氷河の下を流れる水がトンネルを作り、氷冠の下に信じられないような青い世界が広がります。世界でも稀な現象ですが、12月のアイスランドでは3つの氷河で天然の氷の洞窟に入るチャンスがあります。

ヨーロッパ最大のヴァトナヨークトル氷河(Vatnajökull)は一番人気があります。それは何故かというと、周囲に冬の間にも訪れることができる数々の素晴らしい観光スポットがあるからです。そのうちの一つは、ヴァトナヨークトル氷河から車で1時間離れている場所にがスカフタフェットル(Skaftafell)自然保護区。12月になると氷河は白雪と黒い火山灰が混ざったものから鮮やかな青の氷へと姿を変え、保護区内へと伸びてくるので、歩いて簡単に行けるようになります。もう一つはヨークルスアゥルロゥン(Jökulsárlón)氷河湖です。湖に浮かぶいくつもの氷山は魅惑的で、また冬場はアザラシを見るにも最適な場所になります。



ミールダルスヨークトル氷河の洞窟はカトラの氷河の洞窟とも呼ばれることがある写真:Katla Ice Cave Tour

レイキャヴィークに近いものなら、活火山であるカトラ(Katla)火山を覆うミールダルスヨークトル氷河(Mýrdalsjökull)内にできる氷河の洞窟探検ツアーがあります。ヴィークの町で集合するツアーは1年中参加できますが、レイキャヴィークから出発する氷河の洞窟ツアーは10月から5月まで催行されます。このツアーは南海岸全ては巡りませんが、セリャラントスフォス(Seljalandsfoss)滝には立ち寄ることができます。

ヴィークの町から氷河の洞窟ツアーに参加する方はぜひレイニスフィヤラ(Reynisfjara)のブラックサンドビーチまで足を運んでみてください!ここは冬になると大波が岩や浜辺に打ち付ける壮大な姿を見せます。その圧倒的な光景は一見の価値ありですが、高波にさらわれることがないよう、海岸から30メートルは離れるようにしましょう。また、レイニスフィヤラの近くにレイニスドランガル(Reynisdrangar)の岩柱群とディルホゥラエイ(Dyrhólaey)の岬といった魅力的な自然の造形も見ることができます。

The ice caves can be vast spaces, but none are permanent.

最後にラングヨークトル氷河(Langjökull)の洞窟があります。これらはラングヨークトル氷河のアイストンネルとは違い、スノーモビルでしか到達できません。探検を始める前に20分間氷河の上を疾走する体験は、爽快なものになるでしょう。残念ながら2018年をもちましてラングヨークトル氷河にできる氷の洞窟は危険性のためアクセスが禁止されており、ツアーが不催行となります。

冬のアイスランドを訪れるなら、氷の洞窟をお見逃しなく。大雨の後は洪水が起きて崩れやすくなることがあるので、安全性を優先して氷の洞窟探検は必ず経験のあるガイド付きの公式ツアーに参加してください。悪天候などにより氷の洞窟探検が中止されてしまった場合は一部の返金があります。



12月のオーロラ観賞  

スナイフェルスネス半島のブージルの町にある黒い教会とオーロラ

オーロラは北の空に常にまたたいているのですが、日光で見えなくなってしまうのが問題です。12月はこれがそれほど影響しません。冬至をまたぐ何週間かは正午前後に4時間しか日が出ないので、毎日20時間もオーロラを見るチャンスがあるのです。

はっきりとしたオーロラを見るには二つの条件が必要です。活発な太陽活動と、雲が少ないことです。これらは両方とも、アイスランド気象台のウェブサイトのオーロラ予報で確認することができます。これらの条件が良いと、オーロラが見られる可能性は高いです。



湖に反射されているアイスランドのオーロラ

アイスランドからオーロラを見るには三つの方法があります。一つ目はグロッタ(Grótta)灯台やクランブラトゥーン(Klambratún)公園など、レイキャヴィークでも一番暗い場所へ行くことです。特にオーロラが強力な夜なら、ビアガーデンや薄暗い道など、多少の街明かりがある所からでも見られることさえあります。

