火山ツアー

火山ツアー

火山大国アイスランド。その様子は、過去の噴火によって作られた溶岩洞窟や活発な地熱活動、偽クレーターなど火山にまつわる様々な景色にも観ることができます。アイスランドの興味深い大地の様子を探る冒険の旅に出かけてみましょう。

Select starting location

Select date range

出発日Final date

Add travelers

2搭乗者
各種サービスを一括比較・検索
最低価格保証
手軽に予約・キャンセル

火山ツアー

フィルターを使って結果を絞り込む

アイスランドをもっと楽しむ

厳選されたツアーの中からご希望のツアーをお選びください

旅行者のレビュー

世界各地からの旅行者のレビューを読む

PANCHI NECO

PANCHI NECO

Amazing!
20/02/2019, 15:16
Review of 冬のセット割|ゴールデンサークル、氷の洞窟、2Dayスナイフェルスネス半島 2in1

当ツアーはもし参加できるのであれば最もオススメするツアーとなります。3日間のツアーですが、私の担当のガイドは大当たりでした。ツアー内では時間の限り多くの場所に連れて行って頂き、その内容は雪景色で色あせるような場所は含まれていませんでした。時間管理は厳格でしたが、十分に楽しめる時間を用意いただき、かつ可能な限り前倒しで観光地をめぐってくれました。時折、サプライズといって現地の人しか知らないようなスポットに案内してくれます。また、30分のはずだった氷河トレッキングは3時間に拡張され、極めて充実したコースを愉しむことができました。バスの中はWIFIが通っているばかりでなく、アイスランドの音楽等を流してくれるので、とても雰囲気が出ていました。オーロラハンターと呼ばれる集団だけに、その夜に宿泊する場所でのオーロラスポットや時間帯を教えていただけました。私はオーロラを肉眼で緑色にカーテンのように揺らめくさまを見ました。氷の洞窟にも行くことができ、宝石のような美しい大地が広がる様を確認できました。スーパージープは揺られる車体がリアルでとても楽しいです。南の海岸は単なる海岸ではなく、それぞれ全く異なる絶景が待っています。滝も3つとも全く異なるものでした。広く大きなグトルフォス、高く雄大なスコゥガフォス、高くギアナ高地のように高いところから蒸気のように落ちる滝と一緒に見えるセリャフォス、いずれも価値がある。ゴールデンサークルは10分に一度は最低でも吹き上げ、見る価値も体感する価値もあります。さて、後半の西海岸ですが、こちらは少々落ち着いた観光となりますが、同じく絶景をめぐります。滝も水飛沫を多く上げるものもあれば、大きな崖を歩きながら景色を楽しめる場所を歩くことができます。アザラシを見ることができたり、雪山の近くにある広大な景色の一部となった平屋で宿泊しますが、オーロラが見える確率はとても高いと思われます。ハイライトの、キルキュフェットルはとても美しく、近くの滝が凍ったまま内部で流れ続ける様子も見えます。もちろんこちらにもサプライズコースはありました。洞窟探検はおまけの観光ですが、少しどきどきさせられます。このツアーの参加上の注意点はキャンセル料が100%であること。飛行機の遅延等のリスクを考え、到着後、2日目、3日目からスタートできるように仕込むのがよいという点です。宿については朝食はおいしいところばかりで、部屋では湯をわかすことができました。十分広い宿が多かったと思います。特に後半の宿は極めて絶景の最中にあったので、宿泊中は退屈しません。記載した通り、オススメのツアーとなる。行けないアークレイリやブルーラグーンなどと組み合わせて申し込めばほとんどのツアー組みができると思います。GUIDE TO ICELANDは1日以内に概ね質問を回答してくれました。日本語も自然で問題ありません。但し、現地では簡単な単語を組み合わせるくらいはできた方がよいようです。電話は念のためIP電話でもあればどうにかなりそうです。

PANCHI NECO

PANCHI NECO

Amazing!
14/02/2019, 17:08
Review of レイキャビク空港発|ゴーザフォスの滝とミーヴァトン湖観光(往復航空券付き)

guide to icelandとのコミュニケーションについては24時間以内にやりとりができ、日本語もクリアだったため、とても安心してツアーに参加できました。 「アークレイリへの飛行機について」 搭乗の割とちょっと前にスタッフが来て受付になります。 飲料はお茶かコーヒーが出ました。 また、旅をしたいと記録のノートがあり、閲覧、追記ができます。 「搭乗チケットについて」 メールでpdfで来ますが、ツアーの簡単な概要書にも見える内容に飛行機の情報が書かれています。これでなんと飛行機に乗れました。日本のeTicketとは少し勝手が違いQRコードなどはなく、目視で確認して搭乗できます。私の時はパスポートの提示を求められました。 「現地ツアー会社について」 内容について、私は国籍、日程が間違っていました。この点はguide to icelandの人が英語でフォローしてくれましたが、油断なりませんので、よく確認ください。 飛行機は比較的大きく、座席の心配は、ありませんでした。 「ガイドについて」 知識は豊富で明るい方でした。質問にも現地視点で答えてくれるので、マニアック情報を得られます。 ただし、guide to icelandで確認していた、温泉に入らない人は観光をしてくれるという話は嘘でした。 ガイドはカフェで食事を取っていて、それは必要なので仕方がないとして、終わった後に観光場所について尋ねてもあまりないと答えるのみでした。 この点は改善が必要です。 約2時間の休憩について、回るのか、暇をしてしまうかは気になりました。 また、降車の際に私がメガネが壊れ、レンズが飛び出すというアクシデントがありました。バスで探している間に、バスが出発して、降車場所から離れていきました。もしもレンズが見つかるのが遅かったら、変なところで降ろされていたかもしれません。この点はNGです。 「飛行機の欠航」 ありませんでした。しかし、帰りの飛行機が欠航の場合は対策を考えてくれるとのことでしたが、アークレイリで解散だったため、欠航だったときに対策を練ってくれるという話はやや半端でした。 欠航の際には駆けつけてくれたのかは気になりました。 「ツアー内容」 ゴゥザフォス、アークレイリ観光、Grjótagjá, Námafjall Geothermal Area、ミーヴァトン湖の撮影スポットは最高に良かったと思います。 また、通行止になりかけても割と諦めないで頑張るスタイルは共感しました。 ただし、Grjótagjá, Námafjall Geothermal Areaは15分は短いです。Grjótagjáは撮影角度が複数あり、地割れ部に登ることもできるので、長めの時間が必要です。特に他の観光客の洞窟の出入りに苦戦する可能性も加味した方がよいでしょう。 Námafjall Geothermal Areaは奥に派手な湯気の吹き出し口があり、走らないと間に合わず、私のパートナーはいけませんでした。 ディンムボルギルの溶岩柱, Skútustaðagígarは雪のある時は見所が少なく、見る価値がないように見えました。特にSkútustaðagígarはただの雪原にしか見えませんでした。省略して温泉近場の噴出口をいくつか見て回った方が面白そうでした。 ほかにスポットはあるように見えました。 冬は雪の影響を考慮した方がよいかと思います。 ※空港に比較的近い、バスストップには水のボトルが無料で置いてありました。ついでに寄って持ってくるのがよいかもですね。

