アイスランドのセルフ ドライブ ツアー

アイスランドの雄大な自然をロードトリップで楽しむ... アイスランドのように美しい景色がつづく国では、自由なペースで楽しむことが一番ではないでしょうか。Guide to Icelandのセルフドライブパッケージは、アイスランドでの滞在を限られた時間でめいっぱい楽しめるように作られています。Guide to Icelandお勧めの場所を、自分のペースで訪れ、アイスランドの大自然を体験してください。セルフドライブパッケージには、ゲストハウス、レンタカー、お勧めスポットが書かれた旅程表など、ロードトリップに必要なものがたくさんつまっています。また、お客様のご希望にあわせてカスタマイズも可能です。予約をすれば、あとは空港に降り立つだけ。お得で便利なセルフドライブツアー、お早めにご予約ください!

セルフドライブツアーをカスタマイズ

下記の選択肢から興味のあるものを選んでください。お手頃価格の旅からラグジュアリーな旅までご自由にカスタマイズすることができます。弊社にお知らせいただけましたら、お客様のご希望にあわせ、トラベルプラン(旅行日程表)を作成。お客様と一緒に確認・調整しながら無理の無いベストな旅程を作っていきます。興味があれば、まずは下記チェックリスト・フォームからお問い合わせください!

まずはアイスランドの見たい風景を選択

興味のあるアクティビティを追加しましょう

アイスランドの動物たちも見たいですか?

旅行の日程を教えてください

アイスランド到着日

出発日

宿泊施設のタイプ

旅行者数

お名前

Eメール

ご希望等ございましたらお知らせください

下記ボックスをチェックしてください

セルフドライブツアーについて

アイスランドでロードトリップ... それは、アイスランド人にとっても外国からの旅行者にとっても一番人気のある旅の形です。車であれば移動が簡単ですし、そもそもアイスランドには鉄道というものが存在しません。バスではアイスランドの限られた場所にしか行くことが出来ません。フェリーで行くことのできる場所はさらに少なく(車をフェリーに乗せることもできますが)、国内線のフライトは頻繁に飛んではいますが、各地方の町をつないでいるにすぎません。しかしアイスランドの絶景は、町と町の間、大自然の中に存在しているのです。

アイスランドの風景は変化に富んでいます。山がそびえるフィヨルドでは、穏やかな波が打ち寄せる入り江や、海に流れ落ちる滝があふれているかと思えば、次の瞬間には氷河の隣の山を走り、地面から蒸気が噴出する地熱活動の活発な場所にでるかもしれません。そうかと思えば、緑の葉をつけた樺の木や、柔らかな苔が大地をおおう、緑豊かな渓谷が現れるでしょう。そして次の瞬間には昔の火山の噴火でできた荒涼とした溶岩の大地が現れるかもしれません。このようにアイスランドの地形、風景はドライブのあいだ、刻々と変化します。目の前の山や丘を越えたあとには、思いもよらなかった光景が広がっているはずです。

 

どこに行くべき?

アイスランドで一番人気のルートはリングロードと呼ばれる、国道一号線を走るルートで、1332kmあります。このルートはアイスランドをほぼ一周しますが、ウェストフィヨルド(西部フィヨルド)やスナイフェルスネス半島は通っていませんので、一番長いルートというわけではありません。また、アイスランド北東部のフィヨルドでは、沿岸部ではなく内陸部を通ります。ですので、リングロードからはずれた北東部のエリアや、ウェストフィヨルド、スナイフェルスネス半島も含めてロードトリップをしたい場合は、14日かけてアイスランドを一周することをお勧めします。

リングロードのみを使いアイスランドを一周する場合は、8日間のロードトリップも可能です。もう少し時間をかけたかったら10日間のロードトリップもできます。そのほかにも、みなさんのご希望の日数や目的地にそった、カスタマイズしたロードトリップのお手伝いもできます。アイスランドを一周するリングロードは特別、距離が長いルートというわけではありませんが、途中には車を止めてみるべき場所が数多くあります。ですので、私たちGuide to Icelandでは7日未満でのリングロードのロードトリップはお勧めしていません。そして、7日間で一周する計画をしたとしても、レイキャビクの観光に、もう1日は必要になるのではないでしょうか。

一週間以内の滞在時間であれば、数日間での短い旅程でのセルフドライブツアーもあります。4日間のゴールデンサークルと南海岸を観光するツアーや、夏季限定ですが6日間でアイスランドのハイランドを訪れるツアーもあります。

アイスランドでの運転ですが、夏季冬季では、大きな違いがあります。まず、アイスランドの内陸部、ハイランドと呼ばれる中央高原地帯(リングロードの内側)は夏の間しか立ち入ることができません。また、冬の間はアイスランドの北部のはずれや東部、ウェストフィヨルドへのロードトリップはお勧めしません。これらの地域では降雪量が多く、道が凍結していることもあります。また交通量が少なく、緊急時の助けが近くにいない可能性が高いためです。

冬の間は、アイスランド南部やスナイフェルスネス半島、レイキャネス半島でのドライブをお勧めします。この6日間の南海岸ウィンターパッケージなら11月から翌年3月までしか見られない氷の洞窟を訪れることができます。また3日間の氷の洞窟へのツアーもあります。

冬にアイスランドへ来る人のほとんどは、オーロラを見ることを願って来ていることと思います。それでしたら、7日間のオーロラ・セルフドライブツアーがお勧めです。このツアーではアイスランドの南海岸と西部のスナイフェルスネス半島を訪れます。オーロラは一年中アイスランドの上空に現れていますが、夜暗くなる9月から翌年4月までしか見ることはできません。5月から8月の夏の間は白夜となり、夜、オーロラ観察ができるほど暗くならないのです。

道路・運転のコンディション

冬に比べ、夏の運転のコンディションは遥かに良いです。アイスランドの運転必読ガイドやアイスランドでの安全な運転の仕方を読んでみてください。また、アイスランドの天気と季節についても知り、アイスランドに旅行する際、どんな天気であるのか知っておく必要があります。

一般的には、アイスランドの道は片側1車線で、交通量は多くはありません。渋滞にはまることはまず無いでしょう。有料道路は一箇所だけで、クヴァルフィヨルズルという湾にある海中トンネル1台1000クローナとなっています。アイスランドの3つの国立公園は全て無料です。アイスランドは意外にも未舗装の道路が多くある国です。都市部をはじめ、リングロードや田舎の主要道路は舗装されていますが、訪れる場所によっては未舗装の砂利道を運転することもあるかもしれません。特にウェストフィヨルドでは未舗装の道路が多く残っています。ハイランドの道路は全て未舗装で、運転するには4WDが必要です。郊外の舗装道路の速度制限は90km/hです。

夏の間は、日が沈みませんので暗くなりません。そのため夜間の見通しも良好です。(雨が降ったり霧がでれば別です。)天候の変化は運転する際にもっとも注意すべきことです。アイスランドは風が強く、夏でも天気が急に悪化することがあります。

冬には雪、路面の凍結、嵐、吹雪や霧となることもあり、朝の天気が良くても注意する必要があります。常に気象局の天気予報道路状況を確認することを怠らないようにしてください。出発する前には旅程表を提出することも大事です。セルフドライブツアーにはレンタカーやカーナビ、ホテルとツアーの手配と、旅程表がパッケージになっていますが、冬季のセルフドライブツアーでは冬用タイヤを装備したレンタカーをご用意しております。

 

お問い合わせはこちら
Real Time Analytics