でも一番の問題は、どんな光害であってもオーロラの強さを制限してしまい、また雲が出るとどうしようもないので、移動ができないと台無しになってしまうということです。

レイキャヴィークのグロッタ灯台とオーロラ

二つ目はアイスランドでレンタカーを借り、オーロラ予報を参考にしてご自分で探しに出ることです。この方法なら町の明かりも他の観光客も気にすることなく、周りに誰もいない大自然の中でオーロラを独り占めできます。

言うまでもなく、レンタカーを借りて見に行く場合は運転に自信があるドライバーが道路の下調べをした上で行ってください。

生きている間にオーロラを見たい!という願望をもって冬のアイスランドを訪れる人は少なくない

最後のオプションが一番簡単で見られる可能性も高いものです。それは、オーロラツアーに参加することです。これらのツアーには、アイスランドの道にもオーロラにも非常に詳しいガイドが付きます。オーロラの仕組みを詳しく教えてもらえるだけでなく、オーロラの写真を撮る手助けもしてもらえます。

もし悪天候でツアーが中止になったり、予報が外れてオーロラが見えなかったりした場合は、オーロラが鑑賞できるまで無料でまたツアーに参加できるのです!

多くのオーロラツアーはそれほど高額ではありません。例えば、日本語音声ガイド付きのオーロラバスツアーは、大きめのバスでその時の最良の条件が揃った見学場所へ連れ出してくれます。

もっと少人数で体験したい方には、小型バスで行くツアーやスーパージープで行くツアーもあります。大きなバスでは入れない道を進み、他に誰もいない場所でゆったりとオーロラ観賞が楽しめます。

また、オーロラクルーズもレイキャヴィークから参加できます。ダウンタウンエリアから徒歩15分以内にあるオールドハーバーから出発しアクセスも良く、ピックアップが必要な場合はオプションで追加もできます。冬のアイスランド旅行はバスで出かけることが多いので、ボートツアーに参加して一風変わった体験をするのもいいでしょう。

12月の溶岩洞窟探検  

アークレイリにあるロフトへトリル洞窟内の様子写真:ミーヴァトン湖集合│ロフトヘトリル洞窟探検

溶岩洞窟の探検は年間を通してできますが、冬には冬独特のユニークな風景が見られます。溶岩には水が浸透するので、天井からしたたって凍った水はツララとなり、地面にたまった水はまるで鍾乳石のように凍り氷筍を作ります。

氷の造形が見られる美しい3大洞窟は

  • レイキャネス半島にあるレイザレンディ(Leiðarendi)洞窟

  • アイスランド西部のハットルムンダルフロイン(Hallmundarhraun)溶岩原にあるヴィズゲルミル(Viðgelmir)

  • クヴェラゲルジ(Hveragerði)近くのロイヴァルホゥルスヘットリル(Raufarhólshellir)

です。

レイザレンディは冒険心をそそる洞窟です。中には明かりも歩道もなく、よじ登ったり這ったりしなければならない箇所もあります。冬場は入り口が雪でふさがれていることも多いので、雪をくり抜いた穴を滑り降りなければいけません。ですから狭い所が苦手な方には向いてないかもしれません。

広い溶岩台地の中にあるレイザレンディの洞窟

閉所恐怖症気味の方にはヴィズゲルミルロイヴァルホゥルスヘットリルが良いでしょう。入り口はどちらも広くて、木製の歩道へと続く階段を下りられます。中も明るく広いので、かがんだりせずに進むことができます。

溶岩洞窟探検はそれほど危険ではありませんが、必ず専門のガイドと探検してください。熟練ガイドが引率するツアーなら安心してツアーも楽しめるし、必要となるケイビング用の道具(特にカンテラ、ヘルメット、ハーネス)も用意されます。



12月のアイスランドでシュノーケリング  

真冬の12月にもアイスランドでシュノーケリングを体験できる

写真:Into the Blue | Snorkelling Day Tour

溶岩洞窟探検同様、シュノーケリングも通年楽しめますが、冬場は特にユニークな体験になります。有名なのはシンクヴェトリル(Þingvellir)国立公園のシルフラ(Silfra)です。

