ゴールデンサークルのゲイシール地熱地帯にあるストロックル間欠泉

アイスランドでオススメのツアーを知っていますか? アイスランドに来たら欠かせないオススメのツアーを紹介します。

⇒もう読みましたか?早わかりアイスランド基本情報



アイスランド観光のヒント

この記事では人気のバスツアー トップ10を紹介しています。どれもアイスランドを楽しめるお勧めのアクティビティや観光地をめぐるものです。

アイスランドの目玉はなんと言ってもその大自然。ですが、公共の交通機関ではそのような場所を巡るのには限界があります。効率よく観光したりアクティビティを行うには、バスツアーが便利です。

もちろん、アイスランド旅行の目的や行きたい場所は、人それぞれでしょう。ツアーによっては年齢制限があり、小さなお子様を連れたご家族には向かないものもあります。



予約をする際にはツアーの催行時期を確認しましょう。一年を通し毎日催行しているツアーもあれば、夏のみのラフティングツアーや、冬のみのオーロラツアーといった特定の時期のみ行われているツアーもあります。

多彩なアイスランドの観光ツアーの中には、複数のツアーやアクティビティを組み合わせたコンビネーションツアーというものもあり、一日無駄なく移動、楽しめるのが特徴です。

多彩なバスツアーもアイスランド観光には便利ですが、自分のペースで大自然を楽しめるレンタカーを借りてのセルフドライブツアーもお勧めです。様々な日数のプランの中から選んだら、ホテルや旅行計画はGuide to Icelandが行いますので、気軽にロードトリップができます。

もちろん、自分でレンタカーを借りて手作りするロードトリップの旅にでるのも楽しいものです!

10. ゴールデンサークル(通年)

ゴールデンサークルにあるストロックル間欠泉の噴出

ゴールデンサークルはアイスランドに来たら欠かせない観光名所です。ゴールデンサークルはレイキャビクからそう遠くなく、一年を通して訪れることができます。グトルフォス(Gullfoss)の滝、ストロックル(Strokkur)間欠泉の噴出するゲイシール(Geysir)地熱帯、そしてユネスコ世界遺産に登録されているシンクヴェトリル(Þingvellir)国立公園で構成されているゴールデンサークルは、半日ほどあれば観光できてしまいます。ですので残り半日で他のアクティビティに参加するコンビネーションツアーが人気です。

秋のシンクヴェトリル国立公園の風景

エキサイティングな体験を求めているならスノーモービル、動物好きには乗馬、泳ぐのが好きならシュノーケリングなど、様々なアクティビティとの組み合わせができます。またアイスランドの火山活動や地熱発電所を見学するツアーや、ブルーラグーンまたはシークレットラグーンでのんびりすることもできます。

様々なオプションの中でもスノーモービルは特に人気です。アイスランドで2番目に大きな氷河、ラングヨークトル氷河の上を爽快に駆け抜けるだけでなく、ゴールデンサークルもスーパージープという巨大な四駆ジープで見学。氷河まではグトルフォスの滝から遠くありませんが、四駆以外の車両は禁止されている道を通ったりと、ちょっとした冒険です。スノーモービルツアーへのご参加には運転免許証が必要ですので、くれぐれもお忘れ物しないように!



このようにゴールデンサークル観光といっても、様々なツアーオプションがあります。ホエールウォッチングを追加するのも人気のオプションです。ゴールデンサークルを計画する際には、ぜひ全てのゴールデンサークルとのコンビネーションツアーをチェックしてみてください。また、道や標識が整備され運転しやすいのでレンタカーで自分のペースで訪れるのにもピッタリの場所です。

迫力満点のホエールウォッチング

9. 南海岸とヨークルスアゥルロゥン氷河湖ツアー(通年)

南海岸にあるスコゥガフォスの滝

市場に数多く出回っている南海岸ツアー。ヨークルスアゥルロゥン氷河湖まで行くツアーもあれば、ヴィークの町までの日帰りツアーもあり、アイスランドにいる滞在期間に相談して決めましょう。ヨークルスアゥルロゥン氷河湖まではレイキャビクから車で大体5~6時間ほど、無理のないペースで行く1泊2日のツアーがおススメです。氷河ハイキングボートツアー付きで更にお得なツアーも必見。

