スナイフェルスネス半島の名山キルキュフェットルの1月の姿

1月のアイスランド|完全ガイド

Kuna Yoon
作者: Kuna Yoon
認証済みのスペシャリスト

1月のアイスランドの旅行情報・基本情報を徹底解説!1月は氷の洞窟や氷河ハイキング、オーロラ鑑賞といった冬季アクティビティのベストシーズンなので、現地ツアーの選択肢も豊富です。お天気からおすすめのアクティビティ、観光スポット、オーロラ鑑賞のポイントまで、1月のアイスランドの全てがわかる、完全ガイドです。

1月のアイスランドは一年の中でも特に暗くて寒い時期。日が出るのは毎日わずか数時間ですし、道路は凍っていて移動に注意が必要です。田舎では1メートルくらい雪が積もります。

クリスマスのお祝いが終わり、観光ピークシーズンがひと段落すると、島に静けさが訪れます。

雪と静寂に包まれた1月のアイスランドそんな1月のアイスランドを訪れる人は、美しい冬景色に息をのむことでしょう。夜が長いのでオーロラハンティングの時間もたっぷり。人気観光地も普段ほど込み合っていないので、ゆったりと旅を楽しめるはずです。

1月のアイスランドで楽しめるアクティビティ

1月のアイスランドで氷の洞窟探検はいかが?

1月のアイスランドは暗く、雪が降ることも珍しくありません。日が沈むのも早いので、観光できる時間も限られています。そんな時期にアイスランドに行って楽しいの?と思われた方。はい、1月のアイスランドでできることはたくさんあるんです!

ツアーはたくさん催行されており、氷の洞窟探検オーロラ鑑賞など、真冬だからこそ最高に楽しめるものもあります。

日の出前から移動を開始するなど日照時間を最大限に活用するのがコツです。完璧な防寒対策をしておくのは、言うまでもありませんね。

1月のアイスランドで温泉や地熱プールを楽しむ

寒い日は温泉が一番。火山の国アイスランドには幸いたくさんの温泉があります

1月のアイスランドは、地熱を利用したプールや温泉を楽しむのにぴったりです。アイスランド人はプールが大好き。島中至るところに地熱を利用した温水プールがあり、市民の憩いの場になっています。

寒い日は温泉が一番。室内プールと屋外プールを両方備えている施設も多く、温泉感覚で楽しめます。

そしてアイスランドの温泉といえばブルーラグーン。通年営業しているので、もちろん1月も入浴できます。最近オープンしたばかりのスカイラグーンもおすすめ。海を望むインフィニティプールがあり、レイキャビクのダウンタウンからのアクセスも容易です。

ローカルな体験ができる市民プールも、リッチな気分を味わえるブルーラグーン・ツアーも、外の冷たい空気とぬくまったお湯のコントラストが最高!冬の醍醐味です。

レイキャビク・エリアなら、アクセスもよく設備も充実したKopavogurというプールがおすすめです。ブルーラグーンはレイキャビクとケプラヴィーク国際空港の真ん中くらいにあります。

 



1月のアイスランドで氷の洞窟探検

光が差し込み黄金に輝く氷の洞窟

氷の洞窟(アイスケーブ)は通常、10月半ば・11月くらいから翌春の3月まで見学できます。1月はまさにベストシーズン。

氷点下の日が続くため氷の状態がよく、安全に見学できる日が多いです(雨が降った後は別です)

特にヴァトナヨークトル氷河(Vatnajokull)の氷の洞窟ツアーは、冬のアイスランドで最も人気のあるツアーの一つです。



氷の洞窟は氷河の作用によって冬に形成され、春には解けて消えてしまいます。同じものは二つとしてなく、ひと冬限りの出会いなのです。運がよければ、一度の旅行で二つの洞窟に行けるかもしれません。

レンタカーを借りている方は、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jokulsarlon)集合の氷の洞窟ツアーがおすすめ。

レンタカーを利用しない場合はレイキャビク発の1泊2日バスツアー2泊3日バスツアーが便利です。氷の洞窟見学だけでなく、周辺の地域や南海岸も観光できてとてもお得です。

 



 