シルフラの割れ目は地質的要因でできました。北アメリカプレートとユーラシアプレートの境目にあり、双方が引き合うことで峡谷ができ、ラングヨークトル氷河の下を流れる水が流れ込んだものです。

水が溶岩原を通るとフィルターの作用が起こり、峡谷に泉として湧き出る時には、驚くほど透き通ったきれいな水になります。また、地中にある時は常に水温2度を保っているので、シンクヴァトラヴァトン(Þingvallavatn)湖に注ぎ出るまでは凍ることもありません。



真冬のシルフラの泉とオーロラ

このような条件が揃ったことにより、シルフラは比類ないシュノーケリング場所になりました。訪れる人は皆、大聖堂のような大きな空間と鮮やかな青い水に驚嘆します。さらに冬場はその魅力が増すのです!氷の造形と雪原に囲まれたプレートの間の泉を泳ぐなんて、なかなか体験できるものではありません。

アイスランドでシュノーケリング、特に一番暗い月に、と聞くと信じられない話に聞こえるかもしれませんが、用具さえ揃えば十分にできるのです。ドライスーツが水の侵入を防ぎ、ぶ厚いアンダースーツは寒さから守ってくれます。ウェットスーツのフードとグローブの隙間から多少の水は入りますが、すぐに温まって動きやすくなります。

ガイドは皆、プロ級のスキューバ・インストラクターで、冷たい水の中での行動と関連用具に関する経験も豊富です。

年間を通して楽しめるアイスランドでのシュノーケリング体験

写真:Snorkelling Silfra Day Tour

もちろん、どんなアクティビティにも危険はつきもので、シルフラでのシュノーケリングも例外ではありません。したがってツアーに参加するには、年齢16歳以上、体重50キロ以上、身長150センチ以上でなければいけません。また60歳以上の方、呼吸器、循環器、神経系の病歴がある方は医師の診断書の提出が必要です。もちろん、シュノーケリング体験は資格のあるガイドつきで行ってください。



12月のアイスランドでホエールウォッチング  

レイキャヴィークのファクサフロゥイ湾でブリーチングしているクジラ写真:レイキャビク発|ホエール ウォッチング(複数回出発)

12月のホエールウォッチングは素敵な体験です。夏場に餌場のあるアイスランドに来ていた大型のヒゲクジラは南の繁殖地へと去って行ってしまう可能性が高い(それでも中には一年中残るものもいます)ですが、多くのハクジラを見ることができます。

冬のアイスランドでホエールウォッチングに最適な場所はレイキャヴィークが面しているファクサフロゥイ湾(Faxaflói bay)とスナイフェルスネス(Snæfellsnes)半島です。首都のオールド・ハーバーからは2~3時間のツアーが毎日複数回出ています。

一番多く見られるのがカマイルカです。このアクロバティックな種は群れで泳ぎ、飛び跳ねたり船と並走したりといった行動で知られています。もしかしたら恥ずかしがり屋のネズミイルカやシャチの群れにも出くわすかもしれません。



スナイフェルスネス半島で見るシャチ写真; 2 Day Snæfellsnes Tour

冬はニシンが集まるので、どうしてもシャチが見たいという方はスナイフェルスネス半島へ向かいましょう。ブレイザフィヨルズル(Breiðafjörður)湾へはグルンダフィヨルズル(Grundarfjörður)またはオーラフスビーク(Ólafsvík)から行くことができます。運が良ければこの崇高な動物に会えることでしょう。

このエリアではまた、アイスランドの周りに住んでいながら見つけるのが難しいゴンドウクジラや、その存在がほとんど知られていないアカボウクジラなども見るチャンスがあります。



12月のアイスランドで氷河ハイキング  

12月の氷河は素晴らしいの一言です。冬の間は新しい氷によって大きく広がり、真っ青な色に変わります。色々な種類のツアーが出ているので、氷河の上では様々なアクティビティを楽しむことができます。

氷河ハイキングが一番人気です。ソゥルヘイマヨークトル(Sólheimajökull)とスカフタフェルスヨークトル(Skaftafellsjökull)、二つの氷河が冬でも気軽にハイキングできます。

