アイスランド旅行に役立つアプリをチェックしよう!日常生活にますます手放せないスマートフォン。家族や友達と交流手段でもあり、旅行中に最新情報をチェックするにもとても重要な役割を果たします。天気予報やオーロラの情報等、アイスランド旅行中に役立つ様々なアプリをここで紹介します!

ありとあらゆる情報はスマートフォンに入るこのスマホ時代。旅の思い出を残す写真の撮影、道に迷う時の地図確認やお買い物をする前の為替レートのチェック、スマートフォンはまさに頼もしい旅の相棒になってきた存在です。

店の入れ替わりだけでなく、コロコロと天気が変わるアイスランドのような国ではガイドブックが追いつかないスピードで変化し続けています。そこで即時にアップデートされる情報が確認できるアプリがいかにも重要になってきます。ネットで多く出回っているアプリの中、アイスランド旅行に使いこなすべきはどちらでしょうか。スタッフ一押しの役立つアプリとそれぞれのダウンロードリンクを下記でランキングをしてみました。


アイスランドの通信事情をチェックしてみよう!


9. シンクヴェトリル国立公園アプリ Thingvellir          

Not only was the world's first democratically elected parliament formed in Thingvellir in 930 AD, it is one of the only places on the planet where you can see both the North American and Eurasian tectonic plates exposed from the earth.

アイスランドに行けば、ゴールデンサークルの見学が欠かせないでしょう。ゴールデンサークルにあるシンクヴェトリル国立公園には「地球の割れ目」を見ることができるだけでなく、沢山の見どころやハイキングコース、有名なシュノーケリングスポットも誇ります。その魅力的なシンクヴェトリル国立公園を楽しむにはThingvellirというアプリがおすすめです。

シンクヴェトリル国立公園内に含まれる必見スポットからその場所についての歴史や豆知識等、豊富な情報を一つのボタンで簡単にアクセスすることができます。発音しにくい場所名と共に写真も付き、地図上の位置を表示することができますので使いやすいアプリです。


ThingvellirはAppStoreGooglePlayからダウンロードできます


8. 市内バスアプリ Straeto(ストラエトゥ)                   

Straetoバス停のサイン写真撮影: Börkur Sigurbjörnsson

Strætóはアイスランド語の「strætisvagn」を省略した言葉であります。「stræti」はストリート、道路と、「vagn」は車、乗り物といった意味を持ち、レイキャビクでよく見かける黄色の市内バスのことを示します。ドイツ語の「straßenwagen」に似ているように聞こえるかもしれませんが、アイスランド語とドイツ語はインド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派圏から広がってきましたので一部の単語が類似することもあります。

スマートフォンでアクセスできるStraetoのアプリでは切符を買ったり、ルートの検索することができます。車社会のアイスランドではダウンタウンレイキャビクから離れていくと横断歩道が少なく、タクシーを利用するよりも運賃が安い市内バスに乗ってみましょう。


StraetoはAppStoreGooglePlayからダウンロードできます 


7. ハッピーアワーのアプリ Appy Hour(アッピーアワー)        

夏に楽しむハッピーアワー写真撮影: Loft Hostel Facebook

アイスランドの高い酒税は流石にアルコールの値段に大きな影響を与えます。例えばギネス生ビールのような一般的なビールをレストランやバーで注文すると安くても1300クローナもします。ここで知っておくべきなのはアルコールが割引になる時間帯、ハッピーアワーです!お店によりハッピーアワーの有無、詳細な時間帯が異なる中、アイスランドの英字新聞社「Grapevine」が開発したこのアッピーアワーのアプリが便利。

コンパクトでありながらも、バーの文化が盛んでいるレイキャビクではこのアプリを使い、一斉にそれぞれのお店のハッピーアワー情報を確認・比較することができます。レイキャビクを散策してからハッピーアワー中にレストランで食事したり、バーで現地のクラフトビールを飲んでみたるするとより有意義にお金を使うことができます。


Appy HourはAppStoreGooglePlayからダウンロードできます


6. 天気予報アプリ Vedur(ヴェーズル)

スナイフェルスネス半島にあるキルキュフェットルの山

英語の「weather」に似たような発音をするアイスランド語の「Veður」という言葉。その名通りの天気予報アプリVedurがアイスランドの気象庁により開発されました。

アイスランドは天気が変わりやすいのが現状です。朝目覚めた時に晴れて、薄着で出かけてしまったのに、昼頃から大雨そして雪が降って困る!という経験はアイスランドに住んでいる誰にも必ずあります。そこでこのアプリが便利とします。その日に準備すべき服装だけでなく、旅の行き先やドライブプランを計画する時にアイスランド人にもよく使われています。気まぐれな天気に生まれ育ったアイスランド人には「○○に行きたい」や「何を見に行こう」のようなことよりは「晴れる場所に行こう」と天気状況を重視し旅の計画を立てていく傾向が強いです。


VedurはAppStoreGooglePlayからダウンロードできます


5. 地図アプリ Googleマップ  

道に迷う時に地図アプリがあると便利!