1月のアイスランドで氷河を楽しむ

冬のアイスランドの氷河

アイスランドの氷河では基本的に一年中氷河ハイキングが楽しめます。いつ訪れても美しいのですが、1月には新しく張った氷に覆われるため、特におすすめです。できたばかりの氷はクリスタルのように透き通っていて、青く輝いています。

最もアクセスがよく、ハイキングしやすいのがソウルヘイマヨークトル(Solheimajokull)です。南海岸にあり、レイキャビクから2,3時間で行けます。観光も同時に楽しめるレイキャビク発の氷河ハイキング・ツアーが毎日催行されています。

南東部のスカフタフェットル自然保護区発の氷河ハイキング・ツアーもあります。こちらはスヴィーナフェルスヨークトルSvinafellsjokull)を歩きます。氷河湖集合でヴァトナヨークトル氷河を訪れるツアーもあり、ブレイザメルクルヨークトル(Breidamerkurjokull)という溢流氷河を登ることができます。

1月のアイスランドをスノーモービルで駆け抜けよう!

ラングヨークトル氷河のスノーモービル・ツアー写真提供:スーパージープで行く日帰りゴールデンサークル観光&スノーモービル・ツアー

ハイキングはちょっと…という方。アイスランドの氷河をもっと軽快に楽しむ方法もあります。

広大な雪原を疾走するスノーモービルは1月にぴったりのアクティビティ。レイキャビク発のスノーモービル体験付きゴールデンサークル観光ツアーもありますし、現地集合でミールダルスヨークトル氷河(Myrdalsjokull)を駆け抜けるたっぷり2時間半のスノーモービル・ツアーもあります。

国土の11%が氷河に覆われているアイスランドでは、スノーモービルはとても手軽なアクティビティです。滞在先やスケジュールに合わせて是非ぴったりのスノーモービル・ツアーを探してみてください!

1月のアイスランドでシュノーケリング&ダイビング

透明度抜群のシルフラの泉。ブルーのグラデーションが美しい1月のアイスランドでシュノーケリングとダイビングができるなんて、ちょっと信じられないかもしれませんが、ドライスーツを装着すれば安心して楽しめます。

おすすめは断然シルフラ(Silfra)。大地の裂け目に湧く泉で、真冬でも凍ることはありません。世界有数のダイブスポットとして注目を集めています。

シルフラはまず、ロケーションがユニークです。北米プレートとユーラシアプレートの境目にあるシンクヴェトリル国立公園(Thingvellir)内にあるので、北米にもユーラシアにも属さない割れ目を泳ぐことができるのです。

1月は両岸が雪や氷の結晶に縁どられます。ダイビングだけでなく、写真が好きな方にもおすすめのスポットです。

世界中のダイバーがシルフラに熱い視線を送るもう一つの理由はその圧倒的な透視度です。何十年もかけて溶岩台地にろ過された水が湧いているので、透視度は100メートル以上。両側にそびえる大陸プレートをはっきりと感じながら泳ぐことができます。

きちんとした装備を身につければ、シルフラでは真冬でもシュノーケリングが楽しめる

シュノーケリング・ツアーの参加条件

1月のシュノーケリングやダイビングは危険なアクティビティではありませんが、シルフラでは安全のため、以下の条件を課しています。

 

ドライスーツ・シュノーケリング

  • 最低年齢:12歳
  • 最高年齢:60歳
  • 最低身長:145センチ
  • 最低体重:45キロ
  • その他:泳げること

ウェットスーツ・シュノーケリング

  • 最低年齢:14歳
  • 最高年齢:60歳
  • 最低身長:150センチ
  • 最低体重:50キロ
  • その他:泳げること

ドライスーツ・ダイビング

  • 最低年齢:17歳
  • 最高年齢:60歳
  • 最低身長:150センチ
  • 最低体重:45キロ
  • その他:ドライスーツ・ダイブを10回以上ログしていること、またはドライスーツ・ダイバーを受けていること

シルフラは透視度だけでなく透明度も世界トップレベル

写真提供:シルフラの泉 ウェットスーツシュノーケリング・ツアー|レイキャビク送迎付き

レイキャビク集合の送迎付きシュノーケリング・ツアーダイビング・ツアーもあります。洞窟探検ゴールデンサークル観光とセットになっているものもあります。

 

