アメリカの人気ドラマ、ゲーム・オブ・スローンズの舞台

写真: Game of Thrones revisited tour

映画を見ていたら、心に染み入るような美しい風景が映し出され、景色の移り変わりもストーリーの主役のよう。アイスランドは、その美しくユニークな自然のために、多くの映画の撮影ロケ地として人気があります。ハリウッド映画から自主映画、音楽のPVに至るまで数えきれないほどありますが、この記事ではその一部をご紹介。記事後半では、アイスランドの発の映画も紹介します。

スターウォーズ/ローグワン

映画予告でも一目でわかってしまったミルダルスサンドゥル(Mýrdalssandur)の風景。広大な黒い砂の砂漠と、苔むした緑の丘が地球とは思えない光景です。

ローグワンの撮影地

まさにその通りで、映画ではジン・アーソとその両親が隠れて生活する惑星、ラムーのロケ地となっています。ヴィークの町の東側にあり、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖へのツアーなどでも車窓からご覧いただけます。


・ミルダルスサンドゥルの砂漠を通る南海岸ツアー


LIFE!

アイスランドのプロモ映画かとも思えるほどに、惜しみなくアイスランドの風景を使った映画で、映画のロケ地を求めてアイスランドに来る人も少なくありません。

映画の中では主人公ウォルターが、アメリカ、グリーンランド、アイスランド、そしてヒマラヤと、世界各地を飛び回りますが、実際のロケ地はアメリカとアイスランドだけなのです。グリーンランドとヒマラヤのシーンもアイスランドで撮影されました。そのためか、アイスランドが「役」として最後のエンドロールに登場します。

グリーンランドとして撮影されたのは、スナイフェルネス半島にあるスティッキスホゥルムルの港町、そしてヴァトナヨークトル氷河のエリアではネパールとして撮影されました。アイスランド東部にあるセイジスフィヨルズル(Seyðisfjörður)では火山の噴火シーンが撮影され、レイキャビクやレイキャネス半島も登場します。

この何もない風景はレイキャビク郊外にあるブラウフィヨットルの山周辺で撮影されています。

スケボーを抱えるウォルター

写真:IMDB

グリーンランドのふりをした、スティッキスホゥルムルの町

スティッキスホゥルムル

写真 Twentieth Century Fox Film Corporation

こちらもスティッキスホゥルムルです。

スティッキスホゥルムル

写真:Xiaochen

ネパールのシーン。

標高の高いネパールの景色のふり

写真: Twentieth Century Fox Film Corporation

フャットルサロン(Fjallsárlón)のそばでも撮影。

フィヤットルサロン

写真: Xiaochen

ネパールのシーンで。

スコゥガフォスの滝でも撮影

写真 Twentieth Century Fox Film Corporation)

行ったことのある人ならわかるはず。実は南海岸にあるスコゥガフォスの滝です。

壮大なスコゥガフォスの滝

ウォルターのようにアイスランド各地を駆け巡りたい!という人にはドライブがお勧めです。レンタカーを借りたり、セルフドライブツアーを利用して訪れてみましょう。


・ウォルターのように自由にドライブなら格安レンタカーを借りよう!

・行きたいところはあるけど、細かい旅程は任せたい人はセルフドライブツアーがおすすめ。

・バスツアーでもアイスランド一周旅行は可能です!6日間周遊ツアー7日間周遊ツアー


ゲーム・オブ・スローンズ

アメリカのテレビドラマ、ゲーム・オブ・スローンズ。熱狂的なファンも多いドラマです。ノース・オブ・スザ・ウォールと呼ばれる北国のシーンはすべてアイスランドで撮影されており、このドラマでは前シーズンを通して凍りつくアイスランドの風景を見ることができます。

シンクヴェトリル国立公園や、ミーヴァトン湖、ディンムボルギルなど、ユニークな自然が豊かなロケーションで撮影されています。

また、アイスランドからは役者も登場。マウンテンと呼ばれる巨漢はアイスランド人、ハフソゥルが演じています。またシガーロスの音楽も使われ、アイスランドのエレメントがふんだんに盛り込まれています。