Noriko

Noriko

Amazing!
24/08/2018, 13:11
Review of レイキャビク空港発|ゴーザフォスの滝とミーヴァトン湖観光(往復航空券付き)

2018年8月にこのツアーに参加しました。アイスランド国内線を使っての移動は初めてだったので、少し不安だったのですが、そんなに難しいことはなかったです。国内線はチェックインした後の手荷物検査もなく、レイキャビク-アークレイリ間の移動時間も35分程で、あっという間に到着。定刻通りのフライトだと、アークレイリ空港で約一時間の待ち時間があるので、空港のロビーやカフェで待つ必要があります。ガイドさんとはアークレイリの空港で合流しました。ツアー当日は雨だったのですが、ガイドさんの提案で、滞在時間は短めだけどなるべく多くの場所に立ち寄るプランになりました。訪れたのは、ゴーザフォスの滝、スクトゥスターザギガルの偽クレーター、クラプラ火山の火口湖、ナゥマフィヤトル地熱地帯、ミーヴァトン・ネイチャーバスでお昼休憩、グリョタギャゥ洞窟内部の温泉、ディムボルギルなどです。その他、トイレ休憩や短い写真ストップが何回かありました。誰もミーヴァトン・ネイチャーバスでの入浴を希望しなかったので、見学のみだったのですが、小さめのブルーラグーンのような感じでした。話の種に入っておけばよかったかなと後悔しています。ツアー終了後は、アークレイリの町か空港で降ろしてくれます。私はアークレイリの町を散策したかったので、町で降ろして貰いました。アークレイリの町で降りた場合、町から空港への送迎はないので自分で空港まで行く必要があります。タクシーを使ってもよかったのですが、町の中心部から空港まで4km程だったので、見物もかねて歩いて行きました。アイスランド北部の自然は独特で、少し移動しただけで全く違う風景が広がっていて驚きました。日帰りでも十分にミーヴァトン湖周辺の見所を楽しむことができました。ミーヴァトン・ネイチャーバスに入浴できなかったのが心残りなので、機会があればまた参加したいです。

よくある質問

2022年にアイスランドで噴火した火山は?

レイキャネス半島ファグラダルスフィヤル山(Fagradalsfjall)は2022年8月3日から3週間の間、噴火しました。この山はGrindavikという町の近くにあり、首都レイキャビクからは約35キロほど離れたところにあります。同山は2021年にも噴火しており、この時の噴火は3月から約6か月間続きました。

アイスランドのファグラダルスフィヤル火山を見たいのですが。

最近噴火したばかりのファグラダルスフィヤル山を見に行く方法はいくつかあります。自力で行く場合は、レイキャビクから火山近くの駐車場まで行き(約45分)、そこから噴火のあったメラタリル谷(Meradalir)までハイキングをします。歩く距離は往復約15キロです。 車がない方、またはガイド付きツアーに参加したい方は、このツアーがおすすめです。レイキャビクからマイクロバスでGrindavikに行き、ガイドが火山に至るトレイルをご案内します。 更に、上空から火口を見ることもできます。レイキャビク国内線空港からヘリコプターで火山に向かうヘリコプター遊覧飛行がおすすめです。

ファグラダルスフィヤル火山を見に行く場合の服装は?

メラタリル渓谷の駐車場からファグラダルスフィヤル山までは、ごつごつした道を1~1.5時間ほど歩く必要があります。このため足首まで覆うしっかりしたハイキングシューズが必要です。また、アイスランドの天気は変わりやすく、火山付近は風を遮るものがないため、防寒着と手袋もご用意ください。難易度が高めのコースで、往復15キロほど歩きますので飲み水も忘れずにお持ちください。

アイスランドのファグラダルスフィヤル火山を見に行くことはできますか?

はい、安全のためのガイドラインに従えば、観光目的で噴火直後の火山を訪れることができます。火口付近へは徒歩で行く必要がありますので、しっかりしたハイキングシューズと防寒対策が必要です。流出したばかりの溶岩は黒く冷え固まっているように見えても熱い場合がありますので、十分な距離をとって見学してください。

アイスランドに活火山はありますか?

アイスランドにはたくさんの活火山があります。最も最近噴火したのはファグラダルスフィヤル山で、2022年の8月に噴火がありました。