1月のアイスランドで乗馬

冬毛のアイスランド在来馬

写真提供:Andreas Tille, from Wikimedia Creative Commons

乗馬は一年中楽しめ、観光客だけでなく地元の人にも大人気のアクティビティです。

馬場の外に連れて行ってくれる乗馬ツアーが多いのでフレンドリーなアイスランド在来馬と触れ合えるだけでなく、雄大な自然の風景を楽しめます。

1000年以上も他の馬と交雑することなく、アイスランドの雪野原や溶岩台地、川、砂漠を歩き続けたアイスランディック・ホースは島で独自の進化を遂げました。一番の特長は五通りの歩き方ができること(普通の馬は3パターンか4パターン)。五つ目の歩法はトルトといい、上下運動の少ない四拍子の走り方です。

また、アイスランド在来馬はとっても賢くフレンドリー。1月はモフモフの冬毛に覆われていて、ルックスも愛嬌たっぷりです。

1月もたくさんの乗馬ツアーがあります。レイキャビク送迎付きのものや、ゴールデンサークル観光ホエールウォッチングとセットになっているお得なプランもあります。

 

1月のアイスランドでオーロラが見たい!

1月のアイスランドはオーロラベストシーズン

憧れのオーロラを見てみたい!という方は是非1月のアイスランドへ。

1月はアイスランドのオーロラのベストシーズンです。日が短いので、その分オーロラハンティングができる時間が長いのです。

1月の日の出・日の入りの時間は次の通り:

1月1日

  • 日の出:11:19 AM
  • 日の入り:3:44 PM
  • 昼の長さ:4時間24分

1月31日

  • 日の出:10:10 AM
  • 日の入り:5:10 PM
  • 昼の長さ:7時間2分

レイキャビク市内にいてもオーロラは見えます。しかしネオンが多いので本来の鮮やかな光は見えにくいです。

できるだけきれいなオーロラが見たい!という方は郊外や田舎に出かけましょう。レイキャビクから車で1時間弱のシンクヴェトリル国立公園まで行けばかなり違います。

レイキャビクの外れ、グロッタの灯台の上に現れたオーロラ

1月のアイスランドでは様々なオーロラ・ツアーが催行されています。価格重視ならオーロラ鑑賞バスツアーがお手頃です。バスや通常の車では走れない山道を走り、とっておきのスポットでオーロラを見るスーパージープ・ツアーもあります。

レイキャビク港発のオーロラ・クルーズもあります。空だけでなく、夜の海に映ったオーロラも見られます!

もちろんレンタカーを借りて、自力で探しに行っても。

その場合はオーロラ予報が「3」以上の夜を選び、雲ができるだけ少ないエリアを確認しましょう。

1月のアイスランドでは車は4WDやジープ、SUVなどの四輪駆動(4WD)を借りるのが鉄則です。また、レンタカー会社に頼んでスパイクタイヤをつけてもらいましょう。雪道を安全に走行するために欠かせません。1月のアイスランドの運転にリスクはつきもの。雪道の運転に慣れていない方、自信がない方はやめておいた方がいいでしょう。

 

1月のアイスランドのフェスティバルやイベント

アイスランドには一年を通して様々な祝祭やイベントがあり、夏だけでなく、冬もたくさんの行事で盛り上がります。

お正月

アイスランドの1月は盛大な花火で始まるアイスランドのお正月のお祝いは12月31日から始まります。午前0時から花火を打ち上げ、早朝までお祭り騒ぎが続きます。年越しに花火を打ち上げる都市はたくさんありますが、アイスランドのユニークなところは主催者がいないことです。事前の計画などはなく、何千人ものアイスランド人が花火を買って、めいめい打ち上げます。

レイキャビクでは、ハットルグリムス教会(Hallgrimskirkja)などの展望台に登れば、街中の花火を見ることができます。

また、年が明けても、アイスランドのクリスマスはまだ続いています。クリスマスが正式に終わるのは1月6日。13人いるアイスランドのサンタ(ユールラッズ)の最後の一人が山に帰る「クリスマスの13日目」にあたる日で、この日は至るところで焚き火が行われます。大晦日に打ち上げきれなかった花火も、各地で打ち上げられます。