・シンクヴェトリル国立公園に行くならゴールデンサークルツアー

ミーヴァトン湖周辺の観光ツアーもお勧めです。


インターステラー

アイスランド南部で撮影されたこの映画。二つの惑星のシーンで使われていますが、実は二つのエリアは車で1時間ほどしか離れていません。スヴィナフェルスヨークトル氷河と、マゥファボゥト(Máfabót )という場所で撮影されています。

インターステラーのロケ地となったアイスランド

写真:Reddit

スヴィナフェルスヨークトル氷河。アイスランドの氷河はツアーに参加すれば実際に歩くこともできます。映画のシーンを思い出しながらの旅はいかがでしょうか?

インターステラーの氷河シーン

写真: IMDB

バットマン・ビギンズ

ヴァトナヨークトル氷河は国道1号線からのアクセスがよく、他の国々ではアクセスの難しい山岳風景のシーンにも使われることが多くあります。この動画のシーンはスカフタフェットルで撮影されました。

007 ダイ・アナザー・デイ

こちらも、撮影場所として人気の高いヨークルスアゥルロゥン氷河湖で撮影されました。映画の中では氷でできたアイス・ホテルに行くことになっていますが、アイスランドにはこのようなホテルはありません。氷の建物が作れるくらい寒くはないためです。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖

氷上でのカーチェイスのシーンがありますが、この撮影クルーはすごいラッキーでした!なぜならこの氷河湖は冬でも凍らないからです。海からの波などがあり、水面に張った氷は比較的簡単に割れてしまいますが、この撮影の時には厚い氷が張ったのです。これもジェームス・ボンドのおかげでしょうか。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖は人気の観光地でバスツアーも多くあります。ぜひ訪れてみましょう!

007 美しき獲物たち

こちらもジェームス・ボンドの映画です。アイスランドはロシアということになっています。

トゥームレイダー

こちらもヨークルスアゥルロゥン氷河湖。そしてシベリアということになっています。氷河湖ではボートツアーもありますよ!

オブリビオン

アイスランドの異世界ぶりを見せつける映画のひとつです。奇妙な地形の多いアイスランドはSF映画にもピッタリです。アイスランド北東部にあるフロッサボルグ(Hrossaborg)やドレカヴァトン(Drekavatn)で撮影されました。フロッサボルグはツアーで訪れることもできます。

オブリビオンに登場するクレーター

写真: The Register

撮影風景

オブリビオンの撮影風景

写真:The location guide

スター・トレック /イントゥ・ダークネス

レイニスフィヤラでも撮影されたスター・トレック

こちらはアイスランド南部にある海岸線です。真っ黒な浜辺はどこか物々しい雰囲気があります。

ブラックサンドビーチはツアーで訪れることもできるので、お勧めです。

普段のレイニスフィヤラ

プロメテウス

プロメテウスでのワンシーン

写真:Joblo.com

The engineer豊かな水量を誇るデッティフォスの滝。アイスランドの北東部にあり、プロメテウスのロケ地となりました。 ミーヴァトン湖とともに周辺エリアを代表する観光スポットとなっています。

デッティフォスは人気のスポット

境界線

原題「Bokeh」2017年に公開された映画で、主人公の2人以外の人間が突然消えてしまうというミステリー。アイスランド旅行に来ていた2人は、他の人間の存在を探してアイスランド各地を巡ります。美しいというだけでなく、心の葛藤をも映しているかのような、奥の深い自然を見ることができます。

TSUKI

映画ではありませんが、TSUKIのPVの撮影もヨークルスアゥルロゥン氷河湖で行われました。

ここまでは海外メディアを取り上げましたが、アイスランド発の映画も見逃せませんよ!

トラップ 凍える死体

原題は Ófærð。アイスランドでの人気のドラマです。厳しい自然の中で生きる人々の人間模様にも注目です。

ハートストーン

2017年公開の映画で、アイスランドの田舎での生活を垣間見ることができます。

アイスランドが恋しくなったら、アイスランドの映画やここで紹介した映画などを見て、きれいな風景を思い出してくださいね。