冬のアイスランドのおすすめアクティビティ

冬のアイスランドのおすすめアクティビティ

認証済みのスペシャリスト
 

アイスランドの冬っていつ?冬のアイスランド旅行では何が楽しめる?おすすめのアクティビティは?一番人気のアイスランド冬季ツアーは?冬のアイスランド旅行の楽しみ方を全て教えます!

アイスランドの冬といえばオーロラが有名です。とんでもなく寒いんでしょ?とよく言われるのですが、実は冬のアイスランドは緯度の割には寒くありません。メキシコ湾から流れてくる暖流が温かい空気を運んでくるからです。

レイキャビクの冬の平均気温はボストンやシカゴより上。「氷の国」といっても、水が一瞬で凍るような極寒の地ではないんです。

 

ふんわりと雪が積もった冬のレイキャビクアイスランドが一番寒いのは11月から2月の間。この3か月間は雪、氷、吹雪の季節です。時折冬晴れの日もありますが、田舎では路面が凍結したり雪で埋もれることも珍しくないので雪道の運転に慣れていない方はレンタカーはやめた方が賢明です。

平均気温は-10℃~+5℃くらい。ただし風がとても強く体温を奪うので、体感気温はこれよりも低いです。防寒対策をしっかりしましょう!



レイキャビクの冬景色



では、冬のアイスランドで楽しめるアクティビティにはどんなものがあるのでしょうか?おすすめアクティビティを全部まるっと楽しみたい方は、アイスランド4泊5日の旅・冬の大冒険のようなパッケージがおすすめです。氷の洞窟探検、オーロラハンティング、ゴールデンサークル観光、ブルーラグーン温泉などが全て含まれています。また、南海岸の名所を巡るこちらの2泊3日冬季バスツアーでは、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jokulsarlon)やブルー・アイスケーブを訪れることができます。

 

アイスランドの氷河にできる天然の氷の洞窟は必見

大自然が自慢のアイスランド。中でも氷河の内部にできる天然の氷の洞窟は世界でも非常に珍しく、息をのむほど美しい自然現象です。スーパーブルーと呼ばれることも。毎年冬に欧州最大の氷河ヴァトナヨークトル(Vatnajokull)の地下に出現します。春になると解けてなくなってしまうので、氷の洞窟を見学できるのは冬だけです。

アイスランドの氷の洞窟の内部毎年新しいものができるので、二つとして同じものはありません。いくつも洞窟ができる年もあれば、数か所しかできない年もあります。大きさも形もそれぞれですが、どれも内部に美しい青い空間を秘めています。



アイスランドの天然の氷の洞窟

アイスケーブ探検は冬の旅行者の特権!冬のアイスランドを訪れる方におすすめしたいアクティビティのナンバー1です。10月(年によっては11月)から翌3月くらいまで見学することができます。

ヴァトナヨークトル氷河はアイスランド南部、ホプン(Hofn)という町の近くにあります。レイキャビクからは車で5~6時間くらいですが、途中、滝や温泉、火山などの観光スポットがたくさんあるので、最低でも2日間かけて行くのがおすすめです!時間がない方は、飛行機を利用してレイキャビクから日帰りでアイスケーブを見に行くこともできます。

レンタカーがある方は、現地集合の氷の洞窟ツアーもあります。2泊3日セルフドライブツアー(氷の洞窟ツアー付き)のようなドライブ旅行プランもあります。

 

アイスランドでオーロラを見る

とっても気まぐれなオーロラ。晴天でなければ見えませんし、強さもまちまち。でも白、緑、ピンク、紫など様々な色に輝く光のカーテンは本当に神秘的。オーロラを見たくて冬のアイスランドに行ってみようかなとお考えの方も多いのではないでしょうか?

ヨークルスアゥルロゥン氷河湖の上空に現れたオーロラ自然現象なので、冬のアイスランドでもオーロラを絶対に見られる保証はありません。「見られればラッキー」くらいの気持ちでいる方が案外うまくいったりします。どうしても見たいと言う方にできる唯一のアドバイスは滞在期間をできるだけ長くすること。一週間くらいあると、かなりの確率で見られるでしょう。詳しくは下の記事をご参照ください!