あと1日あるから絶対ヨークルスアゥルロゥン氷河湖を見たい!という方には、日帰りの南海岸とヨークルスアゥルロゥン氷河湖ツアーがお勧めです。このツアーの所要時間は約14時間で少し疲れも感じるかもしれませんが、アイスランドの南海岸を余すところ無く案内するツアーです。途中には趣のある漁村、アイスランド最大の氷河、ヴァトナヨークトル(Vatnajökull)氷河、美しいセリャランズフォス(Seljalandsfoss)の滝とスコゥガフォス(Skógafoss)の滝を通過します。この二つ滝ではバスから降りて見学できますし、スコゥガフォスの滝では、滝口まで登ることができます。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖では、ボートに乗り氷塊の間をクルーズすることができます。このツアーは5月から9月末までの催行ですが、冬でも南海岸沿いを観光するツアーは多くあります。もう少し間近に氷塊を観察したい方にはゾディアックボートツアーがおすすめです。

東部アイスランドにあるヨークルスアゥルロゥン氷河湖

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の道向かいには黒い砂で覆われた浜辺があります。そこにはヨークルスアゥルロゥン氷河湖から流れてきた氷河のかけらが打ち上げられ、太陽の光を浴びて輝いています。その輝きからダイヤモンドビーチとも呼ばれている場所です。

ドライブもいいですが、長い道のりはバスツアーに参加して運転は任せ、窓から延々と続く美しい景色を楽しむ、それもまた魅力的です。



8. オーロラ(冬)

via GIPHY

アイスランドの冬の風物詩オーロラ。9月から3月下旬までみることのできるオーロラの活動は、インターネットで確認することができます。暗い夜空で雲のない晴天の空であれば、レイキャビクを含むアイスランド全土でオーロラ観察のチャンスがあります。

オーロラツアーは様々なタイプのものがあり、各地でオーロラ観察のチャンスがある7日間セルフドライブツアーや、レイキャビク郊外でオーロラを待つバスツアー、また船に乗って海からオーロラを見るツアーなどがあり、その形態や時間も様々です。スーパージープで行くオーロラツアーは通常バスツアーより高い値段が付きますが、バスでは辿り着かないところまで行くこととツアー所要時間が長いことがいいですね。

東部アイスランドにあるヴェストラホッンの山のオーロラ

また夕食付のオーロラツアーもあります。このオーロラ・ロブスターツアーでは、レイザルエンディの洞窟探検の後、地元のレストランでアイスランド特産のロブスターをどうぞ。



7. インサイド・ザ・ボルケーノ(夏)

スリーフヌカギグル火山の内部

火山を見たいといってアイスランドに来られる方が多くいますが、実際アイスランドには多くの火山があるので問題ありません。数ある火山ツアーの中でもこのインサイド・ザ・ボルケーノツアーは、毎年5月~9月夏に限り火山の中に入ることができる珍しいツアーです。この話題になっている火山、スリーフヌカギグル(Þríhnjúkagígur)火山は過去4000年の間活動をおらず、また活動を開始する様子もありません。長い間火山研究の場でしたが、近年になりその安全性が確認できたことから一般にも公開されるようになりました。今でもツアー参加者はヘルメットを着用し、ゴンドラに乗って火口から火山内部へと降りていきます。

スリーフヌカギグル火山のマグマだまりに降りるゴンドラ

火山の心臓部へ降りていくとも言える、このツアー。気分は火山研究者?探検家? 世界でも珍しい火山の内部を見学できるスリーフヌカギグル火山。一生で一度は行ってみたいツアーではないでしょうか。

参加できる人数が少ないので売り切れとなることも多いこのツアー。予約はお早めに!

他にもアイスランドの火山を見学するツアーは沢山ありますので、ぜひアイスランドの地下世界を見に行って見ましょう!



