アイスランドのハイランド地方を楽しむには8月がベストシーズン

8月のアイスランドの天気って?見られる野生動物や、おすすめの観光スポットは?8月のアイスランド旅行を計画中の方のために徹底解説いたします!

8月のアイスランドを一言で表すとずばり「ホット」!7月に負けず劣らず(アイスランドにしては)暖かな天気が続き、あちこちで熱いフェスティバルやイベントが開催されます。夏休みもいよいよ終盤に差し掛かり、島中がお祭り気分に包まれる季節です。


ラインアップはアイスランド最多。アイスランドの夏季セルフドライブツアー を検索する  

アイスランドのリングロードを周遊する8日間のサマーバケーション

忙しい人におすすめ!夏のアイスランドをドライブする2泊3日のセルフドライブツアー


夏と言えばやっぱり8月。このころになると白夜の季節も終わりを迎え、アイスランドには久しぶりの美しい夜空が広がります。

スナイフェルスネス半島のキルキュフェットル山とオーロラ

真夜中の太陽は神秘的で、多くのアイスランド人は「やっぱり夏はこうじゃなきゃ!」と思っているわけですが、それでもやはり眠れなかった(或いは遊び過ぎた)白夜の時期の疲れをリセットしてくれる夜の訪れはほっとするものです。

8月末にはしっかりした暗闇が一日数時間ほど訪れるようになり、よく晴れ渡った夜にはオーロラが空を彩ります。

8月のアイスランドのアクティビティ

放牧されたアイスランドホース

8月のセルフドライブツアー

有名温泉リゾートブルーラグーンや大自然を満喫するアドベンチャーホリデー、鉄板観光ルートゴールデンサークルの観光など、一年中楽しめるアクティビティももちろんおすすめですが、ここでは夏ならではの楽しみ方をご紹介します。

まずはドライブ。車での観光は一年を通してできますが、アイスランド全土の道が通行可能な8月はドライブ旅行にぴったりです(夏でも突然の嵐で雪崩が起きることもありますが)。レンタカー込みの​​​​​セルフドライブツアーで気ままに晩夏のアイスランドを旅しては?

アイスランドの中央高地にあるランドマンナロイガル

8月はバックパッカーのベストシーズン

また天気道路条件もよい8月は、バックパック旅行にも最適です。夏休みを利用してバックパック旅行をしたい、という方は是非8月のアイスランドへ!


ハイキングツアー を探す 

乗馬ツアー を探す 


例えばリングロード沿い(国道1号)に町から町へと旅をしながら、そこここで地元のイベントを楽しむ、アドベンチャーホリデーはいかがでしょうか?お祭りが充実した8月なら、ちょっとリサーチをすれば簡単に旅行計画ができてしまいます。

夏のクロスカントリー・ドライブは解放感が最高!地元の人にも観光客にも人気のアクティビティです。せっかくなのでテントを張ったり、コテージを借りてアウトドア気分を満喫するのが正解です。


リングロード沿いにある絶景ガイド を見る 


8月の祭りやフェスティバル 

8月のアイスランドは気候が穏やかなだけでなく、たくさんのローカルな祭りやイベントが開催されています。フェスティバルやスポーツ競技会、屋外のマーケットなど、それぞれ個性があって魅力的なものばかりです。

Verslunarmannahelgin の連休

Annual Swamp Soccer Championship in Ãsafjörður写真:Mýrarboltinn 

8月の第1月曜日は祭日で、その直前の土日は「商人の週末」、アイスランド語でVerslunarmannahelgin と呼ばれています。国中で多彩な催しや祭りが開催されるこの3日間は、アイスランド人が毎年心待ちにしている連休です。

ウェストマン諸島のÞjóðhátíð音楽フェス

毎年の8月、アイスランドの離島、ウェストマン諸島で開催されるÞjóðhátíð音楽フェス

写真:Þjóðhátíð í Eyjum

最も有名なのは、Þjóðhátíð í Eyjumでしょう。二つの火山を擁する緑豊かなウエストマン諸島で100年以上続いてきた歴史あるフェスティバルです。当初はいくつかのスポーツ競技が行われていましたが、やがて音楽の要素が加わり、様々なアイスランド人ミュージシャンが出演する野外音楽フェスに成長しました。

普段のヘイマエイ島は漁師たちの町ですが、Þjóðhátíð期間中はキャンプやコンサート、花火や美しい自然を楽しむ観光客で島が一気に活気づきます。

中世のアイスランド文化をテーマにした現代の祭りは珍しいとあって、ノリのいいフォークソングを覚えたてのアイスランド語で口ずさむ外国人観光客の姿も目にするようになりました。近年人気が高まっているフェスティバルです。

イーサフィヨルズルのMýrarboltinn

アイスランドのウェストフィヨルドで毎年開催されるミーラルボルティン・フェスティバル

写真: Evrópumeistaramótið í Mýrarbolta

8月の第1週に行われるもう一つのメインイベントはMýrarboltinnという、スワンプ・サッカー(沼サッカー)の欧州チャンピオンシップです。アイスランド西部のウエストフィヨルドにあるイーサフィヨルズル(Ísafjörður)で開催されます。フィンランド発のこの競技は2004年にアイスランドに伝わり、瞬く間に人気スポーツとなりました。