 



アイスランドで雪見風呂

ブルーラグーンでゆったり。そんな冬休みの一日も素敵ですね。

そして冬の醍醐味といえば温泉!日本同様、火山大国のアイスランドには多くの温泉があります。アイスランドで一番有名な温泉、ブルーラグーン(Blue Lagoon)は、ゴールデンサークルと並ぶ人気観光スポットです。ブルーラグーン・ツアーには、観光や乗馬などのアクティビティとセットになったものもたくさんあります。ケプラヴィーク国際空港にも近いので、アイスランド到着後や帰国前に寄り道する方も多いです。

2021年にはスカイラグーン(Sky Lagoon)という新しい温泉がオープンしました。こちらはレイキャビク・エリアにあり、早くも人気スポットになっています。海を望むインフィニティ・プールのような露天風呂があり、入浴しながらドリンクを楽しめるバーもあります。

スカイラグーンのインフィニティプールまた、フルージル(Fludir)という町の近くにはシークレットラグーン(Secret Lagoon)という温泉があります。元々は水泳用に作られたアイスランド最古の(温水!)プールだったのですが、現在は主に温泉として利用されています。

北部で有名なのはミーヴァトン・ネイチャーバス温泉(Myvatn Nature Baths)です。露天風呂からは広大な原野を望むことができ、首都エリアの温泉ほど混雑していないのも嬉しいポイント。近くには美しいミーヴァトン湖(Lake Myvatn)を始め、奇怪な溶岩台地や疑似クレーターなど珍しい観光名所がたくさんあります。

冬のミーヴァトン・ネイチャーバス温泉

ゴールデンサークル・エリアなら、フォンタナ温泉(Fontana geothermal baths)がおすすめです。ゴールデンサークルのルート沿いにあるので、観光の合間に一息入れたいときにぴったり。ここの名物は地面から立ち昇る蒸気を直接利用したサウナルーム。ちょっとしたプールやラウンジもあり、露天風呂からはもちろん、ロイガルヴァトン湖(Laugarvatn)の美しい眺望が楽しめます。ゴールデンサークル観光+フォンタナ温泉ツアーもあります!

もっと手軽に温泉気分を味わいたい方は是非アイスランドの温水プールへ。どんな小さな町にも一つはあり、たいていジャグジーやスチームバスが併設されています。レイキャビクにはたくさんのプールがあり、冬も地元の人で賑わっています。入場料も安いので是非お試しあれ!

 

アイスランドで氷河ハイキング

氷河ハイキングはアイスランドのおすすめアクティビティ

アイスランドには沢山の氷河があります。主なものはヴァトナヨークトル(Vatnajokull)、ラングヨークトル(Langjokull)、ホフスヨークトル(Hofsjokull)、ミールダルスヨークトル(Myrdalsjokull)など。ホブスヨークトルは内陸部にあるためアクセスが困難ですが、他のものは比較的容易に訪れることができます。冬の氷河ハイキング・ツアーの行き先で最も多いのはミールダルスヨークトルの一部、ソゥルヘイマヨークトル氷河(Solheimajokull)です。

氷河に行く際は、しっかり防寒対策をしましょう!どんなに晴れていても、いつ天気が変わるかわかりません。そして当たり前ですが氷河の頂上は寒いです。服を一枚多めに持って行くとよいでしょう。靴は足首まで固定できるトレッキングシューズで。氷の上で滑らないよう、ツアーではアイゼンの貸出もあります。

アイスランドには様々な氷河ハイキングツアーがある氷河は常に動いており、前進と後退を繰り返しながら独特の風景を創り出しています。氷河ハイキングツアーに参加すると、雪や氷はもちろん、砂や火山灰、岩などを目にするでしょう。これは氷河の浸食作用により地表に現れたもので、巨大な氷のキャンバスに氷河が描いた模様のようです。ただし氷河は美しいばかりでなく、深い割れ目やクレバスなどの危険と隣り合わせです。氷河ハイキングは必ず、このソゥルヘイマヨークトル氷河ハイキングツアーのようなツアーに参加し、専門ガイドの案内の下で安全にお楽しみください。

世界でも珍しい氷河の風景を見たい方は是非アイスランドで氷河ハイキングツアーに参加してみては?体力に自信のある方は、ピッケルを使って氷壁を登るアイスクライミングツアーもおすすめです!

 

アイスランドで犬ぞり体験

ミーヴァトン湖の犬ぞり体験ツアー。お子様連れのファミリーにもぴったり

写真提供:アークレイリ発犬ぞり体験プライベートツアー(2時間)

自然が好きな方や犬が好きな方におすすめしたいのが犬ぞりツアーです!パウダースノーの上を走るのが大好きなシベリアン・ハスキーが曳く1~2人乗りの小さな橇でアイスランドの雪原を駆け抜ける2時間のツアーはいかがですか?

犬ぞりでは通常6~8頭の犬を、マッシャーと呼ばれる操縦士が統率します。体験ではマッシャーが犬の扱い方や犬ぞりの基本的な操縦法を教えてくれます。きちんと訓練されている賢い犬ばかりなので安心。お子様連れのご家族や人とはちょっと違う体験を楽しみたい方にうってつけです!