南海岸のスコゥガフォスの滝とヴィークの間にあるソゥルヘイマヨークトル氷河はこのソゥルヘイマヨークトル氷河発|氷河ハイキングツアーでハイキングを体験できます。また、このソゥルヘイマヨークトル・アイスクライミングと氷河ハイキングツアーのように、アイスクライミング体験が味わえる氷河ハイキングツアーもあります。



スカフタフェルスヨークトル氷河で堪能できるドラマチックな氷河の景色写真:Glacier Discover | Glacier Hike from Vatnajökull 

スカフタフェルスヨークトル氷河は南岸をさらに東へ進んだ美しいスカフタフェットル(Skaftafell)自然保護区内にあります。この氷河からの景色は息を飲むような素晴らしさです。

ここでのツアーは、例えばこの「スカフタフェットル氷河ハイキング|健脚者向け」のように、ほとんどが現地で集合するためレイキャビクからレンタカーを運転する必要があります。車の運転に不安のある方は南海岸の見どころスポットも見学できる、氷河ハイキング体験付きの2日のパッケージツアーが便利です。

氷河ハイキングでは素晴らしい景色と冒険を楽しめるだけでなく、経験豊富なガイドから氷河の形成、発達、脅威なども学ぶことができます。



12月のアイスランドでスノーモビル  

ラングヨークトル氷河で楽しむスノーモビール体験写真:ラングヨークトル氷河でのスノーモービルツアー|グトルフォスの滝集合

氷河観光のもう一つの方法はスノーモビルツアーです。ほとんどはラングヨークトル氷河で行われ、レイキャヴィークから出発するツアー現地グトルフォス(Gullfoss)滝から出発するツアーがあり、ゴールデンサークル観光と組み合わせたツアーもあります。

このスリル溢れる体験は通常1時間で、その間は古代の氷の上を自由に走り回ることができます。スノーモービル体験を満喫するには防寒のつなぎ服、ヘルメットとグローブが用意されますが、スノーモービルを運転するには有効の運転免許証が必要です。また、日本語で書いてある運転免許証は英訳が必要で国際運転免許証も提示しないといけません。一方、アルファベットで記載された運転免許証があれば(例えばEU加盟国やアメリカで取得した運転免許証など)、国際運転免許証が不要となります。

ラングヨークトル氷河では他にも非常にユニークな体験ができます。氷河の最も固い部分に人工トンネルが掘られているので、世界中でもここでしかできない、氷の層の中の探検ができるのです。

このアイストンネルツアーもおすすめですが年間を通して参加できるので、冬季限定でしか催されない天然の氷の洞窟ツアーを優先した方が良いかもしれません。とは言え、人の手でできたアイストンネルはよほどの悪天候ではない限りほとんどツアーが催行され、中止されてしまう可能性が非常に低いです。



12月のアイスランドで楽しむバス観光  

もちろん、12月を通して観光できる場所はたくさんあります。有名なゴールデンサークルヨークルスアゥルロゥン氷河湖まで続く南海岸スナイフェルスネスとレイキャネスの両半島、これらの大部分へは行くことができます。いくつものツアーから選ぶか、四輪駆動車を借りてご自分で運転するのも良いでしょう。

12月のアイスランド中央高地、ハイランド地方へのアクセスは「スーパージープで行く3日間|ゴールデンサークル、ランドマンナロイガル、南海岸を巡るツアー」に参加しない限り個人でレンタカーを使い訪れることは不可能です。道路は何メートルもの雪に覆われていて、道路標識が完全に埋もれてしまっている可能性すらあります。

東南アイスランドにあるヴェストラホルンの山

アイスランド北部、東部、そして特にウェストフィヨルドへの通行は気象や道路の状態が悪いとできません。

それでもこの「アイスランド南部、東部、北部を巡る冬の6日間ガイド付きツアー」と、「冬季セルフドライブツアー10日間|ゆっくりと西南部をドライブ」は予約できます。アイスランドの冬の気候の激しさを考慮して、余裕を持った日程が組まれています。



ブルーラグーンで時を忘れるほどリラックスする

長時間のドライブの後はお湯に浸かり、旅の疲れを癒すのも良いでしょう。ブルーラグーンで入浴を楽しむほか、レイキャヴィークが誇るプールやジャグジーでリラックスした時間を過ごしてみてください。