選手たちは文字通り泥沼のグラウンドで熾烈な戦いを繰り広げます。ファウルも大っぴらに(ルールブックで)認められているこの競技は、世界一「きたない」スポーツといってもいいでしょう。

参加者はチームで申し込みができます。旗を掲げ、揃いのシャツを着て意気揚々と闊歩するプレイヤーたちの姿はヴァイキングさながらです。

大会中はイーサフィヨルズルでは連日コンサートやパーティも行われ、観戦以外にもたくさんの楽しみがあります。町全体が盛り上がるので、観光にもおすすめです。


人気のイーサフィヨルズル & ウエストフィヨルド・ツアー を見る


インニプキン音楽フェスやその他イベント

Innipúkinn is the Reykjavík festival to celebrate shop keeper's weekend.

写真:Innipúkinn Festival

8月の第1週開催のイベントはまだまだあります。島中祭りがない町はないほどです。

レイキャビクではインニプキン(Innipúkinn)と小さな音楽フェスがあります。Innipúkinnはアイスランドの「インドア派の悪魔」であり、人を怠け者にしてずっと外に行かせない呪文をかけるものです。連休中に田舎に行きたくないレイキャビク住民に楽しんでもらえるイベントとして2002年から毎年開かれ、音楽の生演奏を室内で楽しめます。

「北の都」アークレイリのフェスティバルは Ein með öllu といい、スポーツやコンテスト、コンサート、マーケット、カーニバルなどが様々なイベントが開催されます。

歴史に興味がある方には、アークレイリより更に北の漁村シグルフィヨルズル(Siglufjörður) のSíldardagarというお祭りがおすすめ。今昔のニシン漁師を讃えるお祝いです。

また、イーストフィヨルドの奥深くにある小さな村、 ネスコイプスタズル(Neskaupstaður)にはNeistaflugというお祭りがあります。音楽や様々な催し、ゴルフコンペやフライフィッシングのコンテストなど、ファミリーにもおすすめのアットホームなフェスティバルです。

家族旅行なら VatnaskógurのSæludagarというお祭りはいかがでしょう?子供たちが遊んだり学んだりする仕掛けが豊富で、小さな子連れでものびのびと過ごせます。


こちらの記事もどうぞ: レイキャビクの楽しみ方 ベスト10 


Fiskidagurinn Mikli | 大いなる魚の日

ダルヴィークで開かれる「魚のフェスティバル」Fiskidagurinn Mikliではローカルのミュージシャンのライブが楽しめる

アイスランドは漁業との関わりがとても深い国です。多くのアイスランド人はご先祖様である海の男(&女)たちを誇りに思っています。今のアイスランド文化があるのは、厳しい自然環境を生き抜いてきたたくましい漁師たちのお陰なのです。

そんなわけで漁師を讃えるお祭りはたくさんありますが、最も大々的なのがFiskidagurinn mikli(大いなる魚の日、の意)でしょう。毎年 Verslunarmannahelgi の翌週末に、トロットラスカギ半島にあるダルヴィーク(Dalvík)という町で開催されます。音楽の生演奏や花火もありますが、一番の目玉は巨大なシーフード・ビュッフェです。これだけの量が無料でふるまわれるというから驚きです。地元の漁師たちが材料を提供し、町の人たちが総出で準備を手伝います。

食は旅の大事な楽しみ。北部最大の都市アークレイリを訪ねる方は、是非ダールヴィークで漁師の国アイスランドの海鮮料理をご賞味あれ。8月ならではの北部旅行体験です。


アークレイリ発の人気ツアー を見る 


レイキャビクのカルチャーイベント

旅行日程にあまり余裕がなく地方まで出かけられない、という方もご心配なく。首都レイキャビクにも楽しみはたくさんあります。地元の通は、皆がハイキングやキャンプに出かけた後の、いつもよりのんびりした雰囲気がいいのだ、言います。

でも8月のレイキャビクは静かなばかりではありません。一年の2大カルチャー・イベントを控えているからです。

カルチャー・ナイト

レイキャビクのカルチャーセンターと言えばハルパ・コンサート・ホールを思い浮かぶでしょう

アイスランド語でメンニンガルノット(Menningarnótt)は独立記念日にも匹敵する盛り上がりを見せる、レイキャビクきっての文化の祭典です。アイスランド語で「文化の夜」を意味するこの日には、あらゆるアートやカルチャー系のイベント、コンサートなどが開かれます。市内の博物館やカフェ、クラブ、レストラン、公園、劇場、そして街路など、開催場所は様々で、町中がまるでカーニバルのような雰囲気に包まれます。