アイスランドには様々な犬ぞりツアーがあるので、是非ぴったりのツアーを探してみてください。

 

アイスランドをスノーモービルで駆け抜ける

アイスランドの氷河ではスノーモービルも楽しめる

写真提供:氷河スノーモービルと南海岸の滝 | ミールダルスヨークトル氷河

アイスランドのスノーモービルツアーはラングヨークトル氷河とミールダルスヨークトル氷河を走るので、一年中楽しめます。スノーモービルに乗っている時間は1時間前後のものが多いです。雪が積もった氷河を駆け抜ける気分は最高!晴れた日には360度の大パノラマが広がります。自分でモービルを運転するので、好きなスピードで走れます。スピード狂の人はもちろん、氷河の世界を楽しみたい方にもおすすめのアクティビティなんです。

スノーモービル体験付きのゴールデンサークルツアーもあり、アイスランドは初めてという方におすすめです!

北部アイスランドにも、アークレイリ発のスノーモービルツアーなどがあります。

アイスランドでシュノーケリング&ダイビング

冬のアクティビティとしては型破りかもしれませんが、実はシュノーケリング・ツアーダイビング・ツアーも、アイスランドでは一年を通して催行されています。アイスランドで最も有名なダイブスポットはシルフラ(Silfra)です。シンクヴェトリル国立公園(Thingvellir)にあり、二つの大陸プレートの間にある谷を泳ぐことができます。透視度はなんと120メートルにもなります!

シルフラの水温は夏も冬もあまり変わらないため、冬もダイバーに大人気です。水温はだいたい2℃前後のため、ドライスーツを着用するツアーがほとんど。水が冷たくても安心して楽しめます。

 

アイスランドでスキーやスノーボードを楽しむ

アイスランドの秘境西フィヨルドでスキーはいかが?

一方、ウィンタースポーツの定番ともいえるスキーやスノーボードは実はアイスランドではあまりポピュラーではありません(少なくともレイキャビクでは)。なぜかというと、雪が足りないからなんです。

アイスランドはそれなりの降雪はあるのですが、気候が比較的温暖なためすぐに解けてしまい、いつでもスキーを楽しめるほど雪が積もりません。スキー場のある山あいでは強風になりやすく、単純に天気が悪すぎてスキーができないという事情も…。

それでもアイスランドにはたくさんのスキー場があります。おすすめは、レイキャビク郊外ならブラゥフィヨットル(Blafjoll)、北部ならアークレイリの近くにあるフリーザフィヤットル(Hlidarfjall)など。スキー・スノボなどの板やブーツ、ストックなどのレンタルもできます。

リフト券なども比較的安価で、1時間券、2時間券、3時間券などがあります。レンタカーの場合、レイキャビクからブラゥフィヤットルまで30分くらいで行けます。フリーザフィヤットルもアークレイリから車ですぐです。

 

冬のアイスランドのおすすめ観光地

アイスランドは冬もおすすめの観光地がたくさんある

ここまでご紹介してきたように、アイスランドには冬ならではのアクティビティがたくさんあります。でもアイスランド最大の魅力である大自然を楽しむにはやはり観光も外せません。

バスツアーもありますし、4WDを借りて冬のドライブ旅行に出かけるのもおすすめです。

ストロックル間欠泉一番人気のエリアはゴールデンサークル(Golden Circle)でしょう。シンクヴェトリル国立公園、数分おきに熱湯をふきあげるストロックル間欠泉があるゲイシール地熱地帯(Geysir)、そして黄金の滝グトルフォス(Gullfoss)を回るルートです。

UNESCO世界遺産であるシンクヴェトリルではアイスランドの歴史について学べるだけでなく、冬景色も見事。ゲイシール地熱地帯では、どんなに寒くてもストロックル間欠泉が噴出する姿を見ることができます。そしてつららに縁どられ、氷の壁を突き破るように流れるグトルフォスの滝は荘厳なほどの美しさです。

ダイヤモンドビーチの氷のかけら南海岸エリアもおすすめ。美しいセリャラントスフォス(Seljalandsfoss)とスコゥガフォス(Skogafoss)の滝、ダークな魅力のレイニスフィヤラのブラックサンドビーチレイニスドランガルの奇岩などがあります。南部には更に、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖(Jokulsarlon)とダイヤモンドビーチもあります。冬でもドライブ旅行を比較的手軽に楽しめますし、運転が不安な方は南海岸ツアーもたくさんありますので是非見てみてください。

 

アイスランドで年越しをしよう!

レイキャビクの大晦日

アイスランドで年末年始を過ごす予定の方は、年越しの花火をお楽しみに!

大晦日は家族や友人と食卓を囲み、夜は焚火を見に行くのがアイスランド流。そしてカウントダウンと共に大量の花火を打ち上げます。個人がめいめい打ち上げるので、レイキャビクのあらゆる街角から花火が上がります。

いかがでしたか?冬のアイスランドでできることはこんなにたくさんあるんです。是非遊びに来てくださいね!

 

人気記事

関連記事