スケールの大きなソゥルヘイマヨークトル氷河での氷河ハイキング。Photo: Kuna

アイスランドでは自然の観光がメイン。そしてその自然を間近で体験するにはガイド付きのツアーに参加するのがお勧め!アイスランドに来たら欠かせないオススメのツアーを紹介します。

⇒もう読みましたか?早わかりアイスランド基本情報

⇒もう行きたい場所は決まっている!お得なツアーを検索してみよう!

アイスランド観光のヒント

目の前に広がる氷河、深い川底がとってもきれいなシルフラの泉、地下に広がる溶岩の洞窟、大海原を泳ぐクジラの群れ...。

アイスランドの大自然は美しいだけでなく奇異に富み、初めて訪れる人の冒険心をくすぐるスポットがたくさんあります。バスツアーやレンタカーでも観光はできますが、氷河や洞窟などはガイドの案内や専用の装備が必要なこともあります。

また冬にはオーロラツアーなど、バスツアーではあってもガイドの専門知識が存分に発揮されるツアーもあります。オーロラはアイスランド全土で観察できる可能性がありますが、専門のガイドさんたちが連携して「今夜もオーロラハンティングだ!」と出かけるバスツアーでは素敵なオーロラを見られるチャンスは高くなります。

ツアーQ & A

ツアーは毎日催行していますか? 空席状況は確認できますか?

Guide to Icelandのサイトに掲載されているツアーはほとんどが毎日催行しているツアーです。催行日や、空席状況は予約カレンダーから確認できます。氷の洞窟ツアーなど季節限定のツアーもあるので、そこは注意です。

ツアーはすぐに予約完了となりますか?

Guide to Icelandではオンライン予約&支払いで、お申し込みと同時に即予約完了となります。旅行会社から空き状況を待ったりする必要はありません。満席状況なども即時反映されますので、空席がない場合には、ごめんなさい!

子連れで参加できますか?

ツアーによっては最低参加年齢を設けているツアーがあります。シュノーケリングや氷河ハイキングなど、お子様の安全を考慮し設定してありますので、その年齢に達しないお子様は参加できません。



ツアーのピックアップ場所はどこですか?レンタカーでも参加できますか?

ツアーのピックアップ場所は多くの場合レイキャビク市内となります。レンタカーでも参加できる現地集合のツアーもあります。レンタカーとホテルがセットになったセルフドライブツアーでは、各地のアクティビティも上手に取り入れドライブ一辺倒にならない旅を企画しています。

日本語のツアーガイドはいますか?

一般的なツアーは英語ガイドが担当します。アイスランドは目で見て、肌で感じて体感する観光スポットが多いので、英語が苦手でもそれほど問題ではありませんよ。

勢いよく噴き出す間欠泉

ここからはスタッフお勧めのツアーを紹介。バスツアーやレンタカーどちらでも楽しめるアクティビティや観光スポットです。

10. ゴールデンサークル (通年)

ゴールデンサークルにあるストロックル間欠泉の噴出

ゴールデンサークルはアイスランドに来たら欠かせない観光名所です。ゴールデンサークルはレイキャビクからそう遠くなく、一年を通して訪れることができます。グトルフォスの滝、ストロックル間欠泉の噴出するゲイシール地熱帯、そしてユネスコ世界遺産に登録されているシンクヴェトリル国立公園で構成されているゴールデンサークルは、半日ほどあれば観光できてしまいます。ですので残り半日で他のアクティビティに参加するコンビネーションツアーが人気です。

秋のシンクヴェトリル国立公園の風景

エキサイティングな体験を求めているならスノーモービル、動物好きには乗馬、泳ぐのが好きならシュノーケリングなど、様々なアクティビティとの組み合わせができます。

また観光の途中に温泉に寄るというオプションも!ブルーラグーンやシークレットラグーン、フォンタナ・スパが人気です。

⇒ゴールデンサークルのバスツアーや同じ日にできるアクティビティをチェック

レンタカーの人は、ゴールデンサークル完全ガイドで寄り道スポットをチェック

☆お勧め時期:夏は緑あふれる爽やかな景色、冬は一面の雪景色と一年中楽しめます。

9. 南海岸とヨークルスアゥルロゥン氷河湖ツアー(通年)