そして日が暮れた後はみんなでパーティー!お祭りは一晩中続きます。

こちらの記事もどうぞ:夜も遊びつくそう!レイキャビクのナイトライフ


メンニンガルノットは毎年、8月18日の後の最初の土曜日に開催されます。レイキャビクの豊かなカルチャーシーンを体験するにはこれ以上の日はないでしょう。音楽が聞こえてくる方向に歩いていけば大丈夫。一日街歩きを楽しんだら、夜は盛大な花火もお見逃しなく。 

レイキャビク・プライド 

レイキャビクのダウンタウンを虹の色に染まる、プライド・パレード

8月の第2週のお祭りの主役はアイスランドの LGBTQIA+コミュニティです。レイキャビク・プライド・パレードは年齢、ジェンダー、性的指向を超えた連帯を訴えるイベントで、前市長ヨン・ナール(Jón Gnarr)が登場したこともあります。

プライド・パレードは一年の中でも大規模なイベントで、愛の普遍性を訴え、喜びを分かち合うために人口のなんと3分の一にあたる人々が首都に集います。

2016年にはアイスランド大統領もスピーチを行っています。国家元首が正式にプライド・パレードの参加したのは世界初です。寛容・平等の理念をアイスランドが体現して見せた画期的な出来事でした。

パレード以外にも、この一週間はあらゆるイベント、コンサート、映画上映会、ドラァグクイーンのパフォーマンスやその他ライブショーが満載です。平等がテーマのこのお祭りでは、どんな人も(そう、全くどんな人も)ウェルカムです。


こちらの記事もどうぞ:ゲイ・アイスランド | LGBTシーンの全て 


8月のアイスランドの天気・野生動物

8月のアイスランドでまだパフィンに出会えるチャンスがある

この北の小さな島国に世界中から観光客が集まるのは、やはりその大自然の魅力に拠るところが大きいのではないでしょうか。雄大な氷河にダイナミックな、 火山、それから温泉。アイスランドには本当に美しい島です。そして8月のアイスランドの一番いいところは、穏やかな天気のお陰でこうした自然の風景をゆっくり楽しめることです。

8月のアイスランドの天気

アイスランド南部のスコゥガフォスの滝は行く価値のある場所

8月は昼間は過ごしやすく、夜はしっかり暗くなる、アイスランド人にとっては(束の間の)夢のような季節です。小雨も降りますが、全体的に穏やかで晴れた日が続きます。

アイスランドは海洋性気候のため、8月の平均気温は10度から15度くらいです。しかし北極の(冷たい)気団と南からの暖かい気流がぶつかる地点にあるこの島では、天気は本当に気まぐれです。一日で晴れ→雹→雨→晴れ→淡雪、と夏でも目まぐるしく空模様が変わることも珍しくありません。南部では曇りと雨(úði と言います)、明るい晴れ間が交互に表れます。

天気予報では風もしっかりチェックしてください。気温15度のよく晴れた午後でも、海風が剃刀のように鋭く街中を駆け抜けると一気に冷えますので、防寒着は必須です。アイスランドの伝統的なセーター、lopapeysaはムレないのに風を通さない優秀アイテムですよ。


こちらの記事もどうぞ:アイスランド旅行のベストシーズンはいつ?


8月の野生動物

8月のアイスランドで見られる可愛らしいパフィン

8月の野生動物といえばやっぱりパフィン(ニシノツメドリ)。パフィンの繁殖期は4月から9月なので、8月に離島や海岸沿いの崖を訪ねるとたくさんの鳥が見られます。 ウェストフィヨルドのラゥトラビャルク(Látrabjarg)やウェストマン諸島、南海岸のディルホゥラエイ(Dyrholaey)、北部ではグリムセイ島(Grímsey)などが飛来地として有名です。

ひょうきんな顔とおっとりした性格で、警戒心もあまり強くないのでそっと近づく分には逃げません。とはいえ、パフィンは観光客のために存在しているわけではありません。自然への敬意を忘れずに、どうぞ貴重な野生動物として接してあげてください。


ホエールウォッチング&パフィンツアー を検索する  


8月の宿とアクティビティの混雑状況

レイキャビクにあるグロッタ灯台の夏景色

8月はアイスランド観光のピークシーズンです。従って人気の観光地は混みあっていると思ってよいでしょう。人ごみを避けたい方は、レンタカーで少しマイナーな場所を巡ったり、小さなホテルに宿泊したりキャビンを貸切ったり すれば静かに過ごせるでしょう。どちらにしても予約は早めが鉄則です。

キャンプをする方は、きちんとしたキャンプ場にテントを張るようにし、周りの自然を汚さないようにしてください。やっちゃだめかな?と少しでも迷ったことは、やらないようにしましょう。アイスランドの自然はそうやって皆で守ってきたものです。観光客の皆様も是非、この美しい島の姿を未来に残せるようにご協力ください。


自由旅行よりもガイド付きのツアーに興味がある方は、こちらのパッケージツアーもご検討ください。旅程から

宿、移動手段まで全部込みで、お得・お手軽にアイスランド旅行をお楽しみいただけます。