ただし日本と違って年明け後のアイスランド国民の生活はいたって普通です。ツアーなども1月2日以降は通常通りなので旅行に支障がでることはありません。

ダーク・ミュージック・デイズ音楽祭

音楽が好きな方は、1月初旬のダーク・ミュージック・デイズ(Dark Music Days festival)にご注目。アイスランド作曲家協会の主催で、ハルパ・コンサートホール(Harpa Concert Hall)とノルディック・ハウス(Nordic House)で行われます。

この音楽祭では、国内外の才能あるアーティストを招き、革新的な現代音楽とアイスランドの新しい楽曲を紹介しています。1980年に始まり、アイスランドの文化イベントの中で最も多くの新しい音楽作品を初演してきました。

レイキャビク・インターナショナル・ゲームズ

毎年1月下旬には、ロイガルダルル競技場(Laugardalur Stadium)でレイキャビク国際競技会(Reykjavik International Games)が行われます。空手、陸上、水泳やクロスフィットなど20以上の種目が行われ、近年はEスポーツも正式競技として認められて注目を集めています。

アイスランドのスポーツで定期的にアイスランド記録が更新されるほか、世界新記録が出たこともあります。二週間にわたって様々な競技が行われるため、誰でも楽しめる大会です。

ソーラブロート Thorrablot

アイスランドの1月の祝祭、ソーラブロートソーラブロート(Thorrablot)とは、アイスランドの旧暦のソーリ月(Thorri)に行われる伝統行事です。2023年は1月20日に始まります。ソーリの初日はBondadagur(男性の日)で、この日は家の男性を称える日。女性のための2月中旬のKonudagur(女性の日)まで続きます。

この間アイスランドでは祖先に敬意を表して昔ながらの食事をとります。

アイスランドは歴史的に貧しく、暗く長い冬を乗り切るのはとても大変なことでした。作物が育たない冬の間の食べ物を確保するために様々な保存食が考え出され、植物や動物のどんな部位も無駄にすることなく頂くのは当たり前のことでした。

だからソーリの間に振舞われる伝統料理の中には、ちょっとびっくりするようなものもあります。羊の頭をゆでたもの(svid)や、発酵させたサメ肉(hakarl)、羊の睾丸(hrutspungar)など。でも1000年以上この北の果ての島で生き延びるためには当然の知恵だったのです。

ラム肉の燻製(hangikjot)や栄養価の高い魚の干物(hardfiskur)など、もっと挑戦しやすい伝統料理もありますのでご安心を。1月と2月はこうした伝統食がスーパーなどでも手に入りますので、興味のある方は是非試してみてください。

19世紀のアイスランドの風景。伝統的なターフハウス(芝屋根の家)が描かれている。

アイスランドの伝統的な家屋、芝屋根のターフハウスの軒先に魚の干物が吊るしてある。19世紀の風景。画像提供:Wikimedia Creative Commons.

アイスランド人は旧暦の2月にソーラブロート(Thorrablot)という宴を開きます。アイスランドに入植したノース人たちが行っていた、生贄を捧げる儀式が由縁です。アイスランドを代表する蒸留酒ブレンニビン(brennivin)を飲み、様々な伝統料理がふるまわれ、夜更けまで物語や歌が続きます。

ソーラブロートに招待されるのはとても光栄なことだとされています!

 

1月のアイスランドのおすすめ観光エリア

1月はアイスランドでは真冬にあたるので、島内でもアクセスできないエリアがたくさんあります。例えばアイスランドの中央高原地帯ハイランド地方に通じる道は雪のため封鎖されています。西フィヨルドの大部分も行けなくなりますし、東フィヨルド地方の山間の地域も天候によりアクセスが困難な場合があります。

一方ゴールデンサークル南海岸スナイフェルスネス半島(Snaefellsnes)などの人気観光地は1月でもアクセスしやすく、美しい冬景色が楽しめます。

1月のアイスランドのおすすめ観光地は春夏も人気のスポットですが、1月の観光客には、雪化粧をした特別な表情を見せてくれるでしょう。

 

