アイスランドの迫力のある大自然は、時にとっても美しくロマンチック。都会の喧騒を忘れて、大切な人と過ごす時間。地平線に沈みゆく夕日を見たり、絶え間なく流れる滝の音に耳を傾けながら、アイスランドを旅するのもロマンチックなひとときです。

アイスランドにはヨーロッパの大聖堂や恋愛スポットはありませんが、その美しく雄大な大自然が訪れる人の心を揺さぶります。そんなアイスランドでは、結婚式をあげたりする人やカップルで訪れる人も少なくありません。もし、アイスランドで結婚式を挙げたり、ウェディング・フォトを撮りたいというのであれば、Guide to Icelandへ問い合わせてみましょう。あなたにピッタリのアイディアがあるかもしれません!

ロマンチックなアイスランドの旅を計画するなら、やっぱりレンタカーがお勧めです。朝から晩まで2人っきりの時間が楽しめますよ!

 

ここでは、作者の私がピックアップした4か所を紹介します。

スナイフェルスネス半島

スナイフェルスネス半島にあるロゥンドランガール

レイキャビクの北西に位置する、スナイフェルスネス(Snaefellsnes)半島。その半島の先端にはスナイフェルネスヨークル氷河を冠した火山があり、その一帯は国立公園に指定されています。多くの野鳥が住み、海沿いには切り立った断崖や、海岸が続きます。半島の内陸部は山が連なり、ハイキングコースが多くあります。切り立った崖にはロゥンドランガル(Lóndrangar)という大きな岩がそびえていたり、アルナルスタピ(Arnarstapi)とヘルナル(Hellnar)の間にはちょっとした散歩道があり、散歩の後にはヘルナルのカフェでお茶の時間。海を見ながら過ごすひとときはやっぱり特別なものです。

のどかな田舎の教会

海岸沿いに道路が敷かれ、時折小さな漁村や農場を通り過ぎますが、その周囲の自然は刻々と表情を変え飽きることはありません。

デューパロンサンドゥル(Djúpalónssandur)はちょっと変わったビーチで、浜辺は砂ではなく小さな丸い小石で埋め尽くされています。そこには昔打ち上げられた漁船の残骸が残されていて、ノスタルジックな場所でもあります。上の動画にあるデューパロン(Djúpalón)の池も、岩の間に隠された宝石のよう。

スナイフェルスネス半島にあるブージルの村

半島の先端にある雄大な山は、火山で、頂上は氷河、スナイフェルスヨークトルに覆われています。雲が出やすいので、頂上まできれいに見ることができたらラッキーな証拠。リーフ(Rif)の村では、ガムラ・リーフ(Gamla Rif)のカフェでシーフードのスープを頼みましょう。

キルキュフェットルの山

写真のキルキュフェットル(Kirkjufell)の山は、写真の被写体としてとても人気があります。実は円錐形ではないこの山、とんがり帽子の頂上に見える角度に移動して写真を撮ってみましょう。そばにある滝を入れての構図にもチャレンジしてみてください。

アウトドアが好きなお二人なら、スナイフェルスヨークトル氷河へのハイキングもお勧め。白夜となる夏に、氷河の頂上からはレイキャビクやブレイザフィヨルズル(Breiðafjörður)の海が見えます。少し傾いた黄昏の太陽の光を浴びて輝くアイスランドの自然は、ピンクやオレンジ、黄金色、紫などカラフルな彩りを纏い、その景色には心が洗われます。そんなひとときを、大切な人と過ごすのは、一生の思い出となるのではないでしょうか。

夕焼けでも、うす曇りでもない、独特な光を生む「白夜」。白夜の下で過ごす時間はアイスランドならではのロマンチックな時間です。

氷河を訪れる際には必ずガイド付きのツアーで訪れてください。

レイキャダールル渓谷の秘湯

レイキャビクからそう遠くない場所にレイキャダルルの野天風呂があります

レイキャダールル渓谷(Reykjadalur)はアウトドアx温泉好きのお二人にお勧めです。レイキャビクからのアクセスも良く、登山口までわずか45分ほど。1時間半ほどのハイキングで川に到着。渓谷に流れる川には温泉が湧き出ていて、まさに知る人ぞ知る秘湯なんです。川の上流の方では温泉のお湯が熱いですので、冬でも入浴することができます。ハイキングが大変ですが、しっかり装備して準備すれば、秘湯に入りつつ、夜空に舞うオーロラを見るなんてことも! 冬の夜であれば、訪れる人もいませんから、二人っきりでオーロラを見れるかもしれませんね。

地元の人、観光客を問わず夏の間は多くの人がハイキングに訪れるレイキャダールル渓谷。白夜となるので、夜中を狙っていけば二人っきりの時間があるかもしれません。

レイキャダルルにあるハイキングコース

白夜の時期には、夜でも暗くならないので夕方過ぎからハイキングを開始しても大丈夫。ヘッドライトや懐中電灯を用意する必要もありません。酔っぱらわない程度であれば、ワインを持って行ってもいいでしょう。静かな渓谷に流れる温泉の川で、ワインを片手に大切な人と過ごす夏...。何ともロマンチックではありませんか?