6. 氷河ハイキング(通年)

氷河を見渡す風景

アイスランドの国土の約10%を占めるという氷河。まさに氷の国、アイスランドを象徴する地形です。

アイスランド滞在時間は短いけど氷河を思いっきり楽しみたい、という方にはこの氷河ハイキングとボートのツアーがお勧めです。アイスランドで一番大きいヴァトナヨークトル(Vatnajökull)氷河をハイキングするツアーです。巨大な氷の塊である氷河の上を自分の足で歩くということは言葉に出来ないほどの素晴らしい経験で、母なる大自然という言葉を思い起こさせます。またこのツアーにはヨークルスアゥルロゥン(Jökulsárlón)氷河湖でのボートツアーもついており、アイスランドで一番美しいといわれるヨークルスアゥルロゥンの姿を心ゆくまで見ることができます。

美しく広がるアイスランドの氷河の様子

ヴァトナヨークトルまではかなりの距離があるので、日帰りツアーではなく、2日間3日間のバスツアーで行くのもお勧めです。

またレイキャビクから日帰りで訪れることができるソゥルヘイマヨークトル(Sólheimajökull)氷河での氷河ハイキングとアイスクライミングツアーも人気です。氷河の上を歩くだけでなく、切り立った氷の崖をアイゼンとアイスピッケル使って登ります。このツアーは一年中毎日催行されており、バスツアーで気軽に参加できるのが特徴。

また、この南海岸観光・氷河ハイキングのツアーでは、途中の様々な美しいアイスランドの観光スポットも訪れます。セリャランズフォスの滝やブラック三度ビーチも訪れ、天気のいい時には沖合のウェストマン諸島も見えるはずです。南海岸観光もいいけど、アクティビティもちょっと気になる、という方にもお勧めです。このツアーは一年中毎日催行されています。



5. シルフラの泉でシュノーケリング&ダイビング(冬季を除く)

via GIPHY

シルフラの泉は世界屈指のダイビングスポットとだということ、ご存知でしたか? シンクヴェトリル国立公園内にあるシルフラの泉では水の透明度が高くその視界は100m以上となることもあります。その澄み切った泉をのぞいていると、潜ってみたくなります。ただし、とても冷たい水ですので、通常はドライスーツを装着します。寒いですが、それだけの価値があるツアーです。

水の透明度が非常に高いシルフラの泉Photo from Snorkelling Silfra Day Tour

シュノーケリングやダイビングでも様々なツアーオプションがありますが、ここのシルフラの泉シュノーケリングは一年中毎日催行されており、比較的お手頃な価格で参加できます。

またゴールデンサークルとシュノーケリングツアー のセットのツアーもあります。ゴールデンサークルの途中に水中の美しい世界をのぞいて見ませんか?

ダイビングのライセンスがあれば、もちろんダイビングもできます。これらのツアーは一年中毎日催行されています。



4. スナイフェルスネス半島(通年)

スナイフェルスネス半島にあるキルキュフェットルの山

レイキャビクの北西に位置するスナイフェルスネス半島(Snæfellsnes)は息を飲む様な美しい景色が続く場所です。美しい滝や、野鳥、溶岩の大地、丸い小石の浜辺、キルキュフェットルなど堂々とそびえる山々、そしてスナイフェルスネス半島の端にあるスナイフェルス氷河。山の上に冠するこの氷河の下には火山が眠っています。ここはジュール・ヴェルネの書いた地底旅行の舞台となった場所でもあります。

スナイフェルスネス半島にあるアルナルスタピの景色

途中にある小さな村、アルナルスタピと、ヘルナル。ここは小さな可愛らしい家々が並ぶちょっとしたフォトスポットです。また、デューパロンスサンドゥル(Djúpalónssandur)はコロンとした小石で敷き詰められた浜辺で、自然のいたずらかと思ってしまう場所です。

このスナイフェルスネス半島ツアーはスナイフェルスネス半島を代表する絶景スポットに立ち寄ることができます。もちろん、バスの車窓からの眺めも抜群です。

ルピナス花が咲く夏のスナイフェルスネス半島の風景

スナイフェルスネス半島はレイキャビクから約2時間ほどですが、半島をぐるっと観光して10時間以上の日帰りツアーになります。冬にはオーロラの観察もかねて1泊2日のツアーがお勧めです。

スナイフェルスネス半島のブージルにある独特な教会

また、半島の北部に位置するスティッキスホゥルムル(Stykkishólmur)からはウェストフィヨルドへのフェリーも運航しています。



3. ミーヴァトン湖観光と温泉ツアー(冬季を除く)

アイスランドは、何もレイキャビク周辺だけではありません。アイスランド北部にあるアークレイリの町は、レイキャビクの首都エリアの次に大きい、アイスランドで2番目に大きな町です。