南海岸にあるスコゥガフォスの滝

ゴールデンサークルの次の日はどこへ行ったらいい?そんな時にはアイスランドの南海岸がお勧めです。数々の滝や氷河がちょうどよい距離に点在するルートで、ゴールデンサークルとは違った風景を楽しめます。

ツアーの数も豊富で、アクティビティとセットになったものもあります。起伏が少なくレンタカーでも運転しやすいルートになっています。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖まで行くツアーもあれば、ヴィークの町までの日帰りツアーもあり、アイスランドにいる滞在期間と相談して決めましょう。ヨークルスアゥルロゥン氷河湖まではレイキャビクから車で大体5~6時間ほど、無理のないペースで行く1泊2日のツアーがおススメです。

あと1日しかないけどヨークルスアゥルロゥン氷河湖を見たい!という方には、日帰りの南海岸とヨークルスアゥルロゥン氷河湖ツアーがお勧めです。このツアーの所要時間は約14時間で少し疲れも感じるかもしれませんが、アイスランドの南海岸の車窓の旅が楽しめます。アイスランド最大の氷河、ヴァトナヨークトル(Vatnajökull)氷河や、美しいセリャランズフォス(Seljalandsfoss)の滝とスコゥガフォス(Skógafoss)の滝も見学します。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖では、ボートに乗り氷塊の間をクルーズすることができます。このツアーは5月から9月末までの催行ですが、冬でも南海岸沿いを観光するツアーは多くあります。もう少し間近で氷塊を観察したい方にはゾディアックボートツアーがおすすめです。

東部アイスランドにあるヨークルスアゥルロゥン氷河湖

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の道向かいには黒い砂で覆われた浜辺があります。そこにはヨークルスアゥルロゥン氷河湖から流れてきた氷河のかけらが打ち上げられ、太陽の光を浴びて輝いています。その輝きからダイヤモンドビーチとも呼ばれている場所です。

ドライブもいいですが、長い道のりはバスツアーに参加して運転は任せ、窓から延々と続く美しい景色を楽しむ、それもまた魅力的です。

南海岸ってそもそもどこ?何がある?南海岸完全ガイドでその魅力を紹介しています。

8. オーロラ(冬)

via GIPHY

アイスランドの冬の風物詩オーロラ。9月から3月下旬まで見ることのできるオーロラは、暗い夜空で雲のない晴天の空であれば、レイキャビクを含むアイスランド全土でオーロラ観察のチャンスがあります。

オーロラツアーは様々なタイプのものがあり、、レイキャビク郊外でオーロラを待つバスツアー、また船に乗って海からオーロラを見るツアーなどがあり、その形態や時間も様々です。スーパージープで行くオーロラツアーは通常バスツアーより少人数で、ツアーバスでは行くことのできない場所まで行くことができます。ツアー時間が長めに設定されているのも魅力です。

オーロラツアーの数々をチェック、あなたのアイスランド旅行にぴったりなのはどれ?

Northern Lights

レンタカーがある人は、自分でレイキャビク郊外へ運転していくことができますね。また、レイキャビク滞在だけでなく、光害のほとんどない田舎のホテルやゲストハウスに泊まるのもお勧めです。時間に縛られず、好きなだけホテルの敷地でオーロラを待つことができます。

毎日がオーロラ観察のチャンスのロードトリップ、セルフドライブツアー

オーロラはいつ、どこで見られるの?アイスランドのオーロラ・ガイド

7. インサイド・ザ・ボルケーノ(夏)

スリーフヌカギグル火山の内部

地下には活発な火山活動、山の頂には氷河という火と氷のコントラストが際立つアイスランド。住民としては幸いなことに、生活に危険を及ぼすような活動的な火山は現在のところありません。真っ赤な溶岩の姿は見られませんが、何百年、何千年という時を今に伝える不思議な洞窟の数々が、アイスランドの地下には眠っています。