冬のゴールデンサークル

冷たい朝の空気に熱水を吹き出すストロックル間欠泉アイスランドの観光エリアで一番人気なのはゴールデンサークルです。

ゴールデンサークルの名所の中でレイキャビクから一番近い名所がシンクヴェトリル国立公園(Thingvellir)です。公園内では北米大陸プレートとユーラシア大陸プレートの境目を見ることができます。大地には深い亀裂が走り、苔むした溶岩台地や美しい滝があります。

西暦930年にはこの場所で、アイスランドの入植者たちによって議会が創始されました。現在まで連綿と続く、世界最長寿の現役議会です。また1944年にはここでアイスランド独立宣言の署名が行われました。

ゴールデンサークルのドライブを続けると次に差し掛かるのがハウカダルールの谷(Haukadalur)にあるゲイシール地熱地帯(Geysir geothermal area)です。

雪原を縫うように温泉川が流れ、蒸気を吐き出すフマロールや、カラフルな地面が見られます。ストロックル(Strokkur)という間欠泉は5~10分おきに豪快に噴出しています。

凍てつく大地とグトルフォスの滝

ゴールデンサークルの仕上げはグトルフォスの滝(Gullfoss)。アイスランドで最も有名な滝の一つで、深い峡谷になだれ落ちて行くドラマチックな二段滝です。

1月は滝を囲む岩が氷に覆われ、一層魅力的に輝きます。

人気の観光地だけにゴールデンサークル・ツアーは選択肢も豊富です。バスツアーやマイクロバス・ツアー、ジープ・ツアーもありますし、ブルーラグーン温泉とセットになっているツアー乗馬体験付きのツアー牧場見学&アイスクリーム付きのツアーというツアーもあります!

 

1月のアイスランド南海岸

Seljalandsfoss in its snowy wonder.

南海岸はゴールデンサークルの次に人気のエリアです。レイキャビクの南からホプン(Hofn)までのリングロード沿いにはたくさんの観光名所があります。

レイキャビクを出発して南海岸に出ると、二つの有名な滝があります。えぐれた崖を流れる珍しい滝セリャランズフォス(Seljalandsfoss)と、幅が広く力強いスコゥガフォスの滝(Skogafoss)です。

さらに東に行くとカトラ火山の上にかぶさるミールダルスヨークトル氷河(Myrdalsjokull)、2010年に大噴火した火山を覆うエイヤフィヤトラヨークトル氷河(Eyjafjallajokull)やソゥルヘイマヨークトル氷河(Solheimajokull)、ソゥルヘイマサンドゥル(Solheimasandur)など、たくさんの美しい氷河があります。その先にあるのがヴィーク村(Vik)村です。

1月のヨークルスアゥルロゥン氷河湖

ヴィーク村近くの海岸はディルホゥラエイ(Dyrholaey)の崖やアーチ型の巨岩、レイニスフィヤラ(Reynisfjara)の黒砂海岸、レイニスドランガル(Reynisdrangar)の海食柱など見どころ満載。

この辺りは突然大波が発生しますので散策の際は十分にご注意ください。

ヴィークの先はスカフタフェットル自然保護区(Skaftafell)です。美しい溶岩台地や豊かな森林、氷舌、湖、川や滝が広がっています。

長さも難易度も様々なハイキングコースや登山道があり、トレッキングの名所として知られています。最も人気なのは柱状節理の崖を流れるスヴァルティフォスの滝(Svartifoss)に至るルートですが、積雪や道の状態によっては危険な場合もあります。必ずビジターセンターに立ち寄って確認しましょう。

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の氷南海岸の最後の観光スポットはアイスランドで最も有名な氷河湖、ヨークルスアゥルロゥン(Jokulsarlon)です。