12月のアイスランドについて知っておきたいこと  

凍結した道路に注意すべき、冬のアイスランドでのドライブ写真:Radka Valova

クリスマスと新年のイベントが12月のアイスランド一番の魅力です。見逃せないアクティビティも他にいくつもありますが、冬のアイスランド旅行の際に何を準備しておくべきか知っておく必要があります。最も注意すべき点は二つ、気候と運転です。

12月のアイスランドの気候  

平均気温は0°前後で、-1° から4°の間です。降水量は97 mmで、アイスランドで一番湿度が高い月でもあります。

12月の降雪は一般的ですが、レイキャヴィークではまだ降らない可能性が高いです。首都の気温は他の地域よりも高いので、雪が積もるのは1~4月の間にたまにある程度なのです。

いずれにせよ、帽子と手袋、保温下着、防風・防水ジャケット、その間に着る温かい服は用意しましょう。自然の中を探索する方は丈夫なハイキングブーツも忘れずに。



自然を楽しむ旅に出かける前にアイスランドの天気と道路状況の確認も忘れずに!

12月のアイスランドでの運転  

気温が低く、濡れて見える道路が実際はブラックアイスに覆われ、凍っているという場合もあります。このような環境に慣れていない場合、12月の運転は危険性が上がると言われています。ですからレンタカーを借りる場合は四輪駆動車にしましょう。首都を離れて地方へ出るなら必須です。

一度も雪の中や凍った路面で運転したことがない、または自信がない方は、レンタカーは諦めてツアーに申し込んで経験豊富なドライバーに運転してもらいましょう。

これが間違いなく一番楽で安全な方法です。ホテルへ直行してくれるシャトルバスも出ているので、ケプラヴィーク(Keflavík)国際空港からレイキャヴィーク市内へも運転する必要はありません。

雪嵐に慣れているアイスランドの馬たち

自分で運転せずに地方を存分に堪能するなら、ストレスをためることなく観光スポットを巡れるガイド付き冬のパッケージツアーが良いでしょう。運転好きの方には、自分で運転して行く冬のセルフドライブツアーがいくつもあります。

後者を選ぶなら、目的地までのルートは出発前にしっかり確認するようにしましょう。ハイランドへ入る道路と、ウェストフィヨルドの周りの道路の多くはこの時期になると閉鎖されるので注意が必要です。道路状況についてはroad.isで確認してから旅に出かけてください。

毎回出かける前に天気を確認することも忘れずに!これはアイスランド気象台のウェブサイトからできます。南海岸沿いの1号線など一部の道路は風が強く、また降水の後は雪崩が起きやすい道路などもあるので、それらを勘案した上で予定を立て、何かあった時は柔軟に対応するようにしましょう。



12月のアイスランドのロマンス

毎年の12月に点灯するレイキャヴィークのクリスマスツリー

そして最後に、12月のアイスランドはロマンチックな休暇を過ごすのに最適です。クリスマスムードが高まり小雪が舞う町、オーロラ、そして選り取り見取りのツアー。国全体が魅惑的な冬化粧をまとった魔法の世界に変身し、世界中のカップルを惹きつけます。冬のハットルグリムス教会前のプロポーズ写真:jrbowe.

加えて、この時期はどの町もまばゆく飾りつけられ、夜は明るく照らされ、まるでおとぎ話の世界のようになります。

暖かいカフェで距離も縮まり、雪に覆われた道を散策、素敵な田舎を探索し、夜にはオーロラ観賞。クリスマスの幻想的な雰囲気はプロポーズにぴったりかもしれません。



12月のアイスランド旅行のモデルコース  

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖とオーロラ

12月のアイスランド旅行に最適な日数は8~9日間です。レイキャヴィークから出ずにロマンチックな雰囲気にどっぷり浸るもよし、アイスランドの大自然を存分に堪能するもよし。アドベンチャーを求める冒険好きな人もいれば、観光をしながらゆっくりと休日を過ごしたい人もいます。

人によって興味も違えば、体力も旅行の予算もそれぞれです。下記に12月という真冬のアイスランドの魅力を楽しむプランをご紹介したいと思います。行程はカスタマイズすることも可能ですのでお問い合わせください。

A waterfall in North Iceland.