数ある火山ツアーの中でもこのインサイド・ザ・ボルケーノツアーは、毎年5月~9月夏に限り火山の中に入ることができます。自由の女神像がすっぽり入ってしまうほどの空間が地下に広がっており、かつてはマグマがあった場所です。やがてマグマが地中へと後退するとその火口は大きな洞窟となりました。

世界の火山好きから注目を集めるスリーフヌカギグル(Þríhnjúkagígur)火山は過去4000年の間活動をおらず、また活動を開始する様子もありません。長い間火山研究の場でしたが、近年になりその安全性が確認できたことから、一般にも公開されるようになりました。今でもツアー参加者はヘルメットを着用し、ゴンドラに乗って火口から火山内部へと降りていきます。

スリーフヌカギグル火山のマグマだまりに降りるゴンドラ

火山の心臓部へ降りていくとも言える、このツアー。気分は火山研究者?探検家? 世界でも珍しい火山の内部を見学できるスリーフヌカギグル火山。一生に一度は行ってみたいツアーではないでしょうか。

参加できる人数が少ないので売り切れとなることも多いこのツアー。予約はお早めに!

インサイド・ザ・ボルケーノツアーで火山の内部に降りてみよう!

他にもアイスランドの火山活動の跡を見学するツアーは沢山ありますので、ぜひアイスランドの地下世界を見に行って見ましょう!小さなお子様でも参加できる簡単なツアーから、四つん這いになって進むスリル溢れる洞窟ツアーまで様々です。

6. 氷河ハイキング(通年)

氷河を見渡す風景

アイスランドの国土の約10%を占めるという氷河。まさに氷の国、アイスランドを象徴する地形です。

レイキャビクから近い場所にあるソゥルヘイマヨークトル氷河は人気の氷河ハイキングスポット。レイキャビク発のバスツアーもありますし、氷河前の駐車場までレンタカーで移動してもよし。氷河ハイキングは割と手軽に体験できるアクティビティです。

美しく広がるアイスランドの氷河の様子

アイスランド南東部にあるアイスランド最大の氷河、ヴァトナヨークトル氷河。こちらはレイキャビクからは6時間ほどかかりますので、日帰りツアーではなく、2日間や3日間のバスツアーで行くのがお勧めです。

氷河ハイキングはアイゼン等の装備がありますので、格好はすごいですが、つまりはハイキング。普通程度の体力があれば参加できます。

もう少しアクティブに過ごしたい場合には、アイスクライミングがお勧め。日本では滝や人工的に作った氷柱を登りますが、アイスランドでは氷河の崖を登ってしまいます!広大な氷河にあるガイドお勧めの氷壁までは、氷河ハイキング。ですから1つのツアーで2つの体験ができるとってもお勧めなツアーなのです。

氷河でのアクティビティは夏も冬も、季節に関係なく催行しています。氷河からの眺めだけでなく、遠くからでは見えないムーランやクレバス、不思議な氷の造形など、氷河の様々な表情を楽しめます。

また南海岸の観光も含まれているツアーもあり、途中の様々な美しいアイスランドの観光スポットも訪れます。セリャランズフォスの滝やブラックサンドビーチも訪れ、天気のいい時には沖合のウェストマン諸島も見えるはずです。南海岸観光もいいけど、アクティビティもちょっと気になる、という方にもお勧めです。

アドベンチャーの1日を楽しむ、氷河ハイキング・アイスクライミングをチェック

5. シルフラの泉でシュノーケリング&ダイビング(通年)

via GIPHY

ゴールデンサークルにある、知る人ぞ知る水中の絶景スポット。シンクヴェトリル国立公園内にあるシルフラの泉では水の透明度が高くその視界は100m以上もあり、世界屈指のダイビングスポットなのです。その澄み切った泉をのぞいていると、潜ってみたくなります。ただし、とても冷たい水ですので通常はドライスーツを装着します。寒いですがそれだけの価値があるツアーです。