氷山が湖をわたっていく様を見ていると時がたつのも忘れてしまいます。高層ビルの大きさに達する氷山や、幅の広い船のような氷山など、大きさも形も様々です。

やがて海に流れ着いた氷山は近くの黒い砂浜に打ち上げられます。氷のかけらが宝石のように見えるので、この浜は「ダイヤモンドビーチ」と呼ばれています。

1月も南海岸はツアーで手軽に回れます。少人数日帰りツアーのようなレイキャビク発着のものや、南海岸観光を更に充実させたい方にぴったりの氷河ハイキングツアー氷の洞窟探検ツアースノーモービル体験といった南海岸集合のアクティビティ・ツアーもあります。

 

1月の北部アイスランド

厳冬のゴーザフォスの滝

1月は北部アイスランドにもアクセスできます。厳冬の1月の魅力は特別。車でも行けますし、レイキャビク国内線空港から北の都アークレイリ(Akureyri)まで飛行機で行くこともできます(吹雪だとフライトが中止になることもあります)。

雪のアークレイリはとてもチャーミング。1月もイルミネーションが街を彩ります。

たくさんのショップやレストラン、バーがあり、冬も賑やかです。また、アイスランド有数のスキー場もあります。

アークレイリの近くには迫力満点のゴーザフォス(Godafoss)やデティフォスの滝(Dettifoss)があります。但し悪天候で通行止めになることもありますので、レンタカーで行く方は道路状況をよく調べてから出発してください。

ミーヴァトン湖周辺の熱泉。泥が沸騰している。

アイスランド北部で最も人気のある観光地はミーヴァトン湖(Lake Myvatn)です。

周辺には砦のような姿に冷え固まった溶岩台地ディムボルギル(Dimmuborgir)、地熱地帯ナゥマフィヤトル(Namafjall)、ヴィティ(Viti)火口湖、スクートゥスタザギガル偽クレーター(Skutustadagigar)など多彩な地形がみられます。

HBOの人気テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のロケ地もたくさんあり、ファンは必見です!

1月のスナイフェルスネス半島

ブージル村とオーロラ

スナイフェルスネス半島(Snæfellsnes Peninsula)は、東西わずか90キロメートルの半島にアイスランドらしい風景がぎゅっと詰まっていることから「ミニ・アイスランド」とも言われているエリアです。

例えばキルキュフェットル山(Kirkjufell)。この矢じりのような形をした山はグルンダルフィヨルズル村(Grundarfjordur)から2.5キロほど離れたところにあり、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に登場して一躍有名になりました。

SF小説の古典的名作、ジュール・ヴェルヌの『地底探検』に地底世界への入り口として描かれたスナイフェルスヨークトル火山と上にかぶさった氷河(Snaefellsjokull)もこのエリアで見ることができます。

スナイフェルスネス半島の名山キルキュフェットルの1月の姿

他にもアザラシのコロニーが見られるイートゥリ・トゥンガ(Ytri Tunga)の浜、アルナルスタピ(Arnarstapi)やヘトルナル( Hellnar)、スティッキスホゥルムル(Stykkisholmur)などの漁村もおすすめです。デューパロンサンドゥル(Djupalonssandur)の海岸やブーザフラウン(Budahraun)の溶岩台地、ロゥンドランガル(Londrangar)の奇岩といった名所もあります。

スナイフェルスネス半島はレイキャビク発の日帰りツアーで回ることもできますし、たっぷり楽しめる1泊2日のツアーもあります。

 

1月のアイスランドの天気について

1月のアイスランドでは観光もアクティビティもたっぷり楽しめることはおわかりいただけたかと思いますが、やっぱり天気が気になるという方も多いのではないでしょうか。1月のアイスランドはどれくらい寒いのか?具体的に解説していきます。

1月のレイキャビクの平均気温

首都レイキャビクでは、1月の平均気温は平均-1℃〜+5℃です。

1月のアイスランドの雪野原を歩く野生のトナカイレイキャビクを離れて地方に行くときは、目的地の天気をアイスランド気象庁のサイトでチェックしてから出かけるようにしましょう。

1月のアイスランドの天気

1月のアイスランドの天気は本当に気まぐれです。風が強い日もあれば、晴れ間がのぞく日もあります。降水量は平均88ミリと多めで、雨、雪、ヒョウなど様々な形で降ります。