このアークレイリから、アイスランド北部の様々な観光スポットを訪れることができます。ミーヴァトン湖(Myvatn)や「暗黒の街」という意味のディンムボルギル(Dimmuborgir)の溶岩の石柱群、そして多くの地熱活動がを見学できるほか、北のブルーラグーンとも呼ばれるミーヴァトン・ネイチャーバスという露天温泉もあります。

ミーヴァトン湖周辺は様々な地熱活動の様子が見られます

ナゥムスカルズ(Námaskarð)では地面からぼこぼこと湧き出る高温の沼を見学することができます。ミーヴァトン湖の豊かな自然とは対照的に、硫黄の匂いが充満し、周辺の地面はミネラルやガスの噴出により変色しています。火山の国アイスランドの一面を感じることができる代表的なスポットです。

ミーヴァトン湖周辺にあるデッティフォスの滝

せっかくアークレイリにいるのならミーヴァトン湖周辺ツアーがおすすめです。滝、クレーター、溶岩、そして温泉等アイスランドで一番美しいと呼ばれる湖の周りには、数多くの絶景があります。デッティフォスの滝とアゥスビルギ渓谷のツアーもお見逃しなく!もう少しチャレンジしたい方はハイキングが楽しめるヴィティ火口湖、アスキャ火山のツアーもどうぞ。

アークレイリの町とミーヴァトン湖の間にあるゴゥザフォスの滝

もしまだレイキャビクにいるのでしたら、往復航空券付きの日帰りのミーヴァトン湖ツアーゴーザフォス、デッティフォスの滝のツアーというのもあります!



2. ラングヨークトル氷河でのアイストンネル(通年)

アイストンネルの中の様子

氷の国 アイスランドに行くなら氷の世界に入り込んでみたい!と思う方も少なくありません。一年中楽しめるアイストンネルは、夏のアイスランド旅行で是非体験しほしいアクティビティです。レイキャビク発着のアイストンネルのツアーもあれば、自分で運転して現地集合するツアーもあります。ラングヨークトル氷河はレイキャビクから車でおよそ2時間、日帰りで楽しめるツアーです!

氷河の上はスーパージープで進みます

アイストンネルまでは一般の自動車ではいけませんので、巨大なスーパージープで行きます。これも類のない珍しい体験ですね。

ラングヨークトル氷河のアイストンネル​1. ヴァトナヨークトル氷河の氷の洞窟(冬)

ヴァトナヨークトル氷河にできる青い色の氷が美しい「氷の洞窟」。それは夏には溶けてしまう、11月~3月 寒い冬限定の自然の造形です。気温が上がると氷河の氷は溶け、洞窟事態が溶けるか崩壊してしまいます。氷の洞窟は毎年新しく生まれ、消えていく、繊細な洞窟です。

複数できる氷の洞窟はそれぞれユニークな形をしており、サイズも違います。共通しているのは、上の写真に見られるような青く透き通る氷でできているということ。氷の洞窟へはそのエリアや氷河の状況に詳しい専門のガイドと必ず一緒に訪れてください。

氷の洞窟ができるヴァトナヨークトル氷河はヨーロッパ最大の氷河でアイスランドの南東部にあります。レイキャビクからは最短で6時間のドライブです。レンタカーを利用するなら、ヴァトナヨークトル氷河エリアに集合して、そこから氷の洞窟ツアーへ参加することができます。

クリスタルブルーの氷の洞窟

また運転されない方はレイキャビクからの2日間の氷の洞窟ツアーというのもお勧めです。レイキャビク発、ゴールデンサークル付きの3日間の氷の洞窟ツアーもとてもお得でお勧めです。

5日間のウィンターパッケージならアイスランドの寒い冬を楽しむアクティビティが詰まっています。オーロラ観察のチャンスやゴールデンサークル、ブルーラグーン、そして氷の洞窟をはじめとするアイスランド南海岸観光もセットになっていて、自分で計画や手配をする手間が省けます。



興味のあるツアーやアクティビティはありましたか?気になるツアーがあればチェックしてみてくださいね。売り切れとなることも多いので、早めの計画と予約が吉です!それでは楽しいアイスランド旅行を!