水の透明度が非常に高いシルフラの泉Photo from Snorkelling Silfra Day Tour

水温は冷たい一方、一年を通して一定の水温に保たれており、シルフラの泉シュノーケリングは一年中、毎日催行しています。ゴールデンサークルの観光スポットであるシンクヴェトリル国立公園内にあるので、シュノーケリングとゴールデンサークルの観光を同じ日に行うのもおすすめです。ゴールデンサークルとシュノーケリングのセットのツアーなら、1日で両方楽しめます。もちろん、レンタカーで現地集合しても大丈夫です。

ダイビングのライセンスがあれば、もちろんダイビングもできます。ただし、ドライスーツでのダイビングの経験が必須など一定の参加条件がありますので事前に確認しておきましょう。

どちらもガイド1名に対する参加者人数は決まっており、売り切れとなる日も少なくありません。予約は早めに行いましょう。

神秘の水中の世界へ...アイスランドのシュノーケリング&ダイビングを紹介します。

早速、シュノーケリングツアーをチェック

4. スナイフェルスネス半島(通年)

スナイフェルスネス半島にあるキルキュフェットルの山

レイキャビクの北西に位置するスナイフェルスネス半島(Snæfellsnes)は息を飲む様な美しい景色が続く場所です。美しい滝や、野鳥、溶岩の大地、丸い小石の浜辺、キルキュフェットルなど堂々とそびえる山々、そしてスナイフェルスネス半島の端にあるスナイフェルス氷河。氷河を冠した山の下には火山が眠っています。ここはジュール・ヴェルネの書いた地底旅行の舞台となった場所でもあります。

スナイフェルスネス半島にあるアルナルスタピの景色

途中にある小さな村、アルナルスタピと、ヘルナル。ここは小さな可愛らしい家々が並ぶちょっとしたフォトスポットです。また、デューパロンスサンドゥル(Djúpalónssandur)はコロンとした小石で敷き詰められた浜辺で、自然のいたずらかと思ってしまう場所です。

このスナイフェルスネス半島ツアーはスナイフェルスネス半島を代表する絶景スポットに立ち寄ることができます。もちろん、バスの車窓からの眺めも抜群です。

スナイフェルスネス半島はレイキャビクから約2時間ほどですが、半島をぐるっと観光して10時間以上の日帰りツアーになります。冬にはオーロラの観察もかねて1泊2日のツアーがお勧めです。

スナイフェルスネス半島のブージルにある独特な教会

また、半島の北部に位置するスティッキスホゥルムル(Stykkishólmur)からはウェストフィヨルドへのフェリーも運航しています。

観光客の数も少なめでロマンチックな風景が魅力的。スピリチュアルな場所といわれることもあります。スナイフェルスネス半島には必見の観光スポットは少ないですが、アイスランドでの滞在日数が長く、穏やかな日を過ごしたい人にお勧めです。

3. アークレイリとミーヴァトン湖周辺(通年)

首都レイキャビクの周辺ばかりに目が行きがちですが、アイスランド北部にも魅力はたくさんあります。アイスランド北部にあるアークレイリの町は、レイキャビクの首都エリアの次に大きな町です。

このアークレイリから、アイスランド北部の様々な観光スポットを訪れることができます。特に、アイスランド北東部にはミーヴァトン湖(Myvatn)という大きな湖があり、美しい風景が広がっています。

また、この一帯は火山活動が活発で「暗黒の街」という意味のディンムボルギル(Dimmuborgir)の溶岩の石柱群、そして多くの地熱活動がを見学できます。北のブルーラグーンとも呼ばれるミーヴァトン・ネイチャーバスという露天温泉もあります。思わず首をかしげてう面白くて不思議な景色も点在しており、好奇心をくすぐるエリアです。

ミーヴァトン湖周辺は様々な地熱活動の様子が見られます

ナゥムスカルズ(Námaskarð)では地面からぼこぼこと湧き出る高温の沼を見学することができます。ミーヴァトン湖の豊かな自然とは対照的に、硫黄の匂いが充満し、周辺の地面はミネラルやガスの噴出により変色しています。火山の国アイスランドの一面を感じることができる代表的なスポットです。