到着前に決めておくべき重要なことが、四輪駆動車を借りて自分で運転するかガイドと一緒にツアーに参加するかのことです。自分で運転して1週間以内で有名観光地を巡るプランはいくつもあります。

まずはヨークルスアゥルロゥン氷河湖まで行く、氷の洞窟探検付きの2日間のセルフドライブツアーがあります。ゴールデンサークルやスナイフェルスネス半島などの西部のスポットをまわる、5日間のセルフドライブツアーと組み合わせることもできます。1週間で国の大部分を見ることができ、9日間滞在すればレイキャヴィークの観光も存分に楽しめます。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の流水

冬のアイスランドでの運転は雪道運転に経験のある方だけにお薦めしております。運転に不安がある方はバスで行くツアーやホテルとセットのパッケージツアーがおすすめです。

8日間アイスランドに滞在する方は7泊8日のウィンターパッケージツアーが最適でしょう。1週間強でゴールデンサークル、南海岸、ヨークルスアゥルロゥン、スナイフェルスネス半島を見ることができ、そのうち1日はレイキャヴィークを探索するか、アークレイリ(Akureyri)へ飛んでミーヴァトン(Mývatn)湖の周りのスポットを観光するか選択することができます。

氷の洞窟探検のほかにも特典のオーロラバスも付きます。また、アクティビティを楽しみたい方は、乗馬体験、スノーモビル、シュノーケリングというオプションもあります。

クリスマス気分が楽しめる12月は、首都に少し長くいるのもいいかもしれません。その場合、いくつかのパッケージを組み合わせることで町と自然のちょうどいいバランスがとれるでしょう。

12月にはクリスマスをテーマにしたコンサートを開催するハルパ・コンサート・ホール

初日はケプラヴィーク空港に着いたらシャトルバスに飛び乗り、ブルーラグーンでアイスランドでの休暇が始まります。フライトの疲れが抜けるまでゆっくりとお湯に浸かったら、レイキャヴィークへ向かい、ホテルで落ち着きます。

その後は町へ繰り出し、クリスマス気分を存分に味わいましょう。メインストリートのロイガベーグル(Laugavegur)とダウンタウンはきらびやかに飾りつけられています。

後日レイキャヴィークで過ごす時間があるので、まずは自然の中へ出かけます。1泊2日のツアーに参加し南岸沿いの観光スポットを巡り、初日の夜はヨークルスアゥルロゥン氷河湖で迎えます。運が良ければ氷山の上で踊るオーロラを見ることができるでしょう。

2日目は首都へ戻る前に氷の洞窟探検ができます。

アイスランドの氷の洞窟の特別な美しさ

アイスランド4日目はさらにレイキャヴィークを楽しみます。午前中はレイキャヴィーク海洋博物館でアイスランドの興味深い歴史を学ぶもよし、世界で唯一つのペニス博物館で一風変わった展示品を覗いてみるもよし。その後13:00の開館に合わせてアゥルバイル野外民族博物館へ向かいます。

ここではクリスマスの雰囲気に飲まれずにはいられません。ユニークなお土産を買い求めるにはもってこいの場所です。夜は町の人気レストランでディナーを楽しむか、バーでナイトライフを覗いてみましょう。

5日目と6日目はスナイフェルスネス半島へ2日間の旅へ出ます。キルキュフェットル(Kirkjufell)の山やスナイフェルスヨークトル(Snæfellsjökull)氷河、ロゥンドランガール(Lóndrangar)の奇岩などの複雑な地形や風景を見て、アザラシ観察、溶岩洞窟探検をする機会もあります。

真冬のキルキュフェットルの山の様子

7日目はアイスランドで最も有名な観光ルートであるゴールデンサークルを巡ります。自然の中で過ごすのはこれが最後なので、ホエールウォッチング、乗馬体験スノーモビルシュノーケリングなどのツアーも組み合わせることも可能です。

8日目はケプラヴィーク空港に戻って帰路につきます。9日間滞在する方はさらにレイキャヴィークでクリスマス気分を味わってじっくりと街の散策を楽しめます。