ハイキングの後には、ストックスエイリ(Stokkseyri)にあるレストラン、Fjöruborðið (At the Seashore) で手長エビ料理をどうぞ。人気があるので予約しておくとスマートです。

レイキャダールル渓谷はレイキャビクの南東、国道1号線沿いにあるクヴェラゲルジの町にあります。町の裏手にある登山口からは上り1時間半~2時間、下り1時間から1時間半のハイキングとなります。ある程度の標高差はありますので、しっかりした靴を準備しましょう。

ツアーで行くなら、ハイキングツアーや、馬に乗って行くツアーがあります。

ヴァトナヨークトル氷河の氷の洞窟

2016年のヴァトナヨークトル氷河にできた氷の洞窟

どこまでも見渡せる広大な自然とは対照的な洞窟でのひととき。閉ざされた空間というのも、また、自然の力強さと美しさを感じる場所です。ご存知の通り、青い氷が美しい氷河にできる氷の洞窟は、冬限定のスポットです。長い年月を経て作られた氷河といえども、そこに形成される氷の洞窟は想像以上に儚く、夏には溶けてなくなってしまうものなんです。

そんな氷の洞窟に一歩足を踏み入れれば、一面氷の世界。厚い氷河の氷を通してわずかに差し込む光によって、氷はうっすらと青く光っているかのよう。綺麗に磨かれたガラスやクリスタルのような氷でできた空間は、まさにおとぎ話にでてくる氷のお城そのもの。しんと静まり返った空間は、何かを語りかけているようでもあります。

氷の洞窟は気温が高いと崩れたり溶けたりする可能性もあるので、必ず専門のガイドと行く必要があります。ツアーになりますので、二人っきりの時間は難しいですが、目を見張るような不思議な体験ができます。

この氷の洞窟はアイスランド東部のヴァトナヨークトル氷河にあり、レイキャビクからは片道6時間から7時間のドライブになります。それはつまり、この氷の洞窟を目指す間に、様々な観光スポットに寄ることができるということでもあります。セリャランズフォスの滝やスコゥガフォスの滝、レイニスフィヤラのブラックサンドビーチ、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖など、美しい風景が点々と続いています。ヨークルスアゥルロゥン氷河湖はアイスランドで一番美しい場所とも言われており、湖に氷河のかけらが浮かぶ様子は異世界の風景のようです。そのそばには、小さくなった氷のかけらが浜辺に打ち上げられたダイヤモンドビーチがあります。氷の洞窟とは反対に、この氷のかけらは太陽の光を浴びてダイヤモンドのようにキラキラと輝きます。

レイキャビクからヨークルスアゥルロゥン氷河湖・氷の洞窟までの距離はかなりありますので、少なくとも1泊2日、できれば2泊3日のスケジュールで訪れることがお勧めです。特に冬の間は天気が悪くなることもあるので、余裕を持って、ロマンチックな旅をお楽しみください。

アイスランドの最も美しい場所と言われているヨークルスアゥルロゥン氷河湖

また、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖でのオーロラなんていうのも、とっても素敵。寒い冬の夜、体を寄せあって見るオーロラは格別です。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の空に踊るオーロラ

レンタカーを借りてレイキャビクを出発したら、美しい南海岸の風景を見ながらヴァトナヨークトル氷河へ。その夜オーロラを見ながら過ごし、翌朝はゆっくりと過ごす。昼間はヨークルスアゥルロゥン氷河湖やダイヤモンドビーチを2人で散策し、そのあと氷の洞窟へ。神秘的な空間での時間を過ごした後は、カフェで暖かい飲み物を。雪がちらつく中、アイスランドの大自然の二人で過ごす時間はかけがえのないものです。

ソゥルスモルク渓谷

ソゥルモルク渓谷の様子

ソゥルスモルク(Þórsmörk)は実は私が一番ロマンチックだと思う場所です。あまり知られていないかもしれませんが、見渡せばそこは美しい山々の景色ばかり。感動するような景色に囲まれて過ごす時間は、一生の思い出となるような経験ではないでしょうか。

ソゥルスモルクはハイキングの場所と知られ、アクセスも決して良くはありません。橋のない川を渡ったり、砂利道をドライブしたりする必要があり、ホテルもありません。あるのはいくつかの山小屋と、キャンプ場...ですが、そこで見える景色というのは、息を飲むような雄大な山々の風景です。

美しい氷河の風景

人の住んでいないソゥルスモルク。たまにはこんな人里離れた静かな土地で大切な人と過ごす時間もいいのではないでしょうか。晴れていればお日様の光を沢山浴びても良し、雨であれば屋根の下で暖かい飲み物のとお気に入りの音楽で気の向くままに過ごしても良し。二人を邪魔するようなものは、何もありません。

穴場的なスタックホルツギャゥ

また、お二人がアウトドア派なら、ソゥルスモルクではぜひハイキングに出かけてみましょう。写真のようなスタックホルツギャゥ(Stakkholtsgjá)を訪れるものなど、たくさんのハイキングルートがあります。2人で一緒に汗を流すのもいいものです。そしてぜひお二人だけのお気に入りの場所を見つけてみましょう。

ソゥルスモルクは山に囲まれ、夏の間のみアクセス可能です。そして川を越えたりするためレンタカーで行くことはお勧めできません。訪れる際にはソゥルスモルクへのツアーなどを利用してスマートに旅行しましょう。3日間のハイキングツアーなら、ソゥルスモルク周辺を十分に散策する時間もあります。

いかがでしたか? ロマンチックなアイスランド...オシャレな建物や可愛らしい街並みも無いけれど、そこには心を揺るがすような風景がたくさんあります。二人の旅をロマンチックにする要素はたくさんあるはずです。大自然の中を旅するからこそ味わえる、大切な人の時間をぜひ楽しんでくださいね!

他にもブルーラグーンをはじめとする温泉について調べたり、リングロード沿いの観光スポットを調べたりして心に残る素敵なアイスランド旅行を計画しましょう!