ミーヴァトン湖周辺にあるデッティフォスの滝

デッティフォスの滝とアゥスビルギ渓谷という観光スポットも見逃せません!アイスランド北部にも迫力のある風景はたくさんあります。ミーヴァトン湖の北にあるデッティフォスの滝はヨーロッパ最大の水量を誇る巨大な滝です。

アークレイリの町とミーヴァトン湖の間にあるゴゥザフォスの滝

アークレイリに滞在する人や、レンタカーの人は多くの観光スポットを選ぶことができますが、レイキャビクからのフライト付き日帰りツアーもあります。

フライト付き日帰りツアーの場合、観光スポットの数や行先は限られてしまいますが最短でアイスランド北部を楽しめます。

ークレイリへのツアーやアークレイリ周辺のツアーをチェック

2. ラングヨークトル氷河のアイストンネル(通年)

アイストンネルの中の様子

氷の国 アイスランドに行くなら氷の世界に入り込んでみたい!と思う方も少なくありません。一年中楽しめるアイストンネルは、夏のアイスランド旅行で是非体験しほしいアクティビティです。レイキャビク発着のアイストンネルのツアーもあれば、自分で運転して現地集合するツアーもあります。ラングヨークトル氷河はレイキャビクから車でおよそ3時間、日帰りで楽しめるツアーです!

氷河の上はスーパージープで進みます

アイストンネルまでは一般の自動車ではいけませんので、巨大なスーパージープで行きます。これも類のない珍しい体験ですね。

ラングヨークトル氷河のアイストンネル

ラングヨークトル氷河はレイキャビクの北東にあり、実はゴールデンサークルにあるグトルフォスの滝から遠くに見ることができます。この洞窟があるのは氷河の反対側ですので、ゴールデンサークル側ではなくフーサフェットルというエリアにあります。地図ではあまり大きく見えないラングヨークトル氷河ですが、実際はとても広大です。

一年中、氷河の内部を体験できるアイストンネルツアーをチェック

​1. ヴァトナヨークトル氷河の氷の洞窟(冬)

ヴァトナヨークトル氷河にできる青い色の氷が美しい「氷の洞窟」。それは夏には溶けてしまう、11月~3月の寒い冬限定の自然の造形です。気温が上がると氷河の氷は溶け、洞窟自体が溶けるか崩壊してしまいます。氷の洞窟は毎年新しく生まれ、消えていく、繊細な洞窟です。

複数できる氷の洞窟はそれぞれユニークな形をしており、サイズも違います。共通しているのは、上の写真に見られるような青く透き通る氷でできているということ。氷の洞窟へはそのエリアや氷河の状況に詳しい専門のガイドと必ず一緒に訪れてください。

氷の洞窟ができるヴァトナヨークトル氷河はヨーロッパ最大の氷河でアイスランドの南東部にあります。レイキャビクからは最短で6時間のドライブです。レンタカーを利用するなら、ヴァトナヨークトル氷河エリアに集合して、そこから氷の洞窟ツアーへ参加することができます。

クリスタルブルーの氷の洞窟

また運転されない方はレイキャビクからの2日間の氷の洞窟ツアーというのもお勧めです。レイキャビク発、ゴールデンサークル付きの3日間の氷の洞窟ツアーもとてもお得でお勧めです。

5日間のウィンターパッケージならアイスランドの寒い冬を楽しむアクティビティが詰まっています。オーロラ観察のチャンスやゴールデンサークル、ブルーラグーン、そして氷の洞窟をはじめとするアイスランド南海岸観光もセットになっていて、自分で計画や手配をする手間が省けます。

アイスランドの氷の洞窟、アイスケーブについて完全ガイドをチェック


興味のあるツアーやアクティビティはありましたか?気になるツアーがあればチェックしてみてくださいね。売り切れとなることも多いので、早めの計画と予約が吉です!それでは楽しいアイスランド旅行を!