お気に入りのお店やスポットの保存、ホテルからお店までの徒歩ルートの検索や、一つの名所から次のスポットまでの走行距離の測定する機能が付くGoogleマップはやはり旅行に欠かせないアプリです。ネットに接続できない環境でも「オフライン地図」という機能が使えます。オフライン地図は限られたエリアのみカバーをしていますのでレイキャビクのダウンタウンエリアのオフライン地図をダウンロードすると便利です。

ストリートビューという機能もあり、まさに現地にいるように回りの景色を見ることができますが、一つ注意することが必要です。このストリートビューの機能は常にアップデートされていません。変化が激しいレイキャビクのような街ではあっという間に建物が建てられたり、お店の名前や店先の雰囲気が変わったこともあります。


GoogleマップはAppStoreGooglePlayからダウンロードできます


4. 道路情報アプリ          

 

アイスランドでロードトリップする方には Iceland Road Guide(アイスランド・ロード・ガイド)と Vegagerdin(ヴェガゲルディン)という2つの道路情報アプリがおすすめです。 

Iceland Road Guideは300ヵ所の名所と位置が確認できるアプリです。お気に入りのスポットを検索し、クリックするとその場所についての詳細な説明と連絡先等が表示され、地図アプリを起動しあっという間に行き方のルートを検索することもできます。

Vegagerdinはアイスランドの国土交通省が開発したアプリであり、常に更新された最新情報が発信されています。当時の道路状況から天気、風速など運転する時に気を付けるべきの情報を確認する時にあると便利なアプリです。

その他アイスランドについては運転ガイドも参考にしてみてください。


Iceland Road GuideはAppStoreGooglePlayからダウンロードできます

VegagerdinはAppStoreGooglePlayからダウンロードできます


3. 通貨コンバーター XE Currency Converter        

為替レートをチェックしてからお買い物を楽しもう!

現金よりもクレジットカード決済が多いアイスランド。スーパーマーケットからレストランまでカード一枚さえあれば大丈夫といったキャッシュレス社会になっています。大量の小銭を持ち歩かないで済ませられるのは確かに便利ですが、お金を使う感覚も薄まって旅の予算を超えてしまうリスクがあります。商品を購入する前に為替レートをチェックすると安心してお買い物を楽しめます。

為替レートはカードの種類により異なる場合もありますが、通貨コンバーターアプリを使い目安のレートをチェックすることができます。


XE Currency ConverterはAppStoreGooglePlayからダウンロードできます


2. オーロラ予報アプリ            

 

自然にできた憧れのオーロラ。いつどこに出現するか予測が難しいですが、アプリを使いオーロラ活動レベルや上空の雲の状況をチェックすることができます。オーロラツアーに参加すると雲の切間を狙いオーロラの出現を期待するのですが、レンタカーを使う方もこのような情報を得てドライブルートを決めることができます。


オーロラ予測アプリはAppStoreGooglePlayからダウンロードできます


1. 緊急通報アプリ 112 Iceland(エイトエイトツヴェイル・アイスランド)    

アイスランドのレスキュー隊のヘリコプター

日本では110番(警察)と119番(消防と救急)といった電話番号に緊急事態を察知することができますが、アイスランドとEU圏内では「112番」が通用します。このシステムに基づいて一つのボタンで警察署、消防署や救急車を呼ぶことができる112 Icelandのアプリは、アイスランドを訪れるトラベラーたちに知っておくべき重大なアプリです。

アプリには赤いボタン青いボタンがあり、それぞれのボタンに役割があります。

赤いボタンをクリックすると「今いる場所」のGPS位置情報を最寄りの緊急通報受理機関に発信します。緊急時に携帯電話に電波が無い場合には電話することができなくなることがありますが、SOS通知情報を送信することができる可能性があります。

青いボタンをクリックするとチェックインすることができます。チェックインすることによって、最新の居場所を登録し、万が一の時に位置を追跡することができます。システムに登録された場所はチェックインした最後の5ヵ所のみとなりますので、データベースの記憶容量がいっぱいになって登録されないという恐れは全くありません。【アイスランドのレスキュー隊


112 IcelandはAppStoreGooglePlayからダウンロードできます


その他の便利アプリ               

Many apps that we use daily are also incredibly helpful whilst travelling. Make sure to download the following apps before heading overseas.写真撮影: MaxPixel. 

Facebook Messenger:                   

フェイスブックが提供するインスタントメッセンジャーアプリ、Facebook Messengerはフェイスブックのアカウントを持つ誰にでも使えるアプリです。フェイスブックのプロフィールと提携するため使いやすいです。

Skype:               

Skype同士の通話、ビデオ通話が無料で、お金を使わずに家族や友達と連絡を取ったりアイスランドで見ている景色を見せることができます。

Instagram:           

友達と写真をシェアしたり、ハッシュタグやスポット検索機能を使い過去にアイスランドを旅したトラベラーたちが見た景色等を簡単に操作することができます。「#guidetoiceland」のハッシュタグで写真を投稿するとGuide to Icelandの公式アカウントでシェアされ、フォロワーが増えることもありますよ!


Guide to Icelandの公式Instagramアカウント もチェックしよう!


IcelandicOnline:          

アイスランド語を勉強してみていという方に必見!アイスランド大学のアイスランド学科が開発したIcelandicOnlineではゲーム感覚でアイスランド語を学ぶことができます。もちろん登録は無料です。各種のレベルがあり、基礎的な単語から気軽に語学学習を始めることができます。動画やクイズなどインタラクティブなメディアを使いモチベーションを向上させます。

IcelandicOnlineのウェブサイト


アイスランドを旅行してこれがあれば良かったと思うアプリ、他にありますか?是非下記でコメントをしてみよう!