アイスランドの火山ツアー

アイスランドの火山ツアー

アイスランドの火山の神秘を体験するツアーを集めました。レイキャネス半島で2024年に噴火を終えたばかりのスンズヌカギガルを見るヘリツアーもあります!
Find a unique experience

出発地を選択

日付を選択

出発日最終日

人数

1名
キャンセル料なし
最低価格保証
手軽に予約・キャンセル
情報量ならNo.1!観光情報サイト

アイスランドの火山ツアー

絞り込み条件を使用して結果を絞り込む

2

厳選されたツアーの中からご希望のツアーを選択してください

旅行者のレビュー

世界各地からのユーザーのレビューを読む

Satoshi Shina

Satoshi Shina

Amazing!
28/11/2023, 18:24
Review of オーロラを追って~7日間のドライブ|南アイスランド~ヨークルスアゥルロゥンの氷の洞窟へ

全体的に満足のいく旅行になりました。 日程によっては時間がなかったり余ったりしますのでアレンジすることも可能です。 車は非常に綺麗で優秀でした。 ナビも最新でしたので安心して使うことができます。 2日目に予約していたホテルの場所が事前に教えてもらっていた住所と違う場所でしたので電話番号なりグーグルで調べてから行きました。 アイスケーブ探検は3時間のコースでした。動画などで見る規模の大きいアイスケーブを見たいと思ったら個人で6時間コースの予約をお勧めします。(日程ではこの日にレイキャビクに戻らないといけないので体力に自信がある人) ヘルメット、アイゼンは無料で貸し出しです。もしアイゼンが壊れていても予備と交換してくれますので安全第一に。 このレビューをみてくださった方に。 事前に行きたい場所・ホテルをグーグルマップでピン立てすることをおすすめします。 長距離の運転です。また日本とは交通ルールが逆なので、左ハンドル・右側走行に慣れていない方は十分に気を付けてください。基本的に煽られることはないので安心してください。 スピードの出やすい道ですので注意して走行してください。 時期によりますが、晴れたときはサンバイザーは効果しません。サングラスの持参をお勧めします。 ガソリンはクレジットでの支払いでPINコードが必要です。 それが分からない場合はN1でプリペイドカードが購入できます。 もしくはオクタンだとPINコード無しで給油可能です。 それでは良い旅を。

Tatsuyuki Aoki

Tatsuyuki Aoki

Amazing!
15/11/2023, 14:07
Review of オーロラを追って~7日間のドライブ|南アイスランド~ヨークルスアゥルロゥンの氷の洞窟へ

車のレンタル、宿泊、ツアーなどは非常にスムーズでとても助かりました。 もし可能であれば、車の保険を選べるようになるといいなと思いました。通常は一番低い保険ですが、後から調べたら保険はなるべくアップグレードしたほうがいいという口コミも見ました。今回はオフロードをほとんど走りませんでしたが、夏は特に保険を良くしたほうがいいなと思いました。 私はアイスランドで下記の2つのサイトをよく見ました。 一つはオーロラの情報が見れるサイト、もう一つは道路の舗装状態がわかるサイトです。レンタカーで未舗装を走るのはなかなか勇気がいるので、非常に助かりました。 https://en.vedur.is/weather/forecasts/aurora/ https://vegasja.vegagerdin.is/eng/ アイスランドの情報は日本やWebサイトで多くなく現地で情報を仕入れることが多かったです。いろんなところにあるインフォメーションセンターにいくとその地域の情報をいろいろと得ることができました。もしこの情報をPDFで事前に見れたらうれしいと思いました。 持って行ってよかったものは、即席スープ、パスタソースなどです。レストランが近くにないことや移動距離が長いこともあります。また物価は非常に高いほうだと思います。お湯だけ、電子レンジだけで食べれるものがあると非常にいいと思います。ホテルのグレードを上げれば必要ないかもしれません。 氷の洞窟ツアーはヘルメット、アイゼンを貸し出してくれます。暖かい格好であれば問題ありませんでした。手袋はスキー用のほうがいいと思います。スキー用の服装は必要ありません。フィヨルドハイキングに行く人はスキー用や雪山用の服を着ていました。

アイスランドの火山ツアーについて

アイスランドの火山ツアーは活火山や溶岩台地、溶岩洞窟、火口湖などを見学するツアーです。「炎と氷の国」アイスランドは火山や氷河、海のせめぎ合いが続く島。私たちの足元に眠るマグマのパワーを感じられる名所がたくさんあります。アイスランドらしい体験がしたい方に大変おすすめです。

アイスランドの火山帯や地熱地帯を訪れ、ガイドが同行するツアーでは噴火の歴史や地質学上の特質などについて詳しく知ることができるでしょう。

本物の火山や火口や溶岩原を見学するものなど、種類も様々です。西部アイスランドには、休眠のスリーフヌカギクル山(Thrihnukagigur)のマグマ溜まりに入れるツアーもあります。

運がよければ、噴火中の火山を見ることもできます(安全な距離を保って見学します)。2021年、2022年、2023年にはレイキャネス半島リトリ・フルトゥール(Litli-Hrutur)、ファグラダルスフィヤットル(Fagradalsfjall)で噴火がありました。

アイスランドの火山ツアーは安全はもちろん、環境保全にも配慮して催行されています。安心してご参加ください。

よくある質問

アイスランドのグリンダヴィーク噴火への行き方は?

2024年3月のスンズヌカギガル(Sundhunukagigar)噴火の影響により、グリインダヴィーク(Grindavik)一帯は現在立ち入りが禁止されています。詳しくは 2024年のグリンダヴィーク噴火のすべてをご覧ください。

このため、現在スンズヌカギガル火口列の噴火の様子を見学する唯一の手段はレイキャビク発の火山見学ヘリコプター遊覧飛行です。

過去の噴火の際は、安全が確認された後に火山を見に行くためのハイキング道が開放されました。スンズヌカギガルでもハイキングが可能になるかは、現在のところわかっていません。SafeTravelに更新される安全情報をよく確認し、封鎖地帯に立ち入ったりしないでください。

封鎖が解除されれば、ファグラダルスフィヤットル火山(Fagradalsfjall)近くにある、2023年リトリ・フルトゥール(Litli-Hrutur)噴火跡も見に行くことができます。

リトリ・フルトゥルに至るハイキング道の駐車場はレイキャビクから車で55分ほどです。そこからハイキングの「Dコース」(Merardalaleidとも)に沿って歩きましょう。往復20㎞ほどの道のりです。

2021年・2022年のファグダラスフィヤットル噴火跡を見たい方は、「A」または「B」コースを通り、メラダリルの谷(Meradalir)を目指しましょう。こちらは往復15kmほどです。

アイスランドのグリンダヴィーク噴火は安全に見学できるのですか?

いいえ、現在スンズヌカギガル(Sundhunukagigar)という火口付近で活発な火山活動が続いているため、グリンダヴィーク噴火があったエリアを訪れることはできません。新たな地割れ・火口が出現する恐れがある上、今も火山性の有毒ガスが発生しており、近年噴火があった周辺エリアも含め、全て閉鎖されています。

グリンダヴィークのスンズヌカギガル噴火を安全に見学する唯一の方法はレイキャビク発の火山を見るヘリコプター遊覧飛行です。

必ずSafeTravelで最新の安全情報や観光ガイドラインを確認してください。

以前の噴火では、観光可となった時点でハイキング道が開放されました。今後スンズヌカギガルでハイキングが可能になるかは不明です。専門家や当局が開放を宣言するまでは絶対に立ち入らないでください。また、観光可となった場合は、安全のためガイド付きツアーに参加されることをおすすめします。

2024年のグリンダヴィーク噴火はアイスランドのどこで起きているのですか?

2023年12月18日の夕方、グリンダヴィーク(Grindavik)という町の郊外でスンズヌカギガル火口列(Sundhnukagigar)の噴火が始まりました。3日後に一旦収束したものの、2024年2月8日から再び二日間にわたって噴火し、3月16日には三度目の噴火が観測されました。

近年グリンダヴィーク近郊では噴火が相次いでおり、今回で4件目になります。レイキャネス半島全体では4年間で7件目になります。現在一帯への立ち入りは禁止されています。

アイスランドで一番おすすめの火山ツアーは?

アイスランドで一番おすすめの火山ツアーはレイキャビク発・レイキャネス火山帯を飛ぶヘリコプター遊覧飛行です。70件以上のレビューで5点満点中4.6点を獲得しています。グリンダヴィーク郊外の噴火跡や2024年から最近噴火を終えたばかりのスンズヌカギガルを見る唯一の方法です!

他にも、スリーフヌカギクル火山の中に入る Inside the Volcanoツアーも人気です。320件以上のレビューによる平均評価は4.8点です。

ゴールデンサークル観光+ケリズ火口湖ツアーでは、今は水を湛えている静かな火口を見ることができます。240件のレビューで4.8点を獲得しています。

アイスランドで一番安い火山ツアーは?

アイスランドで一番安い火山ツアーはスナイフェルスネス半島のヴァッツヘットリル溶岩洞窟見学ツアーです。料金は約33米ドルで、通年催行されています。

もう一つお手頃な火山ツアーはロイヴァルホゥルスヘットリル溶岩洞窟見学ツアーです。アイスランド南西部にある溶岩洞窟です。料金は約61米ドルです。

アイスランドの火山ツアーはおすすめですか?

はい、アイスランドの火山はとても魅力的です。火口や溶岩原、溶岩洞窟などの見学を通して、はかりしれない地球のエネルギーを感じることができます。地底探検ができるツアー、空から噴火中の火山を見られるツアーなど様々なものがありますので、是非おもしろそうなものを探してみてください。

アイスランドで2023年の夏に噴火した火山は?

2023年7月10日にアイスランドで噴火した火山は、レイキャネス半島のリトリ・フルトゥル山(Litli-Hrutur)です。8月5日まで噴火が続きました。このエリアで火山の噴火が見られるのは3年連続です。

この火山はグリンダヴィーク(Grindavik)という町の近く、首都レイキャビクからは約35キロほど離れたところにあります。

近くには2023年12月・2024年2月に噴火したスンズヌカギガル(Sundhnukagigar)や、2021年3月~9月及び2022年8月3日~下旬まで噴火したファグラダルスフィヤットル(Fagradalsfjall)もあります。

リトリ・フルトゥール火山を見に行く場合の服装は?

リトリ・フルトゥール山周辺は、最近グリンダヴィーク郊外で始まったスンズヌカギガル(Sundhnukagigar)噴火のため立ち入り禁止です。危険ですので、封鎖区域に立ち入らないでください。

これまでの噴火では、当局が安全と判断した後にハイキング道が開放されました。今回の噴火後いつハイキングが可能になるかはわかりません。最新情報は SafeTravelで確認してください。

封鎖が解除されれば、リトリ・フルトゥル山へは往復20㎞(7~8時間)のハイキングで行くことができます。安全のためガイド付きツアーに参加されることをおすすめします。

ハイキングに際しては足首をサポートするしっかりしたハイキングブーツが必須です。また、アイスランドの天候は予測不可能で、火山の周辺は風を遮るものがないため、必ず防寒着と手袋を用意しましょう。必要に応じて体温調節ができるよう重ね着がベストです。水や軽食も忘れずに。

2022年と2021年の2回の噴火跡を見たい方は、メラタリル渓谷の駐車場から徒歩でファグラダルスフィヤットル山を目指しましょう。アップダウンもあり、やや難易度の高い往復約15kmハイキングコースなので、水分をたっぷり持って行きましょう。

アイスランドに活火山はありますか?

はい、アイスランドにはたくさんの活火山があります。2023年・2024年のスンズヌカギガル火口列(Sundhnukagigar)噴火は記憶に新しいところです。

このエリア、レイキャネス半島では近年7件ほどの噴火が起きており、2022年8月のファグラダルスフィヤットル(Fagradalsfjall)噴火、2023年7月10日からひと月ほど続いたリトリ・フルトゥル(Litli-Hrutur)噴火などがありました。

興味がある方はレイキャビク発のヘリコプター遊覧飛行などで噴火を見学してみては。

アイスランドの火山は危険ですか?

アイスランドの火山は日常的には危険な存在ではありません。しかし2023年12月18日に始まったスンズフヌカギガル(Sundhnukagigar)噴火に先立つ地震では、近隣のグリンダヴィーク(Grindavik)という町に被害がありました。2024年1月のハガフェットル噴火(Hagafell)では、グリンダヴィークで3軒の家屋に被害がありました。

現在一帯は立ち入り禁止になっており、安全情報はSafeTravelで随時更新されています。安全が確保できない場合、火山ツアーは中止、または内容を変更して催行されますので予めご了承ください。今のところ、こちらのヘリコプター遊覧飛行で噴火跡を見学することができます。

2023年のリトリ・フルトゥル山(Litli-Hrutur)の噴火では近隣の集落やインフラに影響はありませんでした。しかし新たにできた溶岩原では今も有毒ガスが発生しているため、この近くでハイキングをする場合は注意が必要です。

2022年には同じエリアでファグラダルスフィヤットル(Fagradalsfjall)が噴火しましたが、この時も近隣の集落に被害はありませんでした。

アイスランドの火山を見に行きたいのですが。

アイスランドにはたくさんの火山があります。中には専門家チームについていかないと行けないような山もあります。一方、美しい火山を見たい方はラーカギーガル火口と フィヤズラゥルグリューフル峡谷を訪ねる8時間のスーパージープツアーや、アスキャのカルデラ湖とホルフロイン溶岩台地を訪ねる12時間ツアーなどに参加してみては。

グリンダヴィーク近郊で噴火したスンズヌカギガルを見たい方はレイキャビク発ヘリコプター遊覧飛行がおすすめです。

できたばかりの溶岩原はどこで見られますか?

ミーヴァトン湖(Myvatn)エリアを巡るセルフドライブツアーや、アスキャ・カルデラ湖(Askja)の日帰りツアーに参加すれば、新しい溶岩原を見ることができます。時間に余裕がある方は、フェリーで火山活動が活発なヴェストマン諸島に行くのもよいでしょう。

またレイキャビク発のヘリコプター遊覧飛行では、2023年に噴火を終えたスンズフヌカギガル(Sundhnukagigar)の様子や、リトリ・フルトゥル山及びファグラダルスフィヤットル山の噴火によってできたばかりの溶岩原を見ることができます!

アイスランドには本物の火山の中に入れるツアーがあるのですか?

はい、アイスランドのスリーフヌカギグル火山(Thrihnukagigur)では本物の火山の中に入ることができます。こちらの「インサイド・ザ・ボルケーノ」というツアーはレイキャビク送迎もついています。

冬の旅行でもスリーフヌカギクル火山のマグマ溜まりを見学できますか?

アイスランドのスリーフヌカギグル火山(Thrihnukagigur)の中に入れる「インサイド・ザ・ボルケーノ」ツアーの催行時期は5月中旬から10月末までです。従って冬は残念ながら見学できませんが、アイスランドには通年見学できる溶岩洞窟もたくさんあるので是非チェックしてみてください。

スリーフヌカギクル火山に入るとマグマを見られるのですか?

いいえ、スリーフヌカギグル火山(Thrihnukagigur)のマグマ溜まりは現在は空洞となっており、マグマを見ることはできません(空洞なので安全に見学できます)。

2010年に噴火したアイスランドの火山は?

2010年に大噴火し、欧州の航空網を大混乱に陥れたアイスランドの火山はエイヤフィヤトラヨークトル(Eyafjallajokull)と言います。アイスランドの南海岸ミールダルスヨークトル氷河の西)にあります。

アイスランドにはなぜ活火山がたくさんあるのですか?

アイスランドに活火山が多いのは、北米大陸プレートとユーラシア大陸プレートを分ける大西洋中央海嶺がアイスランド島の中央を貫いているからです。プレート同士が引っ張り合う力で地殻の強度が落ち、アイスランドの火山活動を引き起こしているのです。

アイスランドにはどんな種類の火山があるのですか?

アイスランドにはエイヤフィヤトラヨークトル(Eyjafjallajokull)のような成層火山、カトラ(Katla)のような複式火山、レイキャネス半島(Reykjanes)に見られるような噴火する割れ目が集中している地帯などがあります。

アイスランドで最も活発な火山は?

アイスランドで最も活発な火山はおそらくハイランド地方グリムスヴォトン(Grimsvotn)でしょう。ヴァトナヨークトル氷河(Vatnajokull)の下に眠る火山です。18世紀にヨーロッパに大混乱をもたらしたラキ火山帯とつながっています。ヘクラ山(Hekla)とカトラ山(Katla)も非常に活発で、アイスランドに人が住むようになってからそれぞれ20回以上の噴火しています。

アイスランド最強の火山は?

アイスランド最強の火山はカトラ(Katla)でしょう。ミールダルスヨークトル氷河(Myrdalsjokull)の下に眠る火山です。1918年の大噴火以来、鳴りを静めています。

アイスランドで最も活火山が多いのはどこですか?

最も活火山が多いのは大西洋中央海嶺上に位置するエリアです。南海岸のカトラ火山付近、ハイランド地方のヴァトナヨークトル氷河付近、レイキャネス半島、そしてミーヴァトン湖エリアです。ヴェストマン諸島も活火山が多く、1973年に大きな噴火がありました。

ヴェストフィヨルド地方にはなぜ火山がないのですか?

西フィヨルド地方はアイスランドで最も古い地層で、1600万年前に形成された山もあります。その間に地面が少しずつ移動し、現在では大西洋中央海嶺(つまり火山のホットスポット)から外れているため、火山がありません。

アイスランドの溶岩原でキャンプはできますか?

キャンプができるのはキャンプ場のみです。溶岩原は繊細な苔に覆われていることが多く、傷つくと再生に数十年かかることもあるので、キャンプはしないでください。

アイスランドの溶岩原を歩いても危なくないのですか?

はい、遊歩道などを歩く分には安全です。溶岩原には無数の割れ目や洞窟があり、無防備に歩くと落ちてしまう危険があるので、くれぐれも注意してください。

また、噴火したばかりのファグラダルスフィヤットル山(Fagradalsfjall)、リトリ・フルトゥル山(Litli-Hrutur)、スンズヌカギガル(Sundhnukagigar)、ハガフェットル(Hagafell)はこの限りではありません。一見溶岩が冷え固まっているように見えても、少し深いところの溶岩はまだ熱く不安定な状態です。溶岩が完全に冷え固まって安全に歩けるようになるまでには何年もかかります。
Link to appstore phone
アイスランド最大の旅行アプリをインストール

アイスランド最大の旅行アプリをスマートフォンにダウンロード。旅のすべてを1か所で管理できます。

アイスランド最大の旅行マーケットプレイスをポケットに。スマートフォンのカメラでQRコードを読み取り、表示されるリンクをクリックしてください。電話番号またはメールアドレスを入力すれば、SMSやEメールでもダウンロードリンクを受け取ることができます。