冬は嵐になることもあるので、天気予報はこまめにチェックしましょう。嵐は強風・暴風を伴うことが多いので、レンタカーでドライブ旅行をする方は特に注意してください。

荷造りをする際には、風や雨に強い服、保温性の高い肌着や防寒着、そしてハイキングシューズのようなしっかりした靴を忘れずに持ちましょう。

1月のアイスランドの平均気温

1月のアイスランド全土の平均気温は-1℃です。地方によって風が強かったり、雨が多かったりします。南部アイスランドは北部よりも暖かい傾向があります。

天気は変えられません。天気が悪かったら、予定を変更しましょう!1月のアイスランドで天気が悪い日におすすめのアクティビティはこちらです。

 

1月のアイスランドの運転事情

冬のアイスランドでは路面が凍結することも珍しくない1月のアイスランドでドライブ旅行を楽しむには、四輪駆動(4WD)のレンタカーの車と相応の運転技術が必要です。一見それほど積雪がなくても路面が凍結していたり、強風に煽られ車をコントロールするのが難しくなることもあります。日が短いため街灯のない暗い田舎道を運転しなければならないこともしばしばです。雪道に慣れていない方はレンタカーではなく、バスツアーを検討しましょう。

レンタカーの多くはスパイクタイヤを履いていますが、到着の数日前に連絡して念を押しておくとよいでしょう。

地形や気候も日本とは違うため、注意が必要です。アイスランドの運転マナーについて予習しておきましょう。

また、移動距離がどんなに短くても必ず出発前に天気予報と最新の道路状況をチェックしましょう。雪崩や洪水で道路が通行止めになることもあるからです。

通行止めは必ず守ってください。無理な走行はあなた自身も、救助に来てくれる人の命も危険にさらすことになります。絶対にやめてください。

また、高額の罰金とレッカー費用を請求されることもあります。これはレンタカーの保険ではカバーされず、全額自費負担となります。

1月のアイスランドのおすすめ旅行プラン

アイスケーブ内の氷壁のアップ1月のアイスランドで行ってみたいところ、やってみたいことがたくさんありすぎて上手にプランを立てられない…そんな方のためにおすすめ旅行プランをご紹介!こちらをベースに、予算や旅行期間、やりたいアクティビティなどに合わせてアレンジしてみては?

ドライブ旅行も楽しいですが、知らない土地で暗い雪道を運転するよりも、ガイド付きツアーに参加するのが楽です。

パッケージ・ツアーなら、宿・現地移動手段・アクティビティやガイドも全部一気に手配できてストレスフリー。

冬のゴーザフォスの滝

アイスランド各地を訪れられる上、自走が難しい冬の東フィヨルド地方も見られる周遊ツアーもあります。

アイスランドを一周するには最低8日間必要です。この7泊8日のツアーはリングロードを一周します。もう少し時間がある方は、是非12日間のツアーを。スナイフェルスネス半島(Snaefellsnes)などもじっくり見て回れます。

どちらのツアーも、氷の洞窟探検氷河ハイキングのオプションを追加可能です。

夜はオーロラハンティングも楽しめます。

絶景ダイヤモンドビーチ

滞在期間が1週間未満の方は行き先を絞り、無理なく楽しめる短めのツアーを検討してみては。

例えばミーヴァトン湖エリアを巡る4泊5日の北部セルフドライブ・ツアーや、南部を中心に観光する3泊4日のツアー(氷の洞窟探検付き!)などがおすすめです。

ふんわりと雪が積もった1月のレイキャビク1月のアイスランドは日が短く寒いですが、オーロラや氷の洞窟、氷瀑や雪見風呂など冬ならではのアクティビティが満載。観光客も少なく、自然の大きさ、力強さ、厳しさを感じることができます。いつもとは一味も二味も違う冬休みになるはずです。

「氷の国」アイスランドが本領を発揮する冬こそ、是非遊びに来てくださいね!

 



 

1月のアイスランド旅行を計画中の方、この記事はお役に立ちましたか?レイキャビク・ステイも冬の周遊旅行も、わからないことがあればお気軽にコメントをお寄せください!1月のアイスランドに行ったことがあるよ!という方も、アドバイスやご感想お待ちしています!

人